黒皮フライパン。 鉄フライパンおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

フライパン

黒皮フライパン

By: 鉄は手入れを怠らなければ長年使える丈夫な素材。 熱伝導率が高く、高温で調理ができます。 また、使い込むことによって油がなじんでいくので焦げつきにくくなるのも魅力。 ただし、重いので登山や荷物を軽くしたい場合には向きません。 アウトドアでも本格的な料理を楽しみたい方におすすめの素材です。 フライパンの重さをチェック できるだけ荷物を軽量化したいソロキャンプや登山などでフラインパンを使用する際は、チタンやアルミなど軽量な素材のモノを選ぶのがおすすめ。 キャンプなど車で移動をする場合は、重さはそれほど気にしなくてもよいので、鉄製のフライパンを選ぶのもアリです。 スタッキングしてコンパクトに収納できると便利 By: スタッキングとは、フライパンやクッカーなどを積み重ねて収納することを指します。 アウトドア向けのフライパンは、同じシリーズのクッカーなどとスタッキングできるモデルが多いのが特徴。 さまざまな調理道具をコンパクトにまとめて持ち運びたい方は、同じシリーズで揃えるのがおすすめです。 手入れのしやすさをチェック アウトドア向けフライパンを選ぶ際は、「フッ素加工」などの焦げつき防止コーティングが施してあるフライパンを選ぶのがおすすめです。 汚れが落としやすいので、使用後も手入れがしやすく便利に使えます。 アウトドア向けフライパンのおすすめモデル ユニフレーム UNIFLAME 山フライパン 17cm No. 667651 軽量かつ、熱伝導性に優れたアルミ製のアウトドア向けフライパンです。 本体重量は255gと軽量。 メッシュタイプの収納袋も付属しているので、持ち運びに便利です。 フライパンの表面には、硬質の酸化被膜を施しており、耐食性と耐摩耗性を向上しています。 ハンドルはシリコンカバーつき。 手袋をした状態でも滑りにくく、熱さも軽減します。 折りたたみも可能なので、収納時も省スペースを実現。 フライパンの内部はリベットなどの凹凸がなく、洗いやすい設計です。 また、フッ素加工も施してあるので、焦げつきも防止します。 サイズは直径21. 6cm。 よりコンパクトなモデルが必要な方は、同シリーズの「アルパインフライパン 16」「アルパインフライパン 18」もチェックしてみてください。

次の

フライパン

黒皮フライパン

まずはやはり重いです。 1kgまで計れるスケールが振り切れてしまいました(手持ちの同径テフロンフライパンは比較的厚手でも773g)。 長い持ち手は約26cm。 内側底面の直径が18cm程でした。 同径テフロンフライパンの底面直径は21cmでしたので、これもそれ位欲しかった。 それから家庭用フライパンは、底からのカーブが淵にいくにつれて垂直になっていく物が多いと思うのですが、これは比較的広がったままのような感じで、高さも約5cmとやや浅めです。 この形状は炒め物の際、混ぜるにも煽るにも材料がこぼれ易い・・。 でもこのカーブ、オムレツを返すのに良いんですって。 そう、これは業務用製品。 比較的万能な家庭用と同様に考えるのが間違いなのかも。 プロならばたっぷりの野菜炒めなら中華鍋で、餃子は餃子鍋で、ということになるわけですよね。 容量は、例えば野菜炒めの場合、もやしとキャベツがメインであとは人参少々の合計300gで満タン。 野菜の嵩が減ってきたところに厚揚げ1枚を一口大に切ったものを入れて容量も重さも限界でした。 鉄製フライパン初体験の私は、セオリーに拘り過ぎたあまり挫折の繰り返しでした。 少しのこびり付きや、表面の色むらなどが一々気になり、その度にシーズニングを繰り返す始末。 また必須である油返しも油の処理がストレスに。 極めつけは、焦げを落とすだけのつもりが、被膜 これが育つとこびりつかなくなる をすっかり取り去ってしまったことで絶望し、私にはもう無理・・と封印。 ところが数ヶ月経ったある日、ふと気が向いて少々自分流に使ってみたら、意外に上手くいってしまったのです。 大嫌いな油返しはせず、フライパンをカンカンに熱し少量の油を塗り広げただけ。 その後温度を落ち着かせてから調理用の油 気持ち多め を入れて材料投入。 これで、以前は手を焼いた厚揚げの断面なども殆どこびり付かず、難関だった餃子もパリッと焼き上がり、フライパンから綺麗に剥がれたのには驚きました。 何が良かったんでしょう?? 後始末は、ボロキレでさっと拭き取ってから洗剤を使わず洗い、その後火にかけて完全に水分を飛します これは徹底的に熱します。 冷めたら更紙に包んで風通しの良い棚に保管。 保管前に油は塗りませんが錆が発生したことはありません。 今後はあまり神経質にならずに付き合えそう。 とにかく、野菜炒めも餃子もテフロンで作るより明らかに美味しいんですよ。

次の

焦げ付く鉄のフライパンを新品同様に再生復活させる方法

黒皮フライパン

鉄製フライパンは「手入れが面倒くさそう」いうイメージがあると思いますが、実はとても簡単です。 使用する初回のみ油ならしをしますが、あとは使用後すぐにお湯で洗うだけ。 これさえ守れれば、食材がくっつかず、不便なく調理することができます。 熱の伝導率がよく、均一に火が入るので強火で仕上げる料理、例えば野菜炒めなどがとても美味しく仕上がります。 一家に一つあると料理のレベルがアップすること間違いなしです。 鉄製フライパン の詳細 メーカー IEOKE 重量 1. 5kg 参考価格 2,880円(税込) 2.鉄フライパンの選び方 鉄フライパンを選ぶ際のポイントをお伝えします。 一般的な加工フライパンやステンレスフライパンと違う点もいくつかありますので、ぜひ購入前に確認してください。 取手 鉄フライパンには様々な種類の取手があります。 鉄素材のものは丈夫で長く使えますが、熱が伝わりやすく熱くなりやすいです。 取手が長いものや持ちやすいように加工されているものが良いでしょう。 木製や樹脂製のものだと、熱くならずに使えます。 その代わり、継ぎ目の部分が劣化しやすいので注意が必要です。 ステンレス製の取手は熱が伝わりにくいです。 ちゃあみー(倉田沙也加)さんコメント 鉄製のフライパンの多くは、取手までが鉄素材で一体型になっています。 耐久性に優れており、長く愛用できますが、取手まで熱くなると調理に支障が出る可能性があります。 熱伝導がどこまでの範囲で広がるのかを確認すると良いでしょう。 IH対応 家庭のキッチンがIHの場合は、IH対応の鉄フライパンを選んでください。 ガス火しか対応していないものもありますので注意が必要です。 また、鉄フライパンは使い始める前に「焼き込み」という作業をします。 これは、鉄フライパンがさびないようにされた表面のコーディングを落とすための作業です。 IHではこの作業ができませんので、焼き込み不要タイプが良いでしょう。 また、IHの場合ですと鉄フライパンに熱がうまく伝わらずムラが生じる場合もあります。 ちゃあみー(倉田沙也加)さんコメント 1857年にドイツで創業された老舗メーカー『ターク』の鉄フライパンです。 熱まわりがよく、蓄熱性に優れているので食材の旨味を引き出しながら、じっくり調理できます。 最初にしっかり油慣らしをしておけば、半永久的に使えます。 使用後のお手入れが簡単なのも嬉しいですね。 継ぎ目のない一体型の鉄フライパンです。 加熱すると取手が熱くなりますので必ずミトンやタオルを使用してください。 クラシックフライパン の詳細 メーカー ターク 重量 1. 3kg 参考価格 9,080円(税込) 鉄フライパンの売れ筋ランキングはこちら ご参考までに、鉄フライパンの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

次の