ゴンベ 進化。 ゴンベ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモンサンムーン】ゴンベの進化と覚える技【USUM】|ゲームエイト

ゴンベ 進化

ゴンベ おおぐいポケモン ぜんこくNo. 446 アローラNo. USUM 042 アローラNo. SM 035 高さ 0. 6m 重さ• 105. 0kg• けたぐり威力100 タイプ• 英語名• Munchlax タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 『カビゴン』に『まんぷくおこう』を持たせタマゴを作る• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• C 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• 南 主な入手方法 SM• 自分が道具を持っていない時のみ発動する。 『だっしゅつボタン』『ふうせん』には効果がない。 戦闘に参加しなくてもよい。 レベルに応じて拾ってくる道具が変化する。 『ほのお』『こおり』タイプの技を受けた時、ダメージが半減する。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 道具を持っている場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 投げつけた道具はなくなる。 『きのみ』はなくなる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 投げつけた道具はなくなる。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 『きのみ』はなくなる。 ダブルバトル用。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 道具を持っている場合は失敗する。 通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 ダブルバトル用。 USUM New! そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。

次の

ゴンベ

ゴンベ 進化

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし ゴンベの進化系統.

次の

【ポケモンGO】ゴンベの進化先と個体値早見表&おすすめ技

ゴンベ 進化

ポケモンを進化させるタイミング 強化より進化が優先 ポケモンを進化させるタイミングは、 ポケモンを強化する前がベスト。 先に強化をして、あとから個体値やレベルの高いポケモンを入手すると強化にかかった砂が無駄になってしまう。 トレーナーレベルを上げてから進化 トレーナーレベルが上がると野生で出現するポケモンのCP上限も高くなるので、 今後も使う予定のポケモンはトレーナーレベルが上がってからの進化がおすすめ。 まずは、比較的上がりやすいトレーナーレベル20を目標にすると良い。 進化とCPの変化量を解説 CPバーの位置は変わらない 進化させると、CPは大幅に変化する。 これは進化後のポケモンのCP上限が大幅に上がったためである。 しかしCPバーの位置(ポケモンのレベル)は変わらないため、序盤はCPが高いポケモンを進化させるのがおすすめ。 個体値が高いほどCPも増える より強いポケモンを進化させるのであれば、個体値を厳選する方法もある。 捕獲時のCPが低くても、個体値が高ければ最大まで育成した時のステータスが高くなる。 XP稼ぎにも適している進化 レア度が低いポケモンを進化させる バトルでは使えないポケモンほど、町中でたくさん手に入る。 そういったポケモンたちは、進化時に貰えるXP稼ぎに使うのがおすすめ。 レア度の目安としては、E〜Dのポケモンが良いだろう。 以下を参考に、弱いポケモンは経験値稼ぎに使い、バトルに使うポケモンはトレーナーレベルが高くなってから進化させよう。 ポケモンGOの他の攻略記事.

次の