脇腹から背中の痛み。 左脇腹~背中の痛み!筋肉痛?便秘?痛みの原因を徹底解剖!

左右脇腹から背中にかけての痛みは?何かの病気なの?

脇腹から背中の痛み

肋間神経痛はこんな病気 よく脇腹 時には背中から胸の前面まで の痛みを「肋間神経痛」という人がいます。 しかし「肋間神経痛」は疾患名ではありません。 肋骨に沿っている神経を肋間神経と呼びますが、この肋間神経が痛む症状を肋間神経痛といいます。 原因によって痛み方は違い、「急に電気が走るような痛み」や「ジクジクとした持続する痛み」などがあり、痛みの起こる場所は背中から脇腹、胸の前面やおへそ辺り、まれには足の付け根まで痛みを感じることがあります。 心臓・太い血管や肺などの内臓の疾患が原因で起こる胸の痛みとの違いは、痛む場所や範囲がはっきりしており、肋骨に沿って起こる比較的鋭い痛みということです。 特徴的なのは、上半身の右側か左側のみに起こり、特殊な場合を除いて左右両側に起こることはありません。 原因は様々で解明されていないものもありますが、明らかに原因がある場合を症候性肋間神経痛、明らかな原因がない場合を特発性肋間神経痛といいます。 症候性肋間神経痛の原因は、変形性脊椎症・胸椎椎間板ヘルニア・脊椎腫瘍など脊椎に原因がある場合、そして肋骨骨折や肋骨の腫瘍が原因となる場合があります。 これらが原因の場合は身体を動かした時、特に上半身を前後に曲げたり、左右に曲げたり廻したりすると痛みを強く感じることがあり、時には「息ができないほど痛い」こともあります。 脊椎や肋骨に原因がない場合に起こる症候性肋間神経痛の代表的なものは、です。 帯状疱疹は、帯状疱疹ウイルスが神経の中を通って皮膚に達して皮疹を起こす疾患ですが、胸部に発症すると肋間神経痛を起こします。 帯状疱疹による肋間神経痛は、皮疹の有無に関わらず「ヒリヒリ」「ジクジク」とした皮膚表面の持続的な痛みを感じます。 肋間神経痛の治療法 前述のように肋間神経痛は1つの症状ですので、原因によって治療法は異なります。 重症の肋骨骨折を除いて、外傷によって肋骨を痛めた時に起こる肋間神経痛は、消炎鎮痛薬の内服で治療できます。 脊椎の疾患が原因の場合は、MRI等の画像診断を含めて原因の重症度を診断したうえで、外科的手術が行われることがあります。 帯状疱疹の場合は、発症早期の抗ウイルス薬の投与と、肋間神経痛が強い場合は神経障害性疼痛専用内服薬が有効な治療法です。 神経ブロックとは、痛みの原因となっている神経に局所麻酔薬や、消炎作用の強いステロイドを注射して治療する方法で、多くはペインクリニック科で実施しています。 また、病変と症状の関連性が低い場合(病変が責任とは完全に否定できない場合など)患者さんの希望を含めた総合的な判断で手術が適応されます。 手術は外科医の説明に基づいて患者さんが同意して適応されます。 早期発見のポイント 外傷が原因である場合を除いて、身体を動かした時に今までになかった胸 脇腹 の痛みや、じっとしていても急に脇腹に電気が走るような痛みがあり、そしてその痛みが一時的なものでなく2、3日続く場合は、まず内科や整形外科を受診しましょう。 による肋間神経痛は、多くの場合で皮疹や痛みが起こる数日前から、背中からお腹にかけて皮膚表面にかゆみや軽いヒリヒリ感を自覚することがあります。 この時点で医療機関を受診しても診断が確定できないこともありますが、症状が強くなれば皮膚科を受診しましょう。 総じて「胸の痛み」という症状の中には心臓・太い血管や肺など内臓の疾患が原因で起こる胸の痛みもあります。 特にやによって起こる痛みは、胸の前部でみぞおちから上で肩にまで広がることがあり、多くの場合は「胸が締め付けられる」感覚を伴います。 また大動脈瘤破裂では「背中がさける」ような痛みを自覚することがあります。 このような時は緊急を要しますので、ためらわずに救急車を呼びましょう。

次の

左右脇腹から背中にかけての痛みは?何かの病気なの?

脇腹から背中の痛み

背中が痛いと感じることは日常生活の中でしばしばあることですが、その原因は実にさまざまです。 ただ姿勢が悪い、疲れがたまったなどの原因であればよいですが、実は重大な病気が原因で痛みが出ることもあります。 今回は、背中が痛くなる原因、背中の右側、左側で変わる病気と症状についてご紹介します。 病気以外の背中の痛みの原因 病気以外の背中の痛みの原因は、肉体労働などによる筋肉疲労、猫背などの悪い姿勢、デスクワークで同じ姿勢を続けることで起こる血行不良、胸やお腹など他の部位の痛みの影響、ウイルスや細菌などの感染の影響、日々の生活のストレスなど実にさまざまです。 背中の痛みの原因はさまざまで、個人で特定して対処することは困難ですので、背中の痛みがあった際は病院に行って詳細に調べることをおすすめします。 背中の右側が痛む場合に考えられる病気 ・肝臓がん 肝臓にできる悪性腫瘍「癌(がん)」ができることを指します。 右側のお腹の不快感、右側の肩甲骨や背中の痛み、カラダの衰弱などの症状が現れます。 比較的に女性より男性が多い傾向にあります。 ・肝炎 肝炎は肝臓がなんらかの原因で炎症が起きている状態を指します。 発熱、背中の右側の痛み、カラダがだるくなる、黄疸などの症状が主です。 ・胆石症 脂肪の消化を助ける役割のある胆汁の成分が固まってできた小さな石(胆石)が、胆のうの出口に詰まってしまい、痛みを引き起こす病気が胆石症です。 みぞおちから右脇腹にかけての痛み、背中の右側の痛み、寒気や吐き気などが主な症状です。 ・胆のう炎 胆のうに炎症が起きてしまった状態を胆のう炎と言います。 胆石症で詰まってしまった胆石がなかなか移動しないことが原因で炎症を引き起こしてしまい胆のう炎になります。 胆のう炎は、急性胆のう炎と慢性胆のう炎の2種類があり、症状は異なります。 急性胆のう炎は発熱、吐き気、右側の腹部から右肩、背中の右側の激しく痛みが出て、慢性胆のう炎は右側の腹部や背中の右側にズキズキするような痛みを感じるくらいです。 背中の左側が痛む場合に考えられる病気 ・膵炎 膵臓から分泌される膵液の消化酵素が膵臓自体を消化してしまい炎症を起こす病気です。 急性膵炎と慢性膵炎の2つがあります。 腹部周辺の痛みがもっとも特徴的な症状で、ほかには背中の左側の痛み、発熱、食欲がないなどの症状が現れます。 ・膵臓がん 膵臓にできる悪性腫瘍「癌(がん)」ができることを指します。 みぞおちから左わき腹にかけての鈍い痛み、背中の左側の痛み、全身のだるさ、下痢や便秘などの症状が現れますが、病気の初期段階では自覚症状がないことが多く、これといった特徴のある症状がないので、早期の発見が難しい病気です。 ・胃炎 胃に起きる炎症のことで、種類は急性胃炎と慢性胃炎に分けられます。 胃周辺の痛み、背中の左側の痛み、胸焼け、胃のむかつきが主な症状で、症状が重い際は吐血や下血の症状が見られます。 ・心筋梗塞 心臓の筋肉に栄養を与える冠状動脈が詰まってふさがり、心臓に血液が送れなくなって心臓が壊死してしまう病気が心筋梗塞です。 背中の左側の痛みの他、胸に激痛が走り、発作後は徐々顔色が悪くなって冷や汗や吐き気、意識障害などの症状が見られます。 最悪の場合、不整脈が起こって急死することもあります。 背中の痛みの予防に効果的なストレッチ 背中の痛みの予防に効果的なストレッチをご紹介します。 椅子に浅く座って両足を大きく左右に開きます。 椅子がないときは床で座って行ってください。 両手で頭の後ろを軽くつかみ、背中を丸めながら徐々に両足の間に向かって下ろしていきます。 頭に重りを乗せた気持ちで両腕の重みを利用して、両膝より低いポジションまで両肘を押し下げることがポイントです。 床に仰向けに寝て、片足を曲げて床で伸ばした足にクロスさせます。 クロスさせた膝の外側を反対の手で抑える。 一方脳では肩の真横に伸ばす。 クロスさせた膝を手で押さえながら、足をまげた方向とは逆方向にカラダをゆっくりひねりましょう。 終わった左右を変えて行う。 ストレッチはあくまで背中の痛みの予防策として行い、実際に背中の痛みと上記に該当する症状が現れた際は病院に行って原因を調べることをおすすめします。 カラダファクトリーの こだわり カラダファクトリー独自のA. 短時間で信頼感のある技術です。 お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。 自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。 (カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。

次の

腎臓に痛みを感じたら読んでほしい

脇腹から背中の痛み

左の肋骨下から左の背中にかけて痛み?違和感?鈍痛?があります。 左肋骨下はおっぱいの下ではなくてもっと左側で脇腹 側腹部といいますか? 腹の真横らへんです。 押すと痛い様な?気もします。 筋肉痛に似た痛みですかね。 でも筋肉痛ではないです、筋肉痛になる様な事まったくしてませんから。 もしかして膵臓とか腎臓が悪いのかなって不安です。 特に運転中が一番痛いというか気になります。 寝てる時や横になっている時はほとんど気にならないんですけどね。 あと寝てなくても全く気にならない時間も沢山あります、みんなで楽しくわいわいやってる時は忘れているのか?ほぼ気になりません。 他に気になる症状はないです。 身近に膵臓がんとか腎臓のがんとかなった人いますか?膵臓がんは左上腹部~左背部が痛くなるってよく聞きます。 もしかしてと思って、、、来週医者行こうかと考えてますがその前にここで質問させて下さい。 ガンだとすればもう手遅れですよね。 32歳女です。 曾祖父、祖母、母と三代連続ガンでガン家系です。 もうこの症状が出てから二ヶ月は経ちます。 がんで痛みが出てるなら寝てるとか他の事に集中してるとか関係なくどんな時も痛いんでしょうか?どんどん痛みは増していきますか?教えて下さい。 補足ガンの可能性はありますかね? 良くなるわけでも悪化するわけでもなくっていう感じで横ばい?です。 親類の15人が膵臓がんになりました、症状は左肩のみのだるいこり、全体的に白い便、膵臓と反対の右脇腹の神経痛みたいな痛みがありましたね。 背中の痛みがある場合は手後れの場合もありますけど、車の運転中は頚椎と背骨が曲がって姿勢が悪いですので、たぶん胃食道逆流症等じゃないかな。 ストレスを減らし、油物、甘い物を避けて消化にいい食事をしてください。 あと膵臓がんの症状は6キロ以上の体重の減り、肝臓数値の乱高下、尿素窒素が高い、中性脂肪が高い、食べていないのにインスリンが急上昇、私が親類を6人くらい病院に運びましたけど、我慢出来ない嘔吐、腹痛、しんどいで胃腸炎で入院し、レントゲン、胃カメラ、CT. 造影CT.. 腫瘍マーカCEAで40以上の異常値、正常値は5以内です。 CA19-9は反応せずでしたね。 嘔吐する前は左肩のみのだるいこり、腹のたまに痛みがありましたね。 激痛はなかったですね。 車に乗って背中と左胃下部が痛いのは私で食後に痛みが出ていました。 胃食道逆流症でした。 私も右肋骨下側が慢性的に痛みが出ます。 痛みというほどの痛みではないですが。 私はしぼったタオルをレンジでチンして時々温めてやります。 それをやりだしてから少しづつですが痛みは少なくなってます。 あと、お風呂でタオルを使わず自分の手でマッサージしながら洗います。 39度ぐらいのお湯に長時間つかって汗をかくまで入浴したりしてます。 もし、ガンだったとしても、ガンは体温が低い所に発生するものですから、蒸しタオルでガンも治ると書いている整体の本もあるぐらいです。 私の知ってる限り、ガンは体温の低下で栄養をエネルギーに変えることが上手にできずふ完全燃焼になり血液に濁りが発生して、その濁り、汚れを解消するためにガンが発生すると漢方の本で読みました。 あと、精神面では正しい、間違い、〇〇するべきで〇〇するべきではない!と強く自分の中で仕切りを作ると、〇〇できない自分、間違う自分を排除しようとしてしまい病気になると心理学の本で見ました。 〇〇するべき!とか〇〇が正しい!ではなく 〇〇しなくてもいい、間違っててもいい だけど、私はこの生き方が好き!といった限定でなく選択という心の持ち方を心がけるといいそうです。

次の