ゲイ の 精神 科 医 tomy の つ ぶ や き。 【新型コロナ】ゲイの精神科医Tomyが教える!自粛疲れ・コロナ離婚を乗り切る生活術|#アベプラ《アベマで放送中》

ゲイの精神科医・Tomy「SNSでアピールしている人は、ほぼリア充じゃないわ」

ゲイ の 精神 科 医 tomy の つ ぶ や き

精神科医 Tomy せいしんかい・とみー 1978年生まれ。 某名門中高一貫校を経て、某国立大学医学部卒業後、医師免許取得。 研修医修了後、精神科医局に入局。 精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、産業医。 精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務。 覆面で雑誌、テレビ・ラジオ番組にも出演。 舌鋒鋭いオネエキャラで斬り捨てる人は斬り、悩める子羊は救うべく活動を続けている。 精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉 著者Twitterフォロワー、たった半年で 13万人へ激増中! 精神科医がすべての不安を吹き飛ばす!! 人生経験豊富な精神科医が オネエ言葉と毒舌で不安や悩みを一瞬にして吹き飛ばす! 「アテクシ」による独特の語りが 仕事や人間関係で疲れた心を癒やし、心をスーッと軽くしてくれます。 仕事や人間関係で心が凹んだときに読んでみてください! 「もう大丈夫、アテクシが解決してあ・げ・る」.

次の

「SNSで人は攻撃的になる」ゲイの精神科医が語る、SNS社会との付き合い方

ゲイ の 精神 科 医 tomy の つ ぶ や き

(29歳・会社員) 【ANSWER】やりがいは、いろんな方法で見つけられるわ。 「隣の芝生は、青く見えるもの。 やりがいを求めて転職したとしても、今度は給料が低いことや会社への不満が出てくるんじゃないかしら。 我慢はどこへ行っても必ず生じるものだから、時には割り切ることも必要よ。 かなりラクで給料もそこそこいいなら、最高じゃないの~。 やりがいは、仕事だけでなく、いろんなことで見出せるものよ。 物足りないと思ったら何か始めてみれば?自由に使える時間があるなら、趣味に没頭してもいいし、副業してみてもいいし、そっちで達成感を得ればいいじゃない。 お金とやりがいってよく比べられるけれど、お金がないと、やりたいことも始められないものよ。 今の勤め先で生活基盤を守りつつ、やりがいのあることを探してみて」 Tomy精神科医。 Twitter「ゲイの精神科医Tomyのつ・ぶ・や・き」が話題を呼び、半年ほどで13万フォロワー突破。 それを書籍化した『精神科医Tomyが教える1秒で不安が吹き飛ぶ言葉』(ダイヤモンド社)が発売中。 イラスト・カツヤマケイコ取材、文・鈴木恵美 (by anan編集部).

次の

ゲイの精神科医・Tomy「SNSでアピールしている人は、ほぼリア充じゃないわ」

ゲイ の 精神 科 医 tomy の つ ぶ や き

しかし、入院して薬を規則的に飲むようになると、つらい症状がウソのようにおさまっていったという。 「精神科の薬をこわがる人が多いのですが、脳内物質のバランスを整えて、脳の機能を正常にするなら、やはり薬物療法が基本。 うつ病の場合、脳内の神経伝達物質にピンポイントで作用するSSRI、SNRIと呼ばれる薬が主流です」とTomy先生。 少量から始めて、1~2週間様子を見るのが一般的だという。 薬である程度の効果が出てきたら、精神療法(精神科医や臨床心理士によるカウンセリング)を並行して行うことが多い。 「現在、有効だと実証されているのは、認知行動療法です」と野田先生は解説する。 「簡単にいうと、マイナス思考のクセを変えていくものです。 『仕事を完璧にこなせないといけない』『こんなこともできない私はダメな人間』。 そうした考え方が偏っていることに気づいてもらい、修正していく。 うつ病の再発防止に効果があるといわれています」 薬が効かないか、副作用が深刻で薬が使えない場合は、麻酔下で脳に微弱な電流を流す「修正型電気けいれん療法(mECT)」を実施することも。 電極をつけることに抵抗をおぼえる人もいるが、即効性があり、自殺するリスクが高い重度のうつ病に有効だという。 このほかに、磁気を出すコイル装置を頭部に近づけて、脳の神経細胞に刺激を与える「反復性経頭蓋磁気刺激法(rTMS)」というものがある。 こちらは麻酔の必要がなく、2018年内に保険適用される見込みだ。 うつ病は再発しやすく、長期休職すると復職が難しいというイメージもあるが、近年は復職支援(リワーク)プログラムに力を入れる医療機関が増えている。 認知行動療法で考え方のクセを修正するほか、対人関係をスムーズに行うためのグループワークや、規則的な生活を送り、きちんと休息を取るよう指導を行う。 職場に戻れば再びストレスにさらされるが、「悲観的な考え方」を修正できれば、心のダメージは軽減される。 また、生活のリズムを整え、仕事以外に楽しむ時間をもつようにすれば、ネガティブな感情をひきずらずにすむ。 「大事なのは、ストレスとのつきあい方を変えていくことだと思います」と丸山先生は話す。 すべて悪いものだと決めつけず、上手に楽しくつきあっていくという発想を取り入れてほしいです」 イラスト=MAIKO SEMBOKUYA (1)投薬 脳の神経伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリンなど)に作用する抗うつ剤は、SSRI、SNRIと呼ばれる薬が主流。 不安障害や強迫性障害などにも処方される。 (2)認知行動療法 特別な訓練を受けた精神科医や臨床心理士が行う精神療法。 ものごとを悲観的・否定的にとらえるクセ(認知のゆがみ)を患者に自覚させ、修正していく。 (3)修正型電気けいれん療法 麻酔下で、頭の表面から電流を2~3秒通し、軽いショックを与えてうつ病の症状を改善する。 即効性があり、自殺する危険がある重症な患者に適用される。 (4)復職支援プログラム 産業医や臨床心理士などの有資格者が、精神障害で長期休業している患者の復職をサポート。 日常生活の改善指導や対人交流を学ぶグループワークもある。

次の