パスワードカード 三井住友 アプリ。 ワンタイムパスワードサービス「One Time Pass」アプリ|三井住友トラストカード

三井住友銀行(SMBC)アプリの始め方・パスワードカードの設定方法

パスワードカード 三井住友 アプリ

・既に登録されている口座へのお振込、ウェブ振込サービスはご利用いただけます。 ・店頭にてパスワードカードの利用登録(有効化)をお手続いただいた場合は、有効化直後からお振込操作いただけます。 ・毎週日曜日21:00〜翌月曜日7:00はシステムメンテナンス中につきSMBCダイレクトはご利用いただけません。 2019年12月12日(木)より、パスワードカード(スマホアプリ版)を利用登録(有効化)いただく際の自動コールバックの前にお客さまから専用ダイヤルにお電話いただき、オペレーターによる確認をさせていただく場合があります。 該当する場合の受付時間は7:00〜21:00となっております。 大変ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 また、SMBCダイレクトへのログインや電話番号の入力を求める不審なサイトへ誘導するショートメッセージにご注意ください。 パスワードカード(スマホアプリ版)の利用登録(有効化) Q: SMBCダイレクトに複数契約している場合はどうすればいいですか? A: SMBCダイレクトに複数ご契約されている場合は、契約の一本化をご案内しております。 契約の一本化が困難な場合は、1つのパスワードカードまたは、パスワードカード スマホアプリ版 に、複数のSMBCダイレクトの契約を利用登録してご利用いただけます。 なお、1台のスマートフォン端末にインストールできるパスワードカード スマホアプリ版 は1つのみです。 1台のスマートフォン端末にパスワードカード スマホアプリ版 を複数インストールしてご利用いただくことはできません。 複数のSMBCダイレクト(インターネットバンキング)の契約を一つに取りまとめる方法はをご覧ください。 【三井住友銀行アプリをアンインストールした場合】 誤ってアプリをアンインストールしてしまった場合や、スマートフォンを機種変更された場合、お取引を再開するためには、アプリの再インストールが必要になります。 再インストールした場合、あらためて有効化をおこなっていただく必要がありますのでご注意ください。 【お届けの電話番号についてのお願い】 スマートフォンを機種変更する場合、新しいスマートフォンにパスワードカード(スマホアプリ版)をダウンロードの上、利用登録をしていただく必要があります。 利用登録は「お届けの電話番号」への自動コールバックによるお手続が必要となります。 そのため、 「お届けの電話番号」をスマートフォンの電話番号にあらかじめ変更しておいていただくことをおすすめします。

次の

三井住友銀行アプリのパスワードカードはカード版が超便利!2つの内選ぶならカード版!

パスワードカード 三井住友 アプリ

三井住友カードは23日、会員向けスマートフォンアプリ「Vpassアプリ」において、第三者による不正ログインが判明したと発表した。 クレジットカード番号等の漏えいや悪用被害は確認されていないが、不正ログインIDのパスワード無効化などの対策を行なった。 8月19日、同社が不正対策として定常的に行なっているモニタリングにより、Vpassアプリに対する不正なログインを探知。 緊急措置として、不正ログインと特定されたアクセスを遮断し、不正ログインされたIDのパスワード無効化などの対策を行なった。 調査の結果、不正ログインに使用されたID・パスワードは同社に登録されていないものが多数含まれており、「リスト型攻撃」による不正ログインと判明。 不正にログインされた可能性のあるID数は、16,756件。 不正ログイン試行総数は約500万件。 今回の不正ログインのIDとパスワードで、閲覧された可能性のある項目は、氏名、カード名称、カード利用金額、利用明細、利用可能額、ポイント残高等。 カード利用はできず、またクレジットカード番号は、マスキングを実施しているため特定されないという。 対策として、不正にログインされた利用者のパスワードの無効化を行なうとともに、個別に連絡。 IDとパスワードの変更を依頼している。

次の

三井住友カードの「Vpass」にログインする方法やログインできない時の対処法

パスワードカード 三井住友 アプリ

三井住友銀行 SMBC アプリが3月からかなりパワーアップしています。 これまで、三井住友銀行のパスワードカードアプリは単独でしたが、今後は三井住友銀行アプリに統合されます。 さらに、デビットカードやクレジットカードの明細照会ができたり、家計管理やポイント紹介などの機能が追加され、単独アプリとして豊富な機能を持つようになりした。 このエントリーでは、三井住友銀行アプリのインストール方法を紹介したいと思います。 三井住友銀行 SMBC アプリのインストール方法 まず、アプリストアにアクセスします。 アンドロイド版とアイフォン版があります。 アプリストアのトップページです。 (アイフォン版です。 ) タイトル下のアイコンをタップします。 位置情報、通知などの許可画面が続きます。 許可画面の次の画面です。 三井住友銀行アプリのひとつの重要な機能のひとつが、ワンタイムパスワードの発生機能を備えていることなんですが、以前から単独でワンタイムパスワードを使用されている方はこれまでの登録情報を移行できます。 ワンタイムパスワードを使用されていない方は、右上のログインをタップします。 (ワンタイムパスワードの設定は、新たに設定しなおすこともできます。 ) ログインをタップします。 ログイン画面です。 銀行口座の通帳に書いてあります店番号と口座番号、第1暗証番号(ATMで使う暗証番号)を入力して、ログインします。 利用上の同意が続き、初期設定の画面になります。 初期設定の重要項目としては、お知らせの設定とタッチIDの設定、パスワードカードの設定があります。 このアプリは、ログインの度に、支店番号、口座番号、暗証番号を入力する仕組みであるため、タッチIDを設定しますと、指紋認証だけでログインできます。 振込などの機能を使うためには、パスワードカードの利用登録が必要になりますが、残高を見たりするだけならば、このままの状態で使えます。 初期設定は後でもできますので、とりあえず、「今すぐはじめる」をタップします。 (「次回から表示しない」にチェックを入れなければ、ログインの度にこの画面は出ます。 ) ログイン後のメイン画面(ホーム画面)です。 画面の上のパネルには、自分の口座番号や残高が表示されていることが分かります。 これでログイン完了です。 基本的な操作は、画面下のパネルで行います。 設定関係のメニューは右端になります。 最近は、スマホアプリによるQRコード決済の利用もひろがってきおり、QRコード決済への銀行口座登録には、ワンタイムパスワードが必要になるケースが多いです。 そのため、ワンタイムパスワードの設定がおすすめになります。 パスワードカードの設定方法 ワンタイムパスワードは、パスワードカードの設定で出せるようになります。 ホーム画面右下の「メニュー」をタップします。 メニュー画面です。 メニューの中から「パスワードカード」をタップします。 次の画面です。 現在、パスワードカードを使っているかどうかについての案内画面になります。 パスワードカードを現在利用していない場合も「続ける」をタップします。 次の画面です。 この画面から実際のパスワードカードの有効化の手続きとなります。 この画面の後にも、有効化する口座番号の確認があり、以前からアプリ版のパスワードカードを使っている方向けの注意画面が出ます。 このアプリで設定するパスワードカード(アプリ版)が正になりますので、以前のパスワードカードアプリは削除してもいいですよという内容です。 「はい」をタップすると、同意画面となり、次の画面となります。 この画面以降は、本人確認になります。 具体的には、銀行口座登録で届けた電話番号とスマホの保有者が一致しているかの手続きになります。 行う作業としては、画面の手順で、届け出の電話番号に、自動音声で電話をかけることができますので、この次の画面に表示される数字を、手順通りに入力して完了です。 電話認証した後の最後の画面です。 ログイン方法の案内になります。 基本は、第1暗証番号(ATMで使う暗証番号)でのログインになります。 注意書きとして、テレホンバンキングを使わない場合で、セキュリティを高めるためログインにパスワードカードを使う場合の設定方法が書かれています。 (三井住友のインターネットバンキングは、テレホンバンキングが使えます。 ) 通常のケースは、第1暗証番号のログインでもいいかと思います。 登録実行をタップしますと、登録完了の案内が出て完了です。 パスワードカードの出し方 登録後は、パスワードカードの出し方は簡単です。 ホーム画面右下のメニューをタップして、出たメニューの中から「パスワードカード」をタップするだけです。 パスワードカードの画面です。 中央の数字がワンタイムパスワードです。 ワンタイムパスワードですので、有効時間があり、外側のリングで残り時間が表現されています。 残り時間がなくなった場合は、もう一度パスワードカードを出します。 また、ログイン前の画面からでも、左下の「パスワードカード」アイコンをタップすることで、パスワードカードを出すことができます。 関連記事 スポンサーリンク nobujirou.

次の