ヤッターマン 新台。 PヤッターマンVVV(ヤッターマン)【パチンコ新台】|スペック ボーダー 保留 信頼度 予告 評価 演出 セグ 感想 導入日 打ち方 解析 攻略 タイプ 型式名 継続率 出玉 止め打ち

ヤッターマン絶対正義 スロット新台|初打ち感想 評価 評判まとめ

ヤッターマン 新台

スペックは、最近増えてきた 時短と残り保留で振り分けが変化するタイプで 通常なら時短がないという 偏るとキツいスペックですが 当たれば一撃性はあるので ライトミドルとしては攻撃的なスペックとなりましたね! ライトミドルの一撃スペックだと勝てる? ライトミドルといえば 出玉性能はミドルタイプより劣るが その分当たりやすく、運が良ければ大量出玉を取れる というイメージを持たれる方が多いかと思います。 最近の新台で、ライトミドルスペックで 特に注目を浴びているのが 『P AKB48 ワン・ツー・スリー!! フェスティバル』 になります。 たしかに、ホールを見ると 一撃3万発などはザラにあるので は?さっき、一撃スペックだと勝てないって言ったじゃん! と疑問に思われるかもしれません。 たしかに、一撃スペックでは勝てない と言いましたが、それは スペックだけで判断してはいけない というだけであって、一撃は必要ない とまでは言ってはいません。 パチンコで勝つための考え方は 少ない投資と時間で大きなリターンを得ること を最重要に考える必要があります。 その大きなリターンを得るためには どうしても一撃は必要になります。 しょぼい連チャンをねらっても しょうがない、ということなんですね。 そもそも、パチンコの『一撃』というのは 1回の当たりで確変をとり 最大ラウンドの振り分けを多くとって連チャンすることです。 最近の台は、高継続機が多いのですが いくら継続しても、振り分けに負けてしまえば 勝てるものも勝てませんよね? ですから、パチンコで勝つには この 一撃をつかむスキル、というのが 必須になってきます。 HEROマルは、そのスキルを POS『パチンコオンラインスクール』 で取得することができました!.

次の

PヤッターマンVVV

ヤッターマン 新台

Sponsored Link 去年にリリースされたヤッターマンですが、ちょっと遅めの甘デジリリースとなったようですね。 導入日の予定は6月ということもあり、継続規制後の機種となります。 まぁ甘デジなのでそこまで考えなくても良いとは思いますが、気になるのが本音です。 さっそくスペックを見ていきましょう! 【スペック解析】 スペックは V確変のループタイプのようですね。 現在V確変は存続が怪しいと言われているようですが、まだ健在のようですね。 しかし甘デジで、しかも継続規制後ということもあり、かなり抑えめな印象があります。 初当りは確変50%、非確変時には時短15回つくようです。 時短15回の引き戻し率は約14%なので、 初当りからの連チャンモード突入率は約57%! 確変となると、確変割合は60%と少し高くなり、連チャン性能がアップします。 非確変時にはやっぱり時短が15回つくので、 連チャンモード継続率は約65.6%! およそ2/3となる計算になりますね。 確変状態になっても確変割合が10%しか上がっていませんが、 連チャンモード中は44%で15Rとなるため、勝利には連チャンモードでの大出玉獲得が欠かせません。 元より連チャンに期待するようなスペックではありませんからね。 但し、15Rでも純増で1000発いかないので、そこは注意が必要です。 【実戦シミュレーション『VS銀河乙女』】 甘デジでヤッターマンに似ているタイプは銀河乙女ですね。 早速見ていきましょう! ヤッターマンの方が、全体的に負けてしまっていますね。 継続率が低いということもありますが、ヘソの賞球も4個になっていますから、これからは一撃性能はあまり見込めなくなりそうですね。 一撃性能が低いため、勝率も負けてしまっています・・・ その代わりに大負けする可能性も大幅にダウンしているので、そこは好印象です。 【ボーダーライン(期待値)】 ヘソの賞球が4個になったこともあり、等価でも25回転必要となります。 辛いというよりかは、それだけ回せるようになったとも言えますね。 【まとめ】• サンスリーからヤッターマンの甘デジが登場!• スペックはV確変ながら、マイルドなスペック!• ボーダーはからい印象があるが、ヘソ賞球が原因のような気がします… カテゴリー•

次の

ヤッターマン絶対正義 スロット新台

ヤッターマン 新台

YC(ヤッターチャンス)とYB(ヤッターバトルRUSH)の終了画面は共通で設定が示唆される。 「AT終了画面示唆内容」 画面ごとの示唆 滞在状態 恩恵 対峙画面(稲妻なし) 奇数設定で出やすい 対峙画面+稲妻 偶数設定で出やすい 対峙画面+稲妻+ドクロベエ 復活濃厚(設定示唆はない) 1号&2号がピース+縛られたドロンボー 設定2以上の可能性大 ドロンジョの全身ポーズ 設定4以上濃厚 大量のおだてブタ 設定6濃厚 [対峙画面] 稲妻の有無で奇遇の示唆が変化。 ドクロベエが居れば復活濃厚だ。 [1号&2号がピース+縛られたドロンボー] 設定2以上の可能性大! [ドロンジョの全身ポーズ] 設定4以上!? [大量のおだてブタ] 設定6!? 突入した時点でYC(ヤッターチャンス)以上は確定していて、滞在中にレア役か、7揃いorBAR揃いリプレイを引けばYB(ヤッターバトルRUSH)確定。 10G以内にYB抽選が当選しなかった場合は10G消化後にYCへ突入する。 「レア役や7揃いでYB確定!」 滞在中のレア役や、7揃いorBAR揃いリプレイ(見た目上は狙えカットインから赤7が揃う)はYB確定。 CZからのYC(ヤッターチャンス)、さらにYCからYB(ヤッターバトルRUSH)に突入させるのが王道パターンだ。 「ダブルカウンター」 カウンターが規定数まで貯まればカウンターに対応したCZに当選。 [カウンターの貯まる契機と規定数到達時のCZ] ポイント抽選内容 カウンター ポイント加算契機 規定数到達時の恩恵( CZ ) ヤッターカウンター 毎ゲーム・リプレイ ボカンゾーン ドロンカウンター レア役 ライブゾーン ヤッターカウンターは毎ゲーム1ptずつ加算され、リプレイ時は10pt以上アップかつ連続で引けば加算ポイントがさらにアップする。 7 [カウンターの文字色とエフェクト] 稲妻エフェクト発生や赤文字に変化すれば規定数到達のチャンスだ。 「余剰分はワンポイントに変換」 CZに当選してスルーした場合は余剰分を次回の周期に持ち越し、YCに当選した場合の余剰分はヤッターカウンターの10分の1、ドロンカウンターの4分の1がワンポイントとして変換される。 有利区間移行時及びライブステージ(CZ)終了時にドロンカウンターの天井ポイントを抽選。 設定5・6は設定4以下と比べ20〜24pt、40〜44ptの振り分けが多いため、比較的早い段階でライブステージに当選しやすい。 高確滞在中はハズレとベル(押し順&共通)成立時に転落抽選がおこなわれる。 「ドクロカーテン別の示唆内容」 ドクロカーテンBZモード示唆 パターン 示唆 紫 出現するほど高モードの可能性がアップ 赤 モードB以上確定かつ、多いほど高モードの可能性がアップ 第3停止時に画面に流れるドクロカーテンのエフェクトでBZモードを示唆。 [紫エフェクト] [赤エフェクト] 「ヤッターボタンランプのBZゾーン示唆内容」 ヤッターボタンのBZモード示唆 パターン 示唆 青明滅・低速 デフォルト 青明滅・高速 モードB以上の可能性あり 青色高速点滅 モードB以上の可能性大 有利区間移行ゲームとボカンゾーン失敗後の1G目(どちらもBZモードが決定するタイミング)でヤッターボタンによるBZモード示唆がおこなわれる。 筐体右側にあるボタンのY字部分の光り方に注目。 高速で点滅すればモードB以上に期待できる。 ヤッターカウンターのポイント規定数は5種類のBZモードで管理。 規定数だけでなく、モードによってYC(ヤッターチャンス)当選時のYB(ヤッターバトルRUSH)期待度も変化する。 【BZモード抽選契機】 ・有利区間移行時(リセット時・AT終了後のハズレ以外成立時) ・ボカンゾーン(CZ)失敗時 【BZモードごとの特徴】 BZモード特徴 BZモード 特徴 モードA 初期モードとして選ばれやすい。 200or450pt 付近がボカンゾーン当選のチャンス。 400~500pt 付近がボカンゾーン当選のチャンス。 モードC 150or400pt 付近がボカンゾーン当選チャンス。 ボカンゾーンスルー時はモードDへ行きやすい。 モードD(準備) 511pt以内 にボカンゾーンに当選。 YC当選時のYB当選期待度が高く、 スルーしてもモードE移行に期待できる。 モードE(天国) 128pt以内 にボカンゾーンに当選。 YC当選でYBが確定 する。 「BZモードはYC以上に当選するまで下がらない!」 YCorYBに当選するまでBZモードが転落することはないので、基本的にボカンゾーンのスルー回数が多いほど上位のモード滞在に期待できる。 有利区間移行時、ボカンゾーン(CZ)失敗時に設定に応じてBZモードが抽選される。 初回(有利区間移行時)はA〜Cのいずれかに振り分けられ、設定5・6はBとCへ移行しやすい。 2回目以降(ボカンゾーン失敗時)は前回のモードを参照してモード維持orアップを抽選し、設定5・6はモードアップが優遇される。 一定量を保持していない場合はYCスルー時に保有数に応じて再起動チャンス突入を抽選する。 同社の不屈ポイント的存在といえばわかりやすいだろう。 「ワンポイント獲得契機」 ワンポイント獲得条件 通常時のレア役間ハマリ(40Gごとに蓄積し、120G以降は毎ゲーム蓄積抽選) 通常時のゲーム数ハマリ(550G・650G・750Gで抽選) ボカンゾーン失敗時(失敗回数が多いほど蓄積しやすい) ライブステージ失敗時 ヤッターチャンス失敗時(YB非当選) 蓄積したポイントは非有利区間移行時にリセットされる。 [レバーON時に吸い込まれる光で獲得量を示唆] レバーON時、画面上部に光が吸い込まれればポイントゲット確定。 弱・中・強の3パターンがあり、光の数で獲得量を示唆。 [第3停止時のエフェクトサイズで保有量を示唆] 第3停止時のエフェクトサイズ(弱・中・強)で現在の保有量を示唆。 今回も発光後の波紋の距離で判別するとわかりやすい。 44% 1. 56% チャンス目 - - 73. 44% 25. 00% 1. 56% 弱チェリー - 92. 19% 6. 25% 1. 56% - 強チェリー - - 92. 19% 6. 25% 1. 56% スイカ - 37. 50% 50. 00% 12. 50% - その他 75. の1回の上乗せは最低10枚、最大200枚 [絶対正義・真] 絶対正義・真/上乗せ枚数振り分け 役 20枚 50枚 100枚 200枚 400枚 7揃いor BAR揃い - - - 99. 22% 0. 78% チャンス目 - - 87. 50% 12. 50% - 弱チェリー - 93. 75% 6. 25% - - 強チェリー - - 99. 22% 0. 78% - スイカ - 85. 94% 12. 50% 1. 56% - その他 76. 56% 23. 87% 3. 13% 弱チェリー - 99. 44% 1. 56% スイカ - 96. 09% 3. 13% 0. 78% その他 81. 25% 18. の1回の上乗せは最低40枚、最大400枚(25枚、50枚はナシ) 狙えカットインは失敗してもゲーム数が減算されないうえ、成功時(7揃い)は3桁枚数上乗せが確定する。 7揃いは真では200枚以上、極では400枚確定だ。 おもにYC(ヤッターチャンス)突破から突入する差枚数管理型の2nd AT。 RUSHレベルと内部状態があり、各種上乗せ期待度を管理している。 開始時は特化ゾーンの絶対正義からスタートするため、ヒキ次第で大量枚数を獲得できる。 [ヤッターバトルRUSH性能] 初期枚数…平均190枚 継続率…35. [YBモードとRUSHレベルで性能が変化] 通常・高確・超高確の3段階のモードで、契機役ごとのバトル発展率がアップ=上乗せ性能が高い。 YB開始時に抽選されるRUSHレベルで4段階のレベルで継続率(ファイナルジャッジ勝率)が変化する。 YB中のバトル勝利で上乗せor特化ゾーンゲット。 [ファイナルジャッジに勝てば上乗せ以上] 枚数を取り切ると継続バトルに発展。 勝利すればYB消化中のバトルと同じく枚数上乗せor特化ゾーンへ突入するため、バトル継続も確約される。 ファイナルジャッジ中(継続時)に裏乗せした場合も同様で、次回YBの残り枚数が4枚未満時に放出される。 YB突入時と継続時にRUSHレベルを参照してYBモード(内部状態)を抽選。 YB消化中はおもに弱チェリーとスイカで昇格を、リプレイで転落が抽選がされる。 72% 0. 78% - レベル2 75. 00% 25. 00% - レベル3 50. 00% 50. 00% 50. 50% - 12. 50% その他 99. 61% 0. 39% - [高確滞在時] 高確滞在時・YBモード移行率 成立役 通常へ 高確のまま 超高確へ リプレイ (リプレイフラグ全種) 50. 00% 50. 75% 6. 00% 50. 00% - 50. YB中はレア役で枚数直乗せとバトル(フェイクorバトル勝利)をダブル抽選する。 チャンス目は直乗せ確定+バトル勝利に期待できる。 0 成功率(設定1) 約40% 対戦相手はダイドコロンとビジンダーの2パターン。 勝てば枚数上乗せor特化ゾーン(絶対正義か仕置の刻)が確定する。 ビジンダーに勝った場合は特化ゾーン確定だ。 YBラストのファイナルジャッジではRUSHレベル(継続率)に応じてセット継続を抽選。 対戦相手は3種類でドロンエンペラー以外なら継続以上確定。 復活込みの最大7G間で、各ゲームにチャンスアップが存在する。 [対戦相手の特徴] 対戦相手の特徴 対戦相手 特徴 ドロンエンペラー デフォルト ダイドコロン YB継続+上乗せ100枚以上or特化ゾーン ビジンダー YB継続+特化ゾーン [ドロンエンペラー] [ダイドコロン] 継続+上乗せ100枚以上or特化ゾーン確定。 YC中のバトル告知やYB中のバトルはダイドコロンがデフォルトの対戦相手なので間違えないように注意しよう。 金色に変化すれば勝利の期待大! 30G継続する1st AT。 突破できれば2nd ATのYB(ヤッターバトルRUSH)へ突入する。 [ヤッターチャンス性能] 継続ゲーム数…30G 1Gあたりの純増…約2. 8枚 おもにレア役時の抽選や7揃いでYBを目指すゲーム性だ。 [バトル告知] ヤッターワンが勝利すればYB確定! [チャンス告知] 実写のコスプレイヤーたちが登場。 おもに狙えカットイン発生時に7が揃えばYB確定となる。 「絶対正義の格上げ抽選もおこなわれる」 YBに当選した場合、特化ゾーンの絶対正義からスタートするのだが、YC中にYBが当選した時は絶対正義の格上げを抽選。 当選すれば絶対正義・真以上からスタートする。 [7揃い時の恩恵] 7揃い時の恩恵 滞在状態 恩恵 ヤッターブースト YB直撃 YB[7揃い] 仕置の刻 YB[BAR揃い] 仕置の刻・極 絶対正義 枚数上乗せ(ゲーム数減算なし) 絶対正義中のカットインは成功・失敗不問でゲーム数が減算されないところもポイントだ。 [ボタンでステップアップするほど期待度アップ] ボタンを押してキャラが変化するほどチャンス。 1号<2号<ヤッターワン<ドロンジョ<実写(実写は揃い確定)の順で期待度アップ。 ドロンジョに変化すれば期待度大幅アップ! [仕置の刻対応パターン] 7絵柄ではなくBARを狙えなら仕置の刻・極濃厚! ユーザー口コミ・評価詳細 Sヤッターマン絶対正義• ヤッターマン二号のムチムチつなぎにまさかのドキュンムチムチ見たさに打って勝ち越し。 完走2回。 愛なのか。

次の