光 回線 値下げ 総務 省。 総務省がスマホ低額プランを義務化とか言いだしたけど

NTT東西、光回線接続料値下げを再申請

光 回線 値下げ 総務 省

[東京 23日 ロイター] NTT の東西地域会社は23日、光ファイバー通信回線を他社に貸し出す際の接続料について、2008年度からの新料金を総務相に再申請したと発表した。 総務省による見直し要求を受けた措置。 現在の光回線接続料である1芯(8回線分)当たり月額5074円に対し、NTT東日本は2008年度からの新たな接続料として4610円に、NTT西日本は同4932円に、それぞれ引き下げると補正申請した。 総務省は今後、パブリックコメントを2回程度実施し、諮問機関での審議を経てNTT東西の再申請案を評価する。 NTT東西は、総務相の認可を得た後、4月1日にさかのぼって新料金を適用するとしている。 競合他社のうちKDDI は「内容を検討した上で、パブリックコメントを通じて考えを示す」(広報担当者)とし、ソフトバンク は「この程度の値下げでは話にならない。 (現在の8回線単位の)接続料を1分岐単位で設定することが不可欠」(広報担当者)などとしている。 現在の光回線接続料は01年度に設定しており、適用期間が07年度までとなっている。 NTT東西は1月、NTT東日本が4713円に、NTT西日本が5048円に、それぞれ引き下げる案を申請していた。 しかし総務省は3月、NTT東西の申請料金が他事業者による芯線数の利用状況を2006年度末の実績に固定した保守的な前提に基づき算定したものと判断し、他事業者による今後の利用活発化を考慮に入れて値下げ幅を拡大するよう求める答申をしていた。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

格安スマホより過酷な光コラボ、2社でシェア7割

光 回線 値下げ 総務 省

数ある光回線のなかで今や主流ともなっている光コラボ。 2015年3月のNTTフレッツ光回線開放とともに、各社こぞって光コラボの売り込みをスタートさせています。 光コラボへの乗り換えを検討中の人はまずは光コラボについて知っておくことをおすすめします。 光コラボはNTT東日本とNTT西日本で提供を実施している「フレッツ光」を他社が提供を受け独自のサービスを実施するといったものです。 この商品の魅力はフレッツ光の速度と品質がそのまま維持されることです。 光コラボはあくまで既存のフレッツ光回線でありながら「より快適なインターネット環境を」と、提供する通信事業者の独自のサービス展開により個性化が図られ、その売りこみにも力が注がれています。 光コラボによって運営がさらに多様化されサービスが充実しました。 みなさんもどこかで目にしたことがあるかと思います。 そんな光コラボもスタートから早や2年、加入数も順調な増加傾向にあるなか、実際に光コラボを利用しているユーザーの使用感も明暗を分ける反応が表れ始めています。 フレッツ光だけで十分かあるいは光コラボを選択したほうがいいかこの機会に検討するとよいでしょう。 また昨今、そのセールス手法に少々荒手の頂けないものが目立ち始め、国民生活センターや総務省までもがその対策に乗り出すという始末に。 せっかくいい面も多い商品なのにこれは大変もったいない話です。 またいい商品であっても使う側が理解していないと使用が正しくできない状態になりますし、メリットも台無しになってしまいます。 セット契約のほうがお得なのか?も踏まえてこの機会に検討してみるといいでしょう。 今回はそんな光コラボのデメリットや勧誘に関する注意事項などをわかりやすく解説していきます。 光コラボのしくみとメリットをザックリと まずは光コラボを知らない人はもちろん、すでに使っている人も光コラボのしくみをあらためて確認しておきましょう。 ほんの数年前までは、インターネットの光回線といえばNTTのフレッツ光回線が主流でした。 全国規模の電話回線網というユーザーを含むインフラを持っているので、エリアのニーズに合わせて光ファイバーを増設するだけ、シェアが高いのも当然なんですが。 動画もサクサク閲覧できadsl時代よりもさらに快適にインターネットが利用できる時代となりました。 1-1. スマホ・タブレットの普及で市場に変化が そこにスマホやタブレットといった強力なアイテムが現れます。 これを光固定回線でWi-Fiにつなげば、データ制限もかからず使い放題で回線速度も速いとあって、スマホ&光回線というあらたな展開が始まっていきます。 フレッツ光回線をもつNTTは、グループ企業でもあるDOCOMOとのタイアップを目論みますが、 ここで待ったをかけたのがソフトバンクです。 いち早くi-phoneをとり入れて急伸していたソフトバンクにとって、スマホ&光回線の展開は予定済み。 かといって全国規模光回線というの独自インフラを構築するにはリスクが大きすぎるので、仕方なくADSLやフレッツ光回線をNTTから間借りしていたんです。 それが 「YahooBB with フレッツ光」などに代表される、プロバイダとフレッツ光の2社のコラボです。 ユーザーにとっては面倒なしくみですね。 フレッツ光やadslはnttのイメージがあるといった人も多いかと思います。 まさしくその通りでnttが全国にインフラを広めていき、今日に至っています。 そのためドコモやntt関連は電波状況がよく、地方でも利用がしやすいと評価を受けているわけです。 Nttはそれらの回線をソフトバンクや他社に貸し出し収益を上げています。 仮に契約先はソフトバンクであっても実際の回線利用状況は ソフトバンク+nttといった形で2社のコラボレーション体制が多くみられます。 1-2. NTTのフレッツ光回線をDOCOMOに占有させないことが市場の活性化に 民営化されたとはいえNTTのインフラは元々国営、つまり国家予算で構築したものです。 同じグループ会社とはいえ競合するキャリアにそのインフラを優先的に使わせるのはいかがなものか、とソフトバンクが異を唱えたわけです。 NTTが日本最大級の通信インフラを築き上げられたのはこうした背景があります。 インフラ整備も国の予算で運営しているケースが少なくありません。 例えば光回線もその中の1つです。 みなさんは元首相であった森 喜朗氏が首相当時 「IT革命」といった言葉を盛んに用いていたことを覚えているでしょうか?この当時ITに関する予算付けが大幅に大きくなされ、地方にも積極的に光回線がしかれました。 日本のように地方部まで光回線が整っているのは非常に珍しいケースです。 また3大キャリアのもう1社、auを展開するKDDIは高速道路網で独自の光回線を持っているので、当初は積極的にソフトバンクに賛同とまではいかなかったのですが、市況の変化を見るにつれ徐々に軟化、結局は急転直下の賛同へと転換します。 つまり nttやAUが保有しているインフラ回線を他社が利用できるよう仕組みづくりが進んだというわけです。 通信業界の大手のみが占有できない仕組みづくりも着実に進められるようになりました。 2社の強力な説得力と光回線のニーズで、トータル的な経済の活性化をふまえ政府も協調、そこでNTTに 「光回線を開放するならDOCOMOとの協業は黙認する」ということになったわけです。 こうしてNTTのフレッツ光回線は自由化、各通信事業者に卸売りされ各社こぞって独自の商品展開へと進んでいくことになります。 これが、2015年3月にスタートした 「光コラボ」なんです。 2015年に光回線が他社にも使える権利ができ、光回線を使った商品が次々と打ち出されました。 「こんな商品ほしかった!」というものも多数あります。 インターネットを利用した新たなサービスが打ち出され光コラボへ乗り換えする人や新規加入する人も増えた時期です。 インターネット+セット割などのプランも出ているので自分にあった商品があるか探してみるのもよいかと思います。 1-3. 光コラボのメリット 光コラボは一般ユーザーにインターネットを提供するだけではありません。 ビデオレンタルや音楽配信などをはじめ介護福祉、学習塾など、さまざまな生活情報サービスにも利用されていますし、その用途はますます広がっています。 工事なしで乗り換えが可能なのもうれしい点です。 こんなサービスがあったいいなというサービスがすでに実現されている可能性もあります。 要望に近いサービスが提供されているケースもあるのでその点も確認してみましょう。 光コラボのメリットといえば、提供者の独自のサービスがひとつの窓口で受けられる点です。 なかでも現在最も普及されているのは、 スマホとのセット割です。 光コラボとスマホをセットで利用することで月額料金がオトクになるサービスですね。 提供する窓口がひとつなので、サービスや支払先も1本化され、ユーザーにとっては便利でスムーズなしくみと言えるでしょう。 また、すでにフレッツ光を利用している場合、プロバイダをそのままに光コラボに 「転用」すれば、あらたな工事費が不要だったり、料金面やサービス面でもオトクになるんです。 光コラボを提供している業者はフレッツ光よりも安価な月額料金設定をしているところも多くあります。 これもお得なポイントです。 それらの中でも最安値なのが 「スマート光コラボレーション」というものでこちらが光コラボのものとなります。 (戸建て、集合住宅どちらにも適用) また フレッツ光の解約金がなしになるのも魅力の1つです。 転用については乗換に該当します。 フレッツ光を解約する場合、更新月でなければ解約金が発生するのですが、このケースでは解約金がなくても乗り換えが可能となっています。 フレッツ光を開設した当時の公費残額が残っている人もいるかと思います。 こちらについても毎月分割払いを実施している人がいるかと思います。 フレッツ光の工事費用を分割で支払いをしている途中に、光コラボに転用すると通常その工事費は光コラボの会社に引き継がれます。 また中には工事費を乗り換え先の会社で賄ってくれるケースもあります。 つまり工事費の残りの費用が0円になるというのです!これは大変お得です。 工事についても不要ですし、当然ながら工事費はかかりません。 ただし事務手数料(数千円前後)かかるのでこちらは負担する必要があります。 利用できるエリアはnttの光回線を利用しているところであればどこでもできます。 提供エリアについても全国対応となっています。 速度についても気になることでしょう。 adsL時代はnttの局舎から離れた地域では思うように速度がでないことも多くみられました。 光回線についてはそうした心配がなく、光コラボの場合ももちろん速度を気にせず安心して利用できます。 サポート先についてもメリットがあります。 フレッツ光とプロバイダで契約している人は各々に問い合わせなければならないのが基本です。 あくまでフレッツ光はフレッツ光、プロバイダは別会社といった形です。 その点光コラボはフレッツ光+プロバイダをまとめて提供しているため1か所に確認する形となります。 請求書についても1本となります。 利用する側としては管理も簡潔になりますし、大変便利です。 光コラボのデメリットとは? メリットがあれば反面デメリットはついて回るものです。 いいこと尽くしのように言われる光コラボですが、いくつかのデメリットも知っておきましょう。 2-1. エリアが限定されている フレッツ光回線を利用する光コラボは、当然フレッツ光提供エリアから外れると利用できません。 徐々に広がりつつありますが、山間部やニーズの少ない地域では、まだまだフレッツ光回線が普及していないのが現状です。 まずは 自分のお住まい(利用予定地)にフレッツ光が開設されているか確認しましょう。 以前は開設されていなかったのに、現在は利用が可能になっているケースもあります。 残念ながらフレッツ光が使えない場所では利用はできません。 2-2. 料金がオトクにならない場合がある 光コラボは何でもかんでも安くなるわけではありません。 たとえば現在キャンペーンやセット割が適用された状態で光回線を利用している場合、 途中解約や転用をすることで、キャッシュバックがなくなったり、場合によっては違約金を請求される場合があります。 各社こぞって光コラボへの勧誘を行なっていますが、なかでも魅力的なのはそのキャンペーンです。 とくに販売代理店経由での申し込みはキャッシュバックが多いのが特長で、代理店によっては最大7万円のキャッシュバックなどの特典もあるんです。 途中解約やオプションを外すと、このキャンペーンも外れてしまうということですね。 キャッシュバックを受けるために不要な有料オプションをつけていたのでは、本末転倒というわけですね。 キャッシュバックの他にオプションやルールなどさまざまな縛りがあります。 その点を熟知したうえで検討しましょう。 目先の金額だけではなく、1年・2年と利用経過の経費状況についても確認してみましょう。 2-3. 既存のプロバイダが使えなくなる 光コラボ事業者によってはプロバイダが制約される為、メールアドレスが変わったり以前のプロバイダ契約が違約となってしまうケースもあります。 プロバイダにこだわる人は逆に光コラボ事業者も限定されてしまうというわけです。 例えばドコモ光なら選べるプロバイダは現在25社ですが、ソフトバンク光では自社のYahhBB1社に限定されてしまいます。 使いなれたメールアドレスだけを既存のプロバイダに残すプランもありますが、 毎月300円近くの料金がかかっていたのでは、何のための光コラボかわかりません。 プロバイダのメールアドレスを使用している人は メールアドレスの乗り換えも含めて検討する必要があります。 またグーグルメールやヤフーメールなどを利用するといった手もあります。 2-4. 一度「転用」すると後には戻せない すでにフレッツ光回線を利用している場合、光コラボへは 「転用」となります。 ただこの転用は一度きり、気にいらないので 次の光コラボへさらに転用したり、以前のフレッツ光に戻すことはできません。 同じ光フレッツを利用するのにどうして戻せないのか?というとこの点は単純にそうしたルールになっているからです。 設備的な問題ではなく、会社間の事情となります。 よって既存のフレッツ光回線を利用しての転用ですから、工事費不要などのメリットはあったのですが、2度目はないということです。 次に申し込むときは「新規」という扱いになり、 あらたに工事費が発生したり、中途解約の場合は違約金が発生することもあります。 光コラボに申し込むときは、くれぐれも事前に十分に検討し長く使うことが有効というわけです。 2-5. 回線品質が悪くなることもある 光回線の理想的な必須条件は「安い、速い、サポートなどの安心感がある」からなりますが、光コラボに換えた途端 「回線速度が遅くなった」「夜になるとダウンロードが異常に長い」「サポートダイヤルにつながらない」などの口コミも数多くあります。 新規の場合は比べようがないのでそんな評価はありませんが、auや電力会社系、CATVなどの独自回線からの乗り換え、既存のフレッツ光回線からの転用の場合、まれに回線が不安定になったという声が聞かれます。 独自回線の場合は回線速度が遅くなることはありますが、とくに転用の場合では同じフレッツ光回線を使っていてなぜこのようなことが起こるのでしょう? 利用するルーターや端末が変わっていない場合は、経由するプロバイダのサーバーなどハード面の影響や、特定時間のユーザーの混み具合などでも起こることがあります。 とくに人気の DOCOMO光などでは、明らかに回線が不安定になったという報告が多く上がっています。 これはひとつの帯域を32分割してフルに利用するというしがらみからきているので、現状どうしようもありません。 かえってアクセスが集中しない回線事業者を選んだ方が無難と言えるでしょう。 またマンションなどの集合住宅で1社集中の場合も、 回線の不安定は起こり得ます。 こうなると住環境の要因になるので、最悪引越しするしか手はないでしょうが、現実的ではありませんよね。 また光コラボはサポートを含めて1社に集約されるので、いざ問い合わせの時に電話がつながらないといった時には、他に頼るわけにもいかずどうにもなりません。 フレッツ光のときは、比較的電話のつながりやすいNTTにまずは相談できたのですが。 このように速度については回線だけではなくプロバイダのサーバー側の都合もあります。 週末や夜間などアクセスが集中する時間は仕方ないと割り切りましょう。 事前に口コミで 回線の混雑状況についてもリサーチしてみるといいと思います。 2-5. 工事費がかかるケース フレッツ光から光コラボへの転用は基本的に工事費がかからないのですが、 中には費用がかかるものがあるので注意が必要です。 それはVDSLです。 VDSLはマンションに設置されている回線で電話回線を利用したものとなっています。 速度も速く光同様に利用はできますが、フレッツ光とは別物となります。 フレッツ光にするには光配線方式を変える必要があり、 部屋に光ファイバーケーブルを引き込む必要があります。 こうなると業者の手が必要です。 そのため工事費もかかります。 また品目に変更が生じる場合、工事費がかかります。 どういった例かというと、Bフレッツやハイスピードタイプなど以前の品目タイプの商品です。 この場合、新規工事ではなく変更扱いとなるので 新規ほど費用はかかりませんが、負担金が生じるのは覚悟しておきましょう。 似ている部分も多いですが違う部分もあります。 インターネット接続という意味では同じではあるんですが。 月額料金が安くなるのはうれしいことではありますが、なぜこうした電話が頻繁にかかってくるのか不思議だと感じている人もいることでしょう。 フレッツ光の契約先であるNTTと勘違いしてしまう人もけっこう多くみられます。 勧誘について総務省までもがコメントを出しています。 そちらについても確認してみましょう。 3-1. 電話勧誘してくるのはすべて代理店 この電話勧誘、 NTTやソフトバンクなど光コラボ事業者が直接声をかけてくることはありません。 これらはすべて、光コラボ事業者やプロバイダの 「特約店や販売代理店」(以下代理店)が行なっています。 特約店や販売代理店とはどういったものか?というとNTTやauなどと契約している販売代理店です。 例えばカルビーのポテトチップスがあります。 カルビーで直接販売するのではなく、スーパーやコンビニに商品を置き、私たちの手に届きます。 販売代理店はスーパーやコンビニのポジションとなります。 ではなぜスーパーやコンビニのポジションの業者から電話がかかってくるのでしょうか。 それは代理店契約のバックマージンに秘密があります。 代理店はお客を獲得すれば、光コラボ事業者からその契約内容に応じたマージンがもらえるわけです。 また一定の契約本数に応じた歩合マージンがもらえることもあります。 もちろんオプションなどの付加価値がつけばそれなりに歩合マージンも増えてきます。 そうしたことから代理店は少しでも光コラボの契約を結びたいわけです。 自分の代理店で契約をしてもらえればその分収入につながります。 営業活動の一環として電話勧誘を実施しているわけです。 というわけで、代理店は少しでも売り上げを増やすために、光回線の敷設されたエリアにローラー作戦で片っ端から電話セールスを行なうわけです。 少しでも話のきっかけが掴めたら、今度は絶妙な言い回しで光コラボ商品への誘客に引き込みます。 確かにお得なケースもあり、キャッシュバックキャンペーンなど魅力も多いですが、 オプションが必要だったり、契約の縛りがあったりといった部分の説明をきちんとしなかったり、利用側がよくわからないで 相手のいいなりで契約してしまったといったことが増え、総務省が注意を促すまでの問題となっています。 安い・お得・キャッシュバックなどお得な言葉ばかりに目をとらわれず、 予備知識を持って対応することが大事です。 3-2. 軽妙なトークに注意 トークの例として 「今よりグンと安くなります」 「期間限定でキャッシュバックがつきます」 「この辺りは光回線だけになります」 「乗り換えしたほうが断然お得です」 「プラン変更は費用負担なしで行えます」 などなど、とくに判断のつかないお客には 「最後まで責任を持ってお世話しますので、安心しておまかせください」 「お客様の立場に立って毎月の負担軽減を一緒に考えていきましょう」 などと、日本人の好きなおもてなしのトーク全開です。 こうした言葉の数々でさらに「今より月額料金が安くなる」となれば、つい飛びついてしまうのも無理はありません。 ウソではないでしょうが、必ず実行されるという保証もありません。 しかし、何度もしつこくかかってくる電話に、はたまた日本人ならではの人情と誠意を絡めた熱意に絆され「じゃあ、今回だけつき合いましょう」となります。 ここまでは冷静に見ればおかしくありません。 どんな商品でも誠意をもって対処してくれるなら有り難いものです。 「わざわざ声をかけてくれるなんて、有り難いことだ」となるのでしょう。 問題となっているのはここからです。 3-3. 支払料金と利用明細を見てビックリ! 後に送られてきた書類で契約、工事も終えていざ利用開始となりますが、その後の支払料金を見てビックリ。 なんと安くなるはずの料金が高くなっているではありませんか。 早速代理店の担当者に電話するも応答はなし。 所属会社を調べて直接電話するも、お客様納得の上でそういう契約になっているとの一点張りで埒が明かず。 あげく光コラボ事業者に電話するも、やはり申し込み内容の確認のみにとどまります。 料金が高くなっているのは、 覚えのないオプションが多々ついているというものでした。 なぜこんなことが起きるのでしょうか。 自分が内容を熟知していなかったのか、それとも相手の説明不足なのか、電話先でのやり取りでは知る術もありません。 電話の履歴を録音などで残している人であれば話は別ですが、たいていの人は残していないことと思います。 また〇〇代理店であることはわかっても代理店のどの担当者とやりとりをしたのかわからないといった人も多いのではないでしょうか。 契約した後はもう後の祭りです。 契約にあたりフレッツ光の提供先であるnttやauひかりのauは契約とは関係がありません。 さらに問い合わせてみると キャンセルするには解約料金がかかることも少なくありません。 代理店との契約は完全なる片道切符です。 サポートをしっかり行っているところもありますが、そうではないところも少なくなく、また内容を把握している技術者を設置してしない可能性もあります。 3-4. 現場でも約半数はフルオプションだった 筆者(私)の過去数万件に及ぶ訪問先でも、この代理店経由の申し込みで覚えのないオプションがついていたという事例は、悲しいかな半数以上に及びます。 しかもフルオプションです。 疑問を持たれているお客様には現地でオプションの解約方法を丁寧にお伝えし、場合によっては解約手続きまでを一緒に行なうこともありますが、ときに憤慨されたお客様は消費者センターに駆け込んでいるようです。 こうしたこともあって、今ではクーリングオフも適用されるようですが、 適用期間が過ぎてしまって違約金がかかったり、知らぬまま高い料金を支払っている方もまだまだ多いようです。 契約書や明細書については詳しい内容を見ないでそのままといった人も少なくないかと思います。 引き落としになってから「なんだか料金が高い気がする」と気がつくパターンが多くみられます。 さらに オプションについても〇か月以上などの縛りがあり解約の場合、解約金がかかったりオプションを解除できないケースもあります。 理不尽な話ですが、これも飲み込むしかありません。 契約してしまった以上どうすることもできないのです。 早い段階だとクーリングオフの制度が適用となります。 面倒であっても契約したものや金銭にかかわるものは必ず確認するようにしましょう。 3-5. 総務省や光コラボ事業者が代理店に自重を呼びかける この販売代理店の過度なセールスについには総務省までが、度重なるようなら認可を取り消すとお達しを出した上、各光コラボ事業者も代理店を自重させているようです。 今では確かにそんな迷惑な話もずい分と減った感じはありますが、時折アレっ? と思うこともあります。 余計なお世話になるのでお客様には契約内容の確認だけを促しておきますが、くれぐれもそんな悪徳セールスに引っかからないよう、 電話だけのオイシイ話には必ずウラがあると思っておいた方がいいかもしれません。 自宅に固定電話を引いている人は、日中身に覚えのない番号から頻繁に電話がかかってくるといったところも少なくないかと思います。 自宅にいる人を対象に勧誘の電話があとを絶ちません。 以前流行ったオレオレ詐欺などもそうですが、電話勧誘による悪徳商売は年々巧妙な手口となっています。 知っている電話番号に出るのは構わないとして知らない番号は出ないあるいは留守電を設定しておくのがよいでしょう。 面倒ではありませんが、自分の身を危険にさらさない方法でもあります。 知っているような気がする人(知り合いか確定はできない)や親切な電話であっても怪しいと疑うことが大事です。 もちろん違法です。 ただトークって録音しているわけではないのでちょっとやっかいですよね。 この記事のまとめコメント 便利で安く使えるからこそ快適な光コラボ、デメリットや注意点をふまえた上で契約時にもしっかり確認し、スマートに利用したいものですね。 インターネットやスマホなどをはじめ便利な商品は着実に増えています。 お年寄りの見守り対策や農業支援などさまざまなものが出ている中、生活場面でも活躍しているものは多くみられます。 しかしながらこれらを利用した詐欺や勧誘についてもあとを絶たないのが現実です。 特に年々手が非常に込み入っており、素人にはわからないものも増えています。 わからないものは対応しないのも1つの手段です。 まず電話勧誘で申し込みをしないことが1番です。 これでかなり詐欺を防ぐことができます。 追記 ・ドコモやau、ソフトバンクだからと安心してはいけない!提携業者を見極める事が重要 ・光コラボでどのくらいの経費削減が可能か計算してみました ・電話勧誘を防ぐために ・インターネット接続について 追記1. ドコモやau、ソフトバンクだからと安心してはいけない!提携業者を見極める事が重要 インターネット接続の契約は代理店がおすすめです。 代理店の利用は公式からの申し込みよりも特典が多く、キャッシュバックなども盛りだくさんとなっています。 せっかくインターネット接続するのでしたら 代理店から申し込みをしましょう。 インターネット接続の代理店利用ですが総務省から注意が促されている例も多々あります。 原因はセールスが正しいセールスをしていなかったり、身に覚えがないオプションが付いていることがあります。 「フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えたら料金が安くなった」なんて話を聞いたことがある人もいるかもしれません。 光コラボレーションはフレッツ光よりも料金が安く設定されていることも多いです。 しかしフレッツ光も割引があったり、フレッツ光の違約金などを考えると乗り換えにさほどメリットがないことも少なくありません。 くれぐれも乗り換えの際は更新月に行うようにしましょう。 光コラボレーションへの乗り換えで人気なのがドコモやAU、ソフトバンクといった携帯キャリア会社です。 現在利用している携帯キャリアと同じ光回線を利用すればセット割などが適用になることがあります。 しかし必ずしもお得になるわけではありません。 お得やキャッシュバック額の大きさについ乗り換えを検討する人もいますが違約金が高かったり、工事費がけっこうかかったりといった例も多くみられます。 乗り換えの際は違約金や工事費を積算した上で検討することが大事です。 光コラボレーションですがプロバイダが指定されていたり、制限されているケースがほとんどです。 フレッツ光のように自由に選ぶことはできません。 プロバイダはどこでもいいと思っている人も多いですがそれぞれ特徴があります。 特に考えなくてはならないのが速度規制です。 速度規制を強化しているところも増えています。 夜間は利用が集中する時間帯です。 利用が集中する夜間はプロバイダもこみあっています。 急激に利用者が増加したプロバイダやプロバイダの設備が今ひとつの業者は速度が遅くなることが多いので注意しましょう。 光回線で「速度が遅い」といった苦情が良く聞かれます。 多くの場合、機器の故障が多いです。 ルーターやパソコンの不具合といった身近な問題です。 それから プロバイダの問題です。 プロバイダの設備などの関係で速度が遅いところも多いです。 フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えたものの、乗り換えしない方が良かったなんて声も聞かれます。 料金が安くなってもフレッツ光の方が満足度が高いといったケースです。 追記2. 光コラボでどのくらいの経費削減が可能か計算してみました フレッツ光よりも光コラボの方がお得といった話を聞いたことがある人もいることでしょう。 光コラボレーションはフレッツ光より料金帯が安くなっており 大体1000円前後安いなんてことも言われています。 その一方でフレッツ光でも長割りなどを利用している場合、光コラボレーションではそんなに料金が変わらない、あるいはお得でもないなんて話も聞かれます。 どうしてこのような話が出るのでしょうか。 まず光回線は 戸建てとマンションタイプで料金が異なります。 戸建てはマンションタイプよりも料金も割高です。 マンションタイプですが1つだけではなく複数のタイプがあることもあります。 仮に戸建てが1つ、マンションタイプが5つプランがあればトータル6つあるわけであり、フレッツ光についてもいくつかあるのでどことどこで比較するか?で料金差も異なります。 フレッツ光ですが光回線のみとなります。 さらに自分でプロバイダを契約しなければなりません。 プロバイダは安いところだと 500円程度からあります。 オンラインゲームや動画を楽しみたいヘビーユーザーはプロバイダにもこだわりがあるかと思います。 かもめインターネットなどヘビーユーザー向けのプロバイダもあります。 このように利用環境によっても料金は異なります。 光コラボレーションの中で人気なのがAUひかりやソフトバンク光、ドコモ光などがあります。 こちらの回線は携帯電話と同じ会社を利用すればセット割などでさらに料金が安くなります。 料金ですが 大体400円ほど安くなる計算です。 1年にすると4800円なのでけっこうな額であることがわかります。 少しでもお得な方がいいですね。 料金は安くなってもフレッツ光の方が良かったという声も根強いのでそちらも注意が必要です。 乗り換えの前は口コミも十分リサーチしましょう。 口コミについてもリアルな情報がのっています。 追記3. 電話勧誘を防ぐために インターネット接続を取り扱う代理店では盛んに電話勧誘を行っています。 自宅にいる主婦を対象にセールスをするわけです。 電話でのセールスはけっこう有効な手段であり、古くからある方法です。 しかしこれが社会問題になっていて十分な注意が必要な状態です。 電話勧誘は自宅にいて手軽に契約することができとても便利です。 自宅にいながら節約できるなんてすばらしい話ですが残念ながらそうはいかないのが現状です。 詐欺まがいの被害が相次ぎ状態があまりにもひどいのでついには総務省が注意を促す事態になっています。 ではどうしたら電話勧誘を防ぐことができるのでしょうか。 まずは絶対に電話勧誘は受けないというのが良いでしょう。 最近はあわせて別の詐欺電話も頻繁です。 筆者も実家にいると1日何度もセールスから電話がかかってきます。 そのため最近は 留守電に設定しています。 要件がある人は留守電に入れてくださいといったやり方です。 この方法で詐欺を防いでいます。 自宅の電話なのに電話の受け取りがスムーズでないのは非常にストレスですがこれも被害を防ぐための手段です。 親も高齢になりつつありますし、身の周りも心配です。 巧みなセールストークでトラブルに巻き込まれたのでは大変なことです。 電話勧誘ですが1度相手をすると何度でも電話がかかってきます。 しゃあしゃあと 「お電話があったのでかけなおしました」なんて嘘を言う業者もいます。 全く困ったものです。 とにかく 電話勧誘はNGです。 絶対に電話勧誘は相手にしないこと、そして契約しないことを念頭に入れておいてください。 追記4. インターネット接続について 自宅でもインターネット回線の契約は欠かせないものとなっています。 自宅に光回線を引いているケースも多いことでしょう。 最近は在宅で仕事をする人も増えておりますますインターネットの需要は高まっています。 光回線については実に多くの回線があります。 auひかりなども人気ですしNTT西日本では定番のフレッツ光の提供を手掛けています。 最近はフレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えが目立っており価格帯についても下がりつつあります。 乗り換えのポイントですがAU光などの場合、AUの携帯電話を利用しているユーザーにおすすめです。 スマホと光回線を利用すればさらに料金がお得になることがあります。 最後の注意分に対象や割引について掲載されていることが多いので事前に注意点を確認しましょう。 ドコモについても光回線を提供しています。 NTT東日本から乗り換えるユーザーもいるようです。 しかしドコモ光は あまり料金面メリットがなかったり、速度が遅いと口コミも良くありません。 AUひかりかソフトバンク光なら乗り換えもよさそうです。 キャンペーンについてもたびたび開催してあります。 キャンペーンと言えばキャッシュバックです。 キャッシュバック率が高いところがいいですが、 キャッシュバックを受け取りやすいか?また代理店の評判はどうか?も確認しましょう。 せっかく受け取るチャンスがあっても受け取りにくいシステムになっていると受け取り損ねてしまいます。 ルーターなどについてもキャンペーンの対象になっていることがあります。 回線の状態ですが申し込みや人気でも工事日は異なってきます。 特に3月は引っ越しシーズンです。 この時期は大変込み合っています。 キャッシュバックキャンペーンとの関係ですが公式サイトでもキャンペーンを実施しています。 さらに代理店で独自のキャンペーンを行っており ダブルで受け取ることが可能です。 ネットでもオススメ情報をチェックしてみるといいでしょう。 キャッシュバックのイメージですがお得という点ばかり目がいきがちです。 デメリットについても知っておきましょう。 例えば強制オプションです。 不要なオプションに入らなければならない場合もあります。 セット割ですがスマホ利用の場合、料金がお得になるなど特典があります。 速度については実際にお客さまが加入し自宅で測定することになります。 事前に測定することはできません。 またセットについては途中解約した場合違約金がかかる場合があります。 インターネットの速度が遅いといった理由で解約する人が多いのですが、 夜間の場合とくにNTT系の回線は速度が遅くなりがちです。 これもリスクだととらえましょう。 インターネットを乗り換える場合、 用途についても考えてみましょう。 速度の速さを求めるなら大手だと無難だと思っている人もいますが他社との比較も大事です。 また普段動画やオンラインゲームなど高速回線の利用率が高い人は他の状況もリサーチしましょう。 インターネット接続を取り扱う代理店の中には残念ながらウソつき窓口もあります。 担当者がよくわかっていないケースもあれば悪意をもって嘘をついていることもあります。 だますセールスが悪いのですが 利用する側もトラブルにあわないために最低限の知識は持っておいた方が良いでしょう。 この機会にぜひ勉強しておくといいでしょう。 現在の制度では工事についてはインターネット接続業者の会社側が行うことになっています。 光回線についても同じです。 詳細は説明を聞くといいでしょう。 キャッシュバックも魅力ですしメリットもありますが 工事費などを考えると乗り換えが本当にメリットなのか?そちらも考えたいところです。 ソフトバンクなども人気となっています。 インターネット接続は回線の評判と料金などいくつかポイントを定めて複数社検討するといいでしょう。 光コラボレーションについては今後さらに活躍の場を広げることでしょう。 インターネット接続は口コミが大事です。 口コミで評判が悪いところは利用しないのが1番です。 口コミについてもこの機会に確認してみましょう。

次の

NTT東西、光回線接続料値下げを再申請

光 回線 値下げ 総務 省

諮問通りとなれば、格安スマホ各社の通話料引き下げにつながりそうだ。 日本通信は、自前の通信回線を持たず、ドコモから回線を借りてサービスを提供。 ドコモに30秒あたり14円の通話回線使用料などを支払っている。 使用料をめぐっては、データ通信では維持費の低減に伴い年々引き下げられてきたが、通話回線ではコストを反映する仕組みがなく、長年据え置かれている。 50 ID:HBXrDBYu0. 89 ID:yyoSLoa10. 82 ID:oFiWPRmd0. 00 ID:s18uyO020. 26 ID:gekqEBox0. 14 ID:s18uyO020. 81 ID:ePHjQAnV0. net 光高すぎだよなぁ。 70 ID:yZrlA11x0. net docomo利用者の負担を増やすつもりかな。 19 ID:jpoABZbh0. 81 ID:aydr8HbI0. 09 ID:FpXraRa70. net しなくていいよ、初期投資せずに借りてるんだから。 net 結局総務相もなに考えているかわからないんだよな。 電波は国民の財産だから、国家が割り当てなきゃいけない、というところまではまあいいとしても、 結局基地局なきゃ国民が利用できないんだから、あんまり偉そうにいえる立場でもないんだよ。 「国民のために値下げ」といってもキャリアの体力そぎ落としたら結局基地局の新設、維持もできないわけだし。 だったら最初から国営にしろよ、位のことは思うな。 34 ID:dlfbXVEi0. 49 ID:lIkkXNrb0. net ま、そのうちドコモと同じ価格でカケホーダイは出来る様になるだろうな 総レス数 95 18 KB.

次の