リング スロット。 パチスロ リング呪いの7日間

リング2 終焉ノ刻【スロット新台解析】完全攻略マニュアル

リング スロット

【技術介入要素】 ほとんど無し。 通常時とAT中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 【1000円あたりの回転数】 約32G 【ボーナスでの純増枚数】 純粋なボーナスは存在しないが、「貞子ボーナス」と呼ばれる疑似ボーナスが存在する。 疑似ボーナスの中身は40G継続のATなので、純増は約120枚。 【天井】 疑似ボーナスもATも引かずに999G消化すると天井到達となり、疑似ボーナス当選が確定する。 995G以降の当選時は、「次回天国モード確定」という恩恵がある。 【設定変更時】 天井到達までのゲーム数がクリアされる。 0 機械割 設定1 : 97. 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 確定チェリー or 強チェリー。 中・右リールともにBARを狙い、揃えば確定チェリー、揃わなければ強チェリー。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中・右リールともに適当打ちし、右リール中段にリプレイが停止したら弱チェリー、それ以外ならば強チェリー。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 中リールにBARを狙い、右リールは適当打ち。 スイカがハズれればチャンス目。 ==左リール下段に赤BAR絵柄が停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 リプレイとベルダブルテンパイしてハズれればチャンス目。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 7 ボーナスについて・ボーナス中の打ち方 - [リング 呪いの7日間] 【ボーナスについて】 純粋なボーナスは存在しないが、「貞子ボーナス」と呼ばれる疑似ボーナスが存在する。 貞子ボーナスは40G継続のAT。 最終的に、智子に逃げられずに呪うことができればAT「呪縛ラッシュ」への突入が確定する。 【疑似ボーナス当選契機】 疑似ボーナスである「貞子ボーナス」の当選契機は以下の通り。 各小役成立時の疑似ボーナス当選期待度は以下の通り。 弱チェリー/スイカ < チャンス目 < 強チェリー しかし、どれもかなり当選確率は低い。 低設定ならば、丸一日打って一度でも直撃当選があれば良い方。 高設定ならば、3~4回ほど直撃当選する可能性が高い。 【疑似ボーナス中のAT抽選】 疑似ボーナス「貞子ボーナス」中は、小役成立時にAT抽選が行われている。 各小役成立時のAT当選率は以下の通り。 滞在モードによって、疑似ボーナス当選までの規定消化ゲーム数振り分けが異なる。 モード移行抽選は、「疑似ボーナス後」・「AT終了後」・「設定変更後」に行われる。 低設定ほど滞在率が高い。 しかし準備モード以上への昇格率が高く、約4割の確率で準備モード以上へ昇格する。 高設定ほどこのモードへ移行しやすい。 通常時の状態について - [リング 呪いの7日間] リング 呪いの7日間の通常時には、「低確」・「高確」・「超高確」の3つの状態が存在する。 滞在状態によって、疑似ボーナスや自力チャンスゾーンへの突入期待度が異なる。 高確期待度は、「街 < 図書館 < 大石家リビング < ペンション < 呪われた記憶」の順。 呪われた記憶ステージならば高確濃厚。 なお「真相究明」ステージは、疑似ボーナスや自力チャンスゾーンの前兆ステージとなっている。 【状態移行抽選】 状態昇格抽選は、レア小役成立時に行われる。 状態転落抽選は、押し順ベル成立時に行われる。 特に状態昇格に期待できるレア小役は「スイカ」。 継続ゲーム数は10G or 20G or 無限。 レア小役成立ならば大チャンス! 【亡魂ゾーン突入のチャンスとなる「井戸ステージ」】 「井戸ステージ」へ移行した場合は、亡魂ゾーン突入のチャンス。 通常時に、内部ポイントが10ポイント貯まると井戸ステージへ移行。 内部ポイントは、1枚役入賞時(=押し順ベル取りこぼし時)に獲得抽選が行われる。 井戸ステージは、10G継続+押し順ベル成立まで継続する。 井戸ステージ中に、リプレイが2連続で成立すれば亡魂ゾーン突入確定。 【通常時の亡魂ゾーン突入抽選】 通常時は、レア小役成立時に亡魂ゾーン突入抽選が行われている。 滞在状態・成立役によって、突入率が異なる。 ストック方式+継続率方式+ゲーム数上乗せ方式となっている。 【AT中のレア小役成立時】 AT中のレア小役成立時には、以下の抽選が行われる。 AT中の赤7揃い成立によって、貞子アタックへ突入する。 なお「超貞子アタック」となった場合は、毎ゲーム50G以上の上乗せが確定する。 【上乗せ特化ゾーン「絶恐乱舞」】 絶恐乱舞とは、毎ゲーム上乗せが発生し、かつリプレイ以外が成立すればダブル上乗せが発生する上乗せ特化ゾーン。 リプレイ以外が成立すれば、「絶恐乱舞ゲーム数」と「ATゲーム数」のダブル上乗せが確定する。 絶恐乱舞終了後は、運命巻き戻し演出に成功すれば再び絶恐乱舞へ突入する。 【AT中の打ち方】 押し順ナビ発生時はそれに従って消化。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でチェリーとスイカをフォロー。 その他の場合は全リール適当打ちでOK。 【AT中の純増】 AT中は、1Gあたり約3. 0枚のペースでコインが増加していく。 ロングフリーズの確率/恩恵 - [リング 呪いの7日間] この機種のロングフリーズはかなり強力。 平均獲得期待枚数が約2500枚と、「65536」に恥じない破壊力となっている。 疑似ボーナスもATも引かずに999G消化すると天井到達となり、疑似ボーナス当選が確定する。 995G以降の当選時は、「次回天国モード確定」という恩恵がある。 なお設定変更後は、天井到達までのゲーム数がクリアされる。 主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [リング 呪いの7日間] モード移行率や状態昇格率、自力チャンスゾーン突入率など、それぞれ少しずつ段階的に設定差がつけられているため、特に強い設定差というのは見当たらない。 なので、トータルの疑似ボーナス当選率やAT突入率をチェックし、少しでも出現率が高い台を狙っていくのが良いだろう。

次の

リング3 恐襲ノ連鎖【スロット新台】スペック・設定判別・解析攻略まとめ

リング スロット

継続率でARTを継続させつつ、リプレイ以外の小役によるゲーム数(直乗せ)やセット数、特化ゾーンを獲得しながらARTを継続させるゲーム性となる。 「ART中のステージで継続期待度を示唆」 森<ペンション<花火の順にART継続期待度は高い 「呪いの審判(継続ジャッジ演出)」 呪縛RUSHのゲーム数消化後に突入する継続ジャッジ演出。 貞子が女子高生を呪うことができれば呪縛RUSH(ART)が継続する。 3個(全設定共通) 平均上乗せゲーム数…120G(全設定共通) [手役モノが落下すればセット数ストック] [巻き戻し発生でリングBURSTを再スタート] 【内部状態移行率による設定推測】 低確から高確以上への移行率に設定差が存在。 高設定は弱チェリーorスイカによる移行率が優遇されている。 ハズレorリプレイは0ptとなるため、CZ中の10Gすべてがハズレorリプレイなら0ptが確定する。 内部状態でも小役による抽選が異なり、低確・高確では同じ当選確率となる。 【貞子ボーナス中のART抽選】 貞子ボーナス中は小役に応じてARTを抽選。 消化中にレア役を引ければART当選のチャンスとなる。 当選期待度はセット数の末尾の数字に応じて異なり、末尾が3or7の時が突入のチャンスとなる。 レア役当選時のゲーム数上乗せ抽選はART中と同一となる。 ただし、中段チェリー(リングバースト確定)以外のレア役はストック抽選をおこなわない。 上位の内部状態ほどレア役によるセット数ストック当選率が優遇される。 7 「内部状態の移行抽選」 内部状態の移行契機は押し順ベル・共通ベル・MB・MB中ベル・レア役の連続回数で抽選。 ようは、リプレイ以外を連続で引くことで内部状態がアップしていく。 5連以上で超高確の抽選もおこなう。 8 「ゲーム数による抽選」 ART中はレア役だけでなくゲーム数でもセット数ストックor特化ゾーンを抽選しており、初当り時のみ早いゲーム数が選ばれやすい。 各小役には最低保証上乗せがあり、算出された上乗せゲーム数が最低保証未満だった場合には最低保証ゲーム数が適用される。 例えば、弱チェリー(最低保証は10G)で上乗せした場合、内部的な上乗せゲーム数の結果が8Gだった時は10Gの上乗せを獲得できるといった仕組みだ。 消化中はARTのゲームは毎ゲーム上乗せし、絶恐乱舞自体のゲーム数も上乗せする。 5G終了後も絶恐乱舞自体のゲーム数を上乗せしてなければ継続し続けるといった特徴も持つ。 セット数上乗せを獲得するまでは継続するという特徴も持つため、最低でも1セットは上乗せされる。 6 [セット数獲得後のリングバースト終了時の復活期待度] 全設定共通…10.

次の

リング恐襲ノ連鎖 スロット新台|初打ち感想 評価 評判まとめ

リング スロット

【技術介入要素】 ほとんど無し。 通常時とAT中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 【1000円あたりの回転数】 約32G 【ボーナスでの純増枚数】 純粋なボーナスは存在しないが、「貞子ボーナス」と呼ばれる疑似ボーナスが存在する。 疑似ボーナスの中身は40G継続のATなので、純増は約120枚。 【天井】 疑似ボーナスもATも引かずに999G消化すると天井到達となり、疑似ボーナス当選が確定する。 995G以降の当選時は、「次回天国モード確定」という恩恵がある。 【設定変更時】 天井到達までのゲーム数がクリアされる。 0 機械割 設定1 : 97. 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 確定チェリー or 強チェリー。 中・右リールともにBARを狙い、揃えば確定チェリー、揃わなければ強チェリー。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中・右リールともに適当打ちし、右リール中段にリプレイが停止したら弱チェリー、それ以外ならば強チェリー。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 中リールにBARを狙い、右リールは適当打ち。 スイカがハズれればチャンス目。 ==左リール下段に赤BAR絵柄が停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 リプレイとベルダブルテンパイしてハズれればチャンス目。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 7 ボーナスについて・ボーナス中の打ち方 - [リング 呪いの7日間] 【ボーナスについて】 純粋なボーナスは存在しないが、「貞子ボーナス」と呼ばれる疑似ボーナスが存在する。 貞子ボーナスは40G継続のAT。 最終的に、智子に逃げられずに呪うことができればAT「呪縛ラッシュ」への突入が確定する。 【疑似ボーナス当選契機】 疑似ボーナスである「貞子ボーナス」の当選契機は以下の通り。 各小役成立時の疑似ボーナス当選期待度は以下の通り。 弱チェリー/スイカ < チャンス目 < 強チェリー しかし、どれもかなり当選確率は低い。 低設定ならば、丸一日打って一度でも直撃当選があれば良い方。 高設定ならば、3~4回ほど直撃当選する可能性が高い。 【疑似ボーナス中のAT抽選】 疑似ボーナス「貞子ボーナス」中は、小役成立時にAT抽選が行われている。 各小役成立時のAT当選率は以下の通り。 滞在モードによって、疑似ボーナス当選までの規定消化ゲーム数振り分けが異なる。 モード移行抽選は、「疑似ボーナス後」・「AT終了後」・「設定変更後」に行われる。 低設定ほど滞在率が高い。 しかし準備モード以上への昇格率が高く、約4割の確率で準備モード以上へ昇格する。 高設定ほどこのモードへ移行しやすい。 通常時の状態について - [リング 呪いの7日間] リング 呪いの7日間の通常時には、「低確」・「高確」・「超高確」の3つの状態が存在する。 滞在状態によって、疑似ボーナスや自力チャンスゾーンへの突入期待度が異なる。 高確期待度は、「街 < 図書館 < 大石家リビング < ペンション < 呪われた記憶」の順。 呪われた記憶ステージならば高確濃厚。 なお「真相究明」ステージは、疑似ボーナスや自力チャンスゾーンの前兆ステージとなっている。 【状態移行抽選】 状態昇格抽選は、レア小役成立時に行われる。 状態転落抽選は、押し順ベル成立時に行われる。 特に状態昇格に期待できるレア小役は「スイカ」。 継続ゲーム数は10G or 20G or 無限。 レア小役成立ならば大チャンス! 【亡魂ゾーン突入のチャンスとなる「井戸ステージ」】 「井戸ステージ」へ移行した場合は、亡魂ゾーン突入のチャンス。 通常時に、内部ポイントが10ポイント貯まると井戸ステージへ移行。 内部ポイントは、1枚役入賞時(=押し順ベル取りこぼし時)に獲得抽選が行われる。 井戸ステージは、10G継続+押し順ベル成立まで継続する。 井戸ステージ中に、リプレイが2連続で成立すれば亡魂ゾーン突入確定。 【通常時の亡魂ゾーン突入抽選】 通常時は、レア小役成立時に亡魂ゾーン突入抽選が行われている。 滞在状態・成立役によって、突入率が異なる。 ストック方式+継続率方式+ゲーム数上乗せ方式となっている。 【AT中のレア小役成立時】 AT中のレア小役成立時には、以下の抽選が行われる。 AT中の赤7揃い成立によって、貞子アタックへ突入する。 なお「超貞子アタック」となった場合は、毎ゲーム50G以上の上乗せが確定する。 【上乗せ特化ゾーン「絶恐乱舞」】 絶恐乱舞とは、毎ゲーム上乗せが発生し、かつリプレイ以外が成立すればダブル上乗せが発生する上乗せ特化ゾーン。 リプレイ以外が成立すれば、「絶恐乱舞ゲーム数」と「ATゲーム数」のダブル上乗せが確定する。 絶恐乱舞終了後は、運命巻き戻し演出に成功すれば再び絶恐乱舞へ突入する。 【AT中の打ち方】 押し順ナビ発生時はそれに従って消化。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でチェリーとスイカをフォロー。 その他の場合は全リール適当打ちでOK。 【AT中の純増】 AT中は、1Gあたり約3. 0枚のペースでコインが増加していく。 ロングフリーズの確率/恩恵 - [リング 呪いの7日間] この機種のロングフリーズはかなり強力。 平均獲得期待枚数が約2500枚と、「65536」に恥じない破壊力となっている。 疑似ボーナスもATも引かずに999G消化すると天井到達となり、疑似ボーナス当選が確定する。 995G以降の当選時は、「次回天国モード確定」という恩恵がある。 なお設定変更後は、天井到達までのゲーム数がクリアされる。 主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [リング 呪いの7日間] モード移行率や状態昇格率、自力チャンスゾーン突入率など、それぞれ少しずつ段階的に設定差がつけられているため、特に強い設定差というのは見当たらない。 なので、トータルの疑似ボーナス当選率やAT突入率をチェックし、少しでも出現率が高い台を狙っていくのが良いだろう。

次の