ジブラルタ生命 契約社員。 ジブラルタ生命社員が架空契約で詐欺

ジブラルタ生命保険の中途採用事情~社員年収、就労環境など~

ジブラルタ生命 契約社員

松葉 直隆 大学卒業後、代理店の保険会社にて5年以上勤務し、 年間100組以上のコンサルティングを行う。 その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体の記事監修を務める。 ジブラルタ生命の前身は、生命保険会社の破綻が相次いだ2000年に破綻した、旧協栄生命です。 協栄生命は経営悪化で破綻しましたが、米国最大級のプルデンシャルと言う金融機関が買収し日本で生命保険事業を展開し始めました。 破綻した会社では心配ないのか、と思われるかもしれませんが、バックにアメリカ最大級の金融機関がついていますし、2001年に事業開始してから17年の歴史があり、 外資系保険会社としては アフラックに次いで業界No. 2ですから、安心です。 今回は、ジブラルタ生命について、詳しく解説しますので最後までお読みください。 保険料累計が5,135,580円で解約返戻金は5,988,420円となります。 「米国ドル建介護保障付終身保険」が終身保険の中ではランキングが高い理由は? 返戻率が高いのと死亡保障以外の介護保障が付加されていることからです。 年代を問わず、介護保障が付加されている保険は加入している人が多い商品です。 返戻率だけで比較すると 「米国ドル建終身保険(低解約返戻金)」の方が高くなります。 加入する前に考えることあなたにとって、一生涯の保障が欲しいのか、介護の保障が必要なのか、三大疾病が必要なのかなど、どのような保障が本当に必要なのかを、 しっかり検討してから保険に加入することをおススメします。 ジブラルタ生命のドル建て商品は利率の見方や入り方で大きく変わってくる! 予定利率の見方は? 「予定利率」〇%と、保険のパンフレット等に書いている数字は、一般的な利回りとは異なっていて、「これだけ利回りがあると見込んで割り引いている」という利率です。 「返戻率」を見るべきで「予定利率」ではありません。 ジブラルタ生命のドル建て商品の予定利率比較 ジブラルタ生命の「米国ドル建終身保険(低解約返戻金型)」は年3. 2%の予定利率で、すごく良い保険だと思われる方が多いと思います。 前身である旧協栄生命保険の破綻()、不祥事のほか、営業や商品への不満が理由と考えられます。 松葉 直隆 ただし一度は破綻した保険会社が前身であるとはいえ、2019年6月末時点の信用格付業者のスタンダード&プアーズによる保険財務力格付けでは A+(8段階の内、上から3番目)、経営の健全性を示すソルベンシー・マージン比率は 852. 6%(早期是正措置命令の基準は200%以下)であり、当面の経営状態が不安定とは言えません。 また不祥事に関しては、2016年に発覚した総額約1. 9億円の不正詐取、2019年に発覚した総額約6000万円の不正詐取が挙げられます。 現在では、ジブラルタ生命は保険料の現金や小切手による保険料の領収を廃止したほか、法令等遵守の取り組みとして「コンプライアンス・マニュアル」の全社員への周知、倫理委員会やコンプライアンス委員会、ステークホルダーを対象とする内部通報制度の設置などを行っております。 ジブラルタ生命保険で契約する場合の注意点 必ず、 最適な保険をライフプラン・コンサルタントに設定してもらうことが必要です。 松葉 直隆 もしいないのであれば、最適なプランの作成依頼をジブラルタ生命のホームページから行うことでライフプラン・コンサルタントから連絡が来ますので、そこで相談して下さい。 米国ドル建保険には「リタイアメント・インカム」という保険もあるが為替リスクに注意 ドル建てリタイアメント・インカムはジブラルタ生命で人気の商品です。 三菱UFJ銀行でも、 名前を変えて売られているほど評判も良く信頼性もある商品です。 リタイアメント・インカムとは? リタイアメント・インカムとは、受け取ることが可能な年金額を、死亡保障を低く抑える代わりに高くした養老保険商品です。 積み立てが一定の基準を超えるまでは最低基準があるので低いとは言っても安心して下さい。

次の

ジブラルタ生命社員が架空契約で詐欺

ジブラルタ生命 契約社員

Contents• ジブラルタ生命社員が架空契約で詐欺事件の概要 まず、yahooニュースにも取り上げられていたジブラルタ生命の営業社員の架空契約の内容を簡単にまとめておきます。 秋田県の営業社員が2007年以降、架空契約を行い、約1億9000万円をだましとっていたようです。 普通に考えれば、すぐに気づきそうなところですが、この営業社員の絶妙なところは生命保険に加入して無事に契約が成立すると送られてくる保険証券や領収書を偽造していたそうです・・・偽造のクオリティにもよると思いますが、正規のジブラルタ生命の保険証券と見比べない限り、一般の方にはなかなか見抜けない気がします。 架空契約による詐欺事件の対策 ただご安心ください。 保険証券や領収書を偽造されたくらいであれば、一般の方でも架空契約で詐欺にあっているのかどうか、簡単に確認する方法もあります。 それは毎年11月頃に行っている、 年末調整です。 これは生命保険料控除の関係で、税金も絡んでいます。 そのため、個人レベルの詐欺事件では、どうしても対処しきれません。 年末調整で生命保険料控除を申請して、それが認められなかった場合、もしかしたら詐欺事件に巻き込まれた可能性もあるかも知れません。 ただ、一時払いの生命保険の保険料では生命保険料控除を受けられませんので、そこは勘違いなさらないようお気をつけください。 こういう保険屋さんにはお気をつけください これで生命保険に関する全ての架空契約・詐欺事件を発見できるとは思いませんが、以下のような保険屋さんには少し気をつけた方が良いかも知れません。 いつもお金に困っている保険屋さん• 万が一の保障ではなく、投資・資産運用のお話ばかりする• 一時払いの貯蓄性の高い保険のお話ばかりする 見栄えをきれいに整えている保険屋さんも多い気がしますが、本当にお金がない人はふとした些細な部分に表れます。 また架空契約・詐欺事件とつながりやすい生命保険の種類が存在します。 それは一括で大きな金額が動く、貯蓄機能に特化した生命保険です。 そして貯蓄機能に特化した生命保険で架空契約するために、投資や資産運用のお話に注力するでしょう。 また毎月の保険料の支払いがあるとばれやすいため、一回だけ保険料を支払えば済む、一時払いの生命保険の提案が多くなりそうな気がします。 生命保険の詐欺事件に巻き込まれないためにも、上述したような保険屋さんから加入することが避けた方が無難でしょう(保険業界に知り合いは少なくないですが、私の直接の知り合いで詐欺事件に関わった方はいないので、想像の域を出ない部分があることを一言つけくわえておきます)。 まとめ ジブラルタ生命でマジメに保険屋さんをやっている友人もいるので、こういう報道があるとそんな友人のことを少し可哀想にも思います。 ただ会社として、そのような犯罪をするような社員を雇用していることや、きちんと教育できていないことは大問題です。 このような事件を起こす人物は、そもそも保険屋さんになれない採用基準や教育制度が必要なのかも知れません。 お客様の大切な人生をお預かりし、支えさせていただく、そんな素晴らしい仕事をしている割に、人間的にダメな人がまだまだ存在する、とても残念な業界だと思います。 時間をかけてじっくりとしか変化しないかも知れませんが、早く魅力的な保険屋さんが増えた、素晴らしい保険業界になってくれたらと願わずにはいられません。 こんなくだらない事件に巻き込まれる方が、一人でも少なくなることを祈って。

次の

ジブラルタ生命社員が架空契約で詐欺

ジブラルタ生命 契約社員

アメリカの大手金融資本、プルデンシャル・ファイナンシャルグループ傘下の生命保険会社である、ジブラルタ生命保険。 2000年に経営破綻した協栄生命保険の事業を継承するために、プルデンシャル米国本社が実質的に買収する形で、設立された会社です。 破綻した生保としては、最も成功した再生事例と言われており、業績は好調に推移しています。 2009年には大和生命保険を、2012年1月にはAIGエジソン生命保険と、AIGスター生命保険を合併、日本の破綻生保8社中6社が、プルデンシャル傘下となっています。 ジブラルタ生命保険は、顧客満足度の向上、契約の長期継続に注力しており、13ヶ月目の保険契約継続率は、2016年3月基準(2014年1~12月始期)において、93. 人材採用の動きについては、業績が好調なこともあり、積極的に外部から人員を獲得する意思が強く、中途採用に関しても、常時、募集をかけています。 ジブラルタ生命保険への転職のチャンスは豊富に存在するので、興味がある人は、真剣に検討することをオススメします。 このページでは、ジブラルタ生命保険の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。 ジブラルタ生命保険の中途採用求人の傾向 ジブラルタ生命保険では、新卒採用も行っていますが、中途採用を人事戦略の中心に据えており、様々な職種を対象に、募集をかけています。 特に、ライフプラン・コンサルタント(フルコミッションの営業職)、MR 代理店営業 、個人営業、営業事務など、営業系の職種において、募集数が多くなっており、営業職であれば、転職を実現させやすいです。 応募条件はそれほど厳しくなく、代理店営業が大卒以上となっている以外は、高卒以上で、ある程度の社会人経験があれば、まず問題ありません。 雇用形態としては、ライフプラン・コンサルタントが、正社員ではありますが、実質的に個人事業主的な扱いとなり、代理店営業と個人営業については正社員、営業事務は契約社員となります。 なお、営業職以外では、マーケティング、経営企画、アクチュアリー、商品企画、経理財務、人事、法務といった職種において、求人が発生することがありますが、こちらは、即戦力とみなされるだけの実力・経験がないと、まず採用されないので、条件的には厳しいと考えてください。 求人情報の入手方法 ジブラルタ生命保険では、公式サイト内に中途採用希望者向けの採用情報ページを設けており、こちらのページから、募集要項を確認することが出来ます。 また、ジブラルタ生命保険は、転職エージェント経由でも募集をかけており、そちらから、求人情報を入手することが出来ます。 なお、求人によっては、公式サイトでは告知せず、転職エージェントに募集を任せるケースもあるので、ジブラルタ生命保険の求人情報を確認する際には、公式サイト、転職エージェント、双方を押さえておいたほうが無難です。 特に、営業系以外の職種については、その傾向が強いので、注意してください。 このページの最後に、ジブラルタ生命保険の中途採用求人の取扱実績がある転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。 ジブラルタ生命保険の社員の年収・給与制度について ジブラルタ生命保険に勤務する社員の給与水準ですが、職種別に幾つか、年収事例を挙げると、下記の通りとなります。 ジブラルタ生命保険の社員年収• 営業 27歳 年収300万円• 営業 28歳 年収216万円• 営業 30歳 年収350万円• 営業 39歳 年収1000万円• 営業 40歳 年収1000万円• 営業事務 25歳 年収500万円• 契約管理 30歳 年収700万円• 契約管理 35歳 年収700万円• 契約管理 マネージャー 40歳 年収1000万円• 法務 30歳 年収500万円• 経理財務 30歳 年収700万円• 経理財務 35歳 年収750万円• 人事 26歳 年収450万円• IT 30歳 年収900万円• IT 32歳 年収750万円 給与体系については、フルコミッションのライフプラン・コンサルタントと代理店営業、それ以外の職種で、それぞれ異なるので、個別に分けて説明します。 <ライフプラン・コンサルタント> ライフプラン・コンサルタントは、フルコミッション制となりますが、最初の2年間は研修期間とみなされ、研修手当という形で、固定給が支給されるようになっています。 ただし、この研修手当についても、業績評価を加味して、支給額が計算されるようになっており、研修期間中でも業績に応じて、収入が変わることになるので、そこは注意してください。 (研修期間中にも、人事査定が行われ、最低限のノルマをクリア出来ない場合、チャレンジ期間へと移行しますが、そこでも、ノルマをクリア出来ないと退職することになります。 ) そして、3年目からは、フルコミッションに移行します。 業績に応じた報酬が支払われますが、上限がなく、年収1億というプレーヤーも存在します。 また、給与とは別に、賞与が年に4回、業績に応じて支給されており、多い人だと、賞与だけで、年収1000万円を超えることもあります。 コミッションは、初年度保険料の30~40%程度で、賞与に関しては、コミッションの0~80%と、その割合は、実績に応じて変化します。 さらに、継続契約に対して、保険料の8%に相当する金額が、継続コミッションとして支給されるようになっています。 (4年目以降、料率が変わってきます。 ) 福利厚生に当たるものはなく、かつ、顧客との打ち合わせに関する費用など、営業にかかる費用は、すべて自腹になるため、実質的に個人事業主という扱いです。 ただし、社会保険は会社で加入出来ます。 <代理店営業> 代理店営業の場合、ライフプラン・コンサルタントと異なり、固定給が支払われますが、昇給はほとんどありません。 また、裁量労働制のため、残業手当はなく、約5万円分のみなし残業代が、年俸に含まれる形となります。 賞与は営業成績によって大きく異なり、成績上位の5%以内なら、1回あたりの賞与が100万円を超えます。 ライフプラン・コンサルタント同様、賞与は年4回支給なので、うまくいけば、ここだけで年400万円以上に達することになります。 逆に成績が下位の場合には、トータルで年100万円程度と、大きな差が生じます。 なお、福利厚生に関しては、住宅手当が5万円を上限として、支給されています。 <その他の職種> 給与は月給制となり、別途賞与が年4回支給されます。 給与は低めに抑えられていますが、賞与の回数と金額が大きいため、年収に換算すると、給与水準は他社と比較しても、高めです。 ジョブグレード制が導入されており、グレードが上がった時、給与も上がることになります。 なお、同一グレード内にも、給与テーブルがあり、基準をクリアすれば、昇給することがありますが、最大でも年2%程度のため、グレードが変わらない限り、あまり多くは期待出来ません。 中途採用で入社する時の注意点 中途採用で入社する場合、給与額は前職までの経歴や業績などをもとに決められますが、この給与額は固定したものではなく、交渉次第で大きく変わってきます。 そのため、会社側からの提示額に満足出来ない時には、そこで諦めず、希望条件を伝えて、納得するまで話し合うようにしてください。 ジブラルタ生命保険は、実力主義の会社で、かなり厳密に評価を行うので、おおむね、自分でも妥当と思える金額が提示されると思いますが、こういった会社だけに、不満が残る状態で、雇用契約を結んでしまうのはモッタイナイです。 (本当に、評価が不当に低いという場合、実績を適切にPRすることで、会社側が認めて、修正してくれる可能性は十分にあります。 ) もし、こういった交渉をうまく進める自信がないということであれば、前述した転職エージェントに任せてしまうのが得策です。 彼らはプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。 こちらの要求を100%通すことは無理としても、交渉下手な人が無理に話を進めるよりも、間違いなく良い結果につながるので、最初から転職エージェントに任せてしまったほうが賢明です。 ジブラルタ生命保険の評価制度について ジブラルタ生命保険では、半期ごとに個人目標を設定して、その達成度合いによって評価が決まるMBO評価制度が導入されており、その評価は、賞与にも反映されるようになっています。 また、年度末には、コンピテンシー評価が行われ、そこで、昇進・昇給の判断が為されます。 いずれの職種においても、年功序列的な要素はなく、貢献度合いに応じた評価制度になっています。 特に、ライフプラン・コンサルタントは、完全な成功報酬型ですし、代理店営業においても、売上の数字が、そのまま成績に反映する形になっています。 また、管理職に関しては、自分がマネジメントする営業社員のリクルート状況や契約数も、評価指標となってくるため、成績を上げるためには、どれだけ、うまく部下をサポート出来るかというのが、ポイントとなってきます。 一方、管理部門や事務職の場合、数字的な評価がしにくいこともあり、結果的に上司の裁量が大きくなってしまうため、営業職に比べると、曖昧な評価になる傾向があります。 ジブラルタ生命保険の成長環境について ジブラルタ生命保険の教育環境としては、中途採用であっても、しっかりと数ヶ月間の導入研修を受けることが出来ますし、その後も希望者を対象に、大規模な研修が定期的に開催されているので、知識を磨く機会には、事欠きません。 ちなみに、ライフプラン・コンサルタントに関しては、入社後、1ヶ月間は、研修に充てられるようになっており、ここで保険の基礎からスケジュール管理まで、みっちり学ぶことになります。 その後は、2年間、月1回のペースで、営業スキルを磨くための実践的な研修を受けることが出来ます。 また、この時期は、OJTも行われるようになっており、上司が一緒に営業に同行してくれて、手とり足とり指導してくれます。 事務系の職種においては、保険に関する知識はもちろんのこと、それぞれの職務に必要なスキル・知識を磨くための研修が行われており、キャリアアップを目指すのであれば、その目指すキャリアに応じた、特別研修を受けることも可能です。 ワークライフバランスについて ジブラルタ生命保険の就労環境は、職種や所属部署によって、微妙に異なるところはありますが、おおまかに言えば、営業職は多忙、それ以外の職種は定時帰宅も可能といった状況に、なっています。 もう少し細かく説明すると、ライフプラン・コンサルタントは、月・木のみ出社すれば、あとは自由にスケジュールを組むことが出来るため、平日において時間の調整は容易です。 ただし、実際の営業活動は、平日の夜や土日に集中することになりますし、結果を残さなければ解雇となるので、のんびり仕事を出来るような環境ではありません。 また、代理店営業の仕事に就いている人も、平日は21時以降まで、残業するケースが多いですし、土日にも、代理店から連絡が入ることがよくあるので、プライベートの時間を確保するのは、なかなか難しいです。 一方、営業職以外であれば、残業・休日出勤、ともに少なく、有休も取りやすいので、ワークライフバランスを重視する人にとっても、まず満足出来る職場環境と言えます。 女性の働きやすさについて ジブラルタ生命保険は、ダイバーシティーの観点から、女性の登用を積極的に進めており、職種を問わず、女性も男性と同様に、第一線で働くことが出来ます。 また、女性管理職を、全体の30%以上にする取り組みを行っているため、昇進のチャンスも豊富にあり、部署によっては、女性のほうが優遇され、昇進しやすいぐらいです。 また、ここは完全に実力勝負となってきますが、実績次第では、役員に昇格することも可能であり、実際、今現在においても、複数の女性が役員として活躍しています。 また、ジブラルタ生命保険は、子育て支援の体制がしっかりしている会社でもあり、産休・育休がトータルで3年間、取得可能なほか、子供が小学生になるまでは、最大1時間の時間短縮勤務が認められています。 また、子供が病気になった時には、傷病休暇を年間5日間まで、取得出来るようになっています。 産休から復帰する際には、同じ部署・役職に戻れるようになっており、出産がキャリアの妨げになることもないので、家庭との両立を図るには、非常に良い環境が整っていると言えます。 なお、営業職に関しては、時間的に自由が効く半面、夜間や土日に仕事が入ることが多いですし、最低限のノルマをクリアする必要があるため、厳しい面があるのも事実ですが、そのなかで、こなしている人も多いので、子供を育てながらでも出来る仕事と考えて大丈夫です。 ジブラルタ生命保険の転職先としての価値 業界を代表する会社だけあって、ジブラルタ生命保険は、好待遇の会社ですし、就労環境も良好なので、転職を検討するだけの価値が、十分にあると言えます。 ちなみに、営業職に関しては、完全実力主義なので、ほかの業種の営業と比べると、安定性がなく、常にプレッシャーを感じながら働くことになりますが、うまくいった時の見返りは、他業種とは比較にならないので、やり甲斐があるという言い方も出来ます。 もちろん、営業経験が豊富な人でも、この環境だと無理というケースもあると思いますので、このあたりは、相性の問題とも言えます。 そのため、最終的には、他業種も含めて、色々な会社の求人と比較して、ジブラルタ生命保険への転職を選択するかどうか、決めるほうが賢明でしょう。 ジブラルタ生命保険の中途採用求人を扱っている転職エージェント 下記に、ジブラルタ生命保険の中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしてありますが、彼らは、膨大な量の求人情報を保有しているので、ぜひ、他社の求人のことについても、話を聞いてみてください。 (希望条件を伝えて、それらの条件を満たす企業を、紹介してもらうといったことも可能です。 ) また、転職エージェントは、ジブラルタ生命保険の社内事情に精通しているので、この点について、もっと知りたいということであれば、問い合わせてみるのもアリです。 いずれにしても、転職先を決める際には、転職エージェントは、かなり使える存在なので、うまく活用してください。 ジブラルタ生命保険の中途採用求人を扱っている転職エージェント• JACは海外移住、海外転職を支援するサービスではありません。 海外勤務、海外駐在などの求人を紹介してもらえます。 年収600万円~2,000万円の方にオススメのサービスです。 【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。 現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。 (年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。 ) 業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。 職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。 なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。 年収1000万越えの案件が揃っています。

次の