あんしんセキュリティ アンインストール。 ご利用開始にあたって : 富士ゼロックス

あんしんセキュリティ

あんしんセキュリティ アンインストール

対象:Windows 7/8. 1/10 メーカー製のPCを購入すると体験版や期間限定版のウイルス対策ソフトウェア(セキュリティソフトウェア)がインストールされていたり、Adobe Flash Playerなどのソフトウェアをインストールすると(チェックボックスのチェックを外さないと)ウイルス対策ソフトウェアが一緒にインストールされてしまったりすることがある。 こうしたウイルス対策ソフトウェアは、試用期限が過ぎるなどすると頻繁に製品版の購入を促すダイアログが表示されるようになる。 もし継続して利用するのであれば、ダイアログの指示に従って更新すればよいのだが、他のウイルス対策ソフトウェアをインストールしたり、(使い方によっては)Windows OS標準のWindows Defenderで十分だったりすることもあるだろう。 そのような場合、すでにインストールされているウイルス対策ソフトウェアのアンインストールが必要になる。 本TIPSでは、その方法を紹介する。 アンインストールプログラムを実行 ウイルス対策ソフトウェアによっては、[スタート]メニューにアンインストールプログラムが登録されているものもある。 こうしたウイルス対策ソフトウェアは、アンインストールプログラムを実行し、削除する項目全てにチェックを入れて、実行すればよい。 アンインストールプログラムがある場合(「ウイルスバスタークラウド」の場合) [スタート]メニューにアンインストールプログラムが登録されているウイルス対策ソフトウェアは、それを実行することでアンインストールできる。 ただし、最近のウイルス対策ソフトウェアは、複数のアプリケーションで構成されているため、全てのモジュールを削除できるとは限らない。 そのような場合は、該当するアプリケーションを手動でアンインストールする必要がある。 手動でアンインストールする アンインストールプログラムが[スタート]メニューに登録されていないようなウイルス対策ソフトウェアの場合、手動でアンインストールする必要がある。 このような場合、まずインジケーター領域で何のウイルス対策ソフトウェアがインストールされているのかを確認する。 ウイルス対策ソフトウェアは、Windows OSに常駐しているため、インジケーター領域にウイルス対策ソフトウェアのアイコンが登録されているはずだ。 ここでは、マカフィーの「マカフィー リブセーフ」とシマンテックの「ノートン セキュリティ」、トレンドマイクロの「ウイルスバスタークラウド」を例に、アンインストール方法を紹介する。 その他のウイルス対策ソフトウェアについても同様の方法でアンインストール可能なはずだ。 Windows 10のコントロールパネル 例えば、マカフィーの「マカフィー リブセーフ」ならば「マカフィー リブセーフ」「McAfee WebAdvisor」「Intel Security Assist」の3つが対象となる(Flash Playerと同時にインストールされるウイルス対策ソフトウェアの場合は「McAfee Security Scan Plus」と「McAfee Safe Connect」の2つ)。 「ノートン セキュリティ」の場合は「Norton Security」のみ、「ウイルスバスタークラウド」の場合は「トレンドマイクロAirサポート」「ウイルスバスター クラウド」の2つが対象だ。 [プログラムと機能]画面(「ウイルスバスタークラウド」の場合) このようにウイルス対策ソフトウェアによって、複数のアプリケーションに別れていたり、1つのアプリケーションであったりするので、発行元などで対象となるアプリケーションを全て探すこと。 なお、マカフィーのウイルス対策ソフトウェアは、Intelのセキュリティ部門であったことから発行元が「Intel Security」のものがあるので注意したい。 またインストールされているウイルス対策ソフトウェアのエディションやバージョンなどによってもモジュール名が異なることがある。 [プログラムと機能]画面で削除するウイルス対策ソフトウェアを選択し、[アンインストールと変更]をクリックする。 アプリケーションのアンインストール画面が表示されるので、指示に従って進めていけばアンインストールが完了する。 ウイルス対策ソフトウェアによっては、完全にアンインストールするために再起動が必要な場合がある。 「ノートン セキュリティ」のアンインストール画面(2) ウイルス対策ソフトウェアは、アンインストールを完了するのに再起動が要求されることも多い。 また、複数のアプリケーションに別れている場合は、1つずつ選んで[アンインストールと変更]を実行すること。 再起動が求められた場合は、全てのアプリケーションのアンインストール作業が終了した後でよい。 なおすぐに新しいウイルス対策ソフトウェアをインストールしない場合は、Windows Defenderを起動し、必ず有効にすること(ウイルス対策ソフトウェアによってWindows Defenderが停止された状態になっていることがあるため)。 その際、Windows Updateを実行して、定義ファイルを更新するのを忘れないようにしよう。

次の

【ウイルスセキュリティ】「削除ツール」でウイルスセキュリティをアンインストールするには?|ソースネクスト

あんしんセキュリティ アンインストール

セキュリティニュース スマホの セキュリティについて更に詳しく!• よくあるご質問• ウイルス対策などそれぞれのセキュリティ対策について詳しく教えてください。 スマートフォンをさまざまな脅威から守る各セキュリティ機能の詳細については、をご参照ください。 「あんしんセキュリティ」を利用する際に必要なアプリはありますか? 「あんしんセキュリティ」をご利用いただくためには、あんしんセキュリティアプリのインストール及び初期設定が必要です。 「ドコモ あんしんスキャン」「あんしんナンバーチェック」について詳しく教えてください。 あんしんセキュリティアプリのご利用には、あんしんスキャンアプリとあんしんナンバーチェックアプリのインストールが別途必要でしたが、2019年10月16日(水曜)以降、あんしんセキュリティアプリのみでご利用いただけるようになりました。 あんしんセキュリティアプリの設定方法がわかりません。 あんしんセキュリティアプリの設定方法・ご利用方法については、下記ページよりご参照ください。 初回31日間無料とは何ですか? 「あんしんセキュリティ」の初回お申込み時、月額利用料が31日間無料となります。 (契約回線1回線につき1回のみ適用)。 無料期間中にお客様よりサービス解約のお申出がない場合、無料期間終了後は有料となり、無料期間終了日の翌日が属する月より月額利用料(1ヶ月分)がかかります。 なお、「あんしんセキュリティ(30日コース)」は、初回31日間無料の対象外です。 月の途中に契約・解約した場合の利用料金はどうなりますか? 月途中にお申込みいただいた場合、利用料金は月額料金200円(税抜)全額ではなく、お申込み日を起算日として日割り計算された金額のみのお支払いとなります。 月途中でも安心してご契約いただけます。 (解約の場合も同様です)• どんな支払い方法がありますか? あんしんセキュリティ(月額200円・税抜)は、ドコモのケータイ料金と合わせてのお支払いとなります。 iOSをお使いの方は、Apple社の提供する決済手段(App内課金)にて「あんしんセキュリティ(30日コース)」をご購入頂くことでのお支払いも可能です。 「あんしんパック/あんしんパック モバイル」でご契約いただいた場合、月額100円(税抜)でお使いいただけます。 「あんしんパック」「あんしんパック モバイル」は「あんしんセキュリティ」とは違うのですか? 「あんしんパック」「あんしんパック モバイル」は、「あんしんセキュリティ」を含めたドコモの安心サポートサービスをまとめてご契約いただくと、月額料金合計が割引になるサービスパックです。 詳しくは、をご確認ください。 ドコモ以外の回線でも利用できますか? 「あんしんセキュリティ」はドコモのケータイ回線をお持ちの方のみご契約いただけます。 ご利用方法 ご利用までは 3ステップ!• お申し込み 1.

次の

パソコン診断ツールのアンインストール方法

あんしんセキュリティ アンインストール

アンインストール とは ソフトをインストールしたものの不要になった場合、そのソフトを削除することができます。 ソフトを削除することを アンインストールと呼びます。 は表記等が若干違う程度で、基本的にどのWindows のバージョンでも同じ手順です。 Windows 10 の場合 1-1. 1-2. 1 の場合 2-1. 2-2. Windows 10 の場合• スタートボタンをクリックし、削除したいソフトを右クリックして「アンインストール」をクリックする• 1 の場合 以下のいずれかの方法でアンインストールできます。 メトロ画面のアプリ一覧から削除したいアプリを右クリックして「アンインストール」をクリックする• Windows 10 October 2018 Update version 1809 が適用された環境での説明となります。 【Windows 10】- コントロールパネル画面からアンインストールする スタートボタンをクリックし、削除したいアプリの右クリックメニュー「アンインストール」をクリックします。 この画面が表示されたら削除したいソフトを選び、右クリックしてアンインストールをクリックすれば、不要なソフトを削除することができます。 ソフトによっては「削除しますか?」というダイアログウィンドウが表示されるので、「はい」または「OK」を選んでクリックします。 ソフトによっては削除完了時に再起動(リブート)が必要となり、「いますぐ再起動しますか?」というダイアログウィンドウが表示されるので、すぐに再起動可能なら「はい」または「OK」をクリックして再起動しましょう。 どうしても削除できない?強制的に削除する 通常の手順でアンインストールしようとしても、次のような場合に削除できないことがあります。 アプリと機能、プログラムの追加と削除などの画面にアンインストールしたいソフトが表示されていない これはソフトにアンインストーラーが存在しないか、アプリと機能、プログラムの追加と削除などの画面に登録されていないことが原因です。 ここでは を利用して削除する手順を紹介します。 Easy アンインストールを利用して削除する IObit Uninstaller には「Easy アンインストール」モードが用意されています。 ソフト右上のツールボックスアイコンをクリックし、「Easy アンインストール」をクリックします。 ごみが残らないようにするには?きれいに削除する 通常のソフトのアンインストール方法では、ソフトが作ったり保存したりした残骸(ざんがい)ともなるジャンクファイル/ごみファイルが残ってしまう場合が多いです。 いくつものソフトのインストール/アンインストールを繰り返すと、こうした積み重ねにより、使っていない不要ファイルによってディスク容量が圧迫されるようになります。 こうした方法を回避するには、次の2つの方法があります。 アンインストール支援ソフトを利用する アンインストール支援ソフトを利用すると、ソフトの通常のアンインストールに加えて、ソフトが残してしまった残骸ファイルやレジストリエントリを検出して削除してくれます。 一見不要ファイルのように見えるファイルでも、実はシステムによって利用されていたり、ソフトが必要なファイルだったりする場合があります。 そんな場合にそのファイルを削除してしまうと、 システムやソフトが正常に動作しなくなってしまう可能性があります。 バージョンアップを続けている最新のソフトであればこのようなリスクは低減されていますが、よくわからないけどなんとなく削除するのではなく、 どのようなファイルなのか検索するなどして内容を確認してから削除するのが安全です。 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト… オフィスソフト、ウェブブラウザー、メールソフト、圧縮・解凍ソフト、付箋紙ソフト、PDF作成ソフト、イラスト作成ソフト、画像・動画管理ソフト、テキストエディター、ファイル復元ソフト… 辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト… フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ… USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト… フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事….

次の