優しい あの 子 に も 教え たい。 優しいあの子 スピッツ 歌詞情報

スピッツの「優しいあの子」のコタンは集落のこと!

優しい あの 子 に も 教え たい

広瀬すずさん主演のNHKの朝ドラ、「なつぞら」で再び注目されたスピッツ。 ドラマもよかったのですが、スピッツファンとしては、やはり主題歌をスピッツが歌っている事が気になります。 (広瀬さん、ゴメンなさい) このドラマのために書き下ろされた、スピッツの名曲、「優しいあの子」。 歌詞に「コタン」という言葉が出てくるのですが、「コタン」って何? と思いますよね? 調べて見ると、「コタン」とは、アイヌ語で「村」とか、「集落」を意味するとのことです。 歌詞を見ながら詳しく見ていきましょう。 まずは歌詞を見ていきましょう。 曲の雰囲気にもあった、マサムネさんんらしいチョイスですね。 でも、やっぱり歌ありにしたそうです。 インストだったらどんな感じになったのかも気になりますが、 スピッツはやっぱり歌詞、そしてマサムネさんの歌声がとても大きな魅力なので、「歌あり」で良かったです!笑 今回、この曲を作るにあたり、マサムネさんは何度か十勝に行かれたようですね。 そして、ドラマタイトルは「なつぞら」なので、ドラマ自体は夏のイメージなのですが、 長い冬を超えてやっと待ちに待った夏が来た! というイメージで曲を書いていったそうですね。 スポンサーリンク 「なつぞら」はどんなお話? ちなみに、「なつぞら」のお話がどんなのかというと、 実在のアニメーター、 奥山玲子さんがモデルのオリジナル脚本です。 脚本は「新・静かなるドン」の大森寿美男さんが担当しています。 東京で戦争孤児になった少女が北海道の大地に移り住むことになり、 そこで豊かな感性を身につけて やがて上京、アニメーターをめざす、という物語です。 物語のモデルの奥山玲子さんはあの宮崎駿さんも尊敬する方だそうで、草創期のアニメ界でとてもご活躍された方とのこと。 「優しいあの子」とのタイトルの対比もいいですね。 実はこの曲はスピッツのファンクラブ限定ツアー「GO! スカンジナビア」(通称、ゴースカ)ですでにお披露目されているようですね。

次の

スピッツ「優しいあの子」歌詞の意味とは?ドラマ『なつぞら』主題歌

優しい あの 子 に も 教え たい

先言っとくと一ミリもスピッツの話しねぇから! 自転車で転んだ。 道のちょっとした段差にタイヤが引っ掛かって、「ズゾゾ…」みたいな感じで転んだ。 伝われ 痛みは別になかったが、わりと人がいたので、やや恥ずかしかった。 ここまでは別にいいのだ。 問題はこっからだ。 「大丈夫ですか?」 若い女性から声をかけられた。 はい、詰んだ。 この女性に悪意はないだろう、たぶん。 このランクダウンは痛い。 このとき、素直になれなかった駄文は、帽子を深くかぶり小声で 「ア…ダイジョウブデス…」 大丈夫に見えんわな、余計心配されたわ。 このやりとりで さらにランクが落ちていく。 もう何をやっても挽回不可能なのでその場を立ち去ることに。 ここでまた悲劇が起きる。 思いっきりペダルから足を踏み外した。 それはもうお手本のように。 さらに痛いのが流れる空気感ね。 女性ももうだんまり。 恥ずかしすぎて笑いそうになったが、そこはグッとこらえ、まるで下着泥棒が見つかったみたいに 颯爽とその場から逃げ出した。 近くにいた、おそらく一部始終を見ていた サラリーマンの「うっわ…w」みたいな顔は忘れられんね。 どれもこれも、転んだ時に声をかけてきた女性が悪い。 おかげ様でランクは下がるし、恥かくし。 そもそも転んだのが悪いとか、 都合の悪いことは聞こえないんだ、すまん。 その優しさが時には人を傷つけることになることを、優しいあの子にも教えたい。

次の

優しいあの子にも教えたい|駄文|note

優しい あの 子 に も 教え たい

「優しいあの子」という曲名にはどんな意味があるのでしょうか。 自分はこの曲名には2つの解釈の仕方があると思いました。 まず1つ目はこれを聞いた時にあなたはどう解釈しましたか?私はこの曲を聞きこの曲名を読んだときに昔の恋人を思い出しました。 あなたも誰か知り合い思い出したはずです。 つまりこの曲を、曲名を聞いた人の心の中にいる誰かに当てはまるようにできていると解釈しました。 あの子というとてもぼやけた表現の仕方がこの曲名を読んだ人が自分の中の誰かに当てはめやすくなっていると解釈できるからです。 そして二つ目の解釈の仕方はNHK連続テレビ小説「なつぞら」の山田天陽が奥原なつに、奥原なつが山田天陽に送りたい曲と解釈できるのです。 「なつぞら」では奥原なつがアニメーターを志して東京に上京してしまい、山田天陽は北海道におりお互い恋心を抱いているような描写がありながらも口にできず離れ離れになってしまいます。 そういった二人の交差する感情を描いた歌だと思います。 歌詞にもあの子と共有したいというような内容があることからもそう解釈できると思います。 この楽曲は「なつぞら」の主題歌ということもあり、後者の解釈の仕方で歌詞も解釈していきたいと思います。 解釈 酪農かアニメーターかで悩んだ末にアニメーターを選んだら 一筋縄ではいかなくて それでもなんとか頑張っていたら アニメーターや漫画映画の業界に入れた 最初は敵のように見えた人たちでも 味方になってくれることもあるんだな 解釈の「悩んだ末」という部分ですが、なつのおじいさんの夢をとるか自分の夢をとるかという葛藤を歌詞の「重い扉」という部分から解釈しています。 また、解釈の「敵のように見えた人たち」という部分はなつのアニメーターの先輩であるまこさんや、川村屋のマダムなどのことだと歌詞の「氷を散らす風」つまり、氷すらも吹き飛ばしてしまう荒々しい風という部分から解釈しています。 切り取られることのない 丸い大空の色を 優しいあの子にも教えたい ルルル… 解釈 酪農が夢と嘘を言うたびに泣けてしまうほど アニメーターに憧れてでも無理で 諦めそうになった夢を抱いていたら 東京でたどり着いた夢の業界 同じ夢をかなえたい人が 初心者でも何もわからなくてもいるんだなぁ 解釈の「酪農が夢と嘘を言うたびに」という部分は「なつぞら」ではアニメーターが夢と必死に言ってこなかったことと、「酪農が夢」と何度も嘘を口にしてきたので歌詞の「口にするたびに泣けるほど」から解釈しました。 歌詞の「コタン」ですが、アイヌ語で集落という意味なので人が集まる場と解釈し、「業界」としました。 歌詞の『芽吹きを待つ」はまだ芽吹いていないということからまだアニメーターになれていない人やなつが試験会場で出会った人たちのことだと解釈し、歌詞の『麓」はまだ山に登っていない人、つまり、まだ挑戦できていない人たちのことだと解釈し、「初心者でも何もわからなくても」としました。 寂しい夜温める 古い許しの歌を 優しいあの子にも聴かせたい ルルル… 解釈 東京で一人の寂しい夜の心を温かくする 自分を許してくれる古い歌を 奥原なつにも聴かせてあげたい 歌詞の「寂しい夜」は東京で孤独に頑張っている奥原なつのことだと解釈し「東京で一人の寂しい夜の心を温かくする」とし、「古い許しの歌」はなつが妹を救えなかった自分のことを許しておらず自分を許してほしいというなつに対する歌だと解釈し「自分を許してくれる歌」と記述しました。 この歌は山田天陽と奥原なつの交差する感情の曲なので山田天陽の視点だと解釈し、「奥原なつにも聴かせてあげたい」と記述しました。 怖がりで言いそびれた ありがとうの一言と 日なたでまた会えるなら 丸い大空の色を 優しいあの子にも教えたい ルルル… 解釈 まだ臆病で言えなかった ありがとうというただ一言と あの北海道のひなたでまた会うことができるなら なにもない丸い大空の色を 今のこの景色を奥原なつにも教えたい 歌詞の「怖がり」というのは山田天陽が恋愛感情を持っていたけれどありがとうと言うと終わりになってしまうようで臆病なってしまって言えなかったと解釈し、「臆病」としましたまた、「日なたでまた会えるなら」は山田天陽が奥原なつに北海道に戻ってきてまた同じ日を浴びて同じ大空を見たいと解釈したので「あの北海道のひなたでまた会うことができるなら」と記述しました。 歌詞の「優しいあの子」というのは今北海道にいない奥原なつに対して山田天陽が今見ている北海道の空を見せてやりたいという意味だと解釈して「今のこの景色を奥原なつにも教えたい」と記述しました。

次の