蚊 に 刺され やすい 人 の 特徴。 【医師監修】蚊に刺されやすい人の特徴って? どんな対策が有効なの?

蚊に刺されないための対策!知っておきたい刺されやすい人の特徴

蚊 に 刺され やすい 人 の 特徴

同じ場所にいても、何箇所も蚊に刺される人もいれば、一箇所も刺されてない人もいます 人の体から血を吸い、かゆみでイライラさせる夏の蚊は、どうにも不快な存在です。 ところで、「O型の人」「太っている人」「黒い服を着ている人」「お酒を飲んでいる人」などは、蚊に刺されやすいといわれますが、これらは本当のことでしょうか? 本来、蚊は花の蜜や草の汁などを吸って生活しています。 ところが5~10月の産卵期になると、卵に栄養を与えるために、メスだけが人や動物から血を吸うようになります。 この産卵期のメスは、人や動物が発するさまざまな成分に反応して、吸血のターゲットを感知して寄ってくるのです。 蚊を引き寄せるものとして、人や動物が呼吸するときにはき出す二酸化炭素、熱 体温 、汗などはよく知られています。 また蚊の色覚は白と黒のみで、暗くて濃い色を好んで寄っていきます。 このような習性から、「汗をかいている人」「体温の高い人」「黒など濃い色の服を着ている人」は、蚊のターゲットになりやすいといえます。 なお、都市伝説のような「O型の人は蚊にさされやすい」という説は、実は本当のことのようです。 ただし、はっきりした理由は不明です。 一部の実験で、4つの血液型の中で、O型の分泌する成分が蚊を引きつけやすいという結果はありますが、その成分が何かは解明されていません。 蚊に刺されやすいのはどんな人? 蚊のターゲットになる条件、「二酸化炭素」「熱(体温)」「汗」「血液型がO型」から、刺されやすい人をさらに具体的に見てみましょう。 また体温が上がれば発汗も促されるので、さらに蚊を引きつけます。 呼吸数も増えるので、はき出す二酸化炭素の量が増えると、蚊を引きつける条件がすべて整うため、蚊にとって絶好のターゲットになります。 また肥満の人は汗をかきやすいため、格好のターゲットといえるのかもしれません。 とくに妊娠後期はお腹で肺が圧迫されるので、呼吸数が増えて二酸化炭素の量も増えるので、蚊に感知されやすくなるようです。 生きている以上、呼吸をしないわけにはいきませんし、体温や汗も自分で調節するのはむずかしい。 となれば、蚊に刺されるのは仕方がないと、諦めるしかないのでしょうか……。 蚊に刺されないための対策法・簡単にできる蚊避け 体質を変えることはできませんが、蚊が寄ってきにくくし、来ても刺されにくくする対策はできます。 まず、自宅の庭やベランダには、蚊の産卵場所になる水たまりができないように、空き缶やバケツなどを放置しないこと。 またベランダや玄関に虫除けグッズを置いておくと、蚊が家の中に侵入しにくくなります。 外出時には、明るい色の服を着て、肌の露出を控えること。 草地や木陰などに行くときは、ゆったりとした薄手の長袖や長ズボンを着用しましょう。 肌が出ているところには、虫除けスプレーで対処します。 裸足にサンダル履きの場合は、足元へのスプレーも忘れずに。 また、汗の臭いで蚊を引きつけないように、こまめに拭きとりましょう。 ちなみに、蚊の種類によって、吸血する時間帯が異なります。 一般にみられる蚊のうち、アカイエカは夕方から夜にかけて、ヒトスジシマカ 通称ヤブ蚊 は昼から夕方にかけて吸血します。 2014年の夏は、約60年ぶりに発生した、ヒトスジシマカが媒介するデング熱が社会問題になりました。 蚊に刺されることは、かゆみや腫れが起こる不快な症状だけでなく、このように感染症になる危険もあります。 できるだけ蚊に刺されないように注意をして、毎日を快適に過ごしましょう。 (監修:美と健康ガイド・(皮膚科・皮膚外科医)).

次の

蚊に刺されやすい人の特徴とは?

蚊 に 刺され やすい 人 の 特徴

蚊の生態 近年、蚊を媒介としたデング熱やの感染が世界で拡大している。 蚊にさされたことが原因で命を落としたり、おなかの赤ちゃんに障害が残ったりする可能性のある病気として認知されるようになってきている。 蚊は気温が高くなってくると気になり始めることが多いが、繁殖が活発になるのは、5月頃からであるという。 卵は梅雨時期にできる水たまりや下水付近などに産み付けられ、1. 5日程度で「ボウフラ」と呼ばれる幼虫になる。 ボウフラは少量の水のみで成長し、7~10日で「オニボウフラ」と呼ばれるサナギになり、その後2~3日で成虫となる。 蚊の平均寿命は成虫になってからおよそ2週間と言われているが、その間に4回産卵すると考えられているとのこと。 1回に産卵する卵の数は約100~200個なので、少量の水分さえあれば、短期間で爆発的に繁殖する可能性がある。 成虫となった蚊は、その種類によって生態は異なるが、全体的に直射日光を嫌い、長距離の飛行は苦手であるとのこと。 日中の気温が高い時間は餌となる花の蜜や、水の多い植え込みや木陰などに隠れている。 人間が近づいてきたときに狙いを定めて飛び移ったり、服に付いたりして移動して血を吸うタイミングを見計らう性質を持っているという。 蚊は人間の発する二酸化炭素や体臭、温度を感知して近寄ってくる。 人間の体臭や温度を感知する蚊の感覚器を麻痺させる成分がと呼ばれる成分。 それを人間が塗ると、蚊は人間が近くにいることを認識できなくなるという。 世界中で発売されている虫除け剤のおよそ9割には、ディートが含まれているとのこと。 人間の肌に塗布し、蚊にさされなくする有効成分は「ディート」と「イカリジン」の2種類しかないという。 一方、天然ハーブやアロマ由来など天然成分を使った虫よけスプレーも多くあるが、それらの虫よけは虫の嫌いな香りをまとっているだけで、人間の肌に直接使用するものでなく、蚊を忌避するとは言えないという。 同社によると、「商品パッケージに利用制限や注意事項が大きく明記されているからディートは危険な成分なのでは」という意見もあるという。 しかし、使用制限・注意事項の記載は消費者庁の規定が要因で、実際に日本国内でディートが原因で体調に悪影響があったという事例はないとのこと。 「ディートは蚊に対する効果はもちろん、肌に塗った場合の安全性も審査され厚生労働省から認可を受けている成分です」と同社。 成分の特徴と注意点を理解し、利用シーンや対象者ごとに商品を選択することが大切であるという。 同社で虫よけ剤を担当するブランドマーケティング部の係長・中辻雄司さんによると、虫刺され対策としては、夏場は汗で虫よけ剤が肌に残りにくくなるため、「虫よけ剤はこまめに塗り直す」ことが大切とのこと。 女性は、メイクと日焼け止めを塗り終わったあとに、まんべんなく虫よけ剤を振りかけるとよいという。 また、特にスプレータイプはムラになりやすいため、スプレー後に手で塗り広げることが大切とのこと。 顔周りや首元は塗るのを忘れがちな部分だが、足や腕と比べると温度が高く、蚊が感知する人間のニオイが強く出ている箇所であるため、しっかり塗ったほうがよいとのこと。 蚊に刺されやすい人は、「体温が高い」「二酸化炭素を多く発している お酒を飲んでいる 」「汗のニオイが強い」「黒っぽい服装を好む」という傾向があるという。 そのため、虫よけ剤を使うほかにも、こまめに汗を拭いたり、明るい系統の服を選んだりするなどの工夫で、より蚊を遠ざけることができるという。 プロジェクトスペシャルサイト』で公開している。 体質指数、体調指数、蚊活動指数についての16個の質問に回答するだけで、蚊の刺されやすさがわかるという。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

O型は蚊に刺されやすいって本当?蚊が寄ってくる理由や原因とは?

蚊 に 刺され やすい 人 の 特徴

「なんで私だけこんなに刺されるの?他の皆は全然刺されてないのに!」と思っている人、多いかも。 それは、メスの蚊が出産に必要なタンパク質を求めて血を求めていることに起因しているとか。 もちろん、すべての蚊が同じではなく、アメリカだけでも150種ほどの蚊が存在しており、それぞれに求める血液などに特徴があるようです。 なぜ、あなたは蚊に刺されやすいのか? 以下にまとめた特徴を知っておくといいかもしれません。 暗い色の服装はNG 蚊が服装の様子で判断を行っているのは事実。 特に周囲の環境になじまない格好をしていると認識されやすいようです。 なかでも、暗い色の服装はターゲットにされやすいことがわかっているそう。 体温が高いほうが 刺されやすい 前述した動きからは距離が計算されているようですが、実際にどの体から血液を摂取しようとするかは体温を見て決めているのだそう。 ちなみに、妊娠した女性は平均して1. 26度ほど体温が上がるため、比較的狙われやすい傾向にあるようです。 蚊は人間の吐く二酸化炭素を 50m先から見つけている 妊婦の人にとっては、さらに耳が痛い話かも。 蚊には小顎鬚と呼ばれる二酸化炭素(CO2)を検知する器官があります。 それは、50m先の二酸化炭素を認識できる機能があるもの。 CO2は単純に息を吐き出すことでも認識されますが、残念ながら妊婦になると二酸化炭素の排気量が21%ほど増加するため、刺されやすくなる傾向にあります。 ちなみに、子供が蚊に刺されにくいのは、体が大きくなればなるほどCO2の排気量は増えるからなのだそう。 ビールを飲むと 蚊が寄ってくる! アルコール摂取前後で、どれだけ蚊が寄ってくるのかを行ったところ、ビールをたった350ml摂取しただけでも蚊を寄せ付ける割合は増加しました。 特に、肌に常在菌として存在しているバクテリアは、蚊を引き寄せる原因の一つにもなっており、乳酸や、尿酸、アンモニアなど、その他汗の成分も同じく蚊を引き寄せやすい人がいます。 「O型」が最も刺されやすい 血液型でも求められる趣向が変わりますが、最も刺されやすいのはO型。 次がB型で、1番刺されにくいのはA型の人々と言われています。 いくつか、避けられる要素もありつつ、遺伝的な要素も無視できないようですね。 Licensed material used with permission by.

次の