かしこ 意味。 賢い/畏い/恐い(かしこい)の意味

かしこの意味と使い方はこれで完璧!手紙の女子力をアップさせよう

かしこ 意味

「かしこ」の意味とは? 「これで失礼します」を意味する「かしこ」 「かしこ」とは、「これで失礼します」を意味する言葉です。 結語の1種であり、使用することで相手に敬意を表すことができます。 「結語」とは、手紙の文末に使用する言葉を指し、例えば「拝啓」から始まる文章の場合、「敬具」や「敬白」があげられます。 「かしこ」は漢字で「畏」「賢」「恐」 「これで失礼します」を意味し、相手へ敬意を表すことができる「かしこ」という言葉。 漢字では「畏」または「賢」「恐」と表します。 ただ、手紙の文末に結語として使用する場合、基本的にはひらがなで表記されるため、漢字としての使い方に注意しましょう。 古語「かしこし(畏し)」が由来 「かしこ」は、「かしこい」を意味する「かしこし」からできた言葉です。 漢字では「畏し」と表す「かしこし」は、「賢い」という意味の他に「自然界の精霊などにおそれおののく」という意味で使われていました。 おそれおののく気持ちが転じ、「おそれ多い」など相手を敬う言葉として、現代のような使い方をします。 「かしこ」の使い方と例文 手紙の文末に挨拶として使用 「かしこ」は、手紙の文末の挨拶として使用されます。 現代では、主に女性が使用する結語とされていますが、平安時代では男女ともに使っていたとされています。 目上の人にむけて、敬意を表したい状況で使用しましょう。 「かしこ」の頭語はなくてもいい 手紙の基本的なマナーに、「頭語で始まり結語で終わる」というものがあります。 しかし、「かしこ」は例外となっており、頭語をつけない場合でも使用できます。 頭語を付けたい場合は、「一筆申し上げます」や「謹んで申し上げます」が適しているため、状況に応じて使用しましょう。 「かしこ」はビジネスシーンでは使用しない 「これで失礼します」を意味する「かしこ」という結語。 目上の相手に敬意を表す言葉ですが、ビジネスシーンでは適していないため注意が必要です。 「かしこ」はひらがな表記ということもあり、柔らかい印象やフランクな印象を与えてしまいます。 ビジネスシーンでは「謹んで申す」を意味する「敬具」が適しているため、相手や状況に応じて使い分けましょう。 はがきには使えるがメールには適さない 「かしこ」は手紙だけでなく、「はがき」にも使用されます。 一方で、用件を簡潔に伝える必要のある「メール」では、使用を控えましょう。 「かしこ」だけでなく、「敬具」や「敬白」など他の結語も、メールでは基本的に使用されません。 ただ、挨拶メールやお礼メールなどであえて使用することで、丁寧さを強調させることもあります。 メールでは基本は使用しないが、場合によっては使用すると覚えておきましょう。 「かしこ」を使った例文• まだまだ暑い日が続きますので、何卒ご自愛なさってください。 かしこ• お体をお大事になさってください。 かしこ• ご多幸をお祈りいたしております。 かしこ 「かしこ」の代わりに使える結語 「かしこ」と同じ意味の「あなかしこ」 「かしこ」と同じ状況で使用されるのが、「あなかしこ」という言葉です。 「あな」とは古語で「ああ」「まあ」を意味し、「かしこ」をさらに丁寧にした言葉として使用されます。 他にも「あらあらかしこ」や「めでたくかしこ」があります。 主に男性が使用する「恐惶謹言」 「かしこ」は、多くの場合女性が使用する結語であることを説明しました。 反対に、男性が多く使用する結語には「恐惶謹言(きょうこうきんげん)」が当てはまります。 「おそれ慎んで申す」を意味し、相手に敬意を表すことができます。 「謹んで申す」を意味する「敬具」 「かしこ」の代わりには、「謹んで申す」を意味する「敬具」も当てはまります。 結語のなかでも、多く使用される「敬具」はビジネスシーンなど、かしこまったシーンに適しているため、状況に応じて言い換えてみましょう。 「かしこ」の英語表現 英語で「かしこ」は「Best wishes」 「かしこ」の英語表現には、「Best wishes」や「Best regards」が当てはまります。 「幸運を祈ります」や「よろしくお願いします」を意味しており、親しい間柄で使用されるワードです。 もう少し形式的な結語には、「Sincerely yours」が当てはまり、「敬具」の代わりに使用できます。 まとめ 「これで失礼します」を意味する「かしこ」という言葉。 目上の人へ敬意を表す言葉として、手紙の文末に使用されます。 敬意を表すものの、ビジネスシーンやメールには適していないため、注意しましょう。 「かしこ」を使わない場合、「あなかしこ」や「敬具」に言い換えることができるため、状況に応じて使用してください。

次の

「かしこみかしこみ」とは?意味とシーン別の使い方を紹介

かしこ 意味

「かしこみかしこみ」とは? 早速「かしこみかしこみ」の意味を解説します。 「かしこみかしこみ」は祝詞の一つ 日本には「神道」に用いられる「祝詞(のりと)」という大切な言葉があります。 祝詞は神様に奏上する特別な言葉で神職が神社で祭典や参拝のシーンで用いるのが通常とされています。 「祝詞」を唱えることで神様に近づくことができると言われていますが、強い言霊を持つ言葉としても広く知られています。 「かしこみかしこみ」の意味は「恐れ多く思う」 「かしこみかしこみ」は「かしこみ」という言葉が2度繰り返し使われている言葉ですが、「かしこみ」単体では「恐れ多く思う」「恐れる」「畏まる(かしこまる)」また「謹んで承る」などの意味があります。 つまり「かしこみかしこみ」と「かしこみ」を2回重ねることで「恐れ多く畏まる」の意を強め、「最大級の畏敬を持ち、心から祈りを捧げさせていただく」という姿勢を示しているのです。 「かしこみかしこみ」は「恐み恐み」「畏み畏み」とも書く 「かしこみかしこみ」は通常ひらがな表記をすることが多いですが、漢字表記では 「 恐み恐み」または「畏み畏み」となります。 「かしこみかしこみ」の意味をたどれば「尊敬」や「崇拝」を表す言葉であることが理解できますが、漢字表記では「恐れ多くも」「畏まって」という敬いの気持ちを表す意図で、この二つが使われています。 「恐み恐み」は「恐ろしい」という漢字であるため、恐怖感や不安を表す言葉のように捉えがちですが、あくまで「恐れ多い」という意味であり、ネガティブな感情を示すものではありません。 「かしこみかしこみ」の使い方をシーン別に紹介 それでは一般的には「かしこみかしこみ」をどのように使うのでしょうか?シーン別に紹介します。 神社に参拝する時 正月や祝い事などで神社に参拝する時に「かしこみかしこみもうす」という表現を使います。 通常は、2礼、2拍手をし、最後に1礼をしますが、2拍手をした後に神にお願いすること告げ、締めの言葉として「かしこみかしこみもうす」と言います。 「かしこみかしこみもうす」はもともと「かしこみかしこみまもおす(恐れ多くも申し上げます)」という言い回しで使われていました。 つまり「私のようなものが、あなたのような偉大な方に対し、恐れ多くもお願いをさせていただいています。 どうか聞いて下さい」という意味合いがあります。 家に祀られた神棚に祈りを捧げる時 家に神棚を設けている場合には、毎日神棚に向かって祈りを捧げることもあるでしょう。 この時、祈りの際に告げる言葉が「かしこみかしこもまもおす」です。 神前で手を合わせて、偉大ないる先祖を祀り、心から慎みと崇拝の念を表現します。 神前の結婚式では「恐美恐美」を使う もう一つ、神前の結婚式において使われる表現に「恐美恐美(かしこみかしこみ)」があります。 神前を含め結婚式では縁起のあまり良くない「終」「死」「別」などの言葉を嫌いますが「恐み恐み」という言葉に「美」という良い言葉を入れることで、良い結果につなげるという意図があります。 「かしこみかしこみ」を使う時に気を付けたいことは? 最後に「かしこみかしこみ」を使う時の注意点や気に留めておきたいことを紹介します。 「かしこみかしこみ」は相手に皮肉交じりに使わない 「かしこみかしこみ」は、相手がとてつもなく偉大であることが前提であり、最大限の敬意と慎みの気持ちを持って使うのが適切です。 言ってみれば「私のようなものが、お願いを申し上げるとは、とても恐れ多いこと」という何ともおこがましいという姿勢の表れでもあります。 たとえば、立場が上である「上司」や「取引先」などから怒鳴られた時などに、思わずカッとして皮肉交じりに「かしこみかしこみ」と茶化すように口走ることもあるようです。 これでは「からかっている」と勘違いされてしまうことは否めません。 「かしこみかしこみ」は現代の会話であまり使われない表現ですが、あくまで祝詞という厳粛で正しい言葉であるため、ふざけて濫用しないようにして下さい。 「かしこみかしこみ」は神への礼儀であることを理解しておく 「かしこみかしこみ」を使うのは「神への礼儀」であると理解しておくことが大切です。 総じて、神という偉大な存在に対し「恐れ多く思う」「畏まる」という慎み深い意味があることを理解しておきましょう。 「かしこみかしこみ」は神道に基づく「祝詞」です。 強い言霊を持つ表現であることを念頭に、感謝の気持ちを忘れないようにして下さい。 まとめ 「かしこみかしこみ」は神職が神に奏言する「祝詞」の一つで、「恐れ多いと思う」「かしこまる」など「慎みと敬いを持つ姿勢」を総体的に意味する言葉です。 神道に通じる厳粛な言葉ですが、強い言霊を持ち、神に近づくことができると言われています。 日常生活やビジネスシーンではあまり使われない表現ですが、自分が恐れ多いと感じる相手に出逢った時は、心の中でひそかに唱えてみてはいかがでしょうか?自然と相手に対する慎みや敬いの気持ちが溢れてくるかもしれません。

次の

かしこの意味と使い方はこれで完璧!手紙の女子力をアップさせよう

かしこ 意味

「草々」の意味とは? 「草々」とは忙しいさま 「草々」の読み方は「そうそう」で、主に手紙文で頭語の「前略」とともに用いられる結語です。 言葉そのものの意味は忙しい様子や粗略なさまのことで、漢字の「草」には「そまつな」「おおまかな」という意味があります。 同じ文字を重ねた「草々」を手紙の末尾に置くことで、取り急ぎ走り書きで手紙をしたためたことを表しています。 手紙文での時候のあいさつを省略しますという意味で用いられる「前略」を冒頭に置いたときに、粗略な内容で失礼しましたという意味合いを込めて「草々」で締めくくるという決まりになっているのです。 「早々」は本来誤用 「草々」を、「早々」と書いた文書を見かけることがあります。 本来は「草々」が正しい言葉であり、「早々」は誤用ですが、読みが同じで文字の形も似ていることから、間違って「早々」を使う人が増えているようです。 本来誤用であっても、使う人が増えると徐々に通用するようになっていきますが、今のところはまだ「草々」が優勢です。 無難な「草々」を使うことをおすすめします。 「草々」を書く位置 「草々」を書く位置は末文の後 手紙は、以下のような4つのパーツと内容で構成されています。 「草々」を書く位置は、結びの挨拶文の後で改行した行の末尾です。 パーツ 内容 頭語 前略 前文 時候の挨拶・安否の挨拶 本文 用件 末文 結びの挨拶 結語 草々 後付 日付・宛名・差出名 「草々」の使い方 「草々」は気軽な手紙に使う結語 「草々」は、親しい相手に送る気軽な手紙にふさわしい言葉です。 「前略」とともに、前文の時候や安否の挨拶が省略された文書で使うため、正式な文書や礼状、わび状を送る場合には不向きです。 なお、文書を送る相手が目上の方である場合は丁重な文面を心掛けたいため、簡略な内容を示す「草々」は失礼にあたるので避けた方がよいでしょう。 「草々」は通常ビジネス文書では使わない 前文の時候や安否の挨拶が省略された文書は、ビジネス文書にふさわしいとはいえません。 一般的にビジネス文書では、時候や安否の挨拶が入ったテンプレートが用意されており、頭語と結語は「拝啓」「敬具」が用いられます。 したがって「草々」は特に急を要する場合でない限り、ビジネス文書で使うことはまれな言葉です。 頭語は「冠省」「急啓」も使える 結語の「草々」と一対で使うことができる頭語は、「前略」のほかに「冠省(かんしょう)」や「急啓(きゅうけい)」などもあります。 「冠省」は手紙の冠にあたる前文を省いたことを示した言葉です。 「急啓」は急ぎ申し述べることを表した言葉で、いずれもあわただしく走り書きした簡略な文書であることを指しています。 「草々」の代わりに使える類語 「不一」とは書き尽くせていないこと 「不一」は「ふいつ」と読みます。 手紙の末尾に置き、書きたいことを十分に書き尽くせていないことを表す言葉です。 「草々」と同様に前文を省いた粗略な書面の結語として使います。 「草々不一」と書く場合もありますが、「草々」か「不一」のどちらか一方を用いることが一般的です。 「かしこ」は女性限定 「かしこ」は、恐れ多いという意味の「畏し(かしこし)」が縮まった言葉です。 手紙を送る相手に対して、「恐れ多いことですがこれにて失礼いたします」という意味のあいさつとして用います。 「かしこ」に対応する頭語としては、前文を省略した「前略」「冠省」「急啓」などに限らず「拝啓」も使用できますが、ビジネス文書には適しません。 また、女性限定の用語である点にも注意が必要です。 「草々」と「敬具」との違いとは? 「敬具」は「拝啓」と対で使う言葉 「敬具」も「草々」と同様に、手紙の末尾に置く結びの言葉として使われている言葉です。 「草々」が「前略」とセットになっているように、「敬具」は「拝啓」とセットになっています。 「拝啓」の「拝」は拝むという意味で、敬意を表す文字です。 「啓」には申し述べるという意味があり、ふたつが合わさった「拝啓」は相手を敬って申し述べることを表します。 「拝啓」と対になる「敬具」に使われている「敬」は恭しくかしこまることを指す文字です。 もうひとつの「具」はつぶさに・詳しくということを表し、二つの文字が一緒になると「謹んでつぶさに申し述べました」という意味になります。 「草々」と「敬具」が入れ替わることはない 「拝啓」の結びに「草々」が使われることや、「前略」の結びに「敬具」が使われることはありません。 「拝啓」と丁重な言葉で始めた手紙文において、粗略さを詫びる「草々」で締めくくることはなく、「前略」を置いてあいさつ抜きで書き始めた手紙文の末尾に、謹んでつぶさに申し述べましたと丁重に締める「敬具」を置くこともないのです。 まとめ 「草々」の意味と「敬具」との違いのほか、書く位置と使い方についても解説しました。 「草々」は簡略な手紙に使われる語句であることから、ビジネス文書で使うことはほぼありません。 私的な書簡で使う機会が多い「草々」ですが、使い方のルールを無視すると社会人として勉強不足であることが露呈してしまいます。 文書は後々まで残るため、注意を怠らないようにしたいものです。

次の