退職 届 雛形。 退職勧奨を受け入れる場合の退職届の書き方

退職届テンプレート02

退職 届 雛形

退職願と退職届・辞表の違い 退職願・退職届とは雇用主に退職の希望を伝えるための書類。 辞表という書式もありますが、一般的に退職願の方が使われます。 辞表は役員や公務員が辞職の意を伝える書類になり、一般社員の方は使うことはありません。 マナーを気にするべき書類なので、正しい書き方を学びましょう。 退職願と退職届 退職願とは、会社と労働契約を結んでいる一般社員が、会社との契約を解除してもらうための申し出をする書類のことをいいます。 退職願を提出しただけでは退職することはできません。 会社側の合意を得てはじめて、退職となります。 そのため、会社側が合意する前であれば撤回することも可能です。 それに比べ 退職届は、「私はこの会社を退職します」と言う意思表示をするための書類ですので、提出をした後に撤回をする事はできません。 退職の意志がより強い場合に提出しましょう。 企業の経営者や役員は、 労働契約ではなく委任契約を結んでいます。 そのため、役職者は会社の労働組合にも入っていません。 一般社員は労働者ですが、役職者は使用者の立場になります。 労働者が会社を辞めるときには、雇用主使用者にあてて退職願 退職届 を出します。 そしてその使用者つまり役職者が会社を辞めるときには退職願ではなく、 辞表を提出するのです。 それにより、委任契約を解約する形となります。 以上の理由から、一般社員が辞表を提出することはありません。 自分の会社での立場から、どちらの書式を提出すればよいかを選びましょう。 退職願には決まった書式はなく、退職の意志さえ伝わればどんな書式でもよいとされています。 ですが、円満に退職するためにもマナーは守りたいですよね。 退職願に書き入れるべき5つの項目について、ポイントを交えながら説明します。 敬称には『様』『殿』を用います。 通常、退職願の文面には退職理由についての詳細は記載しません。 ですが、形式上、理由の記載が必要となります。 退職後も書類のやりとりが発生することもありますので、特に転居を伴う場合などは必要に応じて退職後の住所や連絡先を書き入れましょう。 退職願と退職届の内容の違いは2点あり、• タイトルが「退職願」から「退職届」になる事• 退職理由の部分が「退職をさせて頂きたい」という内容から「退職をします」という内容になる事 となります。 退職届については、でも詳しく説明をしていますので是非ご覧ください。 謙譲の意を表す決まり文句です。 中央の提出書類名が『辞表』になるくらいの違いでしょう。 取締役の辞表の場合には、役員の変更登記の添付書類となることがありますので 『辞任届』と書く場合もあります。 その場合でも、印鑑は認印でよいとされています。 以下でそれぞれについて詳しく説明をします。 自己都合の場合 自己都合で退職する場合、サンプルにも記載がある通り、「一身上の都合で」と記載をすれば問題はありません。 退職をするタイミングとしては、民法では 退職の14日前までに退職の意思表示をすればよいことになっています。 そのため、会社に引き止められた場合でも、法律上は14日前に合意が得られれば退職することができます。 ただし、特にすぐに退職しなければならない理由がない限りは上司と相談して退職日を決め、円満退社をすることをオススメします。 退職後、会社は新たな人員を確保しなければならず、新任者に引継ぎもしなければなりません。 飛ぶ鳥跡を濁さずという諺があるように、早い段階で余裕をもって退職スケジュールを立てることが大切です。 会社都合の場合 会社都合で退職する場合は注意が必要です。 失業手当の給付時期が、自己都合と会社都合では異なるためです。 会社都合の場合は、『一身上の都合』ではなく、会社都合で退職する 具体的な理由をそのまま書きます。 そうでなければ雇用保険では自己都合と判断され、すぐに失業手当がもらえないことがあります。 一度自己都合退職として処理されてしまうと撤回することはできませんので気をつけましょう。 もし、どうしてもそのままの理由が書けない場合は『会社都合により』とだけでも良いので、 必ず自己都合ではない旨を記載するようにしましょう。 ここからは、大切な書類の折り方、封筒の選び方などを解説します。 それを左に90度回転させ、文書の右上の部分が上にくるようにセットし、封筒の裏面を自分の正面にくる状態にして中に入れましょう。 このとき、折り目がずれないように合わせて折るように気をつけてください。 郵便番号枠がないもので、縦長、二重になっているものが適しています。 堂々と渡すものではありませんので、内ポケットにしまうことのできるサイズが良しとされています。 茶封筒は主に事務用となりますからマナー違反と判断されますので避けてください。 書き損じや汚れのないように気をつけましょう。 封をする場合は糊付けしたあと〆と書きます。 封をしない場合はフラップのみ折り曲げ、何も書きません。 提出するまではクリアファイルに入れるなどして、折れないように保管しておきましょう。 裏面は、自分の所属部署とフルネームを左下に書き入れます。 宛名を書く必要はありません。 辞表の場合は「辞表」あるいは「辞任届」と書きます。 いきなり退職願や辞表を提出するのは心象がよくありません。 その場合は、上記のようにして退職願を書いたうえで、さらに大き目の封筒を用意します。 その中に退職願と添え状を同封して送付します。 退職願を提出しても、会社がそれを受理しなければ退職はできません。 円満退社をするためには、退職を決めた時点で早めに上司に申し出て、スケジュールを組むことが大切です。 行動を始める際には、自分の置かれている状況をよく理解したうえで退職願や退職届・辞表の準備を進めるようにしましょう。

次の

退職届テンプレート02

退職 届 雛形

書き方の前にチェック!退職願・退職届・辞表の違いって? 退職願(たいしょくねがい)に退職届(たいしょくとどけ)・・・。 これって何が違うの? それ、疑問に感じること多いデジよね。 そもそも最近は退職願も退職届も同じように扱われることが少なくないデジが、一応は下記のような違いがあるデジね。 今回は同じような役割を持つ「辞表(じひょう)」についても紹介するデジ。 退職願については書類にせず、口頭で「退職したいです」と伝えても大丈夫デジ。 そうだったんだ! 法的なもので言えば、 実は退職届も不要で、口頭で伝えれば退職できるとされているデジが、あとで「言った言わない」と不毛な戦いになるのを避けるため基本は提出することをおすすめするデジ。 辞表は社長とかの経営者や公務員が使うものだったんだ。 漫画やアニメでよく「辞表」って書いてある封筒を差し出してるけど、あれって間違いだったのか! そうデジね。 「辞表」の方が重々しくてインパクトがあるってことで、使われているのかもしれないデジね~。 今月の申込数ランキング• 転職者満足度No. 1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。 転職支援実績No. 1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。 年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!• 8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!• 女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67. 1%! 退職願・退職届・辞表のテンプレート(フォーマット)ダウンロード/PDF こっちは少し手書き箇所は増えるデジが、Wordのソフトを持っていない人用にPDFを用意したデジよ!下の画像は退職願になってるデジが、 退職届も辞表も記入する箇所は同じデジからね!下の画像を参考にして書くデジ!書くデジ~! 退職願・退職届の書き方! まずは必要なものを用意 退職願・退職届を書く前に以下のものを用意するデジ! 退職願・退職届に必要なもの 用紙 A4orB5のシンプルなもの (シンプルなら便せんも可) 封筒 白無地の郵便番号枠なし (用紙がA4=長形3号) (用紙がB5=長形4号) ペン 黒ボールペンor万年筆 (油性・水性どちらでも) 印鑑 シャチハタは不可 パソコンで作成する場合はペンは不要デジが、 退職願・退職届は手書きの縦書きが好ましいとされてるデジね。 またアナログな。 まぁ、最近ではパソコンでも大きな問題はないと思うデジが、まだまだ手書きを良しとする人が多いのも事実。 だから特に理由がなければ手書き&縦書きがいいんじゃないデジかね。 最後はすんなり何事もなく終わりたいしね。 ちなみに、ペンは油性でも水性でもOKデジが、退職願・退職届は 右から左へと書いていくから、なるべく乾きの早いペンをおすすめするデジ。 乾きが遅いペンだと手でインクがこすれて台無しになってしまう可能性もあるデジ…。 左利きの人なら平気そうだけど、右利きの人は要注意だね! 退職願・退職届の押印は法律で決められているものじゃないデジから不要なこともあるデジ。 ただ印鑑が必要な場合も多いデジ。 このとき シャチハタ(スタンプ台不要のインクが浸透した印鑑)はおすすめできないデジ。 また拇印(親指で押印するもの)も好ましくないという意見が多いデジ。 退職願・退職届の書き方 お次は本題。 退職願・退職届の書き方を紹介していくデジよ!両書類を作成する時は以下の点に気をつけるデジ! 退職届・退職願の書き方(縦書き) 冒頭 一番右端の中心からやや上側、または中心に「退職願」か「退職届」と書きます。 書き出し 2行目に「私儀(わたくしぎ)」と記載します。 これは、「私のことでございますが」という意味を持ちます。 理由 自己都合であれば「一身上の都合」と退職理由を書きます。 会社都合の場合は「部門縮小のため」などの理由を記載しましょう。 退職日 退職理由の後には「退職希望日(退職願)」か「退職する日(退職届)」を書きます。 和暦でも西暦でも構いません。 結び 日付の後に「お願い申し上げます(退職願)」か「退職させていただきます(退職届)」と記載します。 提出日 行を空けてから書類を提出する日を書きます。 部署・名前 提出日の後は行の下方に自分の所属部署・自分のフルネームを書きます。 名前の後に捺印をしましょう(シャチハタ不可)。 宛名 最後に組織の最高執行責任者(社長など)の役名とフルネームを書き、敬称は「殿」にします。 なお、必ず自分の名前より上方に書くようにしてください。 上記の書き方とテンプレートを参考にすれば、きっとビジネスマナーにそった退職願・退職届が完成するデジよ! 失礼のないようにしないとね! ちなみに、テンプレートまで用意しておいて何デジが、実は 会社によっては退職書類のフォーマットが用意されてることもあるデジ。 事前にそれを確認して、もしフォーマットがあるようなら、それに沿って作成するデジよ。 注意点 会社によっては、あらかじめ退職書類の決まったフォーマットが用意されていることがあります。 そういった場合には、基本的にフォーマットを活用しましょう。 退職願・退職届の封筒の書き方・入れ方 お次は完成した退職願・退職届を封筒に入れていくデジよ!と、その前に封筒の書き方をチェックしておくデジ。 封筒の書き方 封筒の書き方は非常に簡単デジ。 表面に「退職願」または「退職届」と書き、裏面の左下に「自分の所属する部署名」と「フルネーム」を書くだけでOKデジ。 ね?簡単デジでしょ? 注意点とかは無いの? そうデジね。 さっき言ったように封筒は郵便番号の枠がないものを使い、文字は丁寧に書くことを心がけるデジ。 また、あまりに文字が小さいと読みにくいから、少し大きめを意識するといいかもしれないデジね。 なるほドーナッツ! 封筒への入れ方 封筒が書けた後は実際に退職届や退職願を入れていくデジよ。 退職届や退職願は3つ折りにして封筒に入れるデジね。 下のように用紙を折って封筒に入れるデジ。 郵送していいケース• 入院などで会社に行けない• 精神疾患などで会社に行けない• 会社が郵送可と認めた そもそも退職願・退職届は法律的に提出が決められているものじゃないデジから、提出せずに退職するケースもあるデジけど…企業の中には退職届の提出を必須としているところもあるデジ。 で、上のような場合は郵送でもOKってことだね。 そういうことデジ。 まぁ退職届を出すことが退職の意思表示になるデジから…一方的に退職届を会社に送りつけて退職を強行するってこともできるデジけど…その行動の先に円満退職はないデジね(退職の意思表示をすれば、会社の合意がなくとも最短2週間で退職できます)。 そ、そうだね。 いきなり退職届を送りつけて円満退職って…ないよね…。 で、退職願や退職届を郵送する場合はどうしたらいいの?教えてブイブイ! 事前に郵送することを会社に伝える 基本的に、突然会社に退職願・退職届を送りつけるのは避けるデジ。 まずは 上司に電話もしくはメールで郵送することを連絡するデジよ。 上司がどうしても難しいって場合は人事でもいいデジ。 郵送はイレギュラーな方法で、基本は手渡しってことを頭に入れておこう!だからこその事前連絡だね。 その際に、退職願・退職届を 誰宛に郵送すればいいか確認するデジ!基本的には直属の上司ってことが多いデジけど、会社によっては人事部だったり総務部だったりするデジからね。 確認だね! ただし…どうしても退職させてもらえないなどの事情があって、 退職を強行するような場合は事前連絡する必要ないデジ。 強行なのに事前連絡って、乱暴なのか丁寧なのかわからない行動デジ。 とはいえできれば円満退職したいデジよね~。 送付状(添え状)を必ず用意する 退職願・退職届を郵送することを連絡したら、できるだけ早く行動するデジ。 郵送するといって1週間以上も待たせたらさすがに非常識だデジ。 できれはその日のうちに郵送したいデジね。 退職願・退職届の封筒をそのまま郵送すればいいの? 大バカモーーーン!!デジ!!そんな非常識なことはNGデジ!まずは送付状(添え状)を作成するデジよ。 手書きでもパソコンでもいいから、添え状を作成して同封するデジよ!送付状(添え状)のテンプレートは以下からダウンロードできるデジから、ぜひ活用してデジ~。 長形3号 角型5号• 長形4号 長形3号 郵送に使用する封筒は以下のような封筒を選ぶデジ! 郵送用の封筒の選び方 色 白 仕様 郵便番号枠あり あとは封筒の表面に宛先(送付状に記入した宛名と同じ)を書き、 封筒の左下に「親展」と赤字で記入するデジ!親展というのは「宛名に記載した本人が開封してくださいね」という意味デジよ。 僕、「親展」なんて書いたことないよ。 ま、あまり書く言葉じゃないかもデジね…。 封筒の裏面には自分の住所と名前を忘れずに記入。 そして退職願・退職届の上に送付状を重ねた形で封筒に入れて(宛名側に送付状が来るように)封をし、「〆」を記入するデジ。 最適な郵送方法で送る あとは郵送するだけデジけど、例えばすでに会社側と合意している場合であれば特にトラブルの心配もないデジからね、 普通郵便でも構わないデジ。 合意していない…場合は? 例えば強引な引き止めで退職できないなど、まだ 会社と合意していない状況なら内容証明郵便で送るデジ!内容証明郵便っていうのは、どんな内容の文書が誰から誰宛に差し出されたか?を証明する郵便で、郵便局でないと手続きできないデジ。 ポスト投函できないんだ。 ちょっと面倒だね。 とはいえ揉め事は極力避けたいデジからね、内容証明郵便を選ぶデジ!ちなみに退職願・退職届を郵送する場合、料金不足などがあると失礼デジから、ちゃんと郵便局に出向いて郵送するデジよ! 送付状(添え状)のダウンロードはこちら! テンプレートを以下に用意したデジから、ダウンロードして送付状(添え状)を作成するデジ。 用紙はA4またはB5がおすすめ!履歴書サイズと同じにするのが無難デジかね。 退職送付状ダウンロード Wordのソフトを持っていない方は無料ソフトのすれば編集が可能です。 突然の退職なら「突然の退職でご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。 」という一文を入れたり、短い期間での退職であれば「短い期間ではございましたが、大変お世話になりました。 」という一文を入れてもいいデジね。 もちろん参考例と同じでなくても 誠意が伝わる内容ならOKデジ。 誠意が大事ねぇ。 わかる気がするなぁ。 左上の宛名の部分には基本的に上司の名前を入れるデジ。 ただ退職願・退職届を郵送すると事前に連絡を入れたときに「人事部宛に送ってほしい」などと指示があればそれに従うデジ! なるほどね。 書き損じは修正してもいいですか?.

次の

退職願・退職届の書き方ガイド

退職 届 雛形

「退職願」「退職届」「辞表」の違いとは?出し方や時期(タイミング)は? 「退職願」「退職届」「辞表」の違いとは 役割 退職願 退職願とは、退職(労働契約の解除)を会社に願い出るための書類のことです。 口頭で伝えても構いません。 書面の退職願を直属の上司に提出することで、退職の意思が固いことを示し、会社に退職(労働契約の解除)の申し入れをした根拠にすることができます。 次の転職先が決まっていて、退職交渉の時間が短い場合は準備していくことをおすすめします。 退職届 退職届とは、退職することが確定したのち、退職を会社に対して届け出るための書類のことです。 辞表 辞表とは、社長や取締役など雇用関係のない立場の人が、務めている役職を辞めることを届け出るための書類のことです。 (辞表を提出し役職を外れた後、一般社員として勤務を続ける場合もあります) 公務員が辞めることを届け出る場合も辞表を提出します。 (退職届と同じ扱いになります) 会社員など雇用されている人の場合は、辞表の提出は必要ありません。 いつまでに、誰に提出する?出し方や時期(タイミング)は? 退職願・退職届の出し方と時期の一般的な流れ• 退職の意思を 固める• 退職希望日を記載した 退職願を作成• 直属の上司に退職を申し出、 退職願を直接手渡す。 退職の承認を得て、退職日を決める• 上司に確認しましょう。 退職 (労働契約解除) 退職願・退職届は就業規則に記載のある相手に対し、期日までに提出する必要があります。 一般的には、直属の上司に対し、退職を希望する日の1~2カ月前までに申し出ることを規定している会社が多いようです。 退職願・退職届を出すタイミングと出し方は、就業規則や社内規定でメールや郵送などの指定がなければ、会議室などほかの社員がいない場所で直属の上司に直接手渡しすることがマナーです。 ・退職願サンプル ・退職届サンプル(自己都合退職の場合) ポイント• 書き出し:私儀(読み:わたくしぎ)と書きます。 退職理由:自己都合退職の場合は、「一身上の都合」と書きましょう。 退職日:退職願の場合は、退職希望日を記載しましょう。 退職届の場合は、上司との話し合いで決めた日付を記入します。 西暦でも、元号でも構いません。 会社の公式書類に使用しているものに合わせるのがよいでしょう。 文末:退職願の場合は、「お願い申し上げます」など願い出る旨を書きます。 退職届の場合は、退職が確定した後に提出するため「退職いたします」と事実を報告する旨を書きます。 届出年月日:退職願・退職届ともに提出する日付を記入します。 所属部署、氏名:宛名より下の位置に所属と名前を記入し、名前の下に捺印します。 宛名:最高執行責任者の役職と名前を書きます。 代表取締役社長などが一般的です。 敬称は殿。 自分の名前よりも上にくるように書くことがポイントです。 封筒の書き方・封入のポイント 一度出した退職届を撤回することはできますか? 原則、退職届を撤回することはできません。 退職願は上司に提出したあと、人事責任者(労働契約の解除ができる立場にある人)に渡され、人事責任者の承認が下りると退職が確定します。 上司に提出後、人事責任者の承認が下りる前であれば、撤回できるケースもまれにありますが、原則撤回できないと考えておいたほうが良いでしょう。 退職届は、上司に提出した時点で労働者側が労働契約の解除をしたことになりますので、撤回することはできないと考えたほうがよいでしょう。 辞表は、社長または執行役員に提出した時点で役職の契約の解除をしたことになりますので、撤回することはできないと考えたほうがよいでしょう。 過去の判例でもケースにより判断が分かれますが、退職願は、「退職(労働契約の解除)を会社に願い出るための書類」ですから、 上司に提出後、人事責任者の承認が下りる前であれば、撤回できる可能性があると解釈するのが良いでしょう。 一度会社に退職を申し入れたあとで、撤回することはできる限り避けてください。 仮に退職願を撤回することができた場合でも、希望に沿わない部署への異動を命じられるなど、不利益を被る可能性が高いためです。 もし、退職するかどうかを迷っているのであれば、退職願を書くのを一度やめて、直属の上司や(直属の上司への相談が難しい場合は)その上の上司か人事部に「相談」という形で、現職を続けることが困難な状況にある理由を伝え、解消できないかを話し合いましょう。 また、家族や友人に客観的な意見をもらうことも有効です。 そうした手続きを経ても問題の解決が見込めず、退職の決断ができたら退職の意思を伝えることをおすすめします。 直属の上司が退職交渉に応じず、退職願も受け取ってもらえない場合は、直属の上司のさらに上の上司に対して、「直属の上司に退職を申し出たが取り合ってもらえない」ことを相談しましょう。 それでも難しい場合は、所属する部署の部門長まで「直属の上司およびその上位組織の上司に退職を申し出たが取り合ってもらえない」と相談します。 部門長に相談をしても取り合ってもらえない場合は、人事部に相談するようにしましょう。 仕事の進め方と同様に、決裁をする順番に沿って話を進めるようにすることがポイントです。 類似のケースとして、「直属の上司との関係の悪化が原因で退職をするために、初めから直属の上司を飛ばして、その上位組織の上司に退職願を提出し退職交渉をしたい」という方がいらっしゃいます。 直属の上司を飛ばして上位組織の上司に相談することは、会社員としてのマナー違反に当たり、退職交渉が難航する原因となってしまうので、避けましょう。 直属の上司が退職交渉に応じてくれない可能性が高い場合でも、まずは直属の上司に退職願を提出し、退職を希望する旨を伝えます。 そのとき直属の上司が「退職交渉に応じなかった」場合、直属の上司の上司に「直属の上司に退職を願い出たが取り合ってもらえない」と相談することがトラブルの生じにくい退職交渉の進め方です。 (退職願の提出先や提出期限は会社により異なりますので、退職交渉を始める前には 必ず就業規則を確認してください) 退職届は、会社に退職すること(労働契約の解除)を届け出るための書類ですから、退職理由が自己都合・会社都合いずれの場合も提出することを就業規則で定めているケースはあります。 会社都合で退職をする人が退職届を提出するときに気をつけることは、退職理由の記載の仕方です。 「一身上の都合」と書くと、会社都合退職にも関わらず自己都合退職として処理され、退職後に受給する失業保険の金額や期間などが変わる場合がありますので、注意が必要です。 会社都合退職の場合は、「事業所閉鎖のため」「事業部門縮小のため」「早期退職のため」など会社と合意した具体的な退職理由を書くようにしましょう。 なお、会社都合退職の場合、退職願を提出する必要はありません。 ・退職届サンプル(会社都合退職の場合) 会社都合退職の場合は、会社規定の退職届に記入することが一般的です。 もし決められた書式がない場合は、下記のように書くのがよいでしょう。 wardnm cutString itemc.

次の