あつ森 道 歩く。 あつ森についての予想というより妄想①

【あつ森】道の作り方とテクニック【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

あつ森 道 歩く

作品ID:MO-8JTX-HF49-M0S3 温かみのあるチョコレート色のレンガ道。 自然の中に違和感なく溶け込みます。 もちろん大都会の道路としても使えます。 【1】線と塗り潰しを使って、単純なレンガを描きます。 一番下の1マスには濃い線を引いて影にします。 【2】レンガの汚れた感じを出すため、レンガの中を、ザクザクと塗っていきます。 塗り終わったら各カラー変更で調整して馴染ませます。 レンガと同じ色にしたあと、 鮮やかさを1つズラすのがおすすめ。 【3】さらに汚れた感じを出すため、今度はレンガの中に点を散らしていきます。 終わったら、上でやったのと同じように、各カラー変更で調整します。 【4】レンガとレンガの隙間に汚れを描き込んでいきます。 終わったら各カラー変更で馴染ませます。 【5】最後にレンガの影の部分。 苔が生えたような味わいを出すため、濃い緑色に調整しました。 最後に透過の点を散らして スクエアなレンガ道の完成です。 透過マスを使用することで、島クリエイターの道路幅にマイデザインをピッタリとはめることができます。 パステルなレンガ道 作品ID:MO-BH4F-3C0P-FH1M ガーデニング用品としても人気の高い枕木を、マイデザインで作ってみました。 ナチュラルな庭や、ちょっとした小道、住民の玄関前などに使用できると思います。 【1】枕木となる3枚の板を描きます。 真ん中が縦7マスで横幅は狭く、上下の板は縦8マスで左右に1マスずらし、隙間は3マス。 背景は透過で塗りつぶし。 【2】濃い色で影を描き込んだあと、異なるカラーで画像のように、1マスおきに線を引いていきます。 描き終わったら各カラー変更で調整します。 鮮やかさまたは明るさを1つズラすのがおすすめ。 【3】使い込まれた様子を出すために、雑に線を引いていき、最後に各カラー変更で馴染ませます。 釘を描き込み、影に苔のような汚れを付けて ガーデニングの枕木の完成です。 以上、 道のマイデザイン3パターンのID公開と描き方解説でした。 色んな道の描き方があると思いますが、こういう描き方もあるよということで。 他にもマイデザインの公開や描き方解説など投稿しています。

次の

【あつ森】あつ森がクソゲーと言われるポイントをまとめてみた

あつ森 道 歩く

雑草を程よく残す あつ森のグラフィックは、とび森を上回るほど緻密で美しく「雑草がかわいすぎる」と思ったのは私だけではないはず。 自宅の庭で草むしりをしながら「雑草かわいい」など、一度も思ったことはないのにあつ森の草たちはかわいい。 本物よりもかわいいって、いったい何でしょう。 季節が変われば雑草の種類が(生え?)変わり、風が吹けばちゃんとそよそよと揺れている。 そんな繊細に描かれている草たちを、全部抜いてしまうなんてもったいない。 島の生物として、景色の一部として愛でたいです。 雑草を材料にしたDIY があるのかも 道具や家具などは、何でもかんでも自分で作るわけではなく、商店で買うものもあるようですね。 DIY と購入の割合がどれくらいなのか、まだ分かりませんが、雑草が材料となる家具も結構あるのかもしれません。 想像では、紹介動画に出てきたテラリウム。 壁に掛けるスワッグ。 縄で作られたハンギングの鉢など。 花や貝殻がドアリースになったりするように、雑草の出番がいろいろあるといいな、と期待しています。 自然の音を楽しみたい 川のせせらぎ。 波の音。 滝の落ちる音。 虫の声。 地面を歩く時の「サクサク」という足音。 足音といえば、前作まで地面にマイデザインの道を敷いても、足音まで変えることはできませんでした。 あつ森では島クリエイター機能で道を敷けるようになるみたいだけど、足音もちゃんと切り替わるのかな? リゾート感たっぷりを作りたい 普段、リゾートとは縁遠い生活を送っているので、リゾートって何なのか今ひとつ分かりませんが。 無人島イコールサバイバルというよりは、リゾートという方向性で作り込んでみたいと考えています。 とび森には、元村長のカメさんが暮らす南国リゾート島がありましたね。 私にとって、あの島はベルを稼ぐために釣りや虫とりをする場所でした。 今度、自らの島はリゾートを志します。 カブの売買をがんばりたい これまた、金の話になってしまい恐縮です。 私は、前作とび森でもカブ売買愛好者でした。 成績は一喜一憂でしたが。 今作もカブ売りさんの来訪があるようですね。 楽しみです。 この子、カブリバさんのお孫さんかもしれませんね。 かわいい。 博物館にたくさん寄贈したい あつ森の博物館、何だかすごそうですね。 展示物のグラフィックが何段階もアップした上、建物も何だかクオリティアップしているみたい。 無人島に博物館とは、アンバランスな気がしますが、それでも住民の一員となったからには島の文化発展に貢献したいと思っています。 釣って掘って採りまくるぞー。 丘の向こうへ貫通するのは初めてです 衝撃的でした。 広がる美しい海。 砂浜は小さいみたいですが。 朝のウォーキングコースに合いそうですが、朝からプレイは難しいかな、実際。 秘密基地的な場所を作りたい 戸外に家具を置けるようになったあつ森。 自宅の近所以外の場所にも自由に置き去りできるのだろうか。 秘密基地に必要な物資を集めて、子供の頃には作れなかった内緒の場所を作ってみたいです。 植物園を作りたい 観葉植物などは、さらに種類が増えてるような気がします。 ヒヤシンスやアネモネなど、花の種類も増えてる。 たくさんの種類を集めて眺めることができるようなエリアを作りたいです。 お花屋さんやカフェを併設するのもいいですね。 まとめ いかがでしょうか。 やりたいことを並べてみたら、「植物や生き物などがとても気になっているんだな」と潜在的な部分が何となくわかってきました。 初めのうちに描いていたイメージが、だんだん日数や年数を重ねていくと変わってゆくことも、それはそれで楽しみですね。 あつまれどうぶつの森は、細く長く楽しんでいけるソフトなのでゆっくりと楽しみたいと思います。 このサイトは多分、攻略とか裏技の紹介はきっとできないし、優れたマイデザインをたくさん用意するようなサイトにもなれないと思います。 強いて言えば、隣の人はどんな島をつくってどんな生活をしているのかな?という感覚で「となりの晩ごはん」的な気軽さで見にきて下さればかなりうれしいです。 ちなみにまだ、島の名前も決まっていません。 あーどうしよ。

次の

「あつ森」で方向音痴にやさしい島づくり

あつ森 道 歩く

作品ID:MO-8JTX-HF49-M0S3 温かみのあるチョコレート色のレンガ道。 自然の中に違和感なく溶け込みます。 もちろん大都会の道路としても使えます。 【1】線と塗り潰しを使って、単純なレンガを描きます。 一番下の1マスには濃い線を引いて影にします。 【2】レンガの汚れた感じを出すため、レンガの中を、ザクザクと塗っていきます。 塗り終わったら各カラー変更で調整して馴染ませます。 レンガと同じ色にしたあと、 鮮やかさを1つズラすのがおすすめ。 【3】さらに汚れた感じを出すため、今度はレンガの中に点を散らしていきます。 終わったら、上でやったのと同じように、各カラー変更で調整します。 【4】レンガとレンガの隙間に汚れを描き込んでいきます。 終わったら各カラー変更で馴染ませます。 【5】最後にレンガの影の部分。 苔が生えたような味わいを出すため、濃い緑色に調整しました。 最後に透過の点を散らして スクエアなレンガ道の完成です。 透過マスを使用することで、島クリエイターの道路幅にマイデザインをピッタリとはめることができます。 パステルなレンガ道 作品ID:MO-BH4F-3C0P-FH1M ガーデニング用品としても人気の高い枕木を、マイデザインで作ってみました。 ナチュラルな庭や、ちょっとした小道、住民の玄関前などに使用できると思います。 【1】枕木となる3枚の板を描きます。 真ん中が縦7マスで横幅は狭く、上下の板は縦8マスで左右に1マスずらし、隙間は3マス。 背景は透過で塗りつぶし。 【2】濃い色で影を描き込んだあと、異なるカラーで画像のように、1マスおきに線を引いていきます。 描き終わったら各カラー変更で調整します。 鮮やかさまたは明るさを1つズラすのがおすすめ。 【3】使い込まれた様子を出すために、雑に線を引いていき、最後に各カラー変更で馴染ませます。 釘を描き込み、影に苔のような汚れを付けて ガーデニングの枕木の完成です。 以上、 道のマイデザイン3パターンのID公開と描き方解説でした。 色んな道の描き方があると思いますが、こういう描き方もあるよということで。 他にもマイデザインの公開や描き方解説など投稿しています。

次の