県民 共済。 県民共済のメリットとデメリット

県民共済を生命保険の代わりに加入する際の落とし穴

県民 共済

医療保険はいまや色んな会社が商品を持っていますが、コスパが良いことで有名である県民共済は、一体どれくらい医療保険の種類があるのか気になる人も多いのではないでしょうか。 保障が手厚くて掛け金が安ければ、安心して独身の人も家族でも加入できますよね。 県民共済はその名前から公共的なイメージがありますが、 地方自治体から認可を受けているだけですので、県と直接関係はありません。 今回この記事では、 県民共済について、• 県民共済の医療保険にはどんな種類がある?• 県民共済と民間の医療保険の違いは?• みんなは県民共済と民間の保険どっちを選んでる?評判や口コミも紹介• 参考:子供におすすめなのは県民共済と民間の保険どっち? 県民共済は主制度を1つ選択して、そこから必要に応じて特約をプラスしていきます。 メインとなる医療保険は、以下の2つになります。 総合保障2型(月掛金2,000円) 死亡保障と入院保障、そして事故の通院や後遺障害などもカバーしている、まさに起こりうる 様々なリスクに対応している医療保険です。 入院保障2型(月掛金2,000円) 入院1日に対して10,000円の保障があり、 日帰りから長期入院までしっかりとカバーしてくれます。 また、先進医療や手術にも対応しているため、 健康保険適用外の治療でも安心です。 月掛金を4,000円にして、さらに保障を厚くする「 総合保障2型と入院保障2型」を合わせたものや、保障額が総合保障2型の倍になる「 総合保障4型」もあります。 また、こども型や熟年型など、世代に応じて保障内容を変えて手厚くしているものもありますので、ご家族それぞれに選びやすいというメリットがあります。 特約は医療特約や新がん特約、三大疾病特約などがあり、月掛金を各々の保障プランにプラスします。 (参考・) 死亡保障 保険商品・特約 保険会社 数千万円 (プランによる) 色々あり、 自分で好きな保障がつけられる 県民共済 数億円 (プランによる) プランがあらかじめ決まっており、 特約もあるが少ない 共済の場合、死亡保障は高くても 数千万円ですが、保険はプランによって異なるものの 2億円など高額な保障もつけることが可能です。 入院や通院、手術や出産などの保障も、 保険であれば自分好みに選べますので女性であれば妊娠や帝王切開などの、女性特有の病気に対しての保障を厚くすることもできます。 共済は掛け金は安いですが既に入院や通院・手術やケガなど保障が1つのパッケージになっていることが多いという特徴があります。 共済 保険 加入条件 組合員でなければいけない (都道府県民共済のある地域に住んでいる もしくは勤務地であることが条件) 日本国内どこでも加入可能 年齢制限 85歳まで保障 終身型であれば一生涯保障 健康告知書 申込書にある告知事項を回答 (医師の診断・健康診断書は不要) 保障が大きなものは 医師の診断や健康診断書が 必要なケースもある 共済の保障年齢制限は85歳までですが、保険は終身型であれば年齢制限なく一生涯保障となります。 健康告知書は、共済は医師の診断や健康診断書は 不要ですが、保険は 保障の大きさにより 必要 となる場合があります。 共済と同じように申込書の告知のみで良い商品もありますが、その場合は不正を防止するためになんらかの制限が設けられていると言われています。

次の

県民共済の医療保険で十分?民間の医療保険との違いを比較!

県民 共済

県民共済と民間の医療保険を比較してみよう まずは、県民共済と民間の医療保険をの保障内容を比較します。 民間の医療保険については、私が加入しているメットライフ生命の新終身医療保険-フレキシィ-と比較します。 比較のため、保障内容は入院日額が同額となるようにし、毎月の保険料は25歳時点での金額とします。 (メットライフ生命の医療保険は60歳で保険料の払い込みが終了するよう設定) なお、優れていると思われる方のセルを 色に塗りました。 保険会社名 商品名 メットライフ生命 フレキシィ 県民共済 総合保障2型+医療1型 入院保障日額 5,000円 5,000円 入院日額限度日数 1入院60日目まで 1入院184日目まで 手術一時金額 10万円(一律) 5,10,20万円(手術に応じて) 先進医療特約 2,000万円まで+一時金5万円 150万円まで 死亡給付金 なし 400万円 その他特約 がん特約、死亡特約、通院保障 がん特約、三大疾病特約 その他特記事項 が付属 入院14日以上で通院時に1,500円支給 保険の保障期間 終身(一生涯) 定期(掛け捨て) 月額保険料金 2,063円 3,000円 以上どうでしょうか? これだけを見るとどっちもどっちという感じはあるかもしれません。 それぞれの保険のメリット・デメリットを抜き出すと概ね以下のような感じになると思います。 メットライフ生命のメリット・デメリット メットライフ生命のメリット• 先進医療特約の金額が多い• 先進医療を受けた際に一時金が出る• セカンドオピニオンサービスが付帯する• 保険料が安価• 保障が終身(一生涯) メットライフ生命のデメリット• 死亡給付金がない 県民共済のメリット・デメリット 県民共済のメリット• 入院日額限度日数が1入院184日と長い• 死亡時の給付金がある• 入院14日目以上の場合、退院後の通院給付がある 県民共済のデメリット• 先進医療保障の金額が少ない• 保障内容の割に保険料がやや高い• 掛捨てのため払うのをやめれば保障が受けられない 以上を比べてみると 以上のとおり、それぞれのメリットとデメリットを見てみると、メットライフ生命も県民共済も一長一短といったところです。 しかし、それでも私は最終的にはメットライフ生命の医療保険へと加入しました。 そちらを選んだのには 確固たる理由があります。 実は、県民共済には致命的ともいえる大きな落とし穴があるんです。 県民共済の保障内容に潜む落とし穴とは…? 県民共済には落とし穴があります。 県民共済の落とし穴、それは、 65歳から保障が段階的に減っていき、 85歳以降は更新することができない ということです。 以下の表で見ると分かりやすいかと思います。 以下は、県民共済の年齢別の保障額です。 年齢が切り替わるごとに、保障内容は自動的に変更されます。 加入可能年齢 60〜65歳 65〜70歳 70〜80歳 80〜85歳 85歳〜 入院保障 病気 4,500円 2,500円 2,500円 0円 更新・加入不可 入院保障 怪我 5,000円 2,500円 2,500円 1,000円 死亡保障 700万円 200万円 150万円 50万円 先進医療 75万円まで 75万円まで 75万円まで 0円 月保険料 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 県民共済は保障が先細りし、保障の期限もある 以上のとおり、県民共済は65歳からは保障が先細りしていきます。 そして、85歳以上は更新も新規加入もすることができません。 医療保障が最も必要になる老後に保障がどんどんなくなっていきます。 それなのに保険料はそれまでと同じ3,000円のままです。 老後の毎月3,000円の負担は、現役世代の3,000円より重たいことでしょう。 メットライフ生命は保障はそのままで、老後は保険料の負担もない 県民共済とは対照的に、私が加入したメットライフ生命の医療保険は、 何歳になっても保障は加入時のままです。 保障は一生涯受けられ、先細りすることはありません。 また、保険料も60歳や65歳までに払い込んでしまえば、それ以降は保険料を支払わずに医療保障を受けられます。 以上をまとめると 県民共済は、老後に毎月3,000円を支払って期限が決められた医療保障を受けることになります。 また、保障も先細りし、 85歳で保障が終了となります。 メットライフ生命をはじめとした民間の終身医療保険は、保障は一生涯変わらず受けられます。 また、65歳くらいまでの現役世代のうちに保険料を払い込んでしまえば、老後に保険料の負担はありません。 以上2つを比べると一体どちらが安心でしょうか・・・?.

次の

県民共済のメリットとデメリット

県民 共済

医療保険はいまや色んな会社が商品を持っていますが、コスパが良いことで有名である県民共済は、一体どれくらい医療保険の種類があるのか気になる人も多いのではないでしょうか。 保障が手厚くて掛け金が安ければ、安心して独身の人も家族でも加入できますよね。 県民共済はその名前から公共的なイメージがありますが、 地方自治体から認可を受けているだけですので、県と直接関係はありません。 今回この記事では、 県民共済について、• 県民共済の医療保険にはどんな種類がある?• 県民共済と民間の医療保険の違いは?• みんなは県民共済と民間の保険どっちを選んでる?評判や口コミも紹介• 参考:子供におすすめなのは県民共済と民間の保険どっち? 県民共済は主制度を1つ選択して、そこから必要に応じて特約をプラスしていきます。 メインとなる医療保険は、以下の2つになります。 総合保障2型(月掛金2,000円) 死亡保障と入院保障、そして事故の通院や後遺障害などもカバーしている、まさに起こりうる 様々なリスクに対応している医療保険です。 入院保障2型(月掛金2,000円) 入院1日に対して10,000円の保障があり、 日帰りから長期入院までしっかりとカバーしてくれます。 また、先進医療や手術にも対応しているため、 健康保険適用外の治療でも安心です。 月掛金を4,000円にして、さらに保障を厚くする「 総合保障2型と入院保障2型」を合わせたものや、保障額が総合保障2型の倍になる「 総合保障4型」もあります。 また、こども型や熟年型など、世代に応じて保障内容を変えて手厚くしているものもありますので、ご家族それぞれに選びやすいというメリットがあります。 特約は医療特約や新がん特約、三大疾病特約などがあり、月掛金を各々の保障プランにプラスします。 (参考・) 死亡保障 保険商品・特約 保険会社 数千万円 (プランによる) 色々あり、 自分で好きな保障がつけられる 県民共済 数億円 (プランによる) プランがあらかじめ決まっており、 特約もあるが少ない 共済の場合、死亡保障は高くても 数千万円ですが、保険はプランによって異なるものの 2億円など高額な保障もつけることが可能です。 入院や通院、手術や出産などの保障も、 保険であれば自分好みに選べますので女性であれば妊娠や帝王切開などの、女性特有の病気に対しての保障を厚くすることもできます。 共済は掛け金は安いですが既に入院や通院・手術やケガなど保障が1つのパッケージになっていることが多いという特徴があります。 共済 保険 加入条件 組合員でなければいけない (都道府県民共済のある地域に住んでいる もしくは勤務地であることが条件) 日本国内どこでも加入可能 年齢制限 85歳まで保障 終身型であれば一生涯保障 健康告知書 申込書にある告知事項を回答 (医師の診断・健康診断書は不要) 保障が大きなものは 医師の診断や健康診断書が 必要なケースもある 共済の保障年齢制限は85歳までですが、保険は終身型であれば年齢制限なく一生涯保障となります。 健康告知書は、共済は医師の診断や健康診断書は 不要ですが、保険は 保障の大きさにより 必要 となる場合があります。 共済と同じように申込書の告知のみで良い商品もありますが、その場合は不正を防止するためになんらかの制限が設けられていると言われています。

次の