パウリーニョ。 PAULINHO NOGUEIRA / パウリーニョ・ノゲイラ商品一覧|LATIN/BRAZIL/WORLD MUSIC|ディスクユニオン・オンラインショップ|wmf.washingtonmonthly.com

ジョゼ・パウロ・ベセーラ・マシエル・ジュニオール

パウリーニョ

昨年夏に中国からバルセロナへやってきたブラジル代表MFパウリーニョは、1年で中国の広州広大に復帰することになった。 この決断に驚いた人もいるかもしれない。 パウリーニョはブラジル代表でも主力で、バルセロナでのパフォーマンスも決して悪くなかった。 7月中に30歳を迎えるが、まだまだ欧州でプレイすることは可能だろう。 しかし、バルセロナのEU圏外枠が1つの問題となった。 バルセロナにはブラジル代表のフィリペ・コウチーニョ、コロンビア代表のジェリー・ミナに加え、先日グレミオからブラジル人MFアルトゥール・メロ獲得を発表している。 アルトゥールは来年1月に合流との見方もあったのだが、バルセロナは今夏に前倒しした。 英『METRO』は当初2017-18シーズンに377分しかプレイしなかったセンターバックのミナがクラブを離れるとの予想があったものの、ロシアワールドカップで3得点を記録した印象的なパフォーマンスからクラブの考えが変わったと伝えている。 パウリーニョがクラブを離れることでコウチーニョ、ミナ、アルトゥールのEU圏外枠3人を守ることができる。 アルトゥールはブラジルのイニエスタとも呼ばれる逸材で、スペイン『MARCA』はアルトゥールがそのままパウリーニョの位置に入ると予想していた。 2017-18シーズン限りでアンドレス・イニエスタもクラブを去っているため、新シーズンのバルセロナは大きく変わることになる。

次の

【ウイイレアプリ2020】パウリーニョ(パウロ・エンヒキ)の評価とレベルマックス能力値

パウリーニョ

17-18シーズン、得点ランキングはメッシ、スアレスに次ぐ3位に位置しています。 ブラジル人特有の体格の良さに、柔軟なボールタッチやパス、さらにはここぞと言うときには点も取れるようです。 また、パウリーニョはディフェンス面でも優れています。 ダニエウ・アウベスの放出で心配されていたバルサのディフェンス面でしたが、パウリーニョの献身的なプレーに助けられているようです。 バルサにとって、パウリーニョ獲得は完全に成功だったと言えますね。 パウリーニョのコメント ブラジルメディア「UOL Esporte」のインタビューを受けたパウリーニョは、バルサにやってきてからのことを次のように振り返っています。 「メッシやスアレスがとても助けてくれたんだ。 私が何か疑問を感じたとき、彼らはいつも監督を交えて細かく説明してくれる。 イニエスタやブスケツもたくさんのアドバイスをくれた。 ポルトガル語を話すアンドレ・ゴメス、ネルソン・セメドとの会話も多いね。 4年契約だから、32歳か33歳までここでプレーすることになる。 ここでは自分が毎日改善されていることが実感できるんだ。 自分がこれほどのパフォーマンスを発揮できるチームは、バルサ以外にないね」 引用: チームのプレーに合わせるためには、コミュニケーションが不可欠です。 バルセロナにはメッシをはじめとする南米出身の選手が多数います。 ブラジル出身のパウリーニョにとって、コミュニケーションが取れやすいことはストレス軽減や順応することの助けになったようです。 また、キャプテンのイニエスタやブスケツといった、バルセロナの古株と言える選手の人柄も関係しているようです。 パウリーニョが困ったときに、すぐに手助けをしているのも、パウリーニョがここまて活躍できるきっかけになったのでしょう。 パウリーニョはトッテナム時代から分かっていましたが、元々実力を持っていた選手です。 バルセロナのチーム力が彼の活躍の引き金になったのでしょう。 バルセロナはチーム力で強い! バルセロナへの加入に疑問を向けられていたされていたパウリーニョですが、そのような意見を見事に撤回する活躍を見せています。 バルセロナはこれまでにも、世の意見を良い意味で裏切ってきました。 例えば、現在中盤のレギュラーに定着しているクロアチア代表の「イヴァン・ラキティッチ」も、セビージャから移籍する際には「活躍できないだろう」と言われていました。 しかし、彼の今の活躍を見れば、バルサにとって必要な選手だったことは分かりますね。 他にも、不動のアンカー「ブスケツ」は他のチームからの獲得の要望は一切ありません。 バルサ以外では通用しないことが知られているんです。 しかしブスケツもバルサにとって絶対に必要な選手です。 ブスケツなしに、これまでの戦歴は残せなかったでしょう。 バルセロナのサッカーは他のチームとは違い、選手それぞれが考えて行動するスタイルです。 そのため、他のチームでは活躍できないような選手がバルサの哲学にフィットすることがあります。 もちろん逆もですか、、、 監督、選手が一丸となってより良いプレーをすることに尽力しているのでしょう。 バルサの強さはそこにあります。

次の

パウリーニョ 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

パウリーニョ

英メディアなどが追放を報道するもパウリーニョ側は否定! 中国スーパーリーグの広州恒大に所属するブラジル代表MFのパウリーニョが出演したPR広告が思わぬ波紋を呼んでいる。 英紙『サン』など各国のメディアが報じている。 サン紙によれば、パウリーニョは広州垣大の許諾を得ずにアジアを中心に巨大展開を見せているベッティング企業の『Letou』と契約。 さらに同企業の広告内で日本人セクシー女優の葵つかささんと共演したことがクラブ、さらには中国で問題視される可能性があると報じた。 というのも、中国では賭博とポルノに関連した行為が、いかなる場合においても違法だとされているからだ。 英紙『インデペンデント』は、「中国政府はこの件で言及してはいないものの、2つの法律を破ったパウリーニョを国外追放する可能性がある」としている。 この騒動を受けてパウリーニョ側は、「我々はいかなる法も犯してはいない」と釈明。 ブラジル・メディア『グローボ』が公式声明を伝えている。 それによれば、パウリーニョ側は葵さんがセクシー女優だと言うことが聞かされておらず、「撮影クルーからはモデルだと聞いていた」と説明。 さらに、撮影した素材は自分たちの確認を経ずにサイトに掲載されたとして、「Letouが勝手に使用した。 契約は解消する」と主張した。 なお、葵さんとパウリーニョが撮影で一緒になっていたことは、昨年11月に葵さん当人のツイッターで、「ブラジル代表のサッカー選手、パウリーニョさんにお会いしてきました!! サッカーの知識皆無なので私は知らなかったのですが、凄いお方だと聞きました」とつぶやいたことからも判明している(同アカウントは削除済み)。 そんな中国追放の危機に晒さているパウリーニョは、4月12日に行なわれたACLの川崎フロンターレ戦にも出場。 しかし、フランスのラジオ局『RMC』によれば、欧州のメガクラブが触手を伸ばしているという。 2015年の夏にトッテナムから広州垣大へ移籍したパウリーニョは、現在のチッチ政権下でブラジル代表の中心選手として活躍。 今年3月23日のウルグアイ戦ではハットトリックを達成していた。 RMCによれば、ハイレベルを保つパウリーニョをドイツの絶対王者バイエルンが狙っているという。 指揮官のカルロ・アンチェロッティが、今シーズン終了後に引退するシャビ・アロンソの後釜として今夏に本格的に獲得に向けて動くとしている。 しかし、パウリーニョは広州垣大と2020年までの年俸700万ユーロ(約8億1000万円)という大型契約を結んでいる。 バイエルンが獲得にこぎつけるには、本人が大幅な減俸を受け入れる必要性があり、ドイツ王者がサインを迫るかどうかは微妙なところだろう。

次の