きまぐれクック 片栗粉。 きまぐれクック・かねこの片栗粉嫌いがヤバい!片栗粉恐怖症に陥っている!?

【きまぐれクック】目が離せない!魚の捌き方&調理動画10選③

きまぐれクック 片栗粉

片栗粉恐怖症に悩む人の数は少ない方ですが、小麦粉なども恐怖の対象となる粉末恐怖症を含めると中程度になると言われています。 生活密着度は高く、日常生活や職業選択に影響する事を考えると決して無視はできない恐怖症です。 しかし原因にもよりますが完全克服できる可能性は比較的低く、基本的には日常生活に支障がない程度にまで軽減させる事が治療の目的となるケースが多いようです。 片栗粉恐怖症の原因と症状 一番多い原因は片栗粉を握った時の「キュッ」という音や片栗粉自体の触感が生理的に気持ち悪く、 過剰に避けようとする事で限局性としての症状が表れます。 放置すると片栗粉以外の粉末に対しても恐怖心を抱くようになり、 重症化すると引きこもりの原因となる恐れがあります。 症状としては悪寒や多量の発汗、心拍の乱れなどがあり、想像するだけで嘔吐したりパニック発作に至る例も報告されています。 実例として、 きまぐれクックを運営するYouTuber ユーチューバー の金子(かねこ)さんが片栗粉恐怖症で、動画内で驚く姿を見る事ができます。 しかし7:35にある通り、ある程度慣れると袋の上からなら触れる事が可能になっています。 片栗粉恐怖症への対処、克服法や注意点 生理的な嫌悪が関連するケースが多い事もあり、完全克服する事は難しい事が分かっていますが、 放置すると危険な事から軽減に向けた治療が推奨されています。 治療にあたっては認知行動療法が最優先で選択され、実際に少しずつ片栗粉に触れて危険がない事を確認する曝露療法(エクスポージャ法)をはじめ、恐怖を階層化して原因を把握する系統的脱感作法などが必要によって組み合わされます。 重症化のケースであっても投薬治療が選択される事はまずないと思って良いでしょう。 注意点としては独自での治療や強引な治療はさらなる重症化を引き起こす可能性があり危険です。 治療は必ず周囲の理解を得た上で医師やカウンセラーの指導のもとで行うようにしてください。 まずは家族や周囲に打ち明ける事が克服に向けての第一歩となる事は間違いありません。

次の

きまぐれクック・かねこの片栗粉嫌いがヤバい!片栗粉恐怖症に陥っている!?

きまぐれクック 片栗粉

きまぐれクックの炎上 きまぐれクックさんは 炎上バージンなyoutuberさんでしたが ついに炎上かということで! きまぐれクックさんの炎上を詳しく見ていきましょう。 形としては、プチ炎上という内容なのですが 動画上での冒頭の挨拶の撮影をした際に ベビーカーを押した通行人の進路を塞いでしまい 邪魔になっていたことが一部の視聴者からの 炎上となってしまった 様です。 きまぐれクックさんはすぐさま、謝罪をし そこまで大きな 炎上とはならなかった様です。 きまぐれクック炎上の理由は刺青? 今回の記事の本題!きまぐれクックかねこさんは 刺青を入れているのか? なのですが・・ どこを調べてみても 刺青を入れている内容は見当たらなかったです。 よく探してみると検索のサジェスト機能で 出てきていた様です。 こちらのサジェスト機能から どんどんとこちらの 噂が広がって行ったのでしょうか? 動画を見ていても、肌を隠す様子もありませんし 刺青は入っていない情報が有力なのでは無いでしょうか? 見えない部分に入れてあるかと考えられますが可能性は低いのでは無いでしょうか? 【追記】コメントいただきました! 水ダコ様よりコメントいただきましたので、ご紹介させていただきます。 誠にありがとうございます。 かねこの水ダコを裁く動画で実食の時に右手手首から肘の間にどう見てもイレズミとしか見えない影が写り込んでいる、以前の動画では同じ部所に影のようなものは写り込んでいない これらのことは検証しての記事なのだろうか こちらについてですが、右手手首から肘のあたりを確認・検証したいと思います。 おそらく問題の動画はこちらだと思います。 動画は巨大水だこを調理していくという内容のものですが、2017年3月13日の公開となっています。 そして、動画2:44秒あたりで、かねこさんがタコを捌く場面で確かに右手に黒い物体、刺青っぽいものが見えます。 その画像はこちら。 「まじか!!きまぐれクックやっちゃってるやん!」 私もそう思いました。 しかし、こちらの画像をご覧ください! なんと!! 先ほどの黒い物体が、滲んでいます…。 水ダコさん、コメントありがとうございました! きまぐれクックの片栗粉の使い方がすごい!? きまぐれクックの動画内でとても目を引くのは 捌く手際の良さでしたり美味しいそうな料理なのですが もう一つの見どころ??かは分かりませんが 片栗粉が登場した時にかなり良い リアクションをして います。 動画内で何度かあんかけを作っているのですが その時のリアクションがこちらです。 出典元: 片栗粉のキュキュっとした感触が苦手な様で あんなにも大きな魚を勇敢に捌く時とはうって変わって 大ビビりしています。 そちらの様子も動画内に公開してありますので 是非見てみてください! 「片栗粉とは向き合わなあかん。 」と言っているので 片栗粉を克服できる日も近いかも? 片栗粉を本気で怖がる きまぐれクックさんかねこさん必見です。 きまぐれクックかねこの出身は豊浜?本名や年齢も! チャンネル名:きまぐれクック 本名:不明 名字はかねこ? 年齢:27歳 誕生日:1991年5月31日 出身地:愛知県南知多 身長:177cm 体重:64.2kg 血液型:O型 事務所:Kiii かねこさんは現在、愛知県在住で配信を行っています。 かねこさんは本名は公開していないようです。 以前は働きながら、動画の配信をしていた様で そのためか本名の公開は控えていたのでは無いでしょうか? かねこさんの出身が豊浜という情報は出ていないようです。 お若いということに非常に驚きですね! お魚に詳しかったり、うんちくや盛り付け方にも 詳しいので、意外でした。 27歳とお若いので、これからもっと良い 包丁捌きを習得しそうですね! 〜こちらは愛知出身のYouTUber〜.

次の

きまぐれクックは片栗粉恐怖症!?青い包丁や市場の場所、変な魚おじさんも紹介!

きまぐれクック 片栗粉

テンポとリズムがとても良い曲ですよね。 思わずリズムを取りたくなる軽快な音が特徴的! 南国パラダイスという曲名というだけあって凄く爽やかな印象です。 効果音:不明 料理が完成した際にBGMより先に効果音が流れますよね。 ちゃらららーんという音。 先ほどの南国パラダイスを聞いていてもそいういう音はありませんでした。 なのでこちらは効果音になりますね。 なんという効果音なのかリサーチしてみましたが、 こちらについては情報はありませんでした。 きまぐれクックかねこさんは DOVA-SYNDROMEのBGMや効果音を良く使われているのでこちらのサイトのフリー素材を使っていると思われます。 また分かり次第追記していきますね! 知っている方も教えていただけたら幸いですのでよろしくお願いします! 関連記事: エンディングの曲:A Wish2 きまぐれクックかねこさんエンディングの曲はハープの綺麗な音色ですよね。 こちらの曲についてもリサーチしてみました! フリー音楽素材サイト、 PeriTuneにある曲でした。 A Wish2という曲名になります。 ゆったりしたテンポでエンディングの曲にピッタリですよね。 ずっと流していたら眠ってしまいそう。 ハープの音なんてなかなか聞く機会はありませんよね。 僕はきまぐれクックかねこさんの動画でしか聞いたことがありません! 関連記事: 動画内の曲名一覧まとめ きまぐれクックかねこさんの動画に使われている曲はあまり他の人は使っていない印象があります。 なのでどこかで聞いても『きまぐれクックかねこの曲!』という様に思ってしまいますよね。 なんというBGMを使用されているのでしょうか。 こちらの使用されている曲名を一覧でまとめてみました! 調理開始のBGM:三味線、締太鼓を用いた和風SE きまぐれクックかねこさんが冒頭の 調理開始!の時に流れる効果音になります。 三味線と締太鼓の音だったのですね。 締まる音がしてカッコいい! ほんわかぷっぷー 魚を捌いたり調理をされている時にながれるBGM。 こちらが一番良く聞かれるのではないでしょうか。 あまり長くない曲なので動画ではループして流していると思います。 実はこちらはなんとメリーゴーランドでも流れていました! 動物園のメリーゴーランドの曲が きまぐれだった。 — ︎まるむ氏 Dazchanxxx 凄いですね! きまぐれクックかねこさんのファンなら一度は行ってみたいのではないでしょか。 とある日常 以上が僕がきまぐれクックかねこさんが使用されているBGMになります! ほぼすべての曲がフリー素材だったのですね。 フリー素材の音楽だけであれほど多く再生される動画を編集されるなんて凄い! 曲を聞いた感じではポップな曲、和の曲が多いように感じました! どれもきまぐれクックかねこさんに合っている曲で良いですね。 他にもきまぐれクックかねこさんの使用されている曲が分かったら追記していきます。 分かる方がいたらこちらも教えていただければ幸いですのでよろしくお願いします! 関連記事: まとめ ・完成のBGMは南国パラダイス、効果音は不明 ・エンディングの曲はA Wish2を使っている ・動画内のBMGは約10曲で全てフリー素材 関連記事: 最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!.

次の