承りました 類語。 畏まりましたの意味・読み方・英語とは?承知いたしました/承りました

「承りました」の意味と使い方!類語との違いや英語表現も解説

承りました 類語

「承りました」の使い方・例文 「承りました」は社外の取引先や顧客との電話やメールに対して使う 「承りました」は、相手の話に対して 「しっかり聞いた・理解した・対応した」という言葉になります。 「承りました」は 主に社外の取引先や顧客などと電話やメールで使用することが多いです。 また、メールで取引先などから要望や依頼の返信で「ご要望を承りました」と使うことができます。 すぐに要望や依頼の対応が出来なかったとしても、「メールを受け取り確認しました」といった意味で「承りました」と返信はなるべく早くするようにしましょう。 相手はメールを読んでくれたのかどうか分からずに不安になってしまうことがあります。 「承りました」は「対応します」の意味もあるため使用注意 ただ「承りました」には「対応しました」の意味で使われることもあるので、「対応はまだ出来るか分からないけど話は分かりました」という場合の使用は注意しましょう。 「承りました」は目上の人であっても社内ではあまり使われない 「承りました」は社外の相手に対して頻繁に使われますが、 社内の上司や先輩に対して使うことは少ないです。 社内の相手に対して使う場合は、「承知しました」や「かしこまりました」などの方が頻度が高くなります。 社内の相手に対して使うことは少ないですが、社内でも 役員クラスの相手に対してはより丁寧な「承りました」を使うのが良いでしょう。 「承りました」の例文 ・この度の予約、確かに承りました。 ・先生からありがたいお話を承りました。 ・ご依頼いただきました件について、承りました。 ・ご注文承りました。 明日までにはお送りいたします。 ・お客様のご注文を確認いたします。 ・どんなご要望でも何なりと承ります。 ・あいにく山田は外出しております。 私でよろしければご用件を承ります。 同じ読みの「受け賜りました」との違い 「承りました」・・・電話やメールなどにおけるやりとりで用いられる 「受け賜りました」・・・物の授受があるときに用いられる 「承りました」と同じ読みの言葉に「受け賜りました」があります。 「受け賜る」と「承る」の違いとしては、「受け賜る」はモノの授受があるときに使うことが多い言葉ですが、「承る」はコトのやりとりで使われることが多い言葉です。 「受け賜りました」の意味・使い方・例文 「受け賜りました」は 「受ける」+「賜る」で成り立っています。 「賜る」は、 ・「もらう」の謙譲語 ・「与える」の尊敬語 の2つの意味があり、 ・目上の相手からものを頂戴する ・目上の人がものをくださる の2通りの使い方ができます。 「受け賜りました」の「賜る」は「もらう」の謙譲語です。 「受ける」と「もらう」では意味が重複した熟語になっています。 元々は「受け賜りました」が多く使用されていましたが、「受け賜りました」は畳語(じょうご:同一の単語を重ねた言葉)にあたり、現在一般的にはあまり使用されません。 時代とともに徐々に「承りました」が一般的に使われるようになりました。 ・教授からとても光栄なお話を受け賜りました。 「承りました」の類語 「承りました」と同じような意味を表す言葉はたくさんあります。 その中でもよく使われるフレーズを紹介します。 かしこまりました 「かしこまる(畏る)」は 「つつしんで目上の人の言葉をお承る」という意味の謙譲語で、「相手の言ったことを理解し、その言葉に従う」という意味になります。 「かしこまりました」は、 謙譲語「畏る(かしこまる)」+丁寧語「ます」なので丁寧な言葉になります。 「かしこまりました。 「かしこまりました」はとても丁寧な表現なので、主にお客さまや取引先などに対して使うことができます。 「かしこまりました」は 「承知」を表す言葉のなかで最も丁寧な言葉に当たります。 相手に敬意を示したいときは「かしこまりました」を使うのが良いでしょう。 確かに明日までにお届けします。 ・かしこまりました。 今しばらく、お待ちください。 ・かしこまりました。 明日までに提出いたします。 承知しました 「承知」とは 「旨をうけたまわって知ること」「聞き入れること」といった意味があります。 「承知」は「承る」と「知る」で成り立っています。 「承る」は謙譲語ですが、「承知」は厳密には謙譲語ではありません。 しかし 「承知」は「承」という文字を含むため丁寧な表現になっています。 返答するときに、「承知」のみだけでは失礼ですが、「承知しました」「承知です」といったふうに丁寧語をつけることで、目上の相手やお客様に使用するのが適切になります。 ビジネスシーンなどでも、何か依頼を受けたり、相手の話を理解したことを伝えたいときに自然と「承知しました」という言葉を使うのが良いでしょう。 「承知しました」をより丁寧にした「承知いたしました」があります。 「する」の謙譲語「いたす」と丁寧語「ます」の過去形を加えたものです。 謙譲語+丁寧語は敬語のなかで、最上級に当たるのでより丁寧な言葉になります。 二重敬語ではないので、そのまま使用しても問題ではありません。 ・ご注文の件、承知しました。 準備出来次第、お届けいたします。 ・面接日程の件について、承知いたしました。 了解しました 「了解」とは 「物事の内容や事情を知り、納得すること」「理解すること」といった意味です。 「了解」という言葉は、尊敬語でも謙譲語でもないので、同等もしくは目下の相手に使うようにしましょう。 「了解しました」は「了解」+「しました」で丁寧な言い方になりますが、軽い印象を与えてしまうため、目上の相手に「了解しました」と使うのは失礼にあたります。 「了解」「了解です」も然りです。 目上の相手に使ってはいけない言葉ですが、親しい間柄であれば目上の相手に使っても許される場合があります。 ・了解しました。 また明日話しましょう。 ・私は彼女がその会議に出席できないことを了解しました。 わかりました ビジネスシーンや日常生活などで使われることが多いのが「わかりました」という表現です。 「わかりました」という言葉は、元々「わかった」を丁寧に言い換えた言葉です。 「了解しました」と同じように、 目上の人に「わかりました」と言っても失礼にはありませんが、少し砕けた印象を与えてしまいます。 早速検討させていただきます。 ・当方の手違いによる誤りであることがわかりました。 ・わかりました。 すぐ電話で確認いたします。 了承(りょうしょう)しました 「了承しました」は 「相手の申し出や事情を納得し、承諾する」という意味になります。 「了承」も「承知」と同じ「承」が使われていますが、謙譲語ではありません。 「了承」には「許可する」「承諾する」という意味合いがあるため、上から目線のニュアンスが含まれてしまいます。 目上の者が目下の者に使うのが一般的です。 「了解しました」と「了承しました」は、どちらも同等や目下の者に使う言葉ですが、使用する場面に違いがあります。 「了解しました」は「理解した」ときに使い、「了承しました」は「承諾した」ときに使うと言った部分です。 ・日程変更の件、了承いたしました。 ・彼女の提案に了承しました。 御意(ぎょい) 「御意(ぎょい)」とは 「目上の人の考え・ご意向」「おっしゃる通り・お考えのように」といった意味です。 「御意」の「御」は、尊敬語を意味する接頭語になるので、厳密には「御意」は尊敬語の一種と考えられます。 「御意」単体でも使えますが、正式には「御意の通り」「御意にござります」などの形で「おっしゃる通りです」のように目上の人に相槌を打つときや返答の意味になります。 時代劇などで聞いたことがある人もいるかと思いますが、「御意」は鎌倉時代あたりから使われているかなり古い言葉です。 ただビジネスシーンや日常生活では意味が伝わらない可能性があり、敬意を示せない場合があるので、あまり使用するのはおすすめしません。 ・御意にござります。 ・御意にかなうよう行動する。 「承りました」の英語表現は? 「承りました」の英語表現を見ていきます。 日本語の「承りました」と「了解しました」のような違いは英語にはありません。 英語にはそもそも謙譲語という概念がないためです。 「承りました」を意味し、ビジネスシーンでも使える丁寧な英語表現は、 ・I got it. ・You got it. (相手の依頼を承諾したときのみ使える) ・I understand. ・Roger that. (元々は軍隊用語) など。 ビジネスシーンでも使えますが、もう少しカジュアルな表現だと、 ・All right. ・Sure. ・Okay. などがあります。 これらの表現は「了解」「わかりました」くらいのニュアンスです。 取引先やまだ関係性が深くない上司などには、これらの英語表現は少しライトすぎるかもしれません。 それでは例文を見ていきましょう。

次の

「拝承」の意味と使い方まとめ!類語・対義語・英語表現なども詳しく解説!

承りました 類語

「承りました」の読み方と意味 読み方は「うけたまわりました」 「承りました」は「うけたまわりました」と読みます。 動詞「承る」の連用形に、丁寧語の「ます」の過去形が後についた謙譲語です。 「承りました」の意味 「承りました」の「承る」には、「聞く」、承諾するという意味の「引き受ける」、そして「もらう」という三つの意味があります。 それが「承りました」という表現になると、主に2つの意味が使われています。 しっかりと聞きました。 引き受けました。 つまり「承りました」は単に「わかりました」と理解したという意味ではなくて、相手の伝えようとしていることや依頼を責任をもって「確かに引き受けました」という表現になります。 「承りました」のビジネスシーンでの使い方と例文 メールでも使われる「承りました」は責任ある表現 ビジネスでの会話やメールなどいろいろなところで聞かれる「承りました」ですが、単に相手の話を聞いたという気軽なニュアンスで使われていることがあります。 しかし「承りました」は、相手の意向や依頼を聞き、その内容に関して責任をもって任務を果たすというはっきりとした意思を伝える表現です。 気軽には使ってはいけない表現だと理解しておきましょう。 例文は次の通りです。 (相手の伝言や要望を聞いて)「はい、私が確かに承りました」• 「〇月〇日にご予約を承りました」• 「お客様のご要望を承りましたので、担当者に伝えておきます」 社外の相手に使う表現 ビジネスシーンでよく使われる「承りました」ですが、この表現は顧客や取引先などの社外の相手に使われます。 社内の先輩や直属の上司に対しては「承りました」よりも、「かしこまりました」や「承知しました」を使うほうが一般的です。 例外として、社内の相手でも社長や役員などの会社のトップクラスの相手に対しては、丁寧な受け答えとして「承りました」が使われることがあります。 「承りました」の類語 「わかりました」は最も一般的に使われる類語 「わかりました」は「承りました」の類語の中でも、もっとも簡潔な表現でしょう。 「相手の意向を受ける」という意味で、ビジネスシーン以外でも日常的によく使われていて、目上の人にも使えます。 ただ「承りました」に比べると遠慮を欠いた表現と受け取られることもあるので、気心の知れた上司や先輩に使うようにしましょう。 「かしこまりました」は「わかる」という意味の謙譲語 漢字で「畏まりました」と書く「かしこまりました」は、「相手の言葉を理解し、その言葉に従う」という意味の謙譲語です。 「聞き入れる」という意味を表す言い回しの中でも、もっとも相手への敬意を表した表現だと言えます。 大変丁寧な表現なので、目上の人や顧客などにも使えます。 「承りました」と「かしこまりました」はほぼ同じように使われますが、その違いは「かしこまりました」のほうが目上からの指示を受けるときに限定されていることです。 「承知しました」は「かしこまりました」より敬意が低め 「承知しました」は「かしこまりました」と同じ意味で、「相手の依頼や要求を聞き入れる」という意味の謙譲語です。 ただ「かしこまりました」と比べると、相手への敬意の表れ方が少し低くなった表現になります。 「承知しました」も正しい謙譲語ですが、「する」を「いたす」にして「承知いたしました」とするほうがより丁寧な表現になると解釈されることが多いです。 「了解しました」は目上の人には使えない表現 「わかりました」という意味で使われることも多い「了解しました」ですが、「了解する」は敬語表現ではありません。 文尾を「しました」とすることで丁寧な表現にはなりますが、軽い印象を与えます。 そのため「了解しました」は、「承りました」のように目上の人には目上の人には使えない表現です。 「了承しました」は目上の人が使う表現 「相手の意向や依頼を受ける」という意味の「了承しました」という表現ですが、謙譲表現ではありません。 そのため「承りました」の使い方とは方向性が変わり、「了承しました」は目上の人が目下の人に使う表現です。 「承りました」の英語表現 「承りました」は英語で「I have received」 「承りました」は英語で「I have received」がいいでしょう。 「承りました」が過去形だからと言って過去形を使うのではなくて、現在完了形を使うことがポイントです。 過去形だと相手からの意向や依頼を受けたことが過去のことになってしまい、その責任を果たすというこれからのことを伝える表現になりません。 一方、現在完了形を使うことで、受け取った内容をこれから果たすというニュアンスが伝えられます。 例文は次の通りです。 目上の相手や顧客に対しても使える表現ですから、ビジネスシーンでも活用してみてください。 聞き手に信頼のおける相手だという印象を与えることができるでしょう。

次の

「承りました」の意味と使い方!類語との違いや英語表現も解説

承りました 類語

「ご意向」の意味と敬語 「ご意向」の読み方は「ごいこう」 「ご意向」は「 ごいこう」と読みます。 「ご意向」の意味は「物事をどう対処するかについての考え」 「ご意向」の意味は「 心の向かうところ」です。 文字通り「 意識の方 向」です。 ビジネスでは「 物事をどう対処するかについての考え」という意味合いになります。 「ご意向」は「意向」の尊敬語(敬語) 「意向」に 尊敬を表す接頭語「ご」が付いて「ご意向」です。 「ご意向」はビジネスシーンで上司や取引先、顧客など目上の人の(どうするかの)考えを表す時に使用します。 自分や自社の考えを表すときは「意向」を使う 自分自身や自社の考えや意思を表すときは「ご意向」ではなく「意向」を使います。 「ご」は尊敬語ですので、自分自身に対して尊敬語を使うのは誤りとなります。 「ご意向をお聞かせ願えますでしょうか」で目上の意思を確認 相手の考えを聞きたい場合は「ご意向をお聞かせ願えますでしょうか」を使います。 相手の手助けをしたい場合や、ある物事に一緒に取り組む場合など、相手の考えが必要となる場合に使うことが多いです。 ・ご意向がございましたら、何なりとお申し付けくださいませ。 ・ご意向をお聞かせください ・ご意向をお伺い申し上げます ・ご意向を伺いたく存じます ・ご意向を承ります ・ご意向を賜ります などとなります。 「ご意向に沿うようにいたします」「ご意向に従います」で目上の命令を受け入れる 「ご意向に沿うようにいたします」「ご意向に従います」は 相手の依頼通りに、物事を進めることを宣言するときに使います。 上司に命令されたときに、その考えに従うことを表明するときに使います。 「ご意向に沿うことができるよう、努めてまいります/精進してまります」などと使うこともあります。 「ご意向」の類語 ご意見 「ご意見」は「 相手がある物事に対して持っている考え」を意味します。 相手の考えを尋ねたり、意見をもらいたい場合に「ご意見」を使います。 「ご意見をお聞かせください」「ご意見をいただければ幸いです」などと使われます。 例文 ・先日の件についてのご意見をお聞かせください。 ・先生のご意見をお聞かせいただければと存じます。 ご要望 「 ごようぼう」と読みます。 「ご要望」は「 相手がある物事の実現を強く願っていること」を意味します。 目上の相手が何かを欲していたり、何かを強く望んでいることを表す場合に「ご要望」を使います。 「ご要望にお応えする」「ご要望を聞かせていただく」「ご要望を承る」などと使われます。 例文 ・この度は御社のご要望にお応えすることができず、誠に申し訳ありません。 ・お客様のご要望をお知らせいただければ幸いです。 ご所望 「 ごしょもう」と読みます。 「ご所望」は「 相手が望んでいること、こうしてほしいと思っていること」を意味します。 目上の相手が何かを欲したり望むときに「ご所望」を使って表します。 「ご所望の品」「ご所望されている」「ご所望なさっている」などと使われます。 例文 ・お客様のご所望の品がご用意できました。 ・ご所望の方がいらっしゃいましたら、私の方までお声がけください。 ご意思/ご意志 「ご意思」は「 相手がどうしたいかという考え、心の中で思っていること」を意味します。 「ご意志」は「 相手の物事をやり遂げようとする積極的な思い、思っていること」を意味します。 相手の考えていることを表した場合は、「ご意思」や「ご意志」を使います。 例文 ・皆様のご意思としましては、企画を実行に移すということでよろしいですか。 ご希望 「ご希望」の意味は「 相手がある物事を成功させようと願い望むこと」です。 「ご希望」はただどうしたいかということではなく、「ある物事の実現を望むこと、願っていること」を意味します。 「希望」は「希望を持つ」「希望に燃える」などと、「未来に対する期待」という意味でも使います。 例文 ・出席をご希望される場合は、私までご連絡ください。 ・この度はご希望に沿うことができず、大変申し訳ありませんでした。

次の