函館 新型 コロナ。 コロナ感染、独自検査へ 函館市医師会が対策本部 クラスター防止へ態勢整備:北海道新聞 どうしん電子版

新型コロナウイルス感染症に伴う施設の状況について

函館 新型 コロナ

函館市は19日、市内に住む70代自営業の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 男性は18日に市内4人目となる感染が判明した60代無職女性と同居する濃厚接触者。 市内では5人目で、2日連続の感染確認となった。 感染経路は不明で、市が2人の行動歴を調査している。 男性は8日に倦怠(けんたい)感を覚え、それ以降の症状はなかったという。 18日に37・3度の発熱があり、女性の陽性が分かった。 19日に函館市衛生試験所で検査を行い、陽性と判明。 同日中に感染症指定医療機関に入院した。 軽症で、会話はできる状態だという。 男性は定期的に通院する持病があったが、8~18日は通院していない。 女性と同様に発症前2週間の海外渡航歴はなく、函館から出ずに生活していた。 「不特定多数の人と接する仕事ではない。 (感染の原因として)断定できるものではないが、3月下旬に市外の人と会ったと聞いている」(大泉潤保健福祉部長)という。 最初の症状が現れたのは男性が8日、女性が9日だが、市立函館保健所の山田隆良所長は「潜伏期間が最短1日ということはほとんどなく、5~8日とされている。 男性から女性に感染したとは考えにくい」と説明した。 同居する家族が複数おり、市外には出ていないという。 今のところ症状はないが、濃厚接触者として今後PCR検査を行う予定。 函館市が19日までに検査した検体数は109で、延べ77人。 (稲船優香、小杉貴洋).

次の

新型コロナ:函館にPCR検査センター、5月中に開設 :日本経済新聞

函館 新型 コロナ

函館市医師会(本間哲会長)は22日、感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症の対策本部を設置した。 感染の有無を調べるPCR検査を行う施設の設置を目指すほか、感染者の受け入れ態勢整備に取り組む。 同市内でクラスター(感染者集団)が発生していないうちに、医療態勢を整える狙いだ。 道によると、医師会が独自に新型コロナウイルスの対策本部を設けるのは道内で初めて。 同本部は本間医師会長、市立函館病院の氏家良人病院局長、市立函館保健所の山田隆良所長、市保健福祉部の大泉潤部長らでつくる。 同本部の構想では、「函館市医師会健診検査センター」(函館市田家町)敷地内にテントを設け、平日に1日当たり10~20人の検査を受け付ける。 医師会所属の開業医や勤務医が業務を担当する。 検査は同市内の開業医の紹介を必要とする方向だ。 函館市内のPCR検査は現在、同市衛生試験所が主に担っているが、市内で感染者が急増した場合に備え、検査の受け皿を増やしておく狙いもある。 現在、月内の開設に向けて市などと調整している。 また、新型コロナウイルス感染者を重症、中等症、軽症に区分し、指定した医療機関やホテルに振り分ける態勢づくりにも着手する。 感染者の増加で病床が不足した際、道が療養先のホテルを確保するのに合わせて、同本部がホテルで診療する医師や看護師を手当てする。 医師会の本間会長は「函館でも感染拡大の恐れはある。 医療崩壊が起こる前にできうる準備を整える必要がある」と話している。 (池野上遥).

次の

函館の観光業、台湾依存見直しの時 新型コロナで国際線休止、来訪客激減 回復見通せず「地元客にも力」:北海道新聞 どうしん電子版

函館 新型 コロナ

自分の感染経路 行動履歴 が分かるアプリを作ってみた。 8割もいる感染経路不明を少しでも減らせるはず。 リンクからダウンロードできます! 足あとトラッカー — しゅう@N高生プログラマー syusan31 感染経路が特定できるアプリ 新型コロナウイルス拡大防止の大きな障害となっているのが、感染経路不明者が多いこと。 感染者が過去の行動を詳細に記憶してないため、保健所などの聞き取り調査が難航。 そこから感染者が増えていくことが問題となっている。 その現状を受け、加藤さんは「感染経路がわかっていないと、濃厚接触者がわからなかったり、さらに感染が拡大していく可能性がある。 この問題に自分が力を貸してアプリを作っていかないとと考え、新型コロナウイルス向けのアプリがあったらいいと思い作りました」とアプリ開発の動機を語っている。 加藤周さんが開発した「」は、スマートフォンの全地球測位システム(GPS)機能を使って10メートルごとの位置情報と1分単位の滞在時刻が記録されるアプリ。 個人情報保護にも配慮し、行動履歴を保存するのはアプリをダウンロードした端末のみ。 アプリを閉じていても位置情報を確認できれば自動的に記録し続けるという。

次の