アイフォン から パソコン に 写真 を 送る 方法。 iPhoneの写真をパソコンに手軽に転送する方法6選

パソコンからiPhoneへ写真を転送する方法

アイフォン から パソコン に 写真 を 送る 方法

あなたはiPhoneで撮った写真はどのように管理していますか。 もしかするとパソコンで写真のバックアップを取ったことがない、なんていう人もいるかもしれませんね。 このままでは、iPhoneのストレージ容量が少なってきた場合や、iPhoneが壊れたときに「こまめにちゃんと整理してよかった…」なんて後悔することにも。 iPhone本体を整理することは、部屋の掃除と同じくらい重要です。 なぜなら、iPhoneの写真を綺麗に整理することで、数多くの新しい思い出の写真が入ってくるからです。 今回は、iPhoneで撮った写真を一枚ずつ選択してパソコンに保存してする方法と、パソコンで綺麗に整理して必要な写真をiPhoneに戻す方法を解説します。 iPhoneの写真を一枚ずつ選択してパソコン保存する方法を解説 iPhoneを整理するためには「まとめてパソコンに保存する」「写真を一枚ずつ選択してパソコンに保存する」この2種類があります。 この2種類の中にも色々な整理方法があるので、どれをお伝えしようかとかなり迷うことに。 しかし、人それぞれ自分に合ったやり方があると思うので、あなた自身に合った方法が見つかるようにガジェットマスター編集部が写真の整理術を余すことなく伝授することに決めました。 それでは実際に、手順を解説していきます。 (MacとWindows別々に解説) iPhoneの写真をMacに保存する場合 iPhoneとMac、同じApple社の製品ということで写真管理がとてもしやすいです。 あなたが、現時点でやり方がわからなくても全く問題ありませんので安心してくださいね。 何度か繰り返すことで誰でも簡単にできるようになります。 それでは、iPhoneの写真をMacに保存する方法とその手順を解説していきます。 事前にiTunesの自動同期設定を外しておくことが重要 USBケーブルでiPhoneとパソコンを繋ぐ前に、iTunesの自動同期設定を外すことが重要なポイントです。 このままiPhoneとパソコンのiTunesの繋ぐとパソコンを繋いだ際に自動同期が始まり、iPhoneの写真が消えてなくなるという恐ろしいことに。 このような思いがけないミスをしないように、まずは以下の作業を実施しましょう。 iTunesを起動し、環境設定を開く• デバイスという携帯の形をしたアイコンをクリック• 画面下に「iPod、iPhone、およびiPadを同期自動的に同期しない」をチェックし、OKをクリック シンプルに「写真」アプリを使ってパソコンに取り込む方法• iPhoneとMacをUSBケーブルで接続• 接続した状態で「写真」というアプリを選択• 左サイドバーの読み込み部分に自分のiPhoneを選択• 画面右上に「すべての新規項目を読み込む」もしくは「選択項目を読み込む」という表示が出るので、command+写真を選択しクリック• iPhone上の写真がMacに読み込まれる 1番基本的な方法です。 「すべての新規項目を読み込む」ではなく「選択項目を読み込む」を選ぶことで必要な写真だけを取捨選択できます。 特に写真の数が多い方にはこの方法がベストだと思います。 「イメージキャプチャ」アプリを使って写真をパソコンに保存しよう• iPhoneとMacをUSBケーブルで接続• 接続した状態で「イメージキャプチャ」というアプリを選択• 「すべてを読み込む」もしくはcommand+写真を選択し、画面右下の「読み込む」をクリック• iPhone上の写真がMacに読み込まれる Macのdockに「写真」アプリがあるので、この「イメージキャプチャ」を使用している人は少ないかもしれません。 写真を取り込んだり、削除したりという点では「写真」アプリと同じですが、違いは「簡単な操作性」です。 「写真」アプリは左サイドバーに細かく項目が分かれていますが、「イメージキャプチャ」は選択項目が非常に少ないので、とても簡単! ただし、「写真」アプリとは違い、イメージキャプチャ上で写真を削除するとiPhoneからも削除されてしまいますので、その点だけは注意してください。 「写真」アプリと同じように、必要な写真を選定しながらcommand+写真を選択で一枚ずつ選択してパソコンに保存することができます。 iCloudのフォトストリームを使い自動的にmacに保存する方法• iPhoneのiCloudを設定で「写真」を選択し、「自分のフォトストリーム」をオンの状態にする• iPhoneのiCloudを設定で「写真」のオプションを選択し、「自分のフォトストリーム」をオンの状態にする 頻繁に写真を撮るので、いちいちUSBケーブルで繋ぐのもめんどくさい.. という方におすすめです。 MacとiPhone両方のiCloudを設定するだけで、自動的に写真が取り込まれます。 ただし、Wi-Fi環境であること、「写真」アプリを起動していること、という条件が揃ったときのみです。 また、iCloudの容量が5GBまでとかなり制限があり、保存期間も30日間と限られています。 iPhoneの写真をWindowsに保存する場合 iPhoneの写真をWindowsで管理するときも基本的な考え方はMacと同じです。 Windowsで管理する時もMacと同じように必ず「iTunesの自動同期」を外してから操作するようにして下さい。 (手順は先述していますのでそちらを参照) 「自動再生機能」を使って写真をパソコンに取り込む方法• iPhoneとWindowsをUSBケーブルで接続• 自動的にダイヤログが表示されるので、「画像とビデオの読み込み」を選択し、読み込みを開始• 読み込みが完了したら、「ライブラリ」の「ピクチャー」に保存される 「マイコンピュータ」から写真を取り込む方法• iPhoneとWindowsをUSBケーブルで接続• マイコンピュータからiPhoneのアイコンを選択し、「画像とビデオのインポート」を選択• 写真を選択し、画面右下の「読み込む」もしくは「すべてを読み込む」をクリック• 読み込みが完了したら、「ライブラリ」の「ピクチャー」に保存される iPhoneからWindowsのパソコンに自動保存をする方法 Windows用のiCloudをダウンロードすると、Mac同様に自動的に写真が取り込み可能です。 自動的にパソコンに保存するのはmacだからだと思っていましたが、Windowsでもそれが可能だとは驚きですね! またあとでご紹介しますが、iCloudとは別に「Googleフォト」というアプリも存在します。 アプリをダウンロードする必要はありますが、無制限なのでiCloudのフォトストリームよりも大容量です。 (画質の制限はありませんが、ほとんど問題がありません) ただ、こちらも必要のないデータも取り込まれてしまいますので、取り込んだ後は必ず整理をしましょう。 iPhoneからパソコンに保存した写真をスッキリと整理させよう! iPhoneの写真をパソコンに保存したものの、どうやって整理しよう…という感じですよね。 iPhoneの中は綺麗になったのに、パソコンの中に写真を入れっぱなししたまま。 これは、部屋掃除で、不要物を断捨離せずに他の部屋に運んだだけで満足している状態と変わりません(笑) そんな中途半端な状態にならないように、パソコン内の写真もキレイに整理整頓していきましょう。 Macで上手に写真を整理するコツ 様々な写真アプリがでていますが、今回紹介するのは「写真」アプリです。 「写真アプリはもともと入っているので、知っているよ」と言われそうですが、上手に使いこなせていますか? この「写真」アプリは「スマートアルバム機能」によって自動でフォルダ分けをすることができます。 人物や撮影場所、日付、イベント、タイトル等によって自動で振り分けされるので、とても便利です。 Windowsでうまく写真を整理するコツ Windowsのパソコンをお使いの方は「Googleフォト」がおすすめです。 (Macでも使用可能) こちらの優れている点は、Googleの画像検出機能で人物や場所、被写体、説明によって検索が非常に楽になるところです。 例えば、沖縄旅行に一緒に行った時に食べた佐藤さんの写真を検索したい場合、フォルダでは沖縄旅行に分類されているので、各イベントでの佐藤さんの写真を検索するのは大変です。 しかし、この画像検出機能で、佐藤さんの写真だけが抽出することができます。 また、GPS機能が付いていない場合でも被写体からの推測で自動的に場所振り分けされます。 写真を撮る機会の多い方には非常にうれしい機能です。 パソコンで綺麗に整理した写真をiPhoneに転送してみよう! パソコンで写真の整理ができたら、最後に整理した写真をiPhoneへ転送しましょう。 あなたが振り返りたい思い出の写真だけをiPhoneに残すことで、毎日が幸せな気分になれるはずです。 騙されたと思ってやってみてくださいね。 MacやWindowsからiPhoneに写真を転送する方法(iTunesを使う場合)• iPhoneとWindowsをUSBケーブルで接続• iTunesで左サイドバーにある写真を選択• 写真の共有元にチェックを入れ、選択したフォルダーを選択すると、ライブラリの「ピクチャー」が表示される• 「ピクチャー」内にある整理したフォルダをチェックし、クリック MacやWindowsからiPhoneに写真を転送する方法(iCloudを使う場合)• iPhoneのiCloudを設定で「写真」を選択し、「マイフォトストリーム」をオンの状態にする• 「iCloud. com」のURLにパソコンでアクセスし、サインインする• 右画面上の「Upload」を選択し、パソコン上の写真データをiPhoneに取り込む.

次の

6つの方法でパソコンからアイフォンに写真を送る

アイフォン から パソコン に 写真 を 送る 方法

SNSが広く普及するようになったため、 気づかない内に、写真などの画像は、LineやFacebookまたはInstagramで送信したり、投稿したりするもの、という固定概念が頭に定着したかもしれません。 そのため、 メールはあくまでも文章を送るためのもの、と考えてしまい、写真などの画像とは切り離して考えるかもしれません。 でも実は、 メールに写真などの画像を添付して送る機会は今でも多くあり、 iPhoneのメールで写真などの画像を添付して送る必要が生じることもあります。 iPhoneのメールで写真などの画像を添付して送信する、メールの送り方はあるのでしょうか。 これから画像を添付してメールする、メールの送り方の手順を説明します。 iPhoneのメールで写真などの画像を添付して送れない、考えられる原因の1つ目は、 メールのサイズが大きいことです。 送信する写真などの画像のファイル容量が大きいと送信することはできません。 例えば iPhone 6sで撮影した写真のサイズは縦2448ピクセル、横3264ピクセルです。 この大きさで 送信できる写真の枚数は最大5枚までです。 たとえ添付して送信する写真サイズがもっと小さかったとしても、 送信する枚数が多ければ、容量オーバーとなり送信することはできません。 写真を受信する側がパソコンではなく、 同じiPhoneであれば、モバイル通信での受信することになるので、受信するのに時間がかかるだけでなく受信料も多くかかるので、とても迷惑なことです。 iPhoneのメールで写真などの画像を添付して送れない、考えられる原因の2つ目は、 ネットワーク環境が安定していないことです。 Wi-Fi接続が悪い状況では、 iPhoneのメールで画像を添付して送れないことがあります。 Wi-Fiのオン・オフを行い、接続状況の改善を図る必要があります。 また 利用可能なWi-Fiの通信速度が遅いと、iPhoneのメールで画像添付して送るのに時間がかかります。 現在Wi-Fiには周波数が 5GHz帯のものと、 2. 4GHz帯のものがあります。 周波数が5GHz帯のものは、 対応機器が少ないことから通信は安定し速度も速いですが、2. 4GHz帯のものは、 周波数が5GHz帯のものほどの速さはなく、電波干渉を受けやすいという欠点があります。 iPhoneのメールで写真などの画像を添付して送れない原因の中には、 添付して送信する写真などの画像のサイズか大きく、 容量オーバーになる事が挙げられる、と説明しました。 写真を複数枚送るのであれば、なおさら すぐに容量オーバーになります。 iPhoneのメールで画像添付して送信しても、容量オーバーにならない送り方はあるのでしょうか。 容量オーバーにならないように、iPhoneのメールで写真などの画像を添付して送信する、 メールの送り方は、 iPhoneのメールに添付する写真などの画像サイズを変更することです。 どのように写真などの画像サイズを変更するのでしょうか。 これから 2つの方法を紹介します。 1つ目の方法は、 メールの圧縮機能でサイズ変更する方法です。 2つ目の方法は、 アプリを使ってサイズ変更する方法です。 また送信された写真などの画像を添付したメールを受信する人も、 容量の大きい「重いメール」を受け取るより、 圧縮して「軽くなったメール」を受け取る方が、受信速度も速く、「重いメール」を受け取るときのイライラ感から解放されるので好ましいことです。 では どのようにメールの圧縮機能を使い、iPhoneのメールに添付して送信する写真などの 画像サイズを変更するのでしょうか。 これからその手順を説明します。 iPhoneの「メール」アプリには 標準機能として、 写真などの画像サイズを変更するポップアップが自動的に現れます。 その際 表示される画像サイズの中から、自分が望むものを選択し、圧縮をかけ送信します。 これで iPhoneのメールで圧縮した画像を添付して送信できました。 容量オーバーにならないように、iPhoneのメールに添付して送信する写真などの画像サイズを変更する2つ目の方法は、 アプリを使ってサイズ変更する方法です。 現在、iPhoneのメールに添付して送信する写真などの画像サイズを変更する、 iPhone対応の無料アプリはApp Storeで入手できます。 「ImageResize」「EverClipper」「 バッチリサイズ」「マルチリサイズ」「PicGizmo」など、メールに添付する画像サイズを変更する様々な無料アプリを試すことができます。 今回は「画像サイズ」アプリを使って写真などの画像サイズを変えて、iPhoneのメールに添付して送信する、メールの送り方を取り上げます。 「画像サイズ」アプリの特徴は、 自分が望む希望の写真などの画像サイズに素早く変更できることです。 出力形式も様々で、 ピクセル、ミリメートル、センチメートル、インチという4つの単位でサイズ変更ができます。 では実際に 「画像サイズ」アプリを使って、iPhoneのメールに添付して送信する写真などの画像サイズを変更してみます。 App Storeから「画像サイズ」アプリをインストールします。 インストールしたら 「画像サイズ」アプリを開きます。 「画像サイズ」アプリの画面が立ち上がったら、 画面左上にある「写真」アイコンをクリックします。 「画像サイズが写真へのアクセスを求めています」が表示されますので「OK」を選択します。 iPhoneのライブラリに保存されているすべての写真が表示されるので、 メールに添付したい写真を選択します。

次の

スマホで撮った写真をパソコンに取り込む一番簡単な方法

アイフォン から パソコン に 写真 を 送る 方法

0 iPhone を利用していて、もっと便利に使いたいと思うことはありませんか? 「お気に入りの音楽を入れて通勤時にでも聞きたい」 「空いた時間に動画も見たい」 「友達と撮った思い出の写真を共有したい」 などなど。 でもやりかたがわからない……そんな方のために、iPhone でファイル転送する方法をご紹介いたします。 主なパターンは以下の 4 つです。 iPhone と Mac 間• iPhone と Windows 間• iPhone 同士• iPhone と Android 以下ではそれぞれについて詳しく説明していきます。 目次 1. iPhone と Mac 間でファイル転送する方法 まず、iPhone と Mac 間でファイル転送する方法を説明していきます。 方法としては以下の通りです。 以下、それぞれの方法について具体的に説明していきます。 1-1. iTunes によるファイル転送方法 iPhone でのファイル管理をするのに便利なのが iTunes です。 iTunes は音楽や映像、アプリを購入できるだけではなく、プレイリストを作成してファイルの整理ができます。 さらに、iPhone などの Apple 製品と同期して音楽や映像ファイルなどを転送すること可能です。 他にもさまざまな機能が満載です。 ここではインストールから実際のファイル管理までの操作方法をご紹介します。 1-1-1. iTunes をインストール Apple の公式サイトから iTunes をダウンロードします。 URL: 公式ページの左にある「今すぐダウンロード」の項目にメールアドレスを入れて、2 つあるチェック項目を確認してから「今すぐダウンロード」をクリックします。 1-1-2. iTunes を設定 インストールした iTunes を起動します。 設定画面が開きます。 設定画面の上にある項目で「詳細」をクリックします。 チェックがすでに入っている場合は、そのままにしましょう。 チェックを確認後「OK」を押して「詳細設定」画面を閉じます。 1-1-3. CD から直接取り入れたい場合は、 付属あるいは外部の CD ドライブに音楽 CD を入れて iTunes で開き読み込み(インポート)してください。 iPhone を USB ケーブルで Mac と接続します。 USB ケーブルは普段 iPhone を充電しているケーブルで大丈夫です。 USB ケーブルを接続するだけで iTunes が自動で認識します。 接続後は右下の「同期」ボタンをクリックすれば転送されます。 1-1-4. 「ムービーを同期」のチェックボックスにチェックを入れます。 iPhone を USB ケーブルで Mac と接続します。 USB ケーブルは普段 iPhone を充電しているケーブルを使いましょう。 USB ケーブルを接続した上で右下の「同期」ボタンをクリックすれば転送されます。 1-1-5. 写真データの転送 iTunes を起動後、 iTunes の左側にある項目「写真」をクリックし「写真を同期」のチェックボックスにチェックを入れます。 「写真のコピー元」でフォルダを選択しましょう。 iPhone を USB ケーブルで Mac と接続します。 USB ケーブルは普段 iPhone を充電しているケーブルを使いましょう。 USB ケーブルを接続した上で右下の「同期」ボタンをクリックすれば転送されます。 1-1-6. iTunes から iPhone アプリに直接ファイル転送 iTunes を使うと iPhone の中にあるアプリにファイルを転送することができます。 今回は iTunes を通して「Adobe Acrobat」に「PDF」を転送してみましょう。 iTunes と iPhone を USB ケーブルで接続し、 iPhone を選択します。 iTunes の項目から「App」を選択します。 接続している iPhone のアプリにファイルが転送されていきます。 1-2. iCloud Drive でファイル転送する方法 iCloud は iPhone を購入した瞬間からデフォルトで利用できるアプリです。 1-2-1. iCloud の設定方法 まず Mac のバージョンが最新版かどうか確認をしましょう。 Macのバージョンは下記の方法で確認できます。 上記の画面が表示されるので「ソフトウェア・アップデート…」をクリックして確認ができます。 最新版でなければアップデートしましょう。 次に Apple メニューを開いてユーティリティの中にある「システム環境設定」を開きます。 その後、有効にしたいサービスを選択します。 1-2-2. ファイル転送の方法 iCloud Drive にファイルを追加したい時の手順をご説明します。 Finder の左の項目にある iCloud Drive のフォルダを選択します。 たったこれだけで、iCloud Drive にファイルを追加することができました。 また、iPhone からファイルをアップロードする方法もあります。 左下にある「アクション」アイコンをタップします。 iPhone からファイルを追加する場合は、追加したいファイルを選択して「iCloud Drive に追加」をタップします。 「iCloud Drive」を見てみるとファイルがアップロードされているのがわかります。 1-3. AirDrop でファイル転送する方法 Mac ユーザーであれば AirDrop の利用をお勧めします。 AirDrop は、デバイス同士が同じ Wi-Fi に接続することで簡単にファイルの転送が可能となるサービスです。 1-3-1. AirDrop の設定 AirDrop を使うには設定が必要になります。 まずは iPhone のホーム画面を開きます。 画面の下部から上部へ向けてフリックすると、Wi-Fi と Bluetooth の「オン」「オフ」の設定などができる設定画面が表示されます。 そこで Wi-Fi と Bluetooth をタップして「オン」にし、続いて下部にある「AirDrop」の項目をタップ。 「AirDrop」をタップすると「オフ」「連絡先のみ」「すべての人」「キャンセル」の4項目が表示されます。 この項目は、それぞれ下記の機能を持っています。 「オフ」を選択すると、送受信ができなくなります。 「連絡先のみ」をタップすると連絡先に登録してある相手に限定して送受信が可能です。 「すべての人」をタップすると、連絡先の登録の有無と関係なく、すべての人との送受信が可能となります。 「キャンセル」を選ぶと設定の変更自体を止められます。 今回は「すべての人」を選択します。 これで送信対象の設定は完了です。 1-3-2. 転送ファイルの選択 設定が完了したら転送したいファイルを選択します。 今回は写真を転送してみましょう。 「写真」のアプリケーションを開いて画像を選択します。 選択後は左下の「アクション」アイコンをタップ。 1-3-3. 転送相手を選択して送信 「アクション」アイコンをタップすると転送相手のアイコンが表示され、転送したい相手のアイコンをタップすると写真が転送されていきます。 受信側は、写真を「受け入れる」をタップすれば完了です。 1-4. Dropbox を使う方法 Dropbox はインターネット上にデータを保存できるサービスです。 インターネット上にデータがあるので、インターネット環境があればパソコンやスマートフォンなどさまざまなデバイスからデータの観覧や編集ができるのが特徴としてあげられます。 1-4-1. Dropbox のインストール方法 iPhone で使用する場合はアプリの「Apple Store」からダウンロードできます。 Apple Store「Dropbox」 URL ダウンロード後にアカウント登録をします。 「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力して「アカウントの作成」をタップすれば完了です。 パソコンで使用する場合は Dropbox の公式サイトへ行きます。 URL: アカウント登録をするために「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力して「Dropbox の利用規約に同意します」にチェックを入れて「登録する(無料)」をクリックします。 また、Google アカウントでも登録可能です。 1-4-2. ファイルをアップロードする方法 Dropbox はファイルを送る相手がアカウント登録していなくてもファイルを受け取ることができるのが特長です。 まずは転送したいファイルを Dropbox にアップロードしましょう。 iPhone の場合はアプリ「Dropbox」を開いて下部の真ん中にある「+」をタップします。 3つ項目が出てきます。 今回は「写真をアップロード」をタップしましょう。 写真フォルダにアクセスするのでアップロードしたいフォルダを選択します。 右上の「アップロード」をタップして完了です。 1-4-3. ファイルのリンクを送る方法 アップロードした画像の右側にある「一覧」のアイコンをタップ、すると項目の一覧が表示されます。 一覧の中の「共有」をタップしてください。 相手にファイルを送る方法として「メールアドレス」で送るやり方と、ファイル元の「リンク」を作成して相手に送るやり方があります。 今回は「リンク」を作成してみましょう。 下にある「アクセスできるユーザー」の項目にある「リンクを作成」をタップするとリンクが作られます。 作成されたリンクを左下にある「リンクをコピー」をタップ。 この時点でリンクがコピーされているのでファイルを転送したい相手にペーストをして送ることができます。 1-4-4. 共有フォルダ作成方法 作成したフォルダを複数人で共有できるのも Dropbox の特長です。 ファイルの右上にある「一覧」アイコンをタップします。 3 つの項目の中から「フォルダ作成」をタップします。 フォルダ名を入力してください。 右上の作成をタップします。 作成したフォルダの中に画像をアップロードしましょう。 アップロードしたい画像の右側にある「一覧」のアイコンをタップすると、項目の一覧が出てきます。 一覧にある「移動」をタップします。 今回は「テスト」のフォルダを選択します。 移動先が決まったら右下にある「移動」をタップします。 これで、移動完了です。 次にフォルダの共有についてご説明いたします。 アップロードが完了したらファイル一覧に戻り、共有したいフォルダの右側にある項目一覧のアイコンをタップします。 表示されている項目の中から「共有」をタップ。 「共有」では「フォルダの権限」を決めることができます。 「フォルダの権限」を設定後「アクセスできるユーザー」にある「リンクを作成」をタップします。 その後、「リンクをコピー」でコピーしたリンクをフォルダ共有したい相手に送れば完了となります。 iPhone と Windows 間でファイル転送する方法 次は、iPhone と Windows 間でファイル転送する方法について説明していきます。 以下、それぞれの方法について詳しく説明していきます。 2-1. iTunes によるファイル転送方法 iPhone で音楽や動画を楽しみたい方は多いですよね。 iTunes では、iPhone に音楽や動画、その他のファイルを転送できます。 iTunes は Windows でも利用できますので、 Mac を持っていなくても iPhone にファイルを転送することができます。 2-1-1. iTunes インストール iTunes を Apple 公式サイトからダウンロードします。 URL: 公式ページ左側にある「今すぐダウンロード」ボタンの上にある「E メールアドレス」に使用しているメールアドレスを入力し、2 箇所のチェックを入れて「今すぐダウンロード」をクリックします。 2-1-2. iTunes を設定 インストールが完了したら iTunes を起動します。 iTunes の設定画面上方にある「詳細」をクリック、詳細の項目に「ライブラリの追加時にファイルを「iTunes Media」フォルダにコピーする」のチェックを入れます。 すでにチェックが入っている場合、そのままにしておきましょう。 チェックを確認して「OK」を押して「詳細設定」を閉じます。 2-1-3. 他の方法として、CD から iTunes に直接音楽ファイルを取り込みたい場合は、付属あるいは外部の CD ドライブに音楽 CD を入れて iTunes で開き読み込み(インポート)してください。 iPhone を Windows に USB ケーブルで接続します。 使用する USB ケーブルは普段 iPhone を充電しているケーブルを使いましょう。 iPhone の接続が完了したら、右下の「同期」ボタンをクリックすれば転送されます。 2-1-4. iTunes にファイルを転送後、「ムービーを同期」にチェックを入れます。 チェックを入れたら iPhone を USB ケーブルで Windows と接続します。 使用する USB ケーブルは普段充電するのに使用しているもので十分です。 2-1-5. 写真データの転送 iTunes を立ち上げたら、 iPhone の左側一覧にある項目の中から「写真」をクリック、その後「写真を同期」にチェックを入れます。 もし写真を保存しているフォルダがある場合は「マイピクチャ」から写真を保存してあるフォルダを選択することが可能です。 ファイル転送の準備ができたら、iPhone を Windows と USB ケーブルで接続します。 接続に使用する USB ケーブルは、普段充電に使用しているケーブルを使いましょう。 Windows に接続した後は右下にある「同期」をクリックすれば転送が始まります。 2-1-6. iTunes から iPhone アプリに直接ファイル転送 iTunes を使用すると iTunes と同期してある iPhone アプリに直接ファイルを転送することが可能です。 今回は例として「PDF」ファイルをアプリ「Adobe Acrobat」を使用してご説明します。 iTunes を立ち上げ、iPhone を Windows に USB ケーブルで接続します。 接続に使用するケーブルは普段 iPhone を充電するケーブルを使いましょう。 iTunes の左側にある一覧から「App」をクリックします。 右側の「App」を下にスクロールすると「ファイル共有」という項目があります。 「ファイル共有」下の項目からアプリ「Adobe Acrobat」を選択しましょう。 2-2. Dropbox を使う方法 オンラインストレージで有名な Dropbox は、デバイスの種類に関係なくファイルを転送できる便利なサービスです。 インターネット上にファイルを保存することで、ファイルの共有や観覧&編集がどこでも出来るようになっています。 2-2-1. Dropbox のインストール方法 iPhone で Dropbox を使用する場合は、アプリを「App Store」からインストールしてください。 App Store「Dropbox」URL Windows パソコンで使用する場合は Dropbox の公式サイトへ行きます。 公式サイト URL App Store でインストールが完了したら次にアカウントを登録します。 Dropbox を起動するとアカウント登録画面が表示されます。 登録には「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力後、「Dropbox の利用規約に同意します」にチェックを入れ「登録する(無料)」をクリックして完了です。 2-2-2. ファイルをアップロードする方法 Dropbox の特徴として、「ファイルを送る相手が Dropbox のアカウントを登録していなくても受け取れる」という点があげられます。 最初に、転送したいファイルを Dropbox にアップロードしましょう。 iPhone で Dropbox を起動して下部の真ん中にある「+」をタップします。 今回は「写真をアップロード」したいので、その項目をタップします。 写真フォルダにアクセスして、転送したいファイルを選択します。 写真を選択したら右上の「アップロード」をタップして完了です。 2-2-3. ファイルのリンクを送る方法 アップロードが完了したファイルの右側にある「一覧」のアイコンをタップします。 一覧が表示されるので、その中の「共有」をタップします。 ファイルを相手に送る方法には 2 通りあります。 「メールアドレス」を使用して送る方法と、ファイル元の「リンク」を作成して相手に送る方法です。 今回は「リンク」を作成して送る方法をご説明します。 下部にあるアクセスできるユーザーの「リンクを作成」をタップすると自動でリンクが作成されます。 リンクを作成すると下部に共有先が表示されるので「リンクをコピー」をタップします。 「リンクをコピー」をタップした時点でリンクがコピーされているので、転送したい相手にチャットやメールなどでリンクをペーストして送れば完了です。 2-2-4. 共有フォルダ作成方法 Dropbox で作成したフォルダは、複数のユーザーで共有することができます。 ここでは、共有フォルダの作り方をお伝えします。 下部「ファイル」ページの右上にある「一覧」アイコンをタップします。 「フォルダを作成」「選択」「名前順に並べ替える」の項目が表示されます。 今回は「フォルダ作成」をタップします。 フォルダが作成されるので、フォルダのタイトルを入力しましょう。 タイトルを入力したら、右上の作成をタップします。 フォルダの作成が完了したら、次はフォルダの中にファイルを移動させます。 移動したいファイルの右側にある「一覧」アイコンをタップしてください。 複数の項目が表示されます。 その中から下の方にある「移動」をタップします。 移動先フォルダを選択します。 今回は「テスト」フォルダを選択。 移動先が確定したら右下にある「移動」をタップしてください。 これで移動完了です。 次に「フォルダの共有」についてご説明いたします。 移動が完了したらファイルの一覧に戻ります。 共有したいフォルダの右側にある「一覧」のアイコンをタップしましょう。 「共有」「コピー」「移動」「フォルダ設定」の項目が確認できます。 今回は「共有」をタップしてください。 「共有」をタップすると「フォルダの権限」が設定できます。 「メンバーシップを管理できるメンバー」「招待できる相手」など必要に応じて設定しましょう。 画面下部にある「アクセスできるユーザー」にある「リンクを作成」をタップします。 この時点でリンクのコピーは完了です。 チャットなどにペーストし、相手にリンクを送りましょう。 これで、フォルダの共有がされています。 iPhone 同士でファイル転送する方法 次は iPhone 同士でファイル転送する方法をみていきましょう。 では、それぞれの方法を具体的にみていきましょう。 3-1. AirDrop でファイル転送する方法 Mac ユーザーなら、 AirDrop を利用すれば簡単にファイルを転送できます。 AirDrop は、デバイス同士が同じ Wi-Fi に接続するだけでファイルの転送を容易にすることが可能です。 3-1-1. AirDrop の設定 AirDrop を使うには簡単な設定が必要になります。 まずは iPhone のホーム画面を開きましょう。 下部から上部に向かってフリックをすると、 Wi-Fi と Bluetooth の「オン」「オフ」の設定などができる設定画面が表示されます。 そこで Wi-Fi と Bluetooth をタップして「オン」にします。 次に下の方にある「AirDrop」の項目をタップ。 「AirDrop」をタップすると「オフ」「連絡先のみ」「すべての人」「キャンセル」の 4 項目が表示されます。 それぞれ下記の機能を持っています。 「オフ」を選択すると、送受信ができなくなります。 「連絡先のみ」をタップすると連絡先に登録してある相手に限定して送受信が可能です。 「すべての人」をタップすると、連絡先の登録の有無と関係なく、すべての人との送受信が可能となります。 「キャンセル」を選ぶと設定の変更自体を止めることができます。 今回は「すべての人」を選択します。 これで送信対象の設定は完了です。 3-1-2. 転送ファイルの選択 設定が完了したら転送したいファイルを選択します。 今回は写真を転送してみます。 「写真」のアプリケーションを開いて画像を選択します。 選択後は左下の「アクション」アイコンをタップしてください。 3-1-3. 転送相手を選択して送信 「アクション」アイコンをタップすると転送相手のアイコンが表示されます。 転送したい相手のアイコンをタップすると写真の転送が始まります。 受信する側は写真を「受け入れる」をタップすれば完了です。 3-2. Dropbox を使う方法 Dropbox はインターネット上にデータを保存できるサービスです。 インターネット上にデータがあるので、インターネット環境があればパソコンやスマートフォンなどさまざまなデバイスからデータの観覧や編集ができます。 3-2-1. Dropbox のインストール方法 iPhone で使用する場合はアプリの「App Store」からダウンロードができます。 URL: ダウンロード後にアカウント登録をします。 「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力して「アカウントの作成」をタップすれば完了です。 パソコンで使用する場合は Dropbox の公式サイトへ行きます。 URL: アカウント登録をするために「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力して「Dropbox の利用規約に同意します」にチェックを入れます。 最後に、「登録する(無料)」をクリックしてください。 これで、登録は終わりました。 Google アカウントをお持ちの場合、Google アカウントでも登録することができます。 3-2-2. ファイルをアップロードする方法 Dropbox には、ファイルの送信相手がアカウント登録していなくてもファイルを受け取れるという特長があります。 まずは、転送したいファイルを Dropbox にアップロードしましょう。 iPhone の場合はアプリ「Dropbox」を開いて下部の真ん中にある「+」をタップします。 3 つの項目が出てきます。 今回は「写真をアップロード」をタップしましょう。 写真フォルダにアクセスし、アップロードしたいフォルダを選択します。 右上の「アップロード」をタップして完了です。 3-2-3. ファイルのリンクを送る方法 アップロードした画像の右側にある「一覧」のアイコンをタップします。 タップ後、項目の一覧が表示されます。 一覧の中の「共有」をタップします。 相手にファイルを送る方法として「メールアドレス」で送るやり方と、ファイル元の「リンク」を作成して相手に送るやり方があります。 今回は「リンク」を作成してみましょう。 下にある「アクセスできるユーザー」の項目にある「リンクを作成」をタップします。 これで、リンクの作成は終了です。 作成されたリンクを左下にある「リンクをコピー」をタップします。 この時点でリンクがコピーされているので、ファイルを転送したい相手にペーストをして送ることができます。 3-2-4. 共有フォルダ作成方法 Dropbox は作成したフォルダを複数人で共有することができます。 ファイルの右上にある「一覧」アイコンをタップします。 3 つの項目の中から「フォルダ作成」をタップします。 フォルダ名を入力します。 右上の作成をタップします。 作成したフォルダの中に画像をアップロードしてください。 アップロードしたい画像の右側にある「一覧」のアイコンをタップしてみましょう。 そうすると項目の一覧が出てきます。 一覧にある「移動」をタップします。 今回は「テスト」のフォルダを選択します。 移動先が決まったら右下にある「移動」をタップしてください。 これで、移動完了です。 次にフォルダの共有についてご説明いたします。 アップロードが完了したらファイル一覧に戻り、共有したいフォルダの右側にある項目一覧のアイコンをタップ。 表示されている項目の中から「共有」をタップ。 「共有」では「フォルダの権限」を決めることができます。 「フォルダの権限」を設定後「アクセスできるユーザー」にある「リンクを作成」をタップしその後「リンクをコピー」でコピーしたリンクをフォルダ共有したい相手に送れば完了です。 iPhone と Android 間でファイル転送する方法 最後に、iPhone と Android 間でファイル転送する方法を説明していきます。 では、詳しくみていきましょう。 4-1. Google アカウントで連絡先とメールを転送する方法 Google アカウントを使用している場合、ログインすることによってiPhone と Android の間で「連絡先とメール」を転送することができます。 Android の「Google 連絡先」を使用して「連絡先とメール」を移行します。 複数項目が出てきます。 下部にある「連絡先」をタップします。 以上で移行が完了です。 「アカウント」をタップします。 「アカウントを追加」をタップ。 「Google」をタップして Android と同じアカウントでログインをします。 「Gmail」で「連絡先」と「メール」をオンにします。 以上で移行は完了です。 4-2. Dropbox を使う方法 Dropbox は、インターネット上にファイルを保存しておけるサービスです。 デバイスに関係なく観覧&編集ができるため、共有データを管理するのに向いています。 4-2-1. Dropboxのインストール方法 iPhone で Dropbox を利用する場合は、アプリ「App Store」からダウンロードしましょう。 App Store「Dropbox」 URL Android での場合は Google Play ストアからインストールします。 Dropbox を iPhone アプリ「App Store」からインストールします。 Dropbox をインストールしたら、次にアカウントを登録します。 アカウント登録に必要なのは「名前」「メールアドレス」「パスワード」です。 入力後、「Dropbox の利用規約に同意します」にチェックをして「登録(無料)」をタップします。 また、他のアカウント登録方法として Google アカウントでもログインできます。 4-2-2. ファイルをアップロードする方法 Dropbox では、ファイルを送りたい相手が Dropbox のアカウントを持っていなくても、ファイルの転送をすることができます。 iPhone で Dropbox にファイルをアップロードする場合はアプリ「Dropbox」を起動させます。 起動させたら下部の真ん中にある「+」をタップします。 「+」をタップすると複数の項目が表示されます。 項目の中から「写真をアップロード」を選択。 写真フォルダにアクセスして相手に送りたいファイルを選択します。 転送ファイルの選択が完了したら、右上の「アップロード」をタップして完了です。 4-2-3. ファイルのリンクを送る方法 ファイルのアップロードが完了したら、ファイルの右側にある「一覧」のアイコンをタップします。 複数の項目が表示されます。 その中から最初の項目の「共有」をタップします。 ファイル転送の方法は 2 つあります。 「メール」で転送する方法と「リンク」を作成して転送する方法です。 今回は「リンク」を作成してみましょう。 画面下部にある「リンクはまだ作成されていません」の右にある「リンクを作成」をタップします。 「リンクを作成」をタップすると共有先の一覧が表示されます。 今回は下部にある「リンクをコピー」をタップします。 「リンクを作成」をタップした時点でリンクはコピーされているので、チャットなどで相手に送ることができます。 4-2-4. 共有フォルダ作成方法 Dropbox 内で作成したフォルダは複数人と共有できるように設定することが可能です。 ファイル一覧の右上にある「一覧」アイコンをタップしてください。 「一覧」をタップすると「フォルダを作成」「選択」「名前順に並べ替える」の 3 項目が表示されます。 今回は 3 つの項目の中から「フォルダ作成」をタップしましょう。 「フォルダを作成」をタップすると、フォルダ名を入力できます。 フォルダ名を入力後、右上の「作成」をタップします。 フォルダを作成したら、その中にファイルを移動させましょう。 移動したいファイルの右側にある「一覧」のアイコンをタップします。 「一覧」アイコンをタップすると複数の項目が出てきます。 この中から「移動」をタップしましょう。 移動先の選択ができます。 今回は「テスト」のフォルダを選択してみましょう。 ファイルの移動先が決定したら下部にある「移動」をタップします。 以上で移動完了です。 次にフォルダの「共有」方法についてお話しましょう。 ファイルの移動が完了したら、ファイル一覧に戻ります。 共有するフォルダの右側にある「一覧」アイコンをタップしてください。 複数人と共有するので、メンバーの人数に応じて個別に権限を設定できる項目があります。 「フォルダの権限」の 2 項目をそれぞれタップします。 権限は、必要に応じて設定できます。 設定を確認後、「リンクがまだ作成されていません」の右側にある「リンクを作成」をタップします。 共有先が選択できる項目画面が表示されます。 下部の「リンクをコピー」をタップして、ファイルを転送したい相手に送れば完了となります。 まとめ いかがでしたか? iPhone を使ってのファイル転送にもさまざまな方法がありますね。 デバイスの進化により、他のデバイスとのファイル転送が簡単になってきました。 今回の内容を参考に、沢山ある選択肢の中から自分にあった手段を使っていきましょう。 業界ごとの悩み別!! フリーランスの活躍の場をひろげる、Dropbox Professional• 中小企業やベンチャーのビジネスを後押しする、Dropbox Business• 建設現場の働き方を変える、Dropbox Business• 高等教育機関の研究活動を変える、Dropbox Education• Dropbox Business をご活用いただければ、現場のコストを低減しながら、働き方を改善できます• Dropbox の特長 全 37 ページに貴重な情報が盛りだくさん!! 貴社またはあなたの仕事効率が飛躍的に向上し、さらに成果を生み出すお役に立てれば幸いです。 下の入力フォームに情報を入力して、今すぐダウンロードください。

次の