くるぶし 腫れ。 気になるくるぶしの痛みの原因とは?実は病気が潜んでいる可能性も

子どもの足首捻挫 長引く腫れや痛み、はく離骨折疑って:朝日新聞デジタル

くるぶし 腫れ

足首の痛みと腫れの部位によって何が変わるのか? ここでは、まず足首の構造についてお話しします。 とても大切な話ですが、そんな事よりも自分の痛い部位についていち早く知りたいという方は読み飛ばしてもらって構いません。 足首の怪我をして、痛い部位と腫れている部位はだいたい同じです。 そして、その部位がどこかで一瞬にして何が起きているのか分かる事もあれば、詳しく検査しないと分からない事もあります。 なぜ私達医者が痛い部位にこだわるかというと、足首の何が壊れたのかを知りたいからです。 それを知る為には、正常の足首はどんな構造になっているのかを知らなくてはなりません。 足首外反捻挫 こちらも大まかには、• 骨折 を疑います。 しかし、足首内側は外側に比べて複雑な構造で、内側のくるぶしの後方には足の指を動かす腱が通っていたり、くるぶしの下には神経が通っていたり。 捻挫や骨折が原因で、そういった腱や神経の問題が起きる事もあるのです。 ですから、ただの捻挫だと思っていても、実は違う原因で長い間悩まされていたという例もありますので、何かおかしいなと思ったら、私達に相談してみて下さい。 参考記事 足首の痛みが前側にある場合の原因とは? 足首の前側が痛い場合は骨の問題である事が多いです。 特にサッカーのような足を酷使するスポーツでは、少しずつ骨が変形してきて引っかかってしまうのです。 ) このように、出っ張った骨が引っかかり周りの脂肪などを挟んでしまうものをインピンジメント症候群と呼びます。 前側のインピンジメントは通称、前方インピンジと言います。 この骨の出っ張りを 骨棘(こつきょく)と呼びます。 続いて足首後方の痛みについてです。 足首の後方は複雑な構造です。 痛みの原因としては、• アキレス腱• 後方インピンジメント症候群• 長母指屈筋腱炎(足の指を動かす腱) などです。 ちょっと難しい感じですよね。 このどれもが 自分では対応できないものなので、足首後方が痛くなった場合は早めに病院で診断してもらい治療する必要があります。 参考記事 足首後方の痛みについて 足首の痛みと腫れに突然おそわれ歩けない時の原因とは? 先ほど、足首前方の痛みは骨棘によるインピンジメントについて解説してきました。 この骨棘が折れて関節内を動き回ってしまう事があり、それを 関節遊離体(関節ねずみ)と呼びます。 そして、関節ねずみがある場所で挟まってしまい、足首が動かせなくなることをロッキングと言い、取り除く手術が必要です。 サッカー界のキングカズもこれで手術していますよね。 関節ねずみはそこにあるだけでは痛くもかゆくもありませんが、一度挟まってしまうとどうにも動かせなくなります。 まさにロッキングされてしまいます。 その他にいきなり足首が痛くなって赤く腫れたら 痛風の可能性もあるので、そんな場合は病院で相談してみましょう。 普通は痛風というと生活習慣病のように肥満な人がなるというイメージがありますが、そうとは限りません。 だからこそ盲点になっているので、万が一足首が赤く腫れたら疑ってみて下さい。 参考記事 関節ねずみとは? 足首の痛みと腫れがある場合の応急処置とは? 足首に限らず、怪我をしてすぐの応急処置は大切です。 その対応によって怪我の治る期間が変わってしまう事もありますので。 怪我の応急処置の基本は RICE処置と呼ばれます。 氷嚢によるアイシングの例 自分自身が怪我をした時はもちろん、チームの仲間が怪我をした時にも自信をもって処置してあげれば早く復帰できてチームにとってはプラスです。 ぜひ正しい処置の方法を学んでおきたいものです。 参考記事 足首の痛みへのテーピングの巻き方とは? 足首を固定する手段としてテーピングは非常に有効です。 テーピングの他にもサポーターやバンテージというものもありますが、それらを比較しても 固定性はテーピングが最も優れていることが分かっています。 テーピングに関しては、画像では説明しにくく直接会って解説するのが一番ですが、そうもいかないので動画で学んだ後に自分で試してみるのが良いと考えて動画をまとめてみました。 動画で見ると簡単そうに見えても、実際に巻いて動いてみると窮屈な時もあるので、何度か試してみる必要があるでしょう。 「痛くないし、もう治った!」と言ってすぐに練習を再開するとまた痛めてしまう事が多いです。 そこで、チームの練習に参加する前に別メニューで調整するのが良いでしょう。 グランドや体育館で十分に動きを確認してから、自信をもって練習に参加しましょう。 感覚としては、怪我の前よりも体が強くなったと感じるまでは練習に参加するべきではありません。 参考記事 足首の怪我を予防しレベルアップする方法とは? 足首を一度怪我してしまうともう一回怪我をする可能性が高くなります。 それを予防する為にテーピングを巻いたりすることは一般的ですが、それだけでは足りません。 例えば捻挫とは靭帯損傷の事だとお話ししましたが、靭帯が損傷すると単純に靭帯が弱くなるだけではなく、足首のバランスを感じる装置も壊れてしまいます。 それによってバランス感覚が低下して怪我をしやすくなってしまうのです。 そこで、バランス能力を鍛えるようなトレーニングをする必要がありますが、実はそのようなトレーニングをすると、怪我の予防だけではなく パフォーマンスの向上にもつながっている事が分かっています。 ですから、リハビリや予防と思ってバカにせず、しっかりとトレーニングをすれば、その後のパフォーマンスアップにもつながっていきます。 参考記事.

次の

くるぶしの内側・外側の腫れ、痛みがある・ないでは原因が違う?

くるぶし 腫れ

整形外科医(整形外科全般。 足首の関節の内側と外側にそれぞれある突起した骨のことをくるぶしといいます。 くるぶしなど足首まわりは筋肉があまりなく、負担がかかりやすい部位なので、痛みが出ることもあります。 たかがくるぶしの痛みと侮ってはいけません。 くるぶしの痛みの中には、痛みや腫れで歩くことさえままならない病気が隠れている場合もあります。 そんなくるぶしの痛みや腫れについて、詳しくご説明します。 くるぶしの痛む原因 次のような様々な原因で、くるぶしに痛みが生じることがあります。 1.外傷や負荷によるもの 捻挫 捻挫は足首をひねることで起こります。 足首は体重の数倍負担の負担がかかるため、足首をひねると、くるぶしにある靱帯が傷ついてしまいます。 また、 過去に捻挫していた場合、足首の靱帯が緩んでいることがあり、捻挫しやすくなることがあります。 骨折 骨折も、足首をひねることで起こることがあります。 病院へ行き、レントゲンを撮ることで確認できます。 程度によっては、 ギブスでの固定を行う場合があります。 疲労骨折 疲労骨折は、繰り返しくるぶしに負担がかかることで、徐々に痛みが生じます。 スポーツや走ったりすることで、 同じ部分に負担がかかることが原因です。 疲労骨折は骨が折れるというよりもヒビが入るといったほうが近く、たとえ疲労骨折をしても、 痛みさえ我慢できれば動くこともできます。 骨は損傷しても日々修復を繰り返していますが、疲労骨折は怪我に対し修復スピードが追いついていないことが挙げられます。 後脛骨筋腱機能不全症(こうけいこつきんけんきのうふぜんしょう) 後脛骨筋とは、 つま先立ちをする時に使う筋であり、内側のくるぶしの後ろを通っています。 この筋が、転倒などで外傷を負ったり、長期の繰り返しによる負荷がかかったりすることで、うまく機能しなくなり痛みを感じると言われています。 特に 中年以降の女性に多く、 肥満や高血圧もリスク因子となります。 ひどくなると偏平足になり、日常生活にも支障が出てしまいます。 腱炎(けんえん) 骨と筋肉をつないでいる腱が炎症を起こすことが原因です。 長時間の立ちっぱなしや、 足首を使用 するような運動を行うことで、くるぶしに負担がかかってしまい痛みが出る場合があります。 2.生活習慣によるもの 運動不足 運動不足による、足首周囲の腱(すじ)が固まってしまうことにより、捻挫や腱炎を起こして痛みが出ることがあります。 外反母趾(がいはんぼし) 足の親指が小指側に曲がっている状態をいいます。 歩くときにバランスを取ろうとするため、足首にも無理な負担がかかり、痛みが出ることがあります。 扁平足(へんぺいそく) 通常、足裏には土踏まずがあり、アーチ状になっていますが、 扁平足は足裏が平らになっていてバランスよく歩く、走るという足の本来の機能を十分に果たすことができません。 また、走ったりジャンプしたりすると足首に負担がかかる場合があります。 冷え症 足首の冷えから、くるぶしに痛みを感じる場合があります。 くるぶしの痛みから考えられる病気 くるぶしの痛みの中には、病気が関係しているものもあります。 1.痛風(つうふう) 足首をひねった記憶がないのに、赤み・腫れ・痛みがある 血液中の尿酸値が高いと、足首や足の指の関節炎により痛みを感じます。 一番多いのは 足の親指の付け根ですが、足首をひねった記憶がないのに赤みや腫れ、痛みが出た場合、痛風の疑いがあります。 原因はストレスや内服薬の副作用などさまざまですが、多くは 食生活が原因です。 特に肉類や過度のアルコール摂取が原因とされています。 2.関節リウマチ あちこちの関節が痛くなる 朝、特に 手の指がこわばる、あちこちの関節が痛い、などの症状からくるぶしにも痛みがある場合、関節リウマチの可能性があります。 病院で診てもらいましょう。 3.変形性足関節症(へんけいせいあしかんせつしょう) 骨が受ける衝撃を吸収する、『関節軟骨』がすり減る 加齢や関節リウマチ、感染により関節軟骨(関節のクッションの役割を果たしているもの)がすり減ってしまうことにより、 関節が変形し痛みが出ることがあります。 4.三角骨障害(さんかくこつしょうがい) 足首の後ろが痛くなり、つま先立ちができない バレリーナやサッカーのシュート時や、高いヒールを長時間履く人に多く、 アキレス腱とくるぶしの間に痛みが出ることがあります。 5.足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん) 捻挫の後、長期間痛みが続く 足根洞とは、くるぶしのすぐ下を指します。 捻挫の後に足根洞に長期間痛みが続く場合、可能性があります。 6.滑液包炎(かつえきほうえん) 関節を慢性的に酷使することで起こる 『滑液包』とは、関節など摩擦のある部位にある滑液を含んだ水のことで、 関節を慢性的に酷使することにより起こります。 外側のくるぶしの斜めに関節包という袋があり、それが炎症を起こしている状態です。 中でも、滑液包に細菌が入ってしまう化膿性滑液包炎の場合は、くるぶし部分が赤く腫れ、痛みが出ます。 7.関節炎 関節の炎症を伴い、発熱や腫れがある場合がある 関節リウマチ以外にも、細菌による化膿性関節炎や、結核による関節炎においても炎症が起きる場合があります。 発熱や安静時の痛みなどの症状が見られることがあります。 通院をする目安と自宅でできる対処法 1.何科を受診すればいい? くるぶしの痛みは、足を捻ることで起こる捻挫や打撲、骨折などが大半を占めます。 まずは 整形外科を受診するのが良いでしょう。 2.こんな症状があったら要注意! 痛風や関節リウマチのような症状はもちろん、下のような症状が現れたら早めに病院で診てもらいましょう。 歩くたびに痛い 歩くたびに痛い場合、痛みのある付近の骨に異常が見られる場合があります。 骨のズレがそれほど大きくない骨折の場合、しばらく放置していると骨が自然にくっついていることも少なくありませんが、骨がくっつけばいいわけではありません。 骨がズレや曲がりがなく、関節や筋肉にも問題なく動かせる状態が「治った」ことになるので、歩くたびに痛みがあるような場合は放置しないで病院を受診しましょう。 関節が痛い 関節の痛みは、軟骨など足首の周辺組織が加齢や運動などにより 関節周辺に炎症が起きていることが考えられます。 特に関節リウマチは早期治療を行うことが大切な病気なので、安易に自己判断をせずに痛むようなら一度病院で診てもらいましょう。 関節軟骨に変形がある 関節と関節の間の、クッションの役割を果たす関節軟骨が変形を起こしている場合もあります。 腫れている 腫れは、そのまま様子を見て問題のないケースもありますが、関節に炎症が起きている可能性もあります。 腫れに加え、 熱をもっている場合、むやみに動かすのは危険です。 こちらも自己判断が難しいので、気になるようであれば早めに診てもらうことをおすすめします。 3.接骨院、整骨院、整体は主治医と相談の上で 接骨院や整骨院、整体などは、 整形外科で診断をもらってから、主治医と相談の上で行った方が良いでしょう。 4.自分でできる、くるぶしの痛みの対処法 すぐに病院に行くことができない場合は、以下を参考にして対処をします。 急に痛みが出た場合 外傷など、急に痛みが出た場合は、 まずよく冷やします。 痛みや炎症による腫れは、冷やすことでひいていきます。 保冷剤をタオルやハンカチで包み、痛みや腫れが気になる部分にあてて冷やします。 痛みが長く続いている場合 痛みが慢性化している場合は、温めましょう。 冷えや神経痛、関節リウマチは温めることで痛みが和らぎます。 お風呂や足湯につかることで体が温まり全身の血行が良くなります。 しかし温めると痛みがひどくなる場合はやめましょう。 まとめ くるぶしの痛みは様々な原因が考えられます。 捻挫と思っていたら骨折であったり、慢性関節リウマチや、化膿性の病気であったりと等様々です。 すぐに病院に行けない場合は自分でできる対処法などを試し、症状が続くようなら早期に必ず病院を受診しましょう。 放っておくと大変な大きな病気の場合もあります。

次の

痛風の痛みについて

くるぶし 腫れ

くるぶしが痛い!(外側・内側-くるぶしの下が痛い・上が痛い・腫れ)靴擦れやランニングには要注意! くるぶしが痛い場合に、真っ先に確認しておきたいのが骨折をしているかどうかです。 ほとんど場合はレントゲンを撮ることになります。 骨に異常がある場合は、くるぶしの上が痛いことが多い。 靭帯に異常がある場合は、くるぶしの下が痛いことが多い。 また、内側のくるぶしと外側のくるぶしとでは症状も異なります。 それから靴擦れのように皮膚に異常がある場合もあります。 (はっきりとした原因を知るには病院で診察を受ける必要があります。 ) くるぶしが痛い原因は様々ですが、今回の記事では代表的な原因について紹介します。 Sponsored Links 目次• 捻挫 捻挫とは、関節の骨と骨を繋ぐ靭帯もしくは、軟部組織を損傷した状態のことを言います。 くるぶしが痛い原因のひとつとして考えれます。 くるぶし(脛骨の末端)には複数の靭帯があります。 内反捻挫 足首を内側に強くひねることで、外側の靭帯を伸ばしてしまい損傷が起こる障害です。 外側のくるぶしが痛い状態になります。 強くひねった場合は腫れを伴うこともあります。 足首の捻挫のうち8割以上が内反捻挫と言われており、ランニングなどの運動だけでなく、日常生活でも起こる可能性はあります。 外反捻挫 足首を外側にひねることで、内側の靭帯を伸ばしてしまい損傷が起こる障害です。 内側になる靭帯は、主にくるぶしの下の方にあるので、くるぶしの下が痛い状態になります。 外反捻挫は内反捻挫に比べると発生率は低いですが、内側のくるぶしの靭帯は非常に頑丈にできているので、この靭帯が伸びた場合は、骨折や関節のズレなど複雑な怪我になる場合が多い。 内側のくるぶしの靭帯は、深層に前脛距部と後脛距部の2つの靭帯があり、浅層に脛腫部と脛舟部の2つの靭帯があります。 シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎) シンスプリントとは、過度なランニングやジャンプを繰り返す運動などで、脛骨の内側の骨膜に炎症が起こることで、内側のくるぶしの上が痛い状態になる障害です。 Sponsored Links 発症の原因は、体力が低下した後の運動や、急に足に負担のかかる運動をした場合に起こる症状です。 ほとんどが足の使いすぎ(オーバーユース)が原因です。 マラソンや陸上選手などがなりすい症状です。 また、偏平足(足の裏のアーチが少ない)の方もシンスプリントは発症しやすい。 外側のくるぶしの上が痛い場合は、腓骨に疲れが溜まっている可能性があります。 足の外側にある腓骨は、足の内側にある脛骨と比べて細く弱い骨なので、そのまま無理に運動を続けると疲労骨折しやすいの注意が必要です。 靴擦れ 靴を購入した時は、全く靴擦れしなかったのに、長時間歩いてみると、くるぶしの下が痛い・・・ 特に営業マンが革靴で長い時間を歩いて、くるぶしの下が擦れて痛いということが多いようです。 擦れた皮膚は赤くなって痛みを伴います。 酷くならないうちにケアすることが大切です。 くるぶしの下に起こる靴擦れの対処法は、靴底をパッドで上げて、くるぶしと靴の縁が当たらないようにすることです。 擦れてしまった皮膚は、塗り薬やバンドエイドでケアすると良いでしょう。 かかとへの衝撃やくるぶしの負担を軽減する靴底パッドはこちらです。

次の