ガトー フロマージュ。 ガトー・フロマージュ(80g×4枚)

くらしとおやつ 「喫茶ビジュゥ」のガトー・フロマージュ

ガトー フロマージュ

クール冷凍便にて、送料無料でお届けしておりますので、遠方にお住まいのご家族やご親戚、お友達、お世話になった方への誕生日プレゼントにもお勧めです。 『ガトーフロマージュ デコ』は、クール冷凍便でのお届けとなります。 お熨斗は短冊のしの形にて承っております。 内祝や御祝など、ご用途に合わせてお選びいただけますので、ぜひご利用くださいませ。 又、破損の原因となりますためチョコプレートはお付けしておりませんが、無料のメッセージカードをご用意していますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けくださいませ。 <こだわり尽くされた、美味しさの秘密。 > 1. どっしりした食べ応えのある濃厚チーズクリーム、マダガスカル産バニラビーンズのアクセント 2. チーズの濃厚さを受け止める土台生地の味わい 3. フランス人なら、大人から子供まで誰もが大好きな「KIRI」のクリームチーズ。 ご注文後、自動配信される楽天市場からのメールにお支払い番号等を記載しております。 7日以内にお支払いが確認できない場合、楽天市場からの期日指定に関わらず、当店にて自動的にご注文をキャンセルさせていただきます。 別途代金引換手数料がかかります。 (330円〜) 詳しくは 配送について 配送はヤマト運輸にて、神戸市内より発送いたします。 ご注文受け付け後、3営業日以内に発送いたします。 (銀行振込・コンビニエンスストア・郵便局ATM決済はご入金確認後となります。 ) 受注生産商品や配送日指定のある商品はその商品の発送日に準じます。 指定できる時間帯は [午前中][14:00-16:00][16:00-18:00][18:00-20:00][19:00-21:00]です。 詳しくは。 お問い合わせについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 何卒ご了承くださいませ。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いいたします。 万が一メールが届かない!というようなことがございましたら大変お手数ですが店舗までご連絡くださいませ。 また、yahooやhotmailなどのフリーメール、携帯メールアドレスをご利用のお客様に、当店からのメールが届かない現象が発生しております。 大変お手数ではございますが、迷惑フォルダの振り分け設定などご確認くださいますようお願いいたします。 返品・交換について 返品・交換は未開封のものに限らせていただきます。 商品到着後、早急にご連絡ください。 なお、お客様のご都合による返品・返却等はお受けいたしかねますので 予めご注意ください。 商品の品質には万全の注意を払っておりますが、下記の場合のみ、 送料弊社負担でお取替えさせていただきます。 商品が不良の場合 2. 配送中事故などで破損・汚損が発生した場合 3. 写真は可能な限り現品と同じになるよう努めておりますが、 多少異なる場合がございますのでご了承ください。 プライバシーについて 当店はお客様のプライバシー、個人情報の保護について最大限の注意を 払っております。 お客様が当店を利用されたことに伴い、取得した個人情報をお客様の事前の同意なく 業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。 安心してご利用ください。 Copyright C 2005-2020 Patisserie Gregory Collet. All rights reserved.

次の

えっチーズケーキのことじゃないの?「フロマージュ」って何? 人気の食べ物や正しい使い方なども知ろう

ガトー フロマージュ

クリームチーズとフロマージュブランを使ってガトーフロマージュを作りました。 ガトーフロマージュとはチーズケーキのことで、フランス語でガトー・オ・フロマージュと言います。 ガトーフロマージュを作るための材料や道具、作り方を紹介します。 調理時間:20分• 必要な道具• キッチンペーパー• ビニール袋• スプーン• 直径20cmセルクル型• ボウル• 泡立て器• ゴムベラ• 大さじ• こし器• オーブンシート• オーブン板 ガトーフロマージュの作り方手順 ガトーフロマージュはひとつのボウルに材料を順番に加えて、混ぜていきます。 フロマージュブランを水切りします ガトーフロマージュを作る前日にフロマージュブランを水切りします。 フロマージュブランを水切りすると、出来上がりがしっとりと濃厚な食感となります。 ザルにキッチンペーパーを敷き、フロマージュブランをのせます。 フロマージュブランの表面にもキッチンペーパーを重ねて、冷蔵庫に入れて一晩起きます。 クリームチーズはもともと水分が少ないため、水切りはしなくても構いません。 土台を作ります セルクル型の下にオーブンシートを敷きます。 スペキュロスをビニール袋に入れて、綿棒で叩いて粉々にします。 バターを電子レンジに入れて溶かします。 スペキュロスを肩の底に平らに敷きます。 型ごと冷蔵庫に入れておきます。 ボウルにクリームチーズとフロマージュブランを入れます。 泡立て器で滑らかになるように混ぜ合わせます。 グラニュー糖を加えて、さらに混ぜ合わせます。 卵をひとつずつ加えて、しっかりと混ぜ合わせます。 小麦粉とコーンスターチを加えて混ぜます。 レモン汁を加えて混ぜ合わせます。 これでチーズケーキの生地が出来上がりです。 型に流し入れます 型にチーズ液を漉しながら、流し入れます。 チーズ生地は漉さなくても構いませんが、漉すと焼成時に膨らみが均一になります。 平らにきれいに焼けるので、面倒でも漉すのをお勧めします。 表面をスプーンを使って平らにします。 焼き上がりは生地が膨らんでいて、型の底にはバターが溶けています。 冷まします 焼き上がった生地は型ごと冷まします。 冷めると生地は落ち着いてへこんで、バターも吸収されます。 粗熱が完全に冷めたら、冷蔵庫に入れて4時間以上冷やします。 型に入れたまま冷やすと型崩れしにくくなります。 食べる直前まで冷蔵庫に入れておきましょう。 焼き上がった翌日以降が食べごろです。

次の

くらしとおやつ 「喫茶ビジュゥ」のガトー・フロマージュ

ガトー フロマージュ

おやつが好きだ。 どんなに疲れていても、少々嫌なことがあっても、 おやつがあれば、大抵のことをリセット出来てしまう。 そんなおやつについて、エピソードや私自身のこだわりを綴っていく。 ・・・ おやつが好きだ、と前置きをしてはじめるこの連載、 今日はこんな書き出しからはじめようと思う。 チーズが好きだ。 おやつには、自分の中の定番や好みがあるのだが、チーズにおいては、目新しいものを色々試してみたい。 香りが強いもの、風味にクセがあるもの大歓迎!火を入れて、とろりと伸びた様も愛おしい。 私にとってチーズは、少なからずテンションが上がってしまう食べ物なのである。 話をおやつに戻す。 おやつの定番・チーズケーキに関しては、チーズ好きとして、ふわっとした優しい風味のものよりも、がつんと濃厚でチーズの味が強いものが好きなのだが、はて。 話は今年の2月に遡る。 仙台市営地下鉄「北四番丁」駅から歩いて5分、映画館「フォーラム仙台」の隣にある「喫茶ビジュゥ」を訪れた。 十字路の角に位置する建物の一階、一面ガラス張りのお店で、鮮やかな水色の扉を開けて中に入る。 午後の店内は老若男女のお客さんで賑わっていたが、窓側の席が一つ空いていた。 コートを脱いで席に腰掛け、店内を見渡す。 お店のスタッフがてきぱきと働くカウンターに席6つ、テーブル席が4席、奥にはソファーが一つ、学生らしき女の子のグループがお喋りに興じている。 目の前には大きな本棚があり、画集から哲学書までラインナップが面白い。 程なくして、明るい笑顔の女性がメニューを持ってきてくれた。 冊子を開いて驚く。 メニューの数が多い。 ドリンク、ランチ、スイーツページ……ファミレス並みのページ数だ。 迷う楽しみ大歓迎。 2月の寒さは厳しく、この日も手がかじかむ程だったので、まず飲み物は暖かい紅茶にしよう。 メニューを目で追いながら、隣のスイーツ男子2人組のテーブルを盗み見た。 焼きたてかりかりのワッフルに、フレッシュないちごがたっぷり。 メガネの方がいそいそと一眼レフカメラを取り出し、撮影会をはじめた。 「すげぇ、いちごのアイスも乗ってる」もう一方は観察レポート。 うーん、惹かれる。 でも今日は、お店に入ってすぐのショーケースで、あれ、と目星をつけていた。 ここは初志貫徹。 席を立ち、ショーケースを改めて見に行く。 よしよし、今日はこれ。 「ガトー・フロマージュ」と決めかけたその時、見つけてしまった。 その隣に、秋冬限定のケーキ「パンプキンフロマージュ」を。 かぼちゃのチーズケーキ……定番をいきたいところだが、チーズにおいては、目新しいものを色々試すべし、の信条がふつふつと頭をもたげて気が変わり、かぼちゃの方をオーダーしていた。 数分後、テーブルに運ばれてきた「パンプキンフロマージュ」は、真っ青なお皿のコントラストを際立たせる黄色いケーキ。 するりとすくって口に入れると、ほろ苦いカラメルの味、口の中で滑らかに溶ける食感はプリンのようで、しっかりとかぼちゃの甘みも感じられる。 これはどちらかというとプリンなのだな、そう納得しかけた時、最後にしっかりとチーズのコクで幕を閉じた。 お見事。 やはり、「パンプキンフロマージュ」はチーズケーキなのだった。 ポットで運ばれてきた紅茶にはティーコゼーがかけられ、2杯目も熱々でいただけるのが嬉しい。 ほかほかと立ち上る湯気を感じながら、ぼんやりとガラス越しに外を見た。 散歩をするおじいさん、スーパーの買い物袋を手に提げて、足早に歩くお母さん、大きなランドセルを背負ってはしゃぎながら下校する小学生たち。 ごく当たり前の日常の風景を感じられるのは、とても安心感がある。 スイーツ男子が帰った今、隣の席では子どもの親御さん同士が、子育ての悩みを打ち明け合っている。 このお店は、町の人の日常の中でほっと一息つける場所なのだ。 次来る時は「ガトー・フロマージュ」を、そう思っているうちに、ここ数ヶ月で日常がすっかり様変わりしてしまった。 季節の移り変わりを例年ほど敏感に感じられないうちに新緑の季節がやってきて、「喫茶ビジュゥ」のインスタグラムには、5月のケーキの情報が投稿された。 その日、久しぶりに訪れた「喫茶ビジュゥ」で、「ガトー・フロマージュ」をテイクアウトした。 家に帰って早速箱を開けた。 飾らない素朴なケーキはほっとする。 お店のように、真っ青なお皿に乗せた。 こんがり焼けた表面にフォークを入れて口に運ぶと、さくっとした食感の生地がほろっと崩れる。 甘くて懐かしい、どこかメロンパンのサクサクの部分を思わせる味だ。 しっとりとした生地は謳い文句通りミルキーで、まろやかなチーズの風味。 それを、しっかり甘めのクッキー土台が受け止める。 フォークを置いて、納得した。 フルーツケーキのような華やかさはないけれど、素朴な佇まいに、味わいを秘めているものなのではないか。 町の人の日常にほっと一息つく時間をもたらしてくれる「喫茶ビジュゥ」。 ここの「ガトー・フロマージュ」はまさしく定番のチーズケーキで、変わらない安心感を与えてくれるものだ。 ・・・ 喫茶ビジュゥ 〒980-0801 仙台市青葉区木町通2-1-33-1F 営業時間:SNSでご確認ください 定休日:日曜日休み(他不定休あり) 電話:022-718-5750 Twitter Instagram.

次の