デレステ ポテンシャル。 【デレステ】「特技発動率」ポテンシャル解放の推奨ユニット

【デレステ】ポテンシャル解放

デレステ ポテンシャル

どうも、特技ポテ信者です。 今回はスコアタ用ポテンシャル解放のお話。 皆さんポテンシャルどうやって振ってますか? 特技ポテ信者による私が独断と偏見によるポテンシャルの振り方をポテ10毎に3パターン紹介します。 はじめに 理論値(理論的に出せる最大スコア)を求める論者の方は特技ポテ0でも大丈夫です。 男のステータス30振り 運命力を鍛えましょう。 Viに関しては対象アイドルの特化ステータスから順に10ずつ振ってください。 が複数種類あるアイドルの場合、21pt以降は他の特化値と相談しながらステ振りしましょう。 特技ポテは誰に振るのか A. パーティに編成するなら必ず10振ります。 特技ポテ9で止めた場合、高確率の発動率は98. (廃課金Pは除く) 妥協して同系統のスキルを編成する場合 例、とスコアアップ コンボボーナスとフォーカス など 役割が被るので倍率の 高い方を10、少ない方は0 もあり 安定志向ならオール特技10 【例】 スコアアップ、コンボボーナス枠、スキルブースト枠 で最大倍率の〇付き3キャラは特技10必須 残りは任意 安定志向ならオール特技10(再) バックメンバーのアイドルにはなるべくステータスに振りましょう。 回復無しの場合パーティに合計ライフポテンシャル 19を振らなければなりません。 誰かもう1人にライフ9振りましょう。 同じ曲を5回以上フルコンする実力がある場合は 特技0推奨 一発勝負になりそうな難易度の場合 特技10推奨 まとめ 大体特技10振っとこう (回復は諸説) 終わり 合わせて読みたい kakko20.

次の

【デレステ】おすすめのポテンシャルの振り方(最新版)

デレステ ポテンシャル

こんばんは、むぅんです。 先月ののアップデートにより、プロデュースptの上限が30から35に上がり、新たに特技発動率にもプロデュースptを割り振れるようになりました。 記事を公開するのが遅すぎて先月どころの話ではなくなってしまいました。 それに伴い、これまでのVoDaViそれぞれに10ずつ振る振り方が最適解でなくなってしまったため、どのように振り分ければよいのかが分かりづらくなってしまいました。 そこで、ポテンシャル解放の最適解を求めるためにでプログラムを組んでみました。 最初はで書いていたのですが、シミュレートに日単位でかかることが判明したのでで1から書き直しています。 今回はひとまずパッションプリンセスの強そうなユニットで、 各アイドルのVoDaViで一番低いステータスと特技発動率に余った15ptのうちそれぞれ何ptずつ振り分ければよいかを総当たりで調べてみたいと思います。 に関しては未実装なので次回改めて調べてみます。 技術的なお話 ただ書きたかっただけなので読むのが面倒な方は適宜読み飛ばしてください。 p1からp5までのカウンタをとして渡していますが、これが特技発動率のプロデュースptの組となります。 このプロデュースptの組を元にステータスを計算し、指定した曲を何回かAPしたときのスコア(例えば最大値や平均値など)をプロデュースptとのpairとしてに格納したあと、スコアを元にソートをかけてプロデュースptの組を取り出します。 今回はこのプロデュースptの組をで渡しましたが、整数で渡すことも可能です。 begin , vec. 前述したようにデータはpairで管理しており、ここではsecondの値をもとにソートしています。 そこで特技がスキブのアイドルを4番目に配置している前提のもとスキブが発動しているかどうかを最優先で調べ、その結果に応じスコアアップ等の倍率を場合分けするという処理を1回のループ中で行うことにしました。 スキブの確認とスコア倍率の計算という2つの異なる処理を同一関数の同ループ内で行うあまりに汚いプログラムを書くのは正直気が引けましたが、結果として17倍ほど高速化できたので個人的には大満足です。 どうせ自分しか見ないプログラムだし多少はね? 検証結果 今回検証に用いたユニットはこちらになります。 縦軸が特技に振ったプロデュースptの5人分の合計、横軸が順位です。 ただし、ゲストは特技発動率に振っても意味はないためVoDaViに10ずつ振った状態で固定しています。 まずは平均値から見てみましょう。 見事なまでに特技発動率に振ったほうが平均的に高スコアを叩き出せていることが分かります。 は約-0. 887、p値は0. 001未満という綺麗な負の相関関係がある結果です。 続いて1000回APした内の最大値、すなわち特技の引きが最も良かったときの結果です。 流石に1000回もAPしただけあり、必ずしも特技発動率に振ったほうが良いとは言えない結果です。 発動率の低さを試行回数で稼ぐ形となり、ステータスを伸ばすような振り方をしていてもひたすら繋ぎ続ければやがて高スコアを叩き出すことができるようですね。 ただ、Lv30の楽曲を1000回もAPできるかどうかを考えるとやはり特技発動率に振らないのは良い選択とは思えません。 ちなみに、はおよそ0. 034で殆ど相関は見られませんでした。 これらのスコアはさんに準じてみました。 下位のスコアになるほどより強い負の相関があることが分かります。 しかし、いずれも特技発動率に振ったほうがより高スコアを叩き出しやすいようです。 最後に理論値を見てみましょう。 流石に理論値だけあって非常に綺麗なグラフになっています。 当然全員の特技発動率に10振ったときに最もスコアが低く出ています。 ここまでのまとめです。 p値 平均値 -0. 001 理論値 0. 529 0. 000 最大値 0. 034 0. 001 しかし、この結果だけではまだ特技発動率に振るべきとは言えません。 ステータス重視の振り方をした場合、確かに理論値以外は大きく順位を落としていましたがそれだけではスコアがどれだけ落ちたか分からないためです。 というわけで、次はスコアの実数値を見ていきたいと思います。 情報量が予想より遥かに多くなってしまったため次回に続きます。 おまけ プログラムの実行にかかった時間の変遷です。 実際の検証では7776通りの計算を行ったので、おおよそこれらの実行時間を7776倍すれば実際にかかる時間となります。 なお、下記に示す時間はtimeコマンドのrealの値となります。 完成直後(Python3) 15. 759s ファイル読み込みをループ外で行うよう変更 13. 953s 特技倍率を調べる関数の見直し 12. 043s 更に変更 10. 316s 上記プログラムをで書き直す 1. 333s -O3オプションありで 0. 955s 特技に関する関数の最適化 0. 056s というわけでが如何に遅いかがよく分かる結果となりました。 書きやすさは圧倒的にあちらの方が上だったんですけどね…。 ちなみに、0. 056秒という記録を叩き出した最後のプログラムで7776通りのシミュレートを行うと約7分12秒ほどかかりました。 最初のプログラムで同じ回数だけ回すと1日以上かかる計算になるので頑張って書き直して良かったです。 shinemoon227.

次の

【デレステ】特技10振り版SSR特技ランキング・コンボボーナス編

デレステ ポテンシャル

ポテンシャル解放をするとどうなるの? デレステを始めて間もない方などは「ポテンシャル解放とはなんぞや?」って感じだと思います。 まずはこちらの画像をご覧ください。 ご覧の通り、 SRのよしのんとSSRのきらりのアピール値が逆転してしまっています。 なぜでしょうか。 それぞれのポテンシャルの値を見てみましょう。 画像の通り、きらりはVo・Da・Viに1ポイントもポテンシャルを振っていないのに対し、 よしのんには 28ポイントものポテンシャルを振っています。 ちなみにライフを振っている理由はLIVE PARTYのリーダー枠に使っているからです。 きらりが初期のSSRであることもありアピール値が微妙に低いとはいえ、SRがそれを追い抜くというのは非常に大きな効果があることがわかります。 具体的には、SSRの場合アピール値が 最大1500違ってきます。 レア度が低いほど上昇値は大きくなり、SRでは 最大2100アピール値を上げることができます。 ということで、 ポテンシャル解放はレア度1個分のアピール値が逆転する可能性があるほど重要な要素であることがわかります。 「別にスコアとか気にしてないし…」という人は別に構いませんが、 スコアはファン数増加に関わるので、 ファン数を稼ぎたいと思っている人はとっととポテンシャルを上げたほうがいいです。 ポテンシャル解放はどこからやるべき? ただ、どのステータスを上げればいいのか困るという人もいるので、初心者向けにざっくり説明すると、 特化ステータスまたは 特技発動率から上げれば大体OKです。 特化ステータスとはそのキャラクターで一番高いステータスのことだと思えばOKです。 正確にはバランス型がいますが、バランス型でもとりあえず一番高いステータスを上げといても問題ないと思います。 特技発動率はステータスにはかかわらないものの特技が発動しやすくなり結果スコアが伸びやすくなります。 もしSSRを2種類持っているなら、基本的には 限定SSRを優先するのがおすすめです。 恒常はなんやかんやで立ち位置がかぶりやすく、他のキャラで代用が効く場合も多いからですね。 ライフは少しややこしいので、上げたい場合は調べてから上げたほうがいいと思います。 困ったら上げなくてOKです。 特訓アイテムの消費 ポテンシャル解放の問題点として、 特訓アイテムを大量に消費する点があります。 実際、1つのステータスのポテンシャルを10まで上げると、• イヤリング 325個• ペンダント 121個• 魔法の靴 195個• 魔法のドレス 60個• ティアラ 16個 と、一筋縄ではいかないレベルのアイテム消費があります。 これに関してはどうすることもできないので、 ドレス・ティアラ確率アップのときにたくさんプレイするなどしてなんとか集めましょう。 マニーに余裕があればマニーショップで買うのもいいと思います。 振り直しの際に素材を消費せずに済むので、LIVE PARTYなどで集めておくのが良いと思います。 ポテンシャル解放、しよう! ということで、今日はポテンシャル解放についてお話しました。 今回はアピール値を中心に話しましたが、最強編成はライフ振りだとか特技発動率にはいくつ振ればいいだとかかなり奥が深いです。 私はとりあえずアピール値振りしていますが…… 実はポテンシャル解放は 友情ポイントを稼ぐのにも一役買います。 アピール値が上がればゲストとして呼ばれやすくなりますからね。 みなさんも是非アイドルのポテンシャルを引き出してあげてください!それもプロデューサーのお仕事ですよ! もう少し踏み込んだ話はこちら!.

次の