半沢 直樹 スピンオフ。 ネコ社会も熾烈な出世競争が! 驚きの公式スピンオフ『半沢ニャオ樹』(webマガジン mi

『半沢直樹』の続編スピンオフドラマ化決定!?片岡愛之助主演の『金融庁検査官 黒崎駿一』が放送か!?

半沢 直樹 スピンオフ

俳優の吉沢亮(25)が、TBSの大ヒットドラマ「半沢直樹」のスピンオフ作品に主演する。 「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ」で、来年1月3日午後11時15分から放送。 2013年放送の「半沢直樹」は、最終回の平均視聴率が42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。 平成ドラマで堂々1位の数字だった。 銀行員の半沢(堺雅人)が行内の数々の不正を暴く痛快な逆転劇で視聴者を魅了した。 今作はオリジナルストーリー。 半沢が出向先の子会社「東京セントラル証券」へ赴任後に起きた事件を描く。 原作者の池井戸潤氏は企画協力の形で参加している。 舞台は新興のIT企業。 同社は「東京セントラル証券」がリニューアルする金融セキュリティーシステムのコンペに参加。 このプロジェクトのリーダーを任されるのが吉沢演じる敏腕プログラマー。 陰謀や裏工作と戦いながら、コンペの勝利を目指す。 半沢との関係性も注目ポイントだ。 吉沢も13年の半沢に視聴者として魅了された一人。 「敵役を完全に地獄に叩き落とすさまを見てドキドキワクワクするという展開。 今作もそのエッセンスが凝縮されていることと思います」と撮影を楽しみにしている。 来年は主演するNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(2021年放送)の撮影が夏にスタート。 吉沢にとっても大事な1年となる。

次の

TBS、半沢直樹の名を借りたスピンオフドラマがクソ脚本で台無しに

半沢 直樹 スピンオフ

俳優の吉沢亮(25)が、TBSの大ヒットドラマ「半沢直樹」のスピンオフ作品に主演する。 「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ」で、来年1月3日午後11時15分から放送。 2013年放送の「半沢直樹」は、最終回の平均視聴率が42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。 平成ドラマで堂々1位の数字だった。 銀行員の半沢(堺雅人)が行内の数々の不正を暴く痛快な逆転劇で視聴者を魅了した。 今作はオリジナルストーリー。 半沢が出向先の子会社「東京セントラル証券」へ赴任後に起きた事件を描く。 原作者の池井戸潤氏は企画協力の形で参加している。 舞台は新興のIT企業。 同社は「東京セントラル証券」がリニューアルする金融セキュリティーシステムのコンペに参加。 このプロジェクトのリーダーを任されるのが吉沢演じる敏腕プログラマー。 陰謀や裏工作と戦いながら、コンペの勝利を目指す。 半沢との関係性も注目ポイントだ。 吉沢も13年の半沢に視聴者として魅了された一人。 「敵役を完全に地獄に叩き落とすさまを見てドキドキワクワクするという展開。 今作もそのエッセンスが凝縮されていることと思います」と撮影を楽しみにしている。 来年は主演するNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(2021年放送)の撮影が夏にスタート。 吉沢にとっても大事な1年となる。

次の

半沢直樹公式スピンオフ漫画「半沢ニャオ樹」連載始まる 大和ニャ常務も登場/芸能/デイリースポーツ online

半沢 直樹 スピンオフ

半沢直樹2の原作に大和田常務は登場する? まず原作の続編に登場しているかどうかが気になるところですが、 結論としては原作には登場しません。 半沢直樹2の原作は「ロスジェネの逆襲」と「イカロスの銀翼」という作品であり、 半沢直樹が大和田常務との戦いの後、東京中央銀行の子会社の東京セントラル証券に出向してからの話になります。 出向とはいえ子会社で一つの企業集団の為、ドラマ視聴者は親子会社なら大和田常務は登場すると思う方々もいるのではないでしょうか。 しかし、原作の「オレたち花のバブル組」では大和田常務に言い渡された辞令は出向であり、 ドラマでの平取締役への降格とは違った対応になっています。 平取締役であれば一役員として、様々な案件での戦いの黒幕で登場したり何かと原作を改変した物語を作ることが出来そうですが、 出向となってくると話は変わってきます。 原作の大和田常務の出向先は、その後触れられていない話であり、半沢の出向先とも関わりがないものとなっています。 そのため、現状出版されている続編の「ロスジェネの逆襲」、「イカロスの銀翼」においても登場はなく、 半沢の戦う相手も作品が進むにつれて一役員の範疇を超えてくる為今後登場する可能性は残念ながら極めて低いと思われます。 今後半沢直樹シリーズとしてのスピンオフ作品で大和田常務の出向先での物語などを作者に書いていただけることを期待して待ちましょう。 【関連】 スポンサードリンク ドラマ「半沢直樹2」に大和田常務が登場した場合の展開予想 原作で出向してしまいましたが、ドラマでは平取締役に降格で済んだ大和田常務。 ドラマで引き続き起用をする為なのか、 それとも銀行の暗部を余計に醸し出す脚本の演出なのか、 視聴者にとっては気になるところではあると思います。 私は平取締役として「半沢直樹2」に出てくると思います。 そこで大和田常務が今後続編に登場した場合の予想をしてみました。 予想としては3つあります。 ・平取締役としての降格後の姿での出演 ・全く前作と違う人物での出演 ・TBSラジオでのスピンオフ作品での出演 一つ一つあらすじを交えながら触れていきましょう。 原作「ロスジェネの逆襲」では、IT大手の「電脳雑技集団」という名の企業がこれまたIT大手の「東京スパイラル」という企業を買収したく、 半沢率いる東京セントラル証券に案件を依頼する所から物語が始まって行きます。 大口案件という事もあり、張り切ってプロジェクト提案を作成していた東京セントラル証券でしたが、 あるきっかけからあっさり案件を断られてしまいます。 その断られ方に不自然さを感じた半沢は1作目でも登場した同期の渡真利や近藤、苅田から情報を掻き集めた所、 東京中央銀行がこの案件を卑劣な手段で横取りしていたことがわかりました。 そこで半沢らは、バブル世代に反発する若い部下たちとともに東京中央銀行に「倍返し」を狙っていく話が「ロスジェネの逆襲」の物語となっています。 この東京中央銀行とのやり取りで私は大和田常務が登場する可能性が高いと感じています。 原作では証券営業部の者と戦う事になりますが、ドラマでは大和田常務が、このIT企業買収の巨額の案件について半沢が動いていると嗅ぎつけ、 証券営業部のプロジェクトを手助けし、裏で手引をすると言った内容も可能性としてはあると思います。 前作で役員の面々の前で土下座をさせられた挙句、降格にも追いやられた100倍返しのお返しをする為に証券営業部と結託して半沢を潰しに行く物語も、原作とはかけ離れますが、あってもいいのではないでしょうか。 また、2つ目の違う人物としての出演ですが、前作の大和田常務とはかけ離れてしまいますが、 他の新しい敵として香川照之が出演するという案もあると思います。 しかし、出演するにしても「ロスジェネの逆襲」「イカロスの銀翼」で出てくる敵は何れも大和田常務とかけ離れたキャラクターが多く、 前作の大和田常務の印象を持ったまま、視聴者は見てしまう恐れがある為、あまりこの案については可能性が低いと思われます。 【参考】 スポンサードリンク まとめ 迫真の演技と怒涛の名言を生み出した大和田常務。 「半沢直樹2」の原作には残念ながら出てきておりませんが、ドラマ内随一の存在感だったので続編にも出演してもらいたいですね。 続編も「ロスジェネの逆襲」にて半沢とタッグを組むロストジェネレーション世代の森山や「銀翼のイカロス」にて 半沢と熱い戦いを繰り広げる白井大臣など、 個性的な人物が勢揃いなので原作を読んでない人は是非この機会にチェックしてみてください。

次の