ボディー アーチ。 ボディーアーチ〜ボディーアーチの正しいフォーム 筋トレの筋肉大全

ボディーザグリ、アーチ加工、バインディング巻きなどなど

ボディー アーチ

ボディメイキング(穴あけ&カット編) ボディメイキング(穴あけ&カット編) 皆さんは、ボディマウントの穴あけに失敗した経験はありませんか?私はあります…。 きちんとホイールアーチとタイヤの位置をあわせてマウントの穴をあけたはずなのに、いざボディを乗せてみるとズレていたり シャシーのセンターとボディのセンターがズレて、妙に右寄り(又は左寄り)になっていたり。 このような状態では、タイヤとボディが干渉して走行に支障が出てしまいます。 そして何より、新品ボディで気合が入るはずが、見た目がカッコ悪くてやる気メーターが下がってしまいます…。 そんなことにならない為に、今回は誰でもうまくボディが製作できる小技を紹介します。 1:準備する工具です。 (左)と(右)です。 この2つの工具はボディ製作の必需品ですね。 2:はじめに曲線バサミでボディのアウトラインを カットしていきます。 この時ホイールアーチはカットしないようにします。 3:マウントの位置決め用に短くカットした ボディマウントを用意しておくのが重要です。 長いままのマウントだと位置をうまくマーキングできず どうしてもボディが前後どちらかに 寄り気味になることが多いです。 4:同様にリア用のマウントも用意しておきましょう。 5:さらに重要ポイントです。 走行に使うホイールよりもオフセット量の多い ホイールを四輪に装着します。 ホイールスペーサーなどで全幅を広げてもOKです。 7:目一杯全幅を広げる事で、ボディの中心と シャシーの中心がズレることなく、ピッタリ合わせられます。 8:次に車を横から見て、フロントのホイールアーチと フロントタイヤの位置を合わせます。 9:ホイールの中心位置を四輪それぞれ マーキングします。 10:合わせたボディがズレない様に、ペンで 各マウントの位置とアンテナの位置をマーキングします。 11:ホイールの中心点とホイールの中心を合わせて、 ペンで各輪のホイールアーチを描きます。 12:その描いた線に沿って、曲線バサミでカットしていきます。 13:最後に、マーキングしておいたマウント位置を テーパーリーマーで穴あけします。 この時、ボディマウントの直径と穴の直径をチェックし ながら、すこしづつ穴を広げていきましょう。 せっかくズレない様に位置決めしても 穴が大きすぎたら無意味になってしまいます…。 14:以上で完成です。 いかがでしたか? 以上のように、ちょっとした工夫で位置がズレない様にマウントの穴があけられるようになります。 ちなみに、塗装が全て終了してから穴あけ&カットをする方もいますが、個人的には穴あけ&カットを先に行っています。 次回は、塗装編を紹介したいと思います。

次の

エアロパーツ 86 ZENKI

ボディー アーチ

ピックギターとフルアコ、アーチトップギターという言葉 ジャズギターとして人気の高いピックギター・フルアコ さて、ギターの分類・定義について長きに渡って説明してきましたが、ついにピックギターとフルアコースティックギターというところまできました。 フルアコはともかく、ピックギターというと耳慣れないかもしれませんが、どちらもボディー内は空洞となっており、分類としてはアコースティックギターです。 後は、モデルによってアンプラグドだったりエレキギターだったりします。 これらピックギターやフルアコースティックギターを総称してアーチトップギターと呼びます。 なお、ES-335などのセミアコースティックギターやソリッドギターであるレスポールもアーチトップボディーではありますが、セミアコはその全てがアーチトップとは限りませんし、レスポールの場合も言わずもがな。 そのため、単にアーチトップギターと言った場合セミアコや単にアーチトップになっているソリッドギターは含まれないことが一般的。 ギターのジャンルとしてアーチトップギター、といった場合はピックギター・フルアコースティックギターを指す と思って良いでしょう。 そんなアーチトップギターですが、代表例と言えばGibsonのL-5や、SUPER400などでしょうか。 (冒頭画像の左がL-5。 中央がSUPER400) Gibson以外のメーカーでもアーチトップギターは造ってはいますが、今のアーチトップギターの原型を作ったのがGibson社ということもあり、一般的にはアーチトップギターといえばGibson、というイメージが強いようです。 関連記事 ピックギター・フルアコースティックギターの特徴 アーチトップ・アーチバックボディー ピックギター・フルアコースティックギターの特徴としてまず挙げられるのはアーチトップ・アーチバックで構成されたボディーでしょう。 ボディートップとバックが緩やかにカーブを描き、膨らんでいます。 アーチトップギターという名称の所以ですね。 ラウンドトップ・ラウンドバックとも呼ばれます。 (ラウンドトップギターとは呼ばれません) 構造としてはピックギターもフルアコも基本的には同じですが、ハウリングを抑えるためフルアコの方がボディー材の厚みを分厚く設定されることがあります。 このアーチを造るには二つの方法があり、削り出しでアーチを造るか、熱とプレスで曲げて造るかの二つの製法が主流ですが、削り出しの場合木材の厚みがかなり必要となるため、その木材が良質であればあるほどコスト高に繋がり、ある程度高級なモデルでのみ用いられます。 管理人が実物を見たことがある中では、杢がキレイに出たフレームメイプルをトップ・バックに削り出しで配したGibson L-5の場合、販売価格で100万円を超えていました。 材を曲げて形成する方が一般的と言えるでしょう。 ホロウボディーとfホール どちらもアコースティックギターの一種ですから、当然ボディー内は空洞となっています。 ボディー自体はセミアコに比べ厚みがあることが特徴ですが、それよりも決定的な違いはセンターブロックの有無。 ピックギターやフルアコにはセンターブロックはなく、中は空洞になっており、フォークギターやクラシックギターに近い構造。 ホールの形はセミアコ同様特に制限はありませんが、やはり伝統的な左右対称のfホールが最も一般的です。 ブリッジ フルアコ・ピックギターの場合ブリッジ部分にも特徴があります。 まず、弦を留めるテールピースはボディー上ではなく、 ボディーエンド部に固定された状態で、ボディートップ側へ折れて伸びる形のテールピースを使用します。 一般的なアーチトップギターのテールピースとブリッジ このテールピースはボディートップ上には触れず浮いた状態なのですが、特に支柱等があるわけではなく、弦の張力によって引っ張られているだけ。 弦をはずすとボディートップに落ちて当たることがあるので、打痕等を作らないよう気を付ける必要があります。 そして、弦のコマとなる ブリッジにはボディートップのアーチに合わせて作られた木の台座に載った形のチューン・O・マチックに似たブリッジが使われることが一般的ですが、このブリッジもボディー上で固定されていません。 弦の張力によって上から押さえつけられて動かない状態になっているだけ。 そのため、弦を全部緩めたり、全部切ってしまうとボディー上の位置がズレたりポロリと落ちてしまいます。 比較的新しめのモデルではボディー上にブリッジ位置を示す印がつけられていたり、ブリッジを上からはめ込めるように小さなネジが飛び出ているものもあり、こういったモデルであれば外れてしまったりズレてしまってもそれ程問題にはなりません。 しかしそういった目安がないモデルの場合、ブリッジがはずれると元の場所が正確にわからなくなってしまい、オクターブを合わせながら正しい場所に戻してやらなければいけなくなり、かなり面倒になります。 また、ブリッジの落下によりブリッジそのものの破損やボディーのキズの原因にもなるので、注意が必要。 こういった面倒を避けるため、フルアコースティックギターではレスポール同様のストップテールピースやチューン・O・マチックを搭載しているモデルも稀にあります。 ジャズ向きの独特なサウンドとフラットワウンド弦 ジャンルとしては特にジャズに人気のあるピックギターとフルアコですが、その独特な渋いサウンドを生む秘訣の一つが、フラットワウンド弦。 通常巻弦は線の上に細い線をらせん状に巻くためボコボコしていますが、ピックギターやフルアコにはこのデコボコのないフラットワウンド弦を張ることが一般的で、通常のワウンド弦が使われることはほぼありません。 フルアコとピックギターの区別 ピックアップマイクがついているエレキのアーチトップギターがフルアコースティックギター ピックアップマイクがついていないアーチトップギターがピックギター という認識で、とりあえず間違いはありません。 グレッチのピックギターG9550 NewYorker Archtop このようにピックギターの場合、ピックアップマイクやコントロールの類がないためかなりスッキリとシンプルで素朴な外観に。 フルアコもピックギターも、多少のスタイルの違いや細かい仕様の違いはあれど、エレクトリック機構を除けば基本的な構造は同じです。 しかし、例えばピックギターにオプションとしてピックアップを取り付けるなどの例外もあります。 また、実はこの区別には諸説あり、 『 こういったスタイルのギターは元々ピックギター、アーチトップギターと呼ばれていたが、その後エレキギター化されたものをフルアコースティックギターと呼ぶようになった。 なのでピックギターはフルアコの前身である。 』 という説と、 『 元々アーチトップギターはフルアコースティックギター、ピックギターなどと呼ばれていたが、エレキギター化された後に区別としてエレキをフルアコ、生ギターをピックギターと呼ぶようになった。 』 という説が今のところ定説として語られています。 恥ずかしながら管理人にはどちらが正しいかはわからないのですが…… どちらにしても現状では生のアーチトップギターはピックギター・エレキギター化されたものはフルアコという風に区別することが一般的となっていますので、そのような認識で構いません。 ただ、これが必ずしも厳密な区別方法ではない、ということは憶えておいてください。 (区別方法という程ではありませんが、L-5などのクラシカルなスタイルはピックギター、SUPER400のような割とモダンなスタイルはフルアコ、という認識も一般的にあります) アーチトップギターに限ったことではありませんが、こういった名称って人々の認識とともに移ろいゆくため、曖昧な部分が多々あり、違った認識を持つ人もいます。 とりあえず今はこういった区別がされていると憶えておき、しかしそれも変わってしまう可能性や、違う認識を持つ人もいるということも頭の片隅にでも入れて柔軟に対応しいましょう。 人気記事ランキング• FENDER JAPANはシリアルナンバーで製造年代が判別可能 FENDER JAPANのシリアルナンバ... 1,823件のビュー• ヘビメタ御用達!?のローダウン・ドロップチューニング ローダウンチューニング・ドロップチューニングとは、... 1,606件のビュー• 初心者の方にとって、セルフメンテナンス最初の難関がアコギ弦の張り替えです。 個人差はあれど、弦は... 1,327件のビュー• Gibsonのシリアルナンバーの見方・読み方・解読方法まとめ ギブソンのシリアルナンバー・製造年代の見方... 1,151件のビュー• YairiとS. YairiとA. Yairiって何が違うの? K. YairiとS. Yairi、そしてA... 912件のビュー• ラッカー塗装の特徴 深味がある美しい艶と風格が魅力的なラッカー塗装 今回は高級なギター・ベース・ウクレ... 836件のビュー• ポットのAカーブとかBカーブCカーブとか、どんな違いがある? ギターのベースのみならずのエフェクターやアンプ... 832件のビュー• ネックをはずしても製造年代はわかるけど…… FENDERもまた、シリアルナンバーで製造年を知ることができ... 772件のビュー• 1977年から2005年の7月まで主流だった8桁シリアルナンバー Gibsonの8桁数字シリアルナンバー... 579件のビュー• センドリターン端子とはなんぞや? エフェクターのつなぎ方ではずせないテクニックの一つが、ギターアンプ・ベース... 553件のビュー.

次の

BODYMAKER(ボディメーカー)公式 スポーツ用品・トレーニング用品通販サイトトップページ(K

ボディー アーチ

The World Of Gibson Custom Archtop Jazz Guitars 今回はギブソンカスタムが制作するソリッド・アーチトップ・ジャズギターのご紹介をしましょう。 アメリカのテネシー州ナッシュビルで熟達したヴェテラン職人によって、大変手間隙のかかる伝統的な製作工程が踏襲されている上位機種というのは皆さんご存知の通りでしょう。 ギブソンカスタムが正式に発足したのは1993年のこと。 従来の枠組みを越えて高品質な製品を提供するために、それまでのギブソンUSAメイン工場内から独立し、企画から開発、木材等の仕入れ業務、製造から出荷に至るまでの一連のプロセスを「カスタム・アート&ヒストリック」という独立した部門で専門的に取り扱うこととなりました。 とりわけ、アーチトップ・ジャズギターの製作部門はカスタムファクトリー内でもごく小規模なエリアです。 カラマズー時代から継承されているような治具や工具を使いながら、精鋭の職人によって多くの工程を手作業で丁寧に仕上げられています。 チゼル(のみ)やフィンガープレーン(カンナ)といった、伝統的なツールと技法で丹念にボディを削り出して仕上げるのは大変気の遠くなるような作業ですが、熟達したルシアーの研ぎ澄まされた感性のもと、一切の妥協を廃した真摯な姿勢で、たっぷりと時間をかけて作りこまれている至高の名器といえるでしょう。 ソリッド・アーチトップ・ジャズギターのラインナップの中でもフラッグシップモデルと言えるGibson L-5は17インチ幅のボディサイズですので、18インチのSuper 400に比べるとやや小ぶりなデザインで取り回しが良く、一般的な日本人の体型でもそれほどストレスを感じずにプレイすることが可能だと思います。 L-5は、ウェス・モンゴメリーWes Montgomeryをはじめとして多くのジャズギタリストに愛用されてきました。 マルチバインディング、エボニーフィンガーボード、ブロックインレイ、 ゴールドハードウェアなど、一見するからにプレミアムな仕様のギターです。 もともと1951年当時のエレクトリック仕様L-5には、ローズウッド製のブリッジとドッグイヤータイプのP-90ピックアップが搭載されていました。 その後、1958年頃になるとレスポールモデル同様にブリッジがオクターブチューニング可能なABR-1へと変更、ピックアップもセス・ラヴァーの開発したオリジナル・PAF・ハムバッキングをマウントしたモデルとなります。 ) 現行モデルのピックアップはヴィンテージPAFをイメージしたナチュラルなレスポンスの57クラシックを採用。 5インチスケールのしっかりした厚みのあるネックグリップで、音像の輪郭はハッキリしているのですが、不自然な堅さがなく、弾き手がイメージしたとおりの音色を汲み取って奏でてくれるような感触でしょうか。 とことんタッチニュアンスに素直なトーンで、ギブソンならではの力強さと甘味があるジャズトーンが楽しめる名器です。 なお、2014年のNEWモデルとしてダブル・カッタウェイ仕様が登場。 またリミテッドランでアルニコVピックアップ PU-480 を搭載したモデルもリリースされています。 後者はP-90からPAFへと変更される過渡期の仕様を再現しています。 トグルスイッチ部分のラバーグロメットがついていないというのも特徴のひとつです。 このスペックのL-5はエリック・クラプトンEric Claptonに愛用されていたことをご存知の方も多いと思います。 その素朴でふくよかなトーン。 ウッディで力強い鳴りを満喫できる素晴らしい一本です。 当時テネシー州のナッシュビルでスタジオミュージシャンとして活躍していたビリー・バードとハンク・ガーランドの名前を冠したモデル。 発売当初は通称アルニコ5ピックアップ(PU-480)をマウントしていましたが、後にセス・ラヴァーの開発したオリジナル・PAF・ハムバッキング・ピックアップ(PU- 490)が搭載されます。 L-5同様の17インチ幅でありながら、非常に取り回しの良い軽量な薄型ボディでデザイン。 バードランドは、デビッド・T・ウォーカーDavid T. Walker、エリック・クラプトンEric Clapton、テッド・ニュージェントTed Nugentらが愛用していることで有名ですが、ショートスケールならではのメロウなトーンでありながらも、決してチープにならない豊潤なサウンドが秀逸です。 スピード感のあるレスポンスと、全体にトーンバランスが良く、硬質で艶のある美しい響き。 この軽やかでかつ深みのあるヴァイブレーションは、他モデ ルにはない唯一無二だと思います。 ピックアップはヴィンテージPAFをイメージしたナチュラルなレスポンスの57クラシックを採用。 ネック厚もそれほど深くないので、速いフィンガリングや複雑なコードプレイをしたときのストレスも軽減しています。 ジャズやジャズブルース、ブルースなどはもちろん、歌モノのバッキングなどにも絶妙にマッチするギターでしょう。 OUT OF STOCK もはやギターの存在そのものが芸術。 こちらが「キング・オブ・ジャズギター」として称讃を受けるスーパー400です。 1934年の発売当時に400ドルのプライスが付けられていたことにその名称の由縁がありますが、当時の物価を考えると、やはり150万円を越えるような高価な価格帯です。 Super-400はケニー・バレルKenny Burrellやラリー・コリエルLarry Coryell、またジャズ畑以外でもスコッティ・ムーアScotty Mooreやマール・トラヴィスMerle Travisといったギタージャイアントのプレイが知られています。 1939年からはハイポジションでの演奏性を高めるためにカッタウェイデザインが施され、1951年にはビッグバンドや大会場での音量が求められるようになったミュージックシーンのニーズに合わせて、P-90ピックアップが搭載されることとなります。 このエレクトリック化のタイミングはL-5と同様ですね。 1インチはご存知の通り2. 54cmですが、ボディ幅が1インチ違うとかなりのもの。 そこには長年の経験を積み重ねたクラフツマンの情熱が体現されており、多くの後発ブランドにとっても大きなインパクトであり続けています。 装飾面でも、ゴールドハードウェアに黒々としたエボニーフィンガーボードの美しさが映えます。 スプリット・ブロックインレイ、スプリット・ダイヤモンドインレイ、マルチプル・バインディングが配されており、その出で立ちはまさに威風堂々。 現行モデルではご覧の通り、エボニーの木製土台ABR-1チューンオーマチックブリッジ、そして57クラシックピックアップをフィーチャーしており、1950年代後半の個体をもとにしたスペックです。 音色的にも優美で広がりのあるレゾナンスは筆舌に尽くしがたいもの。 グラマラスで表情豊かなトーンは他の追随を許さない王道、ジャズギターの極みでしょう。 OUT OF STOCK 60年代後期ギブソンのギター・ルシアーが製作してから現在も特別にオーダーをしないと製作されないギブソンのクリムゾン・シリーズモデル。 今回は4年ぶりの入荷でCITATIONはオーダーしてから1年以上はかかりギブソンのフルアコ担当スペシャリストにより材を選定されたのが5月でそこから10ヵ月かけ完成ました。 最高級クラスのソリッド・スプルーストップを手で削り出し、見事なソリッド・フィギュアード・メイプルをサイドバックに使用しCITATIONにふさわしい木材であることを証明するステッカーが正面から見て右側Fホールからバック材に貼られているのが見えます。 装飾は指板には雲をモチーフにしたアバロンインレイ、ヘッドストックにはフルール・ド・リス アヤメ(アイリス)の花を様式化した意匠で芸術的、象徴的な意味を持つ がエボニーブリッジの両サイドとともに施してあります。 ヘッドのギブソンロゴ、トラスロッドカバーにもアバロンを使用してとても優雅です。 ピックガードはサイドバック同様見事なフィギャード・メイプル材で製作。 そしてハードウェアーには24カラットのゴールド・プレートを使用しエレガンスさを醸し出しており息を呑む美しさです。 ピックアップはフローティングミニハムバッカーがピックガード横に取り付けられてシングルボリュームコントロールがピックガードにマウントされアウトプットジャックはエンドピン部に取り付けられあります。 スケールは25. 5インチで17インチワイド、3インチディープボデイ。 トップ材ブレーシングにはXブレーシングを採用し豊かなアコースティックサウンドで生音で楽しめます。 OUT OF STOCK 以前のオフィシャルサイトですと「リ・グランデ」とカタカナ表記されていましたが、「ル・グランド」や「ル・グラン」と発音する場合もあります。 もともとは1961年から1989年頃にかけて製作されていたジョニー・スミスのシグネチャーモデルとして知られるギターのことを指します。 ただし、ネックの方は後述するSuper 400スタイルというのが面白いポイントです。 まさにハイブリッドなプレミアム・ジャズギターです。 繊細なピッチ調整に貢献するファインチューナー付きのフィンガーテイルピースを搭載している他、良質なボディの鳴りをスポイルさせないためのこだわりとして、ボリュームノブはピックガード上に配線しているのも見逃せません。 ピックアップもフローティングタイプのミニハムバッカーBJBをマウントしております。 ネックグリップの厚みも野暮ったくないので、スピード感のあるソロやテンションコードでも音の粒立ちが鮮明で実用的です。 アンサンブルの中でも存在感を失わないタイトな音像で、かつ深みのあるリッチで美しい倍音が響き渡ります。 プレイヤーのタッチの強弱に応じて様々な表情を見せるトーン、この艶感と奥行きのあるサウンドは格別です。 ステージ演奏はもちろん、生音で軽く爪弾いているだけで至高の時間をエンジョイできる秀逸なギターに仕上がっています。 OUT OF STOCK.

次の