アルギニン シトルリン 亜鉛。 ペニス増大のためのシトルリン・アルギニン摂取量は?

アルギニン1000+亜鉛

アルギニン シトルリン 亜鉛

唐突だが、読者諸君はセックス中に思いっきりあえいで欲しい派? それとも声が出ちゃいそうになるのを我慢して欲しい派? 俺は前者だな。 やっぱり本能をむき出しにするようなセックスのが燃えるじゃん。 いないとは思うけど、もし女性読者がいるのなら俺からお願いがある。 セックス中はきゃんきゃん喘いでくれ! 笑 さて。 俺の性癖暴露はここまでにして、本題の精力剤調査レポートを書いていくぞ。 今回俺が調べたのは アルギニン シトルリン 亜鉛 だ! ……ふざけているわけじゃないぞ。 だけど、成分の名前をそのままサプリメントの名前にしているのは滅多にないぞ。 男らしいと言えなくもないけど、正直、手抜き感が凄いよな。 ただ、名前は手抜きでも、サプリの作りはしっかりしているんだよ! 口コミの評価もわりと良い内容が多いし、マツキヨやスギ薬局でも気軽に買えることもあってか売れ行きも好調。 さらに、ドリンクタイプのものまで販売するなど好調なんだよな。 そんな【アルギニン シトルリン 亜鉛】を実際に買って色々と調べてみたぞ! ・ボーテサンテラボラトリーズ製のサプリメント ・期待できる効果は「疲労の回復と軽減」 ・精力剤目的で飲むなら「EDや中折れの改善」が狙い目か ・成分の配合量に自信あり ・値段はそこそこ安い ・薬局やディスカウントショップでも購入できる 【アルギニンシトルリン亜鉛】はボーテサンテラボラトリーズが作ったサプリメントだ。 この会社は「美と健康」をテーマに色々な商品を作っており、主に女性向けのサプリメントが多いぞ。 そんなボーテサンテラボラトリーズの目玉商品は数年前のトレンドだった酵素サプリだな。 ただ、少ないながらも男性向けのサプリもいくつか作っており、【アルギニンシトルリン亜鉛】はそんな数少ない男性向けサプリの一つだ。 ちなみに同シリーズに【クラチャイダムアルギニン亜鉛】というのもある。 これまたストレートな名前だな 笑 名前の通りアルギニン・シトルリン・亜鉛はたっぷり! 【アルギニンシトルリン亜鉛】に含まれている成分は以下の通り。 アルギニン……1,000mg シトルリン……1,000mg 亜鉛……6mg シトルリンにいたっては1日の摂取目安量より多いな。 どのサプリにも言えることだが、配合成分ってすべてが上手く吸収されるわけじゃないから、少しくらいは多く配合されているほうが適正だって意見もあるんだぜ。 あと、亜鉛が6gと少なく感じる人もいるかもしれないけど、これも中々の含有量なんだぞ。 少なくとも亜鉛系サプリの中では上位に位置するな。 亜鉛は毎日の食事で摂るのが難しい成分だから、しっかり含まれているのは魅力でしかないぜ。 実際にアルギニンシトルリン亜鉛を飲み続けてみた 【アルギニンシトルリン亜鉛】は成分を見る限りボーテサンテラボラトリーズが作っているだけあって堅実なサプリ。 成分の数の少なさを配合量の多さで補うというのは悪くない手だからな。 体質・体調と上手く噛み合えば爆発的な効果だって期待できるポテンシャルを秘めていると思うぞ。 ただ、成分の数が少ない分、みんながみんな同じような結果が出るサプリとは思えないけどな。 さて、そんな【アルギニンシトルリン亜鉛】を実際に飲み続けた感想を書いていくぞ。 ちなみに今回は自宅から一番近いマツキヨで3袋 3か月分 購入して飲んでみた。 いつもは通販で入手しているけど、やっぱり身近な店で買えるっていうのは便利だな。 飲んでみて…実感力はあまりない 3か月飲み続けてみたんだが、結果はイマイチだったなあ…… なんとなーく疲れにくくなったかもとは思うが、それくらいしか特に変化がなかった。 目に見えて分かるような変化を確認できなかったのはキツいぜ。 EDや中折れの改善とまでは望まないけど、せめて勃起する頻度が増えるといったような将来に繋がる変化があると嬉しかったんだけどな。 調べていて自分の中で期待値のハードルが上がってしまったと反省。 でも、成分の配合量が多かったから仕方ないだろ? 多分、このサプリを買おうかどうか迷っている人も「シトルリンやアルギニンが1,000mgとか絶対に凄いサプリだろ……」と思っているんじゃないか? 調べてみてハッキリと分かった。 シトルリン1,000mgもアルギニン1,000mgも凄い配合量だけど、それらが配合されている精力剤を飲めば必ず結果が出るというわけではない! 大事なのは成分の量、数、質。 つまり、総合力だな。 この俺がまさか配合量の多さに目が眩みかけていたなんてな。 いい戒めになったぜ。 調査班Xの辛口レビューまとめ 【アルギニンシトルリン亜鉛】を調べて分かったことを簡単にまとめるぞ。 服用期間 3ヶ月 期待度 中の下 Good ・通販だけじゃなくて薬局やディスカウントショップでも買える Bad ・成分の配合量は多いけど効き目は感じにくい -.

次の

アルギニンとシトルリンの効果を徹底比較!精力増強に効果のあるのは

アルギニン シトルリン 亜鉛

精力や健康促進、筋力増強などを目的としたサプリメントが市場でたくさん販売されていますが、その中でも多く見られる成分がアルギニン・シトルリン・オルニチンの3つです。 それぞれとても魅力的な働きをしているので、中には「全部飲みたい!」という欲張りな方も多いのでは? そんな方々のために、ここではそれら3つの成分の働きや、飲み合わせ方法などをご紹介します。 アルギニン・シトルリン・オルニチンの摂取方法 アルギニン・シトルリン・オルニチンはアミノ酸の一種で、スイカ・メロン・キュウリといったウリ科の野菜や、しじみやエビ・マグロなどの魚介類に多く含まれています。 基本的には食べものからこれらの成分を摂取することが望ましいのですが、実は「食材に含まれる成分はごく微量であること」が確認されていて、効率良くアミノ酸成分を摂取したい人にとって「食べものだけで補うこと」はとても難しいといえるでしょう。 食べものからの摂取が困難であることから、効果的にこれら3つの成分を摂取するためにはやはり「サプリメント」の使用がおすすめです! アミノ酸成分が配合されたサプリメントの中には、しじみエキスが配合された「オルニチンサプリメント」や「アルギニン+シトルリンサプリメント」「アルギニン+オルニチンサプリメント」など、様々な組み合わせのものが販売されています。 基本的に3つの成分を同時接種しても問題はないとされていますが、アレルギー体質の方などが一気に飲み始める場合、もしもアレルギー反応が起きてしまったときに「どの成分にアレルギーがあるのか」を判別することが難しいものです。 アレルギー体質• 授乳中• アルギニンの働きとは? アミノ酸の一種であるアルギニンは、実は「体内で産生される成分」なんです。 しかし体内で産生されるアルギニンの量は年齢と共に低下していくことから、食事やサプリメントなどから不足しているアルギニンを摂取してあげる必要が出てきます。 また、アルギニンは筋肉や骨格の形成に欠かせない成分でもあるため「成長期の子供」は体内で産生されるアルギニン量だけでは足りなくなってくるものなので、年齢に関わらず積極的にアルギニンの豊富に含まれた食べものやサプリメント等を利用することが望ましいでしょう。 成長ホルモンの分泌を促進させる• 血管を拡張させる• 筋肉増強• 身長を伸ばす• 疲労回復• 性機能改善(ED)• 免疫力アップ アルギニンを摂取することによって「血流が良くなる」「体内の毒素が解毒される」「免疫システムを向上させる」「脳に送るエネルギーを効率良く生み出す」ということが、上記6つの効果が期待できる理由となっています。 シトルリンの働きとは? シトルリンとアルギニンは非常に似通った効果が期待できるとされていますが、その理由はどちらもアミノ酸の一種で「体内で一酸化窒素の合成を補助する働きがある」からだと考えられています。 シトルリンはスイカやキュウリなどウリ科の植物に多く含まれている成分で、次のような効果が期待できます。 血管拡張効果• 血行促進• 性機能改善(ED) などです。 ここまで見てみると、シトルリンとアルギニンはほとんど同じ効果が期待できると思った方も多いのではないでしょうか? 同じような作用はもちろんありますが、実はこの2つは全くの別物なんです。 アルギニンは筋肉や骨格の形成など、直接的に「身体を作る材料」となるのに対してシトルリンはそのままでは身体を作る材料にはなりません。 シトルリンは「アルギニンに変化」していくことによって初めて、身体を作る材料になるのです。 シトルリンがアルギニンに変換される際に最も多く排出されるのが、血管拡張に大きく関わる「一酸化炭素」なので、シトルリンにはアルギニンを越える「血流促進作用」があるといっても良いでしょう。 オルニチンの働きとは? オルニチンはアミノ酸の中でも「遊離アミノ酸」という、成分が体内に溜まらない性質を持った成分です。 このオルニチンを含む食べものの代表格が「しじみ」といっても過言ではないほど、しじみには豊富なオルニチンが含まれています。 オルニチンはアルギニン・シトリンと似たような働きも持っていますが、肝臓の機能をとことんサポートしてくれることによって次のような効果が期待できるとされています。 有害物質であるアンモニアの解毒• 二日酔いの原因となっているアセトアルデヒドの代謝促進• 疲労回復• 運動による疲労改善• ダイエット効果• ストレス解消• 美肌効果 オルニチンは人体にとって有害物質であるアンモニアの解毒を助けることで肝臓の負担を軽減し、弱った肝機能を向上させてくれる働きがあります。 肝機能が正常に整ってくると「解毒が円滑に行われる」「代謝が良くなる」「各器官に栄養素が送り届けられる」などといった変化が表れやすく、毒素が溜まっているせいで感じていた疲労感が軽減されたり二日酔い防止・ダイエットや美肌効果にも影響を与えます。 サプリは悩みや目的に合わせて選ぼう! アミノ酸の一種であり「疲労回復」「解毒作用」「美肌効果」など、様々な共通する働きを持つアルギニン・シトルリン・オルニチン。 これらの成分を食べものだけで補うことは難しいため、多くの方はサプリメントを飲用されているものです。 まずアルギニンですが、アルギニンは精子を作り出すための直接的な成分になるだけではなく「性腺刺激ホルモン」という精力の源になるホルモンの分泌も促します。 またシトルリンは下半身の血行を良くして睾丸へ栄養を運びますし、勃起時には欠かせない血液をスムーズに陰茎へと運ぶ働きが! 精力アップや勃起不全を改善させるために必要な「血液のスムーズな流れ」は一酸化炭素が必要となり、一酸化炭素を合成するためには「シトルリン」「アルギニン」の両方が必要になってくるため、どちらか一方の摂取よりは両方同時に摂取した方が効率が良いでしょう。 肝臓が弱っている人 肝臓が弱っている人の特徴として挙げられるのは「疲労感がひどい」「体がだるい」「ストレスが溜まっている」「肌が荒れている」「息や体臭がアンモニア臭い」などといった症状です。 これは肝臓の重要な働きである「アンモニアの解毒作用」が円滑に行われない結果、身体の中に強烈な毒素であるアンモニアが蓄積して身体を動かす元となるエネルギーの産生を阻害してしまうため。 肝臓の機能が弱ってくると解毒や代謝といった働きがスムーズに行われなくなっていき、さらなる肝臓の機能低下を招いてしまうという悪循環に陥ってしまうものです。 そんな弱ってしまった肝機能を向上させるためには、まずは「肝臓を休めてあげる」ということが絶対条件! 解毒・代謝・エネルギーの産生など実にたくさんの仕事を担っている肝臓に対しては、解毒促進作用やエネルギー産生促進など、肝機能を総合的にサポートしてくれる「オルニチン」が最適です。 オルニチンを継続的に摂取していくことで肝臓の負担を減らし、本来あるべき姿の肝臓を取り戻すことだって夢ではありません。 お酒をよく飲む• 疲労感が抜けない• 肝臓の数値が正常ではない なんて人は、ぜひオルニチンサプリメントの飲用をおすすめいたします! 筋トレ・ダイエットしている人 筋トレやダイエットを行っている人に最適なアミノ酸成分は「アルギニン」です。 アルギニンは成長ホルモンの分泌を促すだけではなく、筋肉や骨を成長させる直接的な材料となるためです。 筋力が付くことで基礎代謝もアップし、より脂肪を燃焼しやすい体質へと改善してくれますし、なによりもスッキリと引き締まったボディは魅力的ですよね! 成長ホルモンの分泌が盛んな時間帯は「22時〜翌2時の間」とされているので、効率良くアルギニンの効果を感じたいのであれば「就寝前」にアルギニンを摂取されることをおすすめいたします。 また成長ホルモンには「血糖値が高いと分泌されにくい」という特徴があるので、血糖値が上がる食後に摂取するのは控えましょう。 」 これが成長ホルモンの分泌を最大限に発揮するアルギニンの摂取方法と考えられていますよ! 疲労がたまっている人 疲労が溜まる理由は「解毒が正常に行われていないため」といっても過言ではありません。 しっかり寝ても疲れが取れない• 朝の目覚めが悪い• いつも身体がだるい という人は、体内に有害物質が蓄積してしまっている可能性が高いでしょう。 健康促進したい人• 生活習慣病を予防したい• いつまでも元気に動きたい• 若々しさを保ちたい という人は、年齢と共に増加していく傾向にあります。 それもそのはず、年齢と共に体内で産生されるアミノ酸の量は減っていき、それに伴い成長ホルモンの分泌低下・代謝の低下などが引き起こされてしまうから。 「若い頃は徹夜しても元気だったのになぁ…」と感じる機会が多くなってきた人は、シトルリンを摂取することで若々しさを保つことができるかもしれません。 シトルリンがアルギニンに変換される際に発生する一酸化炭素は血管を拡張させるため、しなやかな血管を保つことにつながり「動脈硬化」「心筋梗塞」「脳梗塞」などの予防にもなるとされています。 血管が老化すると血管内が狭くなり、柔らかさが失われて血流が悪くなることをご存知ですか? アルギニンの血管拡張効果は血管の老化、すなわち血管が固くなることを防いで健康的な血管を維持するために欠かせない成分といっても良いでしょう。 血管を若々しく保ってこそ「生活習慣上の予防」「若々しさ」を手に入れることができるといっても決して大げさではありませんよ! アルギニン・シトルリン・オルニチンに副作用はある? アルカリ性が強いアルギニンは、サプリメントで3ヵ月以上飲み続けることにより「アルギナーゼ」という物質が腸に溜まりやすくなります。 このアルギナーゼは胃や食堂に炎症を起こす可能性もあったり、せっかく摂取したアルギニンを分解してしまうため「効果が薄れる」といったことも懸念されています。 そこでアルギナーゼを抑制する働きのある「シトルリン」を同時に摂取することで、アルギニンの効果を継続的にしっかりと感じることができるようになるのです! アルギニン・シトルリン・オルニチンは自然界の食物に含まれているアミノ酸であることや、たくさん摂取しても身体に留まらない性質を持っている故に副作用の心配はほとんどないといわれています。 しかし、1日の摂取量をはるかに上回る量を摂取した場合「下痢」「腹痛」「胃炎」などの消化器官系に支障をきたす例も報告されています。 この3つの成分はそれぞれ身体に与える影響が違いますし、同時接種したからといってどれかの成分の効果が抑制されてしまうなんてこともありません。 むしろ肝臓をサポートする働き・血流を良くする働き・細胞を作る働きが相乗効果をもたらしてくれることも報告されています! オルニチンは単体で摂取しても十分に効果が期待できますが、アルギニンとシトルリンに反しては「両方摂取」が鉄則と覚えておきましょう。 多く摂取すればそれだけ身体に良いというわけではなく、改善したい症状によってこれら3つの成分をバランス良く飲用する工夫が必要になってきますよ!.

次の

【摂取量に注意】アルギニンとシトルリンの相乗効果で血流アップ

アルギニン シトルリン 亜鉛

でも例に出しましたが、 シトルリンの推奨摂取量はだいたい 800mgと言われています。 アルギニンだけとなると、体になかなか取り込まれにくいのですが、もし 血行促進力を見越してシトルリンの代わりに摂るのであれば 4000mg程度といわれていますね。 アルギニンは基本的にはシトルリンのように血行促進作用を見込むものではありません。 体に摂り込まれたら体のあらゆる部分を構成する「たんぱく質」の主成分になる栄養素として摂られるのが普通です。 ですから、アルギニンはたくさんないと、シトルリンほどの血行促進効果が得られないというのは、 身体を作るほうに廻されるからなんですね。 これほどのアルギニンは、サプリメントではなかな摂れません。 アルギニンはサプリで摂るにせよ、食事で摂るにせよ、摂れるんであればどんどん摂り入れたたほうが良い成分です。 アルギニンに関連する病気としては、「アルギノコハク酸欠乏症」「シトルリン血症」があります。 これらはアルギニンの摂り過ぎでなるというものではなく、もともとアルギニンを作り出す酵素が欠乏していることでなります。 アルギニンとなるべきシトルリンが変換されないで体外に出てしまうこと。 またアンモニアが無害の尿素に代謝されないことなどで、アンモニア中毒になってしまうなどの問題があります。 この病気は先天的のものらしくて、約50万人に1人と言われる特殊なものです。 つまり、この病気はアルギニンを摂る、摂らないということに全く関係がありません。 アルギニンを多量に摂取することが原因では何か問題があるということは、今のところ報告されていません。 ただ、アルギニンを食べ物からたくさん摂ろうとするのは注意ですね。 アルギニンを含む食べ物は、高タンパクで、高脂質。 このようなものを好む人は決まってアルコールが好きだったりして、肝臓を悪くしていますからね。 サプリでアルギニンを摂ろうとすることは問題がないでしょう。 シトルリン、アルギニンの分量を気にするより先に増大成分がしっかり充実したサプリかどうかを気にしよう。 ところでシトルリン800mg配合のサプリメントと2000mg配合サプリメントを飲んで、2000mgのシトルリンサプリメントのほうが断然大きな身体の変化が認められたというわけではないようです。 ただ、臨床的な結果がはっきり出たのは、平均的に1日800mg程度の摂取からということで、800mgを目安に摂るとよいということになったようですね。 とりあえずは、1日の摂取量目安としてシトルリンは800mg、アルギニンは4000mgまででいいのではないかと思います。 というのも、 あまりシトルリン、アルギニンばかりはいっても、他の増大に必須の成分が入らなくなるからです。 ペニス増大というのは「特定部分の」「細胞増殖」を目指すので、ものすごく栄養を効率よく吸収し、且つしっかり体内で使い切ることが必要となります。 そのためにどうしても「多成分化」するわけなんです。 シトルリンが2000mg入っていても、 本当に必要なペニス増大成分、精力ハーブや動物性アミノ酸成分、ミネラル成分などが入らなければ増大にはほど遠いです。 シトルリン、アルギニンの摂取量の上限を気にして、それだけをたくさん摂ろうとするより、 他の増大成分がしっかり充実しているかどうかということをよく確認したほうがよいと思いますね。 シトルリン、アルギニンは一度にたくさんを時々摂るより毎日「増大サプリで」摂ることに意義がある。 また、 シトルリン・アルギニン成分は「栄養素」ですから、 毎日適量を摂ることに意味がありますよ。 一度にたくさん飲んでも意味がないというのは、筋トレを1日だけたくさんしても筋肉がつかないのと同じことなんですよ。 特にシトルリンの場合は、血行促進と、勃起力の強化が主な作用なんですからね。 毎日、シトルリンの作用で、栄養、テストステロンが下半身にきちんと行きわたり、強い勃起を積み重ねて、毎日成長ホルモンをペニスに充当させるからこそ、結果としてペニスが大きくなるわけです。 また、シトルリン、アルギニンそれぞれバラバラに摂っても全く意味がありません。 シトルリンはアルギニンと一緒に摂ればお互いに体内への吸収が早いのがわかっていますし、何よりも血行促進できても、血液が成長ホルモンの分泌を命令する脳下垂体やテストステロンを分泌する睾丸などに行く「増大に必要な栄養」が十分でなくては増大なんてできません。 増大するためにシトルリンとアルギニンを摂るなら、多成分の増大サプリの中にシトルリン、アルギニンが入っていますので、それでまずは良いでしょう。 あとは 実際に細胞のもとになる「たんぱく質」を脂の少ない肉から摂れることを推奨します。 増大サプリランキングはトップページに掲載しています。

次の