エクセル セル 選択 式。 【Excel】特定セルの数式を隠して編集やコピーを禁止したい!エクセルの入力フォームで役立つシートの保護・セルのロック応用テク

No.4

エクセル セル 選択 式

ここでは、念のため、プルダウンリストの作成方法がよく分からないというユーザーの為に、プルダウンリストの作成方法も紹介しています。 最後までお読みください! VLOOKUP関数で プルダウンリストに自動入力する エクセルVLOOKUP関数を使って、プルダウンリストで項目を選択すると、隣のセルに、値が自動入力されるようにします。 シート名、「シート1」「シート2」の2つのシートがあります。 1.B2に、項目に連動して自動入力される式を入力しましょう。 エラー値を回避するため、B2にIFERROR関数を使った式を入力しましょう。 4.プルダウンリストで項目を選択すると、隣のセルに連動した値が自動入力されます。 項目を選択していない場合は、空白が返されます。 VLOOKUP関数 エクセルVLOOKUP関数の復習をしましょう。 エクセルVLOOKUPは、指定した範囲の左端の列で数値や文字列などを検索し、指定した列と同じ行にある値を返す関数です。 範囲 検索する列を一番左にして、検索する範囲を指定します。 検索の型にTRUEまたは[1」、または省略した場合、正確な値を返すには範囲の左端の列で昇順で並び替えておきます。 列番号 範囲の先頭列から数えた、列番号を指定します。 指定した列番号の列の値が返されます。 省略した場合もTRUEになります。 一致する値が見つからないと、検索値未満の最大値が返されます。 F2に、式を入力します。 F2の式をドラッグして、「F3:F6」にコピーしましょう。 ここで、覚えてプルダウンリストを活用しましょう。 入力規則でプルダウンリストを作成する A2にプルダウンリストを作成してみましょう。 ここでは同じシート、「C2:C4」にプルダウンリストの項目を入力します。 1.A1選択して、「データの入力規則」をクリックしましょう。 3.「設定」の「入力値の種類 A 」で「リスト」を選択しましょう。 元の値 S ボックスで「C2:C4」の範囲を選択すると、自動で式が入ります。 5.「OK」ボタンをクリックしましょう。 6.ドロップダウンリストが、A1に作成されました! こちらの記事もご覧ください。 名前は、名前の定義からつけます。 2.「新しい名前」ダイアログボックスが開きます。 3.名前 N に「名前」と入力します。 名前をつける範囲「C2:C4」は、シート名「リスト」にあります。 4.参照範囲に次の式を入力しましょう。 または、最初「C2:C4」を選択して「名前の定義」コマンドをクリックすると、式が自動で入力されます。 5.「データの入力規則」をクリックしましょう。 6.「A2:A10」に、プルダウンリストが作成できました。 選択したい項目が選択されたら[Enter]キーを押すと入力が確定されます。 リスト項目の範囲が変わっても自動で対応 プルダウンリストを作成すると、簡単に入力ができ、何よりも入力ミスが防げます。 ですが、プルダウンリストの項目が追加されると、データの入力規則の「元の値 S 」に設定してあった、範囲を変更しなくてはいけません。 これは面倒です。 これを、範囲を変更せずに、リスト項目の範囲が変わっても自動で対応する方法があります。 修正する手間が省けて、リスト項目の範囲が変わっても安心できます! こちらの記事もご覧ください。

次の

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除 [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル セル 選択 式

スポンサードリンク• Excel2010、Excel2013、Excel2016をお使いの方は をご覧ください。 お使いのバージョンの画像を使った説明があります。 四則演算に使用する演算子• 入力する 数式は半角で入力します。 これがExcelの決まり お約束 です。 セル番地はキーボードから入力しても良いですが、マウスを使って入力するなら、 セルをクリックするとセル番地が表示、入力されます。 キーボードからの入力を主とするなら、 という方法もありますので、ご覧ください。 D2セルをクリックして選択します。 (D2セルをアクティブにします。 イコールをマウス操作で入力したい方は、 をご覧ください。 Excel2000にはこのボタンがあったのですが・・・標準では無くなっています。 数式で参照されているセルは色付きの枠で点滅表示されます。 カラーリファレンスと言います。 [Enter]キーを押すと計算結果がセルに表示されます。 入力された数式はセルを選択して、数式バーで確認することができます。 加減乗除とSUM関数を入力した例です。 操作例1 合計の関数SUMの入力• 関数を入力するB6セルをクリックしてアクティブにします。 [ホーム]タブの編集グループにある[オートSUM]ボタンをクリックします。 合計の範囲はこれで良いので [Enter]キーを押すと決定され、計算結果が表示されます。 注 表示された範囲が違う場合は、自分で正しい範囲をドラッグして入力します。 [オートSUM]ボタンからよく使われる関数、 [平均 AVERAGE]、[データの個数 COUNT]、[最大値 MAX]、[最小値 MIN]が入力できるようになっています。 [その他の関数]は[関数の挿入]ボタン 数式バーの横の[fx]ボタン)と同じ機能で、関数の挿入ダイアログが開きます。 を使った関数の入力方法• 入力するセル B7セル を選択します。 [fx 関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数の挿入 ダイアログボックスが開きます。 [関数の分類]で[ すべて表示]にすると、関数がアルファベット順に表示されます。 使用する関数[ AVERAGE]をクリックします。 平均の関数[AVERAGE]を選択すると、数値1に「B2:B6]と範囲が表示されます。 ところが、今回の場合の範囲は「B2:B5」でないといけません。 正しいセル範囲 B2:B5 をドラッグして選択すると、引数の入力欄に選択範囲が表示されます。 【関数の引数】ダイアログが邪魔になる時は、入力欄の右端のボタンをクリックして、最小化します。 または、タイトルバーをドラッグして邪魔にならないところに移動します。 関数の引数を折りたたんだ状態で、セル範囲を選択することができます。 ウィンドウを元のサイズに戻すには、【Enter】キーを押す か 右端のボタンをクリックします。 【関数の引数】ダイアログの[OK]ボタンをクリックします。 または、[Enter]キーを押しても同じです。 セルに計算結果が、数式バーに計算式 数式 が表示されました。 数式を入力するセルE2:E5を選択します。 選択していたセルすべてに数式が入力できました。 関数の挿入 ダイアログボックスを使う場合• 入力するセルE2:E5を選択します。 関数の引数を設定し、 [Ctrl]キーを押しながら[OK]ボタンをクリックします。 選択していたセルに数式が入力できました。 【Point】 関数の引数ダイアログの[OK]ボタンは一番最後まで押さないこと。 ここに使いたい関数が表示されない場合は「その他の関数」を選択します。 関数の挿入ダイアログボックスで IF関数を選択します。 真の場合と、偽の場合にそれぞれ「合格」「不合格」と入力し、理論式のボックスを選択しカーソルを表示します。 名前ボックスから、関数「AND」を選択します。 完成しました。

次の

[EXCEL]プルダウンリストで選択式にする|EXCEL屋(エクセルや)

エクセル セル 選択 式

スポンサードリンク• Excel2010、Excel2013、Excel2016をお使いの方は をご覧ください。 お使いのバージョンの画像を使った説明があります。 四則演算に使用する演算子• 入力する 数式は半角で入力します。 これがExcelの決まり お約束 です。 セル番地はキーボードから入力しても良いですが、マウスを使って入力するなら、 セルをクリックするとセル番地が表示、入力されます。 キーボードからの入力を主とするなら、 という方法もありますので、ご覧ください。 D2セルをクリックして選択します。 (D2セルをアクティブにします。 イコールをマウス操作で入力したい方は、 をご覧ください。 Excel2000にはこのボタンがあったのですが・・・標準では無くなっています。 数式で参照されているセルは色付きの枠で点滅表示されます。 カラーリファレンスと言います。 [Enter]キーを押すと計算結果がセルに表示されます。 入力された数式はセルを選択して、数式バーで確認することができます。 加減乗除とSUM関数を入力した例です。 操作例1 合計の関数SUMの入力• 関数を入力するB6セルをクリックしてアクティブにします。 [ホーム]タブの編集グループにある[オートSUM]ボタンをクリックします。 合計の範囲はこれで良いので [Enter]キーを押すと決定され、計算結果が表示されます。 注 表示された範囲が違う場合は、自分で正しい範囲をドラッグして入力します。 [オートSUM]ボタンからよく使われる関数、 [平均 AVERAGE]、[データの個数 COUNT]、[最大値 MAX]、[最小値 MIN]が入力できるようになっています。 [その他の関数]は[関数の挿入]ボタン 数式バーの横の[fx]ボタン)と同じ機能で、関数の挿入ダイアログが開きます。 を使った関数の入力方法• 入力するセル B7セル を選択します。 [fx 関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数の挿入 ダイアログボックスが開きます。 [関数の分類]で[ すべて表示]にすると、関数がアルファベット順に表示されます。 使用する関数[ AVERAGE]をクリックします。 平均の関数[AVERAGE]を選択すると、数値1に「B2:B6]と範囲が表示されます。 ところが、今回の場合の範囲は「B2:B5」でないといけません。 正しいセル範囲 B2:B5 をドラッグして選択すると、引数の入力欄に選択範囲が表示されます。 【関数の引数】ダイアログが邪魔になる時は、入力欄の右端のボタンをクリックして、最小化します。 または、タイトルバーをドラッグして邪魔にならないところに移動します。 関数の引数を折りたたんだ状態で、セル範囲を選択することができます。 ウィンドウを元のサイズに戻すには、【Enter】キーを押す か 右端のボタンをクリックします。 【関数の引数】ダイアログの[OK]ボタンをクリックします。 または、[Enter]キーを押しても同じです。 セルに計算結果が、数式バーに計算式 数式 が表示されました。 数式を入力するセルE2:E5を選択します。 選択していたセルすべてに数式が入力できました。 関数の挿入 ダイアログボックスを使う場合• 入力するセルE2:E5を選択します。 関数の引数を設定し、 [Ctrl]キーを押しながら[OK]ボタンをクリックします。 選択していたセルに数式が入力できました。 【Point】 関数の引数ダイアログの[OK]ボタンは一番最後まで押さないこと。 ここに使いたい関数が表示されない場合は「その他の関数」を選択します。 関数の挿入ダイアログボックスで IF関数を選択します。 真の場合と、偽の場合にそれぞれ「合格」「不合格」と入力し、理論式のボックスを選択しカーソルを表示します。 名前ボックスから、関数「AND」を選択します。 完成しました。

次の