シンドラー の リスト。 シンドラーのリスト : 作品情報

映画『シンドラーのリスト』第二次世界大戦中のポーランド ゲットーと収容所の実態

シンドラー の リスト

本作は、第2次世界大戦中にポーランドのクラクフ・プワシュフ強制収容所(映画『』の舞台)で起きた事実を、12人のホロコースト生存者へのインタビューを通じて描いたドキュメンタリー。 20世紀最大の悲劇から家族を失いながらも生き延びた彼らが、決して癒えることのない心の傷を生き証人として、現代の人々に語り継いでいく。 [PR] 今作を鑑賞するのは毎回困難だとしながらも、人々にホロコーストを伝えていかなければいけないと語るエドさん。 「スティーヴン・スピルバーグ監督の『シンドラーのリスト』がなければ、ホロコーストは現代の人々の間で忘れ去られていたかもしれない。 ミーテクは、同収容所の所長アーモン・ゲートのもとで働かされていたしね」と当時を振り返った。 同収容所で最も恐ろしかった体験については、「1943年3月13日に収容所の所長アーモンの下、第4回移送作戦(同収容所のゲットーの解体)が行われた際、彼は子供を守ろうとした母親の手や腿を撃ったり、壁際に隠れようとした子供の頭を撃ち抜いたりしたんだ。 母親が乳児をナップサックに隠しながら移動していたら、そのナップサックごと撃ち抜かれたりもしていたよ。 また、杖をついていて労働できない囚人は広場に集められ、杖を地面に置いて、這って他の場所に移動するようにナチスの親衛隊に指示されたんだ。 そして、まるでゲームのようにその囚人たちは撃ち殺されていったんだ。 こんなことは決して忘れることはできない……」と鋭い眼光で前を見つめながら語った。 アーモンの最後については、「彼は裁判で死刑の判決が下され、絞首刑で亡くなったけれど、彼が刑務所に入っているときに、僕は(記録に残すため)彼の写真を撮りに行ったんだ。 その時の彼には2人のガードが付いていたんだけど、それでも僕は、彼のことがまだ怖かったのを今でも覚えているよ」と重みのある言葉で明かした。 (取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki).

次の

シンドラーのリスト

シンドラー の リスト

注目のレビュー:シンドラーのリスト• 2007-08-23 by この映画はどうやらスティーヴンスピルバーグのシリアス路線の傑作らしいが、アホかといいたい。 アカデミー賞を取りまくっているが、ユダヤを全面的に押し出し、更に「ホロコースト」がテーマなんだから、とって当たり前。 そもそもアカデミー賞というのものは完全に閉鎖的なユダヤコミュニティーからなる団体組織であり、根本思想ありきで、「映画の良し悪し」など判断基準になっていない。 これほど全くアテにならない賞...... 14人がこのレビューに共感したと評価しています。 2007-08-11 by 月踊り スピルバーグは映画技巧の天才です。 見せる事に関してだけは抜群に巧いです。 でも彼の作品からは作家としての息吹きが全く感じられないんですね。 いや、癖ではない、こういう人なんでしょう。 故・淀川長治さんがこの映画について「...... 5人がこのレビューに共感したと評価しています。

次の

シンドラーのリスト

シンドラー の リスト

映画「シンドラーのリスト」を見ました。 そこで、いくつか疑問があります。 でも結局ヘレンは、リストに載っており名前が呼ばれていました。 ゲートは何故それを許したのでしょうか? とてもいい映画ですごく感動したのですが、 ところどころゲートの心境がよく理解できませんでした。 想像でもいいですので、ご意見をお聞かせ下さい。 それこそが力だ。 そして髪をかき上げた自分の指先に付いたお風呂の汚れを 見て、現実の自分に戻ったのでしょう。 アーモンから見てゴミのようなユダヤ人が自分に汚れを 残した。 以前のアーモンに戻り、青年を射殺します。 実際、この時代にドイツ少尉(ドイツ人)がユダヤ人に好意を 持つ事自体、異常と見られる時代です。 階段を下りる音にとっさに服を着たか、いつ降りてくるか 分からないアーモンにおびえて、いつも薄い服を着用で 湯船に浸かっていたのかもしれませんね。 質問者様は映像で何も見逃してないと思います。 それが異常で歪んだ感情でも。 それ故、シンドラーの提案を拒否してます。 アーモンの性格を把握しているシンドラーは 賭けを申し出、不適切だと言いながらも シンドラーの莫大な掛け金にアーモンは現実を 選んだのでしょう。 自分の故郷に連れて帰りメイドをさせられるはずもなく ヘレンは間違いなくアウシュビッツ送りです。 ドイツ少尉としてユダヤ人を守る事など出来るはずも ありません。 私も好きな作品ですが、個人的に感じた意見です。 参考になれば。 猟奇殺人者が殺人を止められない、常人には理解できない、戦争という人格を歪めてしまう時代背景を見せているのだと思います。 殺さずに殴るという行為が、「生かしている」という確認なのだと思います。 最終的には色々と面倒くさくなってどうでもよくなったのでは。 総じてその人物を考えると、幼稚で、重責に耐え切れない、ストレスを傷害で乗り越えようとする、現代であれば 精神疾患者だと思います。 戦時中の精神状態なんて、私たちには計り知れない感情で溢れているはずです。 こういう人も実際にいたのでしょうね・・。

次の