モダン ウォー フェア アップデート。 『Call of Duty: Warzone』150人参加のバトルロイヤルなどが遊べる大型モードが基本プレイ無料で11日より配信。モダン・ウォーフェア非所有者もプレイ可能

『CoD:MW』『CoDウォーゾーン』シーズンコンテンツ“SEASON THREE”アップデートが配信

モダン ウォー フェア アップデート

INDEX• 新要素 ウェポンマスタリーへの変更 ゴールド迷彩をアンロックすることで、その武器の マスタリーチャレンジに挑めるようになります。 1つの武器につき8つのチャレンジがあり、それぞれ達成すると報酬として4つのプレイヤーカードと4つのエンブレムが手に入ります。 これらを獲得するには、2キルチャレンジ、2ヘッドショットチャレンジ、その他4つのチャレンジを順番通りに(ゴールド、プラチナ、ダマスカス、オブシディアン)達成しなければなりません。 全51武器のチャレンジを達成することで、特別なステッカーとプレイヤーカードをアンロックできます! 『ウォーゾーン』の試合中イベント 『』のバトルロヤル中に各種イベントが発生し、プレイヤーの作戦やゲームプレイに影響を与えるようになります。 各種イベントは あらゆる試合中に事前予告なく発生します。 具体的には最初のドロップキットが降下してから収容所が閉じるまでです。 各試合で発生するイベントは1種類のみですので、新しい3種類のイベントをそれぞれ楽しんでみてください。 シーズン4のスタート時には 「Jailbreak」、「Fire Sale」、「Supply Choppers」というイベントが発生します。 「 Jailbreak」イベントが発生すると、それまで倒された プレイヤーたちが復活してきます。 収容所での1対1が始まるのを待っていたプレイヤーや、観戦モードで見ていたプレイヤーにもう一度チャンスが与えられるのです。 この「Jailbreak」イベントは始まる1分前に通知が出るので、その間に戻ってくるチームメイトのためのアーマーや武器を確保してください。 バトルロイヤルの試合中ならいつでもこの「Jailbreak」イベントが発生する可能性があるので、観戦モードを見ている方も損はないかもしれません。 「Jailbreak」イベントでは、味方のチームメイトだけでなく他の敵もまとめて復活する点にくれぐれもご注意ください。 「 Fire Sale」イベントでは、一時的にほとんどの武器の値引きセールが実施されます。 購入ステーションでは 最大80%オフ、 無料になるアイテムさえあります。 「Fire Sale」イベントはUAVやアーマーボックス、さらには強力なキルストリークをスクワッド用に購入するのに完璧なタイミングとなるでしょう。 「Fire Sale」イベント中は、倒された味方を呼び戻すのも無料になります。 もし試合中に資金が尽きていたら、「Fire Sale」イベントがチームの装備を再編成する最高のチャンスになるかもしれません。 ただし「Fire Sale」イベントではロードアウトドロップだけは値引きされない点にご注意ください。 「Fire Sale」イベントは60秒のみの開催なので、購入ステーションは混雑が予想されます。 戦闘準備をしましょう。 「 Supply Choppers」イベントでは、危険性はないものの、重武装したヘリコプターがヴェルダンスクに飛来します。 このヘリコプターは大量のHPを有しており、撃ち落とすには何十発もの弾丸や、あるいはロケットランチヤーが数発必要になります。 ヘリコプターはプレイヤーに発砲してきませんが、ヘリの相手をしている間に敵チームに優位性を与えないようにしましょう。 この「Supply Choppers」を撃墜すると、 ハイクオリティな戦利品を拾うことができます。 戦利品には、UAV3つ、アーマーボックスと弾薬ボックスを各2つ、ガスマスク1つ、グレネードランチャー1つ、そして大量のキャッシュが含まれます。 「Supply Choppers」は一定時間が経つと飛び去ってしまうので、 撃墜したいならすぐに撃ち始めてください。 ただし、この「Supply Choppers」を撃ち落として戦利品を回収する際に、せっかく苦労して手に入れた報酬を横取りしようとしてくる敵チームに警戒してください。 「密輸品」契約 「密輸品」は新しいレア契約で、報酬として設計図が手に入ります。 密輸契約が発生するチャンスは1つの契約を完了した後に訪れます。 「密輸品」のブリーフケースを見つけたら、急いで回収しましょう。 回収するとヘリコプターが呼び出され回収地点が指定されるので、そこに辿り着き、やってきたヘリのドロップバッグにブリーフケースを預けることでミッション完了となります。 もしこのブリーフケースを持っているプレイヤーをキルすれば、そのケースを盗んで自分のチームがミッションを達成できます。 マップには常にチェックし続けておいてください。 プレイリストアップデート モダン・ウォーフェア• グランドウォーに「Barakett Promenade」を追加• 2対2の「トレンチ・モッシュピット」• 「スクラップヤード」常設• 設計図ガンファイト ウォーゾーン• スクワッド• トリオ• デュオ• ブラッドマネー• ウォーゾーン・ランブル(50 vs 50のチームデスマッチ、スクワッドあり) 「ウォーゾーン・ランブル」は『ウォーゾーン』の新モードです。 各50人からなる2つのチームがパラシュート降下し、ヴェルダンスクの各地で戦いを繰り広げます。 カスタム・ロードアウト、ビークル、そしてクイック・リスポーンがあるこのモードで激しく戦いましょう。 BFのような大規模戦。 400ポイント先取で勝利 スペシャルオプスの修正点• ジャストリワード作戦: ベテラン• ジャストリワード作戦: レギュラー ダウンロードサイズについて シーズン4のダウンロードサイズは大容量になる予定です。 これはモダン・ウォーフェアとウォーゾーンが確保しているディスクスペースを減らすための圧縮用アセットが入っているためで、シーズン4のリリース後に各コンソール版に追加される新コンテンツ分の容量は4ギガバイトのみです。 できる限りサイズを減らすために、取り除けるあらゆるアセットを取り除いており、これにより今後のパッチサイズも最適化されていきます。 コンソール版のプレイヤーで、もしディスクスペースをより多く確保したい方は、プレイしないモードのコンテンツパックをアンインストールできることを覚えておいてください。 やり方は(英語)に記載されています。 全般的な修正• シーズン3のエンブレムを獲得できないプレイヤーがいる点を修正• プレイヤーがエラーコード13-71に遭いにくいように修正。 もし本日のアップデート後も同じエラーが発生するようであれば、Activisionのカスタマーサポートまでご連絡ください• 「ゴースト」のパークを使っていても、キルカメラ上ではプレイヤーが心拍センサーで見つかっているバグを修正• 一部のプレイヤーが適切な数をキルしても「戦術核」を起動できない問題を修正• Talonの4つめのオペレーター・ミッション「ウォーゾーン・プランダーマッチを2回完了」が正しく追跡されないバグを修正• グランドウォーへのマッチングを試みる際、一部のプレイヤーの待ち時間が長すぎる問題を修正• ハードポイントで中立エリアが灰色ではなく黄色く表示されるバグを修正• マルチプレイヤー用マップのさまざまなエクスプロイト(バグ技)を修正• オフィサーチャレンジ「しゃがみ状態で20キル」が、一部のプレイヤーで正しく追跡されない点を修正• 「クイックフィックス」を装備していないときでも、他のプレイヤーを倒したときに体力が回復するバグを修正• プレイヤーがときどきUAVを2つ同時に呼び出せるバグ技を修正• 傾斜状になっている場所ではプレイヤーが相手にとどめを刺せないバグを修正• 試合開始のカウントダウンが終わる前にプレイヤーが動き出せる問題を防ぐ修正• 一部のプレイヤーのグラフィックが黒くなって崩れるのを防ぐ修正• M4の「For the Cause」迷彩のグリップテープが適切に表示されない点を修正• PC版の安定性を改善• ボイスチャット関連の問題を防ぐ修正 武器• ベルト給弾式LMGに、残弾が少なくなったときのリロード警告を出す• HDRと「Sleight of Hand」パークで、プレイヤーがリロードしても弾が補充されないバグを修正 ウォーゾーン• 戦利品へのアップデート: 戦利品に、新武器とアップデートされた設計図が追加されます。 「Fennec」、「CR-56 Amax」、「Renetti」など、さらにもっと多くの武器を探してみてください!• 「リーコン」契約が弾薬箱の内側で発生し、契約を受けられないバグを修正• 「密輸品」契約を達成し回収用ヘリコプターを呼び出した後、プレイヤーはヘリを撃つことができる。 ヒットマーカーは出ないが、ヘリは永遠にその場に残り続けてしまう• 収容所で武器をドロップできるバグを修正• 自己蘇生キットを複製できるバグ技を修正 スペシャルオプス• 三人称視点での画面でプレイヤーが動けなくなるバグを修正• デイリーチャレンジが、マルチプレイヤーやウォーゾーンのチャレンジと一緒に表示されるようにした• Co-Opモードでオペレーター用スキンをアンロックしようとしても、そのオペレーターのベーススキンもアンロックできなくなる問題を修正• 最後に残ったプレイヤーが死亡する直前にチーム蘇生を行った場合、ゲームが適切に終了しないバグを修正 スペシャルオプス:サバイバルモード• ジャガーノートスーツの装備であるミニガンを複製できる点を修正• 各ウェーブが適切に終了しない稀な例を修正• 「サンクトペトログラード」でプレイヤーが鉄格子の裏にいくと、兵士たちから完全に身を隠せるバグ技を修正 『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種は、、PC()。

次の

CoD:MW:ディスク版の初回起動時に大規模アップデート必須、ストレージの空き容量に注意(計87GB)

モダン ウォー フェア アップデート

海外サイトが開発スタッフに行ったインタビューを紹介します。 『ウォーゾーン』は数年後も続く バトルロワイヤルものの新規タイトルとしては大成功をおさめた『ウォーゾーン』ですが、気になるのは アップデートがいつまで続くのかという点です。 CoDシリーズの初バトロワである『ブラックアウト』は新生『モダン・ウォーフェア』が発表されると、アップデートも少なくなっていきましたが、開発者の話によると『ウォーゾーン』ではシリーズ作品を横断しての継続的なサポートが予定されているようです。 CoD:BO4: ブラックアウト Infinity Wardのナラティブ・ディレクターである テイラー・クロサキ氏と、Raven Softwareのクリエイティブ・ディレクター、 アモス・ホッジ氏が、フランスのウェブサイトでのインタビューで語ったことによると、『ブラックアウト』とは異なり、 『ウォーゾーン』はその時々のメインゲームに合わせたアップデートが数年間は続けられるそうです。 「『ウォーゾーン』はCoDシリーズの他のさまざまな作品を横断し、すべてとつながりを持ちます。 今後のCoD作品が何にフォーカスを置くのかは楽しみですが、『ウォーゾーン』は1つの不変なものになります」 一方で今年2020年発売とされている『新作CoD』については、『Black Ops 5』であるという噂が広がっているだけで、公式からの発表はいまだ何もありません。 ともあれこのインタビューからは、『新作CoD』と同時に異なるバトルロワイヤルがリリースされないことが分かります。 テイラー・クロサキ氏 数年にかけてアップデートを継続するなら、次世代ゲーム機であるPlayStation 5やXbox Series Xでも『ウォーゾーン』がリリースされることを意味します。 クロサキ氏もインタビューの中で「 新しいゲームシステムが利用可能になったら、新システムでも(ウォーゾーンを)サポートをします」と話しています。 デュオモードももうすぐバトロワに 既に「プランダー」ではプレイ可能な『ウォーゾーン』のデュオモードですが、バトルロワイヤルの方でもリリースするためには、ホッジ氏は「まだいくつかのバグが残っている」と述べています。 「現時点では正確な時期を話すことはできませんが、デュオモードはもうすぐ実装されます。 『プランダー』では既にプレイできているでしょうが、まだ確認しておきたいことがいくつかあるんです。 実装に適したタイミングや、その他のすべてのことをチェックしているところです」 CoDシリーズの無料バトロワとしてリリースされた『ウォーゾーン』。 バトロワジャンル自体が将来的にどうなっていくのかは未知数ですが、現在プレイを楽しんでいる方々には少なくとも今回のインタビューは朗報となるでしょう。 他方で『ウォーゾーン』は『CoD:MW』本編ともストーリー上のつながりがあるとされています。 いまだ詳細不明の新作のストーリーは、そこにどのように重なっていくのでしょうか。 今後の発表が待たれます。 『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種は、、PC()。

次の

CoD:MW:ディスク版の初回起動時に大規模アップデート必須、ストレージの空き容量に注意(計87GB)

モダン ウォー フェア アップデート

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』のクーポン コードを引き換えるには、以下の手順に従ってください。 GeForce Experience でバンドルを引き換える 1. 対象のグラフィックス カードをお使いの PC に取り付けます。 GeForce Experience の最新バージョン 以降 にアップデートまたはインストールします。 GeForce Experience を起動し、ログインします 4. 画面右上の [Account アカウント ] ドロップダウン メニューに移動し、[REDEEM 引き換え ] を選択します。 対象バンドル購入時のバンドル コードを入力します。 画面に表示される指示に従います。 問題がございましたら、こちらで をご覧ください。 問題が解消されない場合は、 までご連絡ください。

次の