ソーシャル ゲーム インフォ。 Social Game Info【ソーシャルゲームインフォ】

[B! ソーシャルゲーム] Social Game Info【ソーシャルゲームインフォ】

ソーシャル ゲーム インフォ

ゲーム事業者は徐々に増加している一方、暗号資産ウォレットのインストール、イーサリアムアドレスの秘密鍵の管理、暗号資産取引所の口座開設など、新規ユーザーがゲームを開始するまでの障壁は依然高く、ユーザーの増加の課題となっておりました。 こうした課題解決のため、この度、SNS(ソーシャルネットワークサービス)のIDを利用したセキュアなログインとイーサリアムアドレスの秘密鍵管理を実現したTorus Labsと提携いたしました。 本提携により、ブロックチェーンゲームがより幅広いユーザー層に広がることを期待しております。 日本で広く使われるSNSに対応し、ブロックチェーンゲームに興味を持ったユーザーが安心してゲームを始められる環境の構築に努めてまいります。 Torus WalletはWeb技術を利用したイーサリアムウォレットです。 Google、LINE、Twitter、DiscordなどのSNSアカウントを持っているだけで、ブラウザプラグインやアプリケーションのインストールをすることなく、お使いのブラウザでイーサリアムウォレットをご利用いただけます。 Web技術を使ったウォレットであるため、ETHの送金はもちろん、NFTの送信など、ブロックチェーンゲームに必要な機能は、既存ウォレットと変わらずご利用いただけます。 また、マイクリをはじめとした参加ゲーム相互コラボレーションとコラボに必要なNFTコンバートシステムも提供することで早期のエコシステム形成をサポートします。 ・当サービスに掲載されている情報は、ブロックチェーンゲームのアセット取引に関する判断の参考として、取引一般に関する情報提供を目的とするものであり、取引の勧誘等を目的とするものではありません。 ・当サービスに掲載されている情報には、将来的な出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 ・当社(アクセルマーク株式会社)は、当サービスに掲載されている情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。 ・取引に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 ・当サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

売上300万円の「ソーシャルゲームインフォ」が時価総額450億円のコロプラに買収される

ソーシャル ゲーム インフォ

ちょっと風のタイトルにしてみました(ちょっと違うかも)。 僕も毎日見ているソーシャルゲーム情報サイト「」。 もともとgloopsの運営で、以前はサイト上にもgloopsの記載がありました。 いつの間にか表記が「ソーシャルゲームインフォ株式会社」になり、あれ・・・個人運営(編集長さんの一人会社)に変わったのかな?と思っておりました。 「でも、gloopsのHPに載ってるしなぁ・・・分社かしただけか」みたいな。 以前は媒体資料もサイト上にあったりして、PV数とか価格とか発表していたのですが、最近はなくなっており、成り立っているのかな・・・と思っておりました。 コロプラが買収することになったんですね。 いくつかメディアを運営している僕としては気になる売上。 300万円か。 営業利益が-300万だと編集長さんの給料500万くらいで、その他費用100万くらいとかかな。 個人的にはもっと売上あっても良いと思うのですがどうなんでしょ。 ソーシャルゲーム業界の人、「ほぼ全員が見てる」といっても過言ではない媒体ですからね。 以前紹介した「」という専門分野のブログが年商835万円なので、質的には同じくらいの価値あると思うのですが・・・。 何より僕が毎日見ておりますし、無くなったら情報収集に困るので、是非頑張って売上を伸ばして欲しいところです。 特に企業の決算系グラフを、見やすいように独自に作り直してくれるところ等、素敵です。 僕もたまに広告応援クリックするようにします。 ちなみにgumiもというニュースサイトを持っています。 こちらは元々小さい会社が運営していて、その社長さんがgumiに入社し、そのまま運営を引き継いだ感じだったかと思います。 「」が企業系のニュースで「」がゲーム内の運用イベントニュースといった位置づけで昔は見ていたのですが、次第にピコプラネットは見なくなりました。 「イベント開催中!」等だけでなく、「こういったイベントです(業界人向けにロジックが分かるように説明する)」だと需要あると思うんですけどね!時間かかって大変だと思いますが。 そんじゃーね(ちきりんさんのマネ).

次の

wmf.washingtonmonthly.com

ソーシャル ゲーム インフォ

1 誰でもビンゴゲーム ビンゴは子供が好きなゲームの一つです。 定番の数字を入れたゲームから他にお題を変えてみると楽しくなります。 コンビニあるよ、警察署あるよということで建物名を入れて楽しみます。 是非クラスでやってみてください。 2 消えた人物ゲーム 本当に消えるわけではなく、廊下に隠れてもらうゲームです。 下の写真は教室の図になります。 前の緑が黒板、そして座席に子供たちが座っています。 すぐに分かるような気がしますが、なかなか難しいです。 6年生のクラスでもやってみましたが、いなくなった人を探すのはけっこう大変です。 補足です!ずっと同じ位置で座っていると分かってしまうので、何人かは適度に席替えすることで難易度が上がって楽しむことが出来ますよ。 3 生き物描いてゲーム お題は生き物です! 先にペンと紙を用意して、先生がお題を出します。 ウサギと言ってしまうと簡単に描けてしまうので、意外な生き物を出してください。 例えばアルパカ!アルパカと聞いて、アルパカって何だ?と考えます。 描いてもらうと、羊だったりロバだったりします。 中には、生き物でないものを描く子もいます。 最後に正解は写真で見せながら、アルパカはラクダの仲間だよと教えて共有します。 他にも・・・ 他にもドラゴンフルーツも面白いです。 知っていると言いながら、パイナップルを描いたり、ボールがとげとげしている物を描いたりします。 先生の方で用意できるなら、実物を見せてあげて共有するのも楽しいです。 ポイントは、正解も褒めてあげますが、不正解でも面白いものを描いた子には、創造してこんなふうに描けたんだと褒めてあげることが重要です。 答えを出した子には先生がどんどん褒めてゲームを盛り上げましょう! ソーシャルディスタンスは学校の中で守るのは難しいですが いろいろ工夫をして休み時間も楽しく遊んでくださいね。

次の