特別 支給 の 老齢 厚生 年金 働き ながら。 働きながらもらう在職老齢年金!減額後の年金額を早見表で確認!

2020年 年金制度「在職老齢年金制度改正」で受給額大幅アップ

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 働き ながら

2019年4月12日 16:00 定年後も再雇用で同じ会社に勤め続けたり、別の職場に再就職したりする。 そうやって「働きながら年金を受け取る」ことが当たり前の時代となった。 ところが、ここで大きな問題となるのが、「在職老齢年金」の仕組みだ。 60歳を過ぎても厚生年金に加入して働きながら年金を受け取る場合、65歳未満の人は『給料と年金の合計』が28万円を超えると、年金の一部がカットされてしまう(65歳以上は47万円超)。 働けば働くほど、年金の減額幅が大きくなっていくのだ。 だが、「たくさん稼いで、年金もカットされない」という最強の方法がある。 それが、もともと働いていた会社と業務請負契約を結んで仕事をすることだ。 個人事業主になれば、厚生年金には加入しない。 年金を満額もらいながら、報酬を得ることができる。 ファイナンシャル・プランナーの大沼恵美子氏がいう。 「私の知る例では、電気工事会社に勤めていた男性が、年金カットがゼロになる働き方を実現していました。 60歳の定年を迎えるにあたり、特別支給の老齢厚生年金が受け取れる歳までの継続雇用契約を結び、受給開始後は個人事業主として元勤務先から仕事を受注していた。 60歳定年を前にしたタイミングで、将来の独立・業務請負契約について会社ときちんと話し合っていたので、退職後もスムーズに発注を受けられました。 他にも、金融機関に勤務していた社員が定年退職前にファイナンシャル・プランナーの資格を取り、定年後に事務所を立ち上げたケースがありました。 この人は、元の勤め先で築いた人脈を生かしたことで、仕事を順調にスタートできた。 やはり、勤務先と信頼関係を損なわずに独立することが、『働きながら年金満額受給』を実現するためには大切だと思います」.

次の

65歳以下でも年金満額をもらうための「知られざる奥の手」(沢田 浩)

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 働き ながら

65歳前に支給される年金。 特別支給の老齢厚生年金とは? 年金って以前は60歳からの支給でしたよね。 しかし少子高齢化や国にお金が無いという名目で65歳からの支給となり、今ではすっかり「年金は65歳から」というイメージが定着してきました。 しかしここで想像してみてください。 年金制度が改正されたときに、もし自分が59歳だったとして 「はい。 今年から年金は65歳にならないと支給されませんよ!」 と言われればどうでしょうか? 「え?来年からもらえると思っていたのに・・65歳までの5年間はどうしよう。 1年遅く生まれただけなのに5年分カットなの?」 って思いますよね。 当然不満がでますよね。 そこで生年月日に応じて徐々にカットしていき、最終的には65歳からにしよう。 ざっくり言うとこういった制度が特別支給の老齢厚生年金です。 ではいったい誰がもらうことができるのか?いつからもらうことができるのか? 詳しく見ていきましょう。 支給開始の年齢特別支給の老齢厚生年金には定額部分と報酬比例部分というものがあり、まずは定額部分を徐々にカットしていき、その次に報酬比例部分のカットが始まります。 平成31年現在だと、男性で58歳、女性で53歳がぎりぎり支給されるラインですね。 たとえば、昭和28年4月2日生まれ~昭和30年4月1日生まれまでの男性は61歳から報酬比例部分の厚生年金を受け取れます。 大丈夫ですか? もらってますか? 放置しているともらえるはずだったのにもらえなくなってしまいます。 特別支給の老齢厚生年金の時効は? 請求を忘れていた場合でも 過去5年分はさかのぼって請求することができます。 特別支給の老齢厚生年金に限ったことではありませんが、年金をもらう場合の時効は基本的に5年になっています。 最悪65歳になり本来の年金を請求するときに気がつけばもらい損ねることはないですが、特別支給の老齢厚生年金は遅らせても増えることはないので早めに年金事務所等へ行くことをおすすめします。 特別支給の老齢厚生年金は繰り下げても増えません 65歳からもらう老齢年金は繰り下げてもらうことにより数%多くもらうことができますが、65歳からもらう老齢年金と特別支給の老齢厚生年金は別物と考えてください。 よくあるケースだと「年金は65歳からもらうものだ」というイメージが強く「60代前半にもらったら繰り上げてもらったとみなされて、減額されてしまう」と思い込んでいるパターンです。 年金の請求書は支給開始年齢に達する3ヵ月前に届きます。 60代前半に届く請求書は「繰り上げて申請しませんか?」ってことでは無くて、「あなたは特別支給の老齢厚生年金をもらう資格がありますよ」ってことなので、速やかに提出しましょう。 繰り上げすることはできる? 繰り上げて早くもらうことはできます。 但し、年金の繰り上げ制度は老齢基礎年金と老齢厚生年金を同時に繰り上げなければなりません。 特別支給の老齢厚生年金だけを早くもらう事はできないわけですね。 たとえば、 昭和29年生まれの男性(61歳から特別支給の老齢厚生年金をもらえる)が60歳から年金を受け取りたいと思っています。 その場合、特別支給の老齢厚生年金は1年間の繰り上げで6%の減額となり、老齢基礎年金は5年間の繰り上げとなり30%の減額となります。 この減額された金額は生涯続くので、よく考えてから繰り上げる必要があります。 5%」が年金額から減算されます。 減額や支給停止になるケースは? 厚生年金に加入している状態で特別支給の老齢厚生年金をもらっている場合、減額や支給停止になる可能性があります。 特別支給の老齢厚生年金の月額と給与の月額を合計した金額が28万円を超えると減額や支給停止になります。 減額や支給停止についてはこちらの記事にまとめていますので参考にしてみて下さい。 ・特別支給の老齢厚生年金とは年齢に応じて60代前半にもらうことのできる年金 ・もらい忘れていた場合、時効は5年 ・繰り下げても増えないので請求書がきたら速やかに提出 ・繰り上げるとすべての老齢年金が繰り上げの対象となる ・在職老齢年金の仕組みにより厚生年金に加入しながら年金をもらうと減額や支給停止になる ・障害者の特例で定額部分の老齢厚生年金をもらえる可能性がある 年金制度は改正されることが多く、日々最新の情報を収集しておくことも大切です。 これから先、65歳以降に引き上げられることも十分あり得ますよね。 そうしたら今でさえ後付け感満載で複雑な年金制度なのに・・・さらに複雑になると思うとゾッとします・・・.

次の

定年後、年金をもらいながら働くには?

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 働き ながら

中小企業の経営者様が、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢を迎える前に年金事務所の年金相談を利用されることも多いと思います。 例えば、役員報酬月額100万円(厚生年金保険の標準報酬月額62万円)の代表取締役様で、 特別支給の老齢厚生年金が120万円の方の例で考えてみましょう。 この方の場合、報酬が高いので、特別支給の老齢厚生年金は全額支給停止となり、1円ももらえません。 65歳までずっとこの報酬設定で働く限り、特別支給の老齢厚生年金はずっと支給停止となります。 この方が、代表取締役として働きながら特別支給の老齢厚生年金を全額受給したい場合は、 役員報酬月額をなんと185,000円未満としなければなりません。 報酬月額が175,000円以上185,000円未満であれば、標準報酬月額は18万円となります。 その場合、この方の標準報酬月額(この方の場合、役員賞与等がないので、標準報酬月額=総報酬月額相当額となります。 )+基本月額(特別支給の老齢厚生年金の月額換算額)が28万円となります。 したがって、特別支給の老齢厚生年金は年額で120万円全額受給できます。 しかし、年金120万円と報酬222万円弱で、年収は合わせて342万円弱となってしまい、従前の報酬1,200万円と比べると大きく年収が下がってしまいます。 年金を全額欲しいがために、役員報酬の年間総額を大きく引き下げることは、まだまだ現役で働きたい経営者の方にとっては、魅力がない選択肢といえるでしょう。 そこで、このような場合、年金受給をあきらめてしまって、従来通り1,200万円の役員報酬のみを受け取っておられる方も多いわけです。 しかし、代表取締役として同じ年収1,200万円を受けながら、特別支給の老齢厚生年金120万円の一部も受給できるのであれば、報酬と年金とを合わせた年収は現状よりも増えることとなります。 役員報酬の年間総額は1,200万円でも、役員報酬の支払い方を変更することによって、特別支給の老齢厚生年金の一部が受給できるようになります。 権利が発生している特別支給の老齢厚生年金の年金額が120万円の人であれば、最高で年間約94万円の年金を働きながら、年収を下げずに受給することも可能となります。 もちろん、約94万円はこの例の場合に受給しうる最高額ですので、現実には、その方が今後具体的にどのような報酬設定とするかによって、受給できる年金額は変わります。 しかし、最高額の約94万円が受給できるような報酬設定とした場合、この方の年収は役員報酬1,200万円+年金94万円の合計1,294万円となります。 経営者の方の場合、このような選択肢もあることをお伝えすると、年金がもらえる年齢になってからもばりばり現役で働き続けたいとお考えの経営者の方には大変喜んでいただけます。 しかし、役員報酬の支払い方の変更はいつでも自由にできるものではありません。 例えば、12月決算の株式会社で、毎年2月の定時株主総会でその年の3月から1年間の役員報酬を決定しているという場合。 この場合は、もし、今期の定時株主総会開催期を過ぎてしまっているのであれば、次回定時株主総会で来期の役員報酬を決定することとなるでしょうから、すぐには変更はできないこととなります。 また、定時株主総会開催月になって、このような選択肢もありうることを知ったとしても、ご自分の場合にどのような役員報酬の設定をすべきかが通常はすぐにはわからないと思います。 私どもで役員報酬の支払い方の設定に関するコンサルティングを受けていただく場合は、最終的に報酬の設定の仕方を決定されるまでに、通常数か月はかかっています。 特に、役員報酬の支払い方の変更の対象とする役員数が多い場合等は検討される時間がかかる例が多いです。 それでは、65歳の代表取締役様で、役員報酬月額100万円(厚生年金保険の標準報酬月額62万円)、 老齢厚生年金(報酬比例部分)の年金額が156万円の場合はどうなるでしょうか。 65歳になると、特別支給の老齢厚生年金はなくなり、代わりに老齢厚生年金が受けられるようになります。 しかし、老齢厚生年金(報酬比例部分)はこの方の場合、やはり全額支給停止のままとなります。 (老齢基礎年金と差額加算部分とだけは、全額受給できるようになります。 ) この方が、代表取締役として働きながら老齢厚生年金を全額受給したい場合は、役員報酬月額を350,000円未満としなければなりません。 報酬月額が330,000円以上350,000円未満であれば、標準報酬月額は34万円となります。 その場合、この方の標準報酬月額(この方の場合、役員賞与等がないので、標準報酬月額=総報酬月額相当額となります。 )+基本月額(報酬比例部分の月額換算額)が47万円となります。 したがって、老齢厚生年金(報酬比例部分)は年額で156万円全額受給できます。 しかし、老齢厚生年金(報酬比例部分)156万円と報酬420万円弱とを合わせて576万円弱。 老齢基礎年金と差額加算も合わせても多くても約660万円程度ですから、やはり従前の報酬1,200万円と比べると大きく年収が下がってしまいます。 年金を全額欲しいがために、役員報酬の年間総額を大きく引き下げることは、まだまだ現役で働きたい経営者の方にとっては、魅力がない選択肢といえるでしょう。 そこで、65歳以上でも、報酬比例部分はあきらめてしまって、1,200万円の役員報酬と老齢基礎年金と差額加算部分を受け取っておられる方も多いです。 しかし、代表取締役として同じ年収1,200万円を受けながら、老齢基礎年金、差額加算だけでなく、老齢厚生年金156万円の全額をも受給することもできれば、年収は現状よりもかなり増えることとなります。 役員報酬の年間総額は1,200万円でも、役員報酬の支払い方を変更することによって老齢厚生年金を受給できるようになります。 権利が発生している老齢厚生年金の年金額が156万円の人であれば、最高で全額の年間約156万円の老齢厚生年金(報酬比例部分)を受けることも可能となります。 最後に、70歳以上の代表取締役様で、役員報酬月額100万円(厚生年金保険の標準報酬月額62万円)、老齢厚生年金(報酬比例部分)の年金額が216万円の場合はどうなるでしょうか。 70歳以降も、働きながら老齢厚生年金(報酬比例部分)を受け取る場合の年金支給停止額・年金受給額の計算の仕方は60歳代後半の場合と変わりません。 しかし、70歳まで現役経営者として高額報酬で勤務されてきた方の場合、70歳以降の老齢厚生年金額がかなり多くなっている方も多いですね。 上記のような報酬額・年金額の方が、引き続き代表取締役として働きながら老齢厚生年金を全額受給したい場合は、役員報酬月額を290,000円未満としなければなりません。 報酬月額が270,000円以上290,000円未満であれば、標準報酬月額は28万円となります。 その場合、この方の標準報酬月額(この方の場合、役員賞与等がないので、標準報酬月額=総報酬月額相当額となります。 )+基本月額(報酬比例部分の月額換算額)が46万円となります。 したがって、老齢厚生年金(報酬比例部分)は年額で216万円全額受給できます。 しかし、老齢厚生年金(報酬比例部分)216万円と報酬348万円弱とを合わせて564万円弱。 老齢基礎年金と差額加算も合わせても多くても約660万円弱程度ですから、やはり従前の報酬1,200万円と比べると大きく年収が下がってしまいます。 このあたりで、代表取締役から取締役会長となって報酬を引き下げることを検討される方もおられます。 しかし、年金を全額欲しいがために、役員報酬の年間総額を大きく引き下げることは、70歳以降もまだまだ現役で働きたい経営者の方にとっては、やはり魅力がない選択肢でしょう。 ですから、70歳以上であっても、報酬比例部分はあきらめてしまって、1,200万円の役員報酬と老齢基礎年金と差額加算部分を受け取っておられる方も多いです。 70歳以上の経営者の場合も実は、役員報酬の年間総額は1,200万円でも、役員報酬の支払い方を変更することによって老齢厚生年金を受給できるようになります。 権利が発生している老齢厚生年金の年金額が216万円の人であれば、最高で全額の年間約216万円の老齢厚生年金(報酬比例部分)を受けることも可能となります。

次の