フィネスドリブル。 【徹底解説】フィネスドリブルの操作方法と4パターンの使い方!ウイイレアプリ2020の新ドリブル!

【ウイイレ2020発売間近】最強フィネスドリブラーを勝手に決定!

フィネスドリブル

ウイニングイレブン2020の発売が2019. 12に迫っている。 コナミの公式サイトより発表があったが、今作から「フィネスドリブル」というボールコントロールが採用されたらしい。 フィネスドリブル 相手選手の動きを先読みし、密集する狭いエリアでもドリブルで抜け出し、局面を打開するプレー。 イメージ的には、緩急や間を使って柔らかいタッチで密集地帯をクネクネと抜けていくドリブルだと思われる。 そこで今回は、このフィネスドリブル値が高いであろう選手TOP3を独断と偏見で勝手に選出したいと思う。 選ばれた選手には5,000人将の位を与える。 ちなみにスピードブチ抜き系(ドグラスコスタ・ベイル・ザネ等)、テクニカル系(ネイマール・ロナウジーニョ・デニウソン等)は選から漏れている。 フィネスドリブルとは少し違うからな。 次点: メッシ.

次の

『eFootball ウイニングイレブン2020』“UEFA EURO 2020”との独占パートナーシップ契約締結

フィネスドリブル

ウイイレ2020 フィネスドリブルについて 今作のゲームプレイにおける最大の進化が新しいドリブル「フィネスドリブル」にある。 相手選手の動きを先読みし、密集する狭いエリアでもドリブルで抜け出し、局面を打開するプレーが可能になった。 制作に関わったイニエスタが興味深いことを話している。 「相手エリア付近、この密集したエリアこそが僕ら攻撃の選手、スペシャルな選手が持ち味を発揮しなければならない場所なんだ。 」 これまでは圧倒的スピードを持つ選手や、パワー系の選手などフィジカル能力に秀でた選手が長所を生かしやすく、イニエスタに代表されるようなテクニック系の選手はやや活かしにくい部分もあった。 しかしそれが今作では、大きく変わる。 テクニシャンがゲームを動かす ——。 画期的ともいえる彼らの復権がピッチの上に新たな駆け引きを呼び、一層の深みをもたらす。 フィネスドリブルについては引用を読む限り、スピードフィジカル要素だけでなくテクニック系の選手に陽の光が当たる感じがしました。 しかし、体験版によりこのフィネスドリブルについて新事実が判明しました。 フィネスドリブル=ニアコントロール通称ニアコンだったのです。 今まではR2ボタンで発動できていたが今作からはRスティックに変更。 また移動範囲は狭くなっているという弱体化もしています。 こういった事もあり、体験版をプレイして感じたのは、やはりまだまだスピード系の選手が強いという印象です。 私の動画のゴール集をみて頂くと分かりますがコマンのドリブルスピードとかかなりエグかったですね。 なので劇的にテクニック系の選手が強いということは無さそうです。 ただ、個人的にピャニッチとコウチーニョの使用感が前作より良くなってます。 イニエスタが特別監修だったのでもっとテクニック系の選手が強いウイイレがよかったなぁ・・・というのが正直な感想です。 ウイイレ2020 新スキルについて 今回は新たなスキルとして新スキル【アグレッシブネス】【ボールキープ】【スルーパス】【ミドルシュート】などが追加されています。 【スルーパス】と【ミドルシュート】がスキルになったのは大きな変更点ですね。 従来ならプレイヤーの技術介入でスルーパスやミドルはある程度扱えていましたが、スルーパスの通しやすさやミドルの決めやすさが選手スキルの有無でかなり変わる可能性があります。 ただ、私の動画のマンジュキッチはスキル無しでも普通に良いミドルぶち込んでいるので入りやすさがどこまで影響があるのかは、もう少し遊んで検証してみます。 スルーパスに関しては動画みて頂くとわかりますがスキル持ってない選手でも割ときれいに通せています。 ちなみにダブルタッチは前作同様強いです。 ウイイレ2020 DFについて 今作はDFの挙動もけっこう変わっています。 守備者にとって自陣ペナルティエリア付近は戦場だ。 今作ではディフェンスのリアルな激しさが表現されている。 くさびのボールが入った際の後方からのプレッシャー。 スライディングやタックルなどのバリエーションが増加し、ヘディングでの必死のクリアも見せる。 相手に抜かれそうになったときに体を腕で抑えるなどのインテンショナルファウルも導入された。 ファウルになるリスクを負い、どこまで激しい守備をするか ——。 究極の場面で、究極の判断が勝敗を分ける。 個人的な感想はけっこうファール取られます。 あと相手に背負われたときのDFが個人的に難しい。 前を向かせないことはできるけどボールは奪えないですね。 ボールキープのスキルなどが追加されているのでそこも影響していると思います。 なので今回はフィジカルの強い選手が有利な場面が増えるかもしれません。 ウイイレ2020 選手長所について 今作から選手長所という新たな要素が追加されています。 この選手長所は見ての通りドリブル、グラウンダーパス、フライパスとあり それぞれの 長所を持った選手に合わせて味方の選手の動き出しが変わるようです。 フライパスの長所を持った選手がボールを持った時は裏に抜け出す動きになったり、グラウンダーパスであれば足元で受けやすい位置に動き出すといったところでしょうか。 ドリブルであればサポートの動き出しではなくスペースを空ける動き出しになります。 前述した通り、個人的にピャニッチが使いやすかったのはこの選手長所の影響があると考えても良いでしょう。 ウイイレ2020ではこの選手特徴は大きな意味を持つことになりそうです。

次の

ウイイレ2020 体験版レビュー【あの選手が強いかも】【最新情報】

フィネスドリブル

どもども!ググです! 今日はこちら。 2020について! 12月7日現在、 は不具合で対人戦ができない仕様に。 なんと10日まで対人戦ができないらしい。 さん エラー修正頑張ってね😊 暇なので、 私は今までの2020を振り返りました。 己のドリブルに限界を感じ、悩み抜いた結果 私がたどり着いた結論は 感謝であった 自分自身を育ててくれたに対する 限りない恩。 自分なりに少しでも返そうと思い立ったのが、 1日10000回。 感謝のフィネスドリブル。 私は悩み抜いた結果、 自身の弱点はドリブルのワンパターン化と 打ちすぎという結論に至りました。 その2つはなぜ改善できないのか。 そう! 焦っちゃうからである! 焦るから行動はワンパターン化し、 もう一歩ゴールに近づける場面で、 シュートを打ち急ぐ。 焦らない為には数こなすしかないんじゃないか!? ということで考案したのが感謝のフィネスドリブルというわけです。 👏 感謝のフィネスドリブルのルールはこちらッ!! ルールその1。 トグモードの練習を使用すべし あんまり強い敵にいきなり挑むと、 ドリブル嫌いになっちゃうから〜! ルールその2。 縦パス禁止。 相手陣内に入ったら縦パス禁止。 ラーメン屋の食べる前の注意みたいな感じに なってきましたね。 練習と思わず楽しみながら感謝をドリブルに込めましょうという意味です👏 このメンテが終わる頃には、 ドリブルGodと化した私がいることでしょう。 お相手 低速ドリで2020環境のDFを抜けると思うなよっ!!! 私 スッ... パァン!!! さて皆さん。 それでは。 感謝のフィネスドリブルやっていきましょうっ! パァン!!! お、わ、り minizzzzzz.

次の