ヘッドホン。 【2020年版】ヘッドホンのおすすめ23選。高音質な人気モデルをご紹介

1万円前後のヘッドホンおすすめ人気ランキング30選【2020年最新版】

ヘッドホン

ヘッドホンの種類 密閉型ヘッドホン By: 発音部を囲むイヤーカップ部分(ハウジング)が外部と遮断されているタイプを「密閉型ヘッドホン」といいます。 昔からあるスタンダードな形状のヘッドホンで、外部の音を遮断するため、細かい音も聴き取りやすく音楽に没入できるのがメリット。 低音を逃がしにくい構造なので、低音の効いた曲を楽しみたい方に適しています。 周囲への音漏れが少なく、公共の場所でも使いやすいのが魅力。 小さな音も聴き逃したくないという方や曲を集中して聴きたい方、迫力のある重低音サウンドを楽しみたい方は密閉型ヘッドホンがおすすめです。 ただし、密閉されることで外部の音が聴こえにくいため、その点は注意しておきましょう。 接続方法と機能で選ぶ By: ヘッドホンといえばかつては有線タイプが主流でしたが、最近はBluetoothで接続できるヘッドホンも増えています。 屋内使用がメインであれば、バッテリー切れの心配がなく、音質も安定している有線タイプが最適。 屋外で使う機会が多い場合や、ケーブルが煩わしいと感じる方にはBluetoothタイプがおすすめです。 また、ヘッドホンに搭載されている機能も多様化しているのが特徴。 屋外で使うときは周りの騒音が気になるという方は、ノイズキャンセリング対応のヘッドホンを選べばストレスなく楽しめます。 また、より音質を重視したい方は、立体感のあるサウンドが楽しめるバランス接続に対応しているヘッドホンがおすすめです。 音質傾向で選ぶ モニター型ヘッドホン By: ヘッドホンの音質はメーカーおよび機種ごとに大きく異なります。 価格が高ければよいというものではなく、ヘッドホンが得意とする音の傾向と自分好みの音が一致していることが重要です。 モニター型は、主に音楽制作を目的としたシーンに適しており、全体の音がバランスよく聞こえるのが特徴。 ミックスやマスタリングなど全体の音量バランスを整えたいときなどに重宝します。 リスニング向けヘッドホン By: リスニング向けのヘッドホンは、ベース音を強調している重低音ヘッドホンや、低音・高音ともに強調されたドンシャリ傾向のあるヘッドホンなどがあり、バリエーションが多いのが特徴です。 製品ラインナップが豊富に揃っているため、各メーカーの音質の傾向を把握して選ぶのが重要なポイント。 特に老舗メーカーのヘッドホンはこれまで培ってきた技術とノウハウが活かされており、自分の好みに合うモデルを見つけやすい傾向にあります。 音質を追求するなら「ハイレゾ」対応モデルを選ぶ By: ヘッドホンのスペックは、再生できる範囲の広さを示す「再生周波数帯域」、大きな音をどこまで出せるかを示す「音圧感度」、電気抵抗値を示す「インピーダンス」が重要です。 このうち、高音質を見分けるのに繋がるのは「再生周波数帯域」。 ほとんどのヘッドホンは、人が聴き取れる周波数といわれている20Hz〜20kHzをカバーしていますが、最近は従来のCDを超える音域が再生できる「ハイレゾ音源」も注目されています。 高音質のヘッドホンを探している方は、再生周波数帯域が40kHz以上のハイレゾ音源に対応したモデルを選びましょう。 ヘッドホンのおすすめメーカー ソニー SONY By: ソニーは常に先進的な技術の開発と新しいオーディオの楽しみ方を提示してきた世界的なメーカー。 ウォークマンの発売により、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させました。 ヘッドホンにおいてはプロ用・一般用の両方において国内トップクラス。 特にプロ用の「MDR-CD900ST」は、発売から30年以上経つ現在でも業務用のヘッドホンとして圧倒的な影響力を持ちます。 一般用のヘッドホンは、ハイレゾ音源が聴ける広帯域に対応していたり、Bluetoothで伝送する際の高音質コーデックLDACに対応していたりと、優れたスペックを備えているのが魅力です。 製品によっては騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能も搭載。 音質がクリアで音の隅々までしっかり聴き取れるのがポイントです。 オーディオテクニカ audio-technica By: 日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつ。 幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えているのが特徴です。 国内メーカーとしては珍しく開放型を多く展開しているのがポイント。 やや高音を強めた爽やかなサウンドが特徴です。 なかでも、業務用のヘッドホンはフラットな傾向にあります。 原音を忠実に聴きたい方におすすめです。 ゼンハイザー SENNHEISER By: 世界で初めてノイズキャンセリング機能を開発したアメリカのオーディオ機器メーカー。 独自の音楽理論と多数の特許技術を持っており、全体的に華やかで聴き応えのある心地よいサウンド作りをしているのが特徴です。 重低音のほか、声の帯域である中音域をクリアに聴かせてくれるモデルをラインナップしているのもポイント。 高性能な製品を求めている方はぜひチェックしておきましょう。 ビーツ Beats By: スタイリッシュかつクールなデザインとおしゃれなカラーリングが特徴のビーツ。 音質も良好で、特に重低音重視の方は要チェックのブランドです。 音楽業界だけでなく、アスリートやモデルなど多くのセレブに愛用されているのもポイント。 2014年からはAppleの傘下となり、同メーカー製品との互換性も考慮したい方はチェックしておきましょう。

次の

1万円前後のヘッドホンおすすめ人気ランキング30選【2020年最新版】

ヘッドホン

ヘッドホンは商品ごとに得意とする音域が異なるので、自分の好みに合った音域を把握しておくことが重要。 特に1万円前後の商品では全域にわたって強いヘッドホンというのはなかなか無いので、ある程度目的の音域を絞っておくことが大切です。 J-POPなどの邦楽をメインに聞く方には、中高域に強いものがおすすめ。 一方 ロックやジャズなど低音が特徴的な曲には、やはり低音域に強いものが合っています。 クラシックのように低音から高音まで幅広く音が使われている曲には、どちらかに寄っていないフラットな音域が必要です。 いずれも製品情報だけでは判断しきれないので、口コミなど実際の感想を参考に選びましょう。 また店頭で視聴して確かめる際は、特に中音域に注目するとより良いヘッドホンを見極めやすくなります。 老舗メーカーJBL製の、スタイリッシュなフォルムが魅力のワイヤレスヘッドホンです。 2台のデバイスを同時に接続できるマルチポイント機能を搭載。 音楽を聴いている途中に電話の着信を受けることも可能なので、普段遣いにもぴったり。 急速充電機能にも対応しており、約15分の充電で最大約1時間の音楽再生ができます。 お値段は5000円以下と手が届きやすいのが魅力。 ECサイトの口コミでは、ヘッドバンドがきつめとの声もあるようなので、締め付け感が苦手な人には不向きかもしれません。 イヤーカップ 密閉型 接続方式 ワイヤレス 形状 オーバーヘッド 周波数特性 20Hz~20,000Hz 再生周波数帯域 - 補修パーツ - PS4に対応した、7. 1Dolbyサラウンドサウンドのゲーミングヘッドセット。 臨場感のある立体的なサウンドで、遅延なくさまざまな方向から音を感じることができます。 内蔵型コントロールボタンと格納式デジタルマイクで、マイク音とマスター音の調節が簡単なのが嬉しいポイント。 Bluetooth・有線どちらにも対応しており、Bluetoothは最大16時間の連続稼働が可能。 イヤーパッドのフォームに凹みを作ることで、メガネを付けても、こめかみの締め付けを緩和してくれるのも嬉しいポイントです。 最大で45m離れても通信可能で、動き回っても音声が途切れません。 ノイズキャンセリング機能もついているので、 掃除機や料理などの生活音の出る家事をしながらでもクリアに音声を楽しむことが可能です。 壁を隔てても通信可能なので、ヘッドホンを付けながらトイレに行っても大丈夫。 一々接続し直す必要がありません。 人間工学に基づいたデザインで、かつ軽量・快適な装着感。 長時間つけても疲れず使用できます。 密閉型は音が籠りがちですが、こちらは音抜けのよさも魅力。 ハイレゾ対応の高音質で、中高音と低音がバランスよく両立しています。 形状記憶のヘッドバンドは絶妙なフィット感があるので、長時間の使用でも快適ですよ。 ECサイトの口コミでは、中~高音域の透明感のある音や低音の鳴りが気持ちいいと好評な意見も見られました。 音にクセがなくデザイン性も兼ね備えているので、スタイリッシュで高品質なヘッドホンが欲しい方におすすめです。 ear on 2 Mini Wireless DENON ヘッドホン モニターヘッドホン エアーダイナミックヘッドホン ノイズキャンセリングヘッドホン A10 ワイヤレスヘッドホン モニターヘッドホン Thresher 7. 1 ヘッドホン JBL TUNE Bluetoothヘッドホン プロフェッショナルモニターヘッドホン ステレオヘッドホン RP-HTX80B ステレオヘッドホン Reference Studio Headphones ステレオヘッドホン ノイズキャンセリング ヘッドホン RP-HD300B Crusher Wireless S6wireless noise cancelling Bluetoothヘッドホン V4. 2 ワイヤレスステレオヘッドセット HD 25 AKG K92 特徴 どんなシーンでも使いたい!高音質設計が魅力のヘッドホン ワイヤレスとは思えない!大迫力の重低音 どんな音も聞き逃さない、広帯域再生モニターヘッドホン 一つひとつの音を細部まで再現!快適な装着感にも注目 深みのある重低音が、迫力あるサウンドを再現 圧迫感・閉塞感が少ない骨伝導ヘッドホン 冷却ジェル入りイヤークッションで長時間の使用も快適に! 小さいけれど高機能!ファッションに合わせやすいヘッドホン 音抜けのよさと迫力あるサウンドを実現した、おしゃれなヘ... PS4のゲームを迫力あるサラウンドサウンドで楽しめる レトロカラーが魅力のハイレゾ対応ヘッドホン 音楽と電話を同時に!便利なマルチポイント機能 スタジオモニタリングにぴったり!低音から高音までフラッ...

次の

初心者必見!失敗しないヘッドホンの選び方

ヘッドホン

ヘッドホンの種類 密閉型ヘッドホン By: 発音部を囲むイヤーカップ部分(ハウジング)が外部と遮断されているタイプを「密閉型ヘッドホン」といいます。 昔からあるスタンダードな形状のヘッドホンで、外部の音を遮断するため、細かい音も聴き取りやすく音楽に没入できるのがメリット。 低音を逃がしにくい構造なので、低音の効いた曲を楽しみたい方に適しています。 周囲への音漏れが少なく、公共の場所でも使いやすいのが魅力。 小さな音も聴き逃したくないという方や曲を集中して聴きたい方、迫力のある重低音サウンドを楽しみたい方は密閉型ヘッドホンがおすすめです。 ただし、密閉されることで外部の音が聴こえにくいため、その点は注意しておきましょう。 接続方法と機能で選ぶ By: ヘッドホンといえばかつては有線タイプが主流でしたが、最近はBluetoothで接続できるヘッドホンも増えています。 屋内使用がメインであれば、バッテリー切れの心配がなく、音質も安定している有線タイプが最適。 屋外で使う機会が多い場合や、ケーブルが煩わしいと感じる方にはBluetoothタイプがおすすめです。 また、ヘッドホンに搭載されている機能も多様化しているのが特徴。 屋外で使うときは周りの騒音が気になるという方は、ノイズキャンセリング対応のヘッドホンを選べばストレスなく楽しめます。 また、より音質を重視したい方は、立体感のあるサウンドが楽しめるバランス接続に対応しているヘッドホンがおすすめです。 音質傾向で選ぶ モニター型ヘッドホン By: ヘッドホンの音質はメーカーおよび機種ごとに大きく異なります。 価格が高ければよいというものではなく、ヘッドホンが得意とする音の傾向と自分好みの音が一致していることが重要です。 モニター型は、主に音楽制作を目的としたシーンに適しており、全体の音がバランスよく聞こえるのが特徴。 ミックスやマスタリングなど全体の音量バランスを整えたいときなどに重宝します。 リスニング向けヘッドホン By: リスニング向けのヘッドホンは、ベース音を強調している重低音ヘッドホンや、低音・高音ともに強調されたドンシャリ傾向のあるヘッドホンなどがあり、バリエーションが多いのが特徴です。 製品ラインナップが豊富に揃っているため、各メーカーの音質の傾向を把握して選ぶのが重要なポイント。 特に老舗メーカーのヘッドホンはこれまで培ってきた技術とノウハウが活かされており、自分の好みに合うモデルを見つけやすい傾向にあります。 音質を追求するなら「ハイレゾ」対応モデルを選ぶ By: ヘッドホンのスペックは、再生できる範囲の広さを示す「再生周波数帯域」、大きな音をどこまで出せるかを示す「音圧感度」、電気抵抗値を示す「インピーダンス」が重要です。 このうち、高音質を見分けるのに繋がるのは「再生周波数帯域」。 ほとんどのヘッドホンは、人が聴き取れる周波数といわれている20Hz〜20kHzをカバーしていますが、最近は従来のCDを超える音域が再生できる「ハイレゾ音源」も注目されています。 高音質のヘッドホンを探している方は、再生周波数帯域が40kHz以上のハイレゾ音源に対応したモデルを選びましょう。 ヘッドホンのおすすめメーカー ソニー SONY By: ソニーは常に先進的な技術の開発と新しいオーディオの楽しみ方を提示してきた世界的なメーカー。 ウォークマンの発売により、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させました。 ヘッドホンにおいてはプロ用・一般用の両方において国内トップクラス。 特にプロ用の「MDR-CD900ST」は、発売から30年以上経つ現在でも業務用のヘッドホンとして圧倒的な影響力を持ちます。 一般用のヘッドホンは、ハイレゾ音源が聴ける広帯域に対応していたり、Bluetoothで伝送する際の高音質コーデックLDACに対応していたりと、優れたスペックを備えているのが魅力です。 製品によっては騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能も搭載。 音質がクリアで音の隅々までしっかり聴き取れるのがポイントです。 オーディオテクニカ audio-technica By: 日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつ。 幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えているのが特徴です。 国内メーカーとしては珍しく開放型を多く展開しているのがポイント。 やや高音を強めた爽やかなサウンドが特徴です。 なかでも、業務用のヘッドホンはフラットな傾向にあります。 原音を忠実に聴きたい方におすすめです。 ゼンハイザー SENNHEISER By: 世界で初めてノイズキャンセリング機能を開発したアメリカのオーディオ機器メーカー。 独自の音楽理論と多数の特許技術を持っており、全体的に華やかで聴き応えのある心地よいサウンド作りをしているのが特徴です。 重低音のほか、声の帯域である中音域をクリアに聴かせてくれるモデルをラインナップしているのもポイント。 高性能な製品を求めている方はぜひチェックしておきましょう。 ビーツ Beats By: スタイリッシュかつクールなデザインとおしゃれなカラーリングが特徴のビーツ。 音質も良好で、特に重低音重視の方は要チェックのブランドです。 音楽業界だけでなく、アスリートやモデルなど多くのセレブに愛用されているのもポイント。 2014年からはAppleの傘下となり、同メーカー製品との互換性も考慮したい方はチェックしておきましょう。

次の