レット イット ゴー 歌詞。 Let It Go〜ありのままで〜 松たか子 歌詞情報

Frozenの「Let it go」の日本語版の歌詞を教えてください。 ...

レット イット ゴー 歌詞

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

松たか子 レット・イット・ゴー~ありのままで~ 歌詞&動画視聴

レット イット ゴー 歌詞

今回、 歌詞を 和訳するのは ビートルズの「 レットイットビー」。 もう言わずとしれた 名曲中の名曲。 個人的にかなり好きな曲です。 タイトルの 「Let It Be」の和訳というか解釈は、色々ありますよね。 「なすがままに」「ありのままに」「そのままでいいんだよ」的な感じですかね。 私は、「レットイットビー」は 「身をゆだねなさい」と和訳しました。 歌詞にもある通り、 マリア様から頂いた素晴らしいお言葉なので、なんかイメージとしてこんな感じなのかなと。 この「レットイットビー」の解釈は、人それぞれ違って良いと思いますが、ただみんな ニュアンスは同じなんだと思います。 そして、この「レットイットビー」という曲には、ポール・マッカートニーの想いが密かに込められているんです。 そのポールの想いも相まって、 心に沁みわたる曲になってるんですね。 この曲が持つ荘厳な雰囲気を意識しつつ、 ビートルズの 「レットイットビー」の歌詞を和訳してみました。 【歌詞和訳】The Beatles「Let It Be」 以下、英語歌詞は引用 日本語歌詞はオリジナル The Beatles『Let It Be』 When I find myself in times of trouble 苦難の時にいると気づいた時 Mother Mary comes to me マリア様が僕のところに現れて Speaking words of wisdom 素晴らしい言葉をくれたんだ Let it be 「身をゆだねなさい」って And in my hour of darkness 僕が暗い時を過ごしていると She is standing right in front of me 彼女は僕の前に立って Speaking words of wisdom 素晴らしい言葉をくれたんだ Let it be 「身をゆだねなさい」って Let it be, let it be なすがままに Let it be, let it be あるがままに Whisper words of wisdom 彼女はそうささやいた Let it be 「身をゆだねなさい」って And when the broken hearted people 心が傷だらけの Living in the world agree 世界中の人々が 心を一つにすれば There will be an answer 答えは必ずあるから Let it be 「身をゆだねなさい」 For though they may be parted 彼らは離れ離れになってしまうかもしれないけど There is still a chance that they will see また会うチャンスはある There will be an answer 答えは必ずあるから Let it be 「身をゆだねなさい」 Let it be, let it be なすがままに Let it be, let it be あるがままに Yeah there will be an answer 答えは必ずあるから Let it be 「身をゆだねなさい」 Let it be, let it be なすがままに Let it be, let it be あるがままに Whisper words of wisdom 彼女はそうささやいた Let it be 「身をゆだねなさい」って Let it be, let it be なすがままに Ah let it be, yeah let it be あるがままに Whisper words of wisdom 彼女はそうささやいた Let it be 「身をゆだねなさい」って And when the night is cloudy 曇った夜空にも There is still a light that shines on me 僕を照らしてくれる明かりはある Shine on until tomorrow そして 夜が明けるまで 照らしてくれるんだ Let it be 今はただ「身をゆだねよう」 I wake up to the sound of music, 「音楽」で目を覚ますと Mother Mary comes to me マリア様が僕のところへ現れて Speaking words of wisdom 素晴らしい言葉をくれたんだ Let it be 「身をゆだねなさい」って Let it be, let it be なすがままに Let it be, yeah let it be あるがままに Oh there will be an answer 答えは必ずあるから Let it be 「身をゆだねなさい」 Let it be, let it be なすがままに Let it be, yeah let it be あるがままに Oh there will be an answer 答えは必ずあるから Let it be 「身をゆだねなさい」 Let it be, let it be なすがままに Let it be, yeah let it be あるがままに Whisper words of wisdom 彼女はそうささやいた Let it be 「身をゆだねなさい」って The Beatles「Let It Be」歌詞を和訳してみて・・・ ビートルズ「レットイットビー」は、まるで 教会に響きわたるような荘厳な雰囲気を持ってますよね。 そして、作曲したポール自身がキリスト教であること、歌詞の中に「聖母マリア様」が登場することから、そういうイメージがより強く湧きますよね。 なので、歌詞の和訳にもある通り、 「レットイットビー」はマリア様からいただいた素晴らしいお言葉なので、 「身をゆだねなさい」と ちょっとお告げ風に和訳してみました。 文脈や歌詞とか関係なく、 「Let It Be」を和訳するとなると、色々な和訳が当てはまるかと思います。 そして、そのどれもがこの歌詞においても正解なんだと思います。 もう極論、「Let It Be」は和訳しても「レットイットビー」でもいいんだと思います。 この曲を聴いて、自分が感じたことが、自分の「レットイットビー」なんだと。 みんな、表現する言葉は違えど、 ほとんど同じものを感じているはず。 「身をゆだなねさい」と和訳しましたが、イメージとしては、 「今は ただ その流れに身をゆだねなさい」という感じ。 それは、何もしなくていいよという意味ではなく、 「あなは 毎日頑張っているのだから この先幸せが待っているはず 今のままでいいんだよ」というニュアンスで私は感じました。 もし、ポール・マッカートニーの心からこの歌詞がこぼれてきたのだとすると、ポール自身が こんな風に誰かに言って欲しかったのかなって思います。 それは、 ポールの心の声だったのかなって。 実は、ポールの母親の名前は 「メアリー」。 そうなんです、綴りは 「Mary」。 歌詞に登場する「Mother Mary 」は一般的には「聖母マリア様」と和訳されますが、 「母メアリー」という解釈もあるんですよね。 実は、母メアリーは、ポールが14歳の時に47歳の若さで亡くなっているんです。 「身をゆだねなさい」って、ポールが本当に言って欲しかったのは、 母親だったのかもしれませんね。 歌詞を和訳していて感じたのは、この曲の主人公は今 「苦難の時代」にいて、でもこの先きっと良い未来が待っているから、今はその流れに身をゆだねなさいという感じ。 つまり、この「レットイットビー」を創っている時、 ポール自身も苦難の時代と感じていたのかなということ。 そして、それを裏付けるかのように「レットイットビー」を発表した 1970年にビートルズは 解散しているんです。 このビートルズにまつわる歴史や話はたくさんあって有名ですよね。 一緒に活動してきたビートルズに解散が近いことを、ポールは感じていて、それをポールがどう感じているかも、この「レットイットビー」に秘められているのかなと。 そして、「レットイットビー」の歌詞の中には、ビートルズの解散について密かに、かつストレートに想いを込めている歌詞があるんです。 For though they may be parted 彼らは離れ離れになってしまうかもしれないけど There is still a chance that they will see また会うチャンスはある この「彼ら」というのは、ビートルズのことを指していると思いませんか。 そうであるなら、ポールは 「また会うチャンスはある」って歌詞の中に想いを込めていたんですね。 また会うチャンスというのは、ファンからすると、それは「再結成」っていう夢ですよね。 しかし、その夢はかないませんでしたが・・・ この曲から受ける荘厳な雰囲気もあり、なにかキリスト教の教えのようなイメージ。 私は、無宗教なのですが、この「レットイットビー」の歌詞を和訳してみて、自分にとっての神様を信じている人達の気持ちがなんだか少しわかるような気がしました。 自分が苦難の時にある時、前を向く為には、前に進む為には、まずは 自分の心を救わないといけない。 「それでいいんだよ」って言ってくれる存在が、必要な時ってありますよね。 それは神様でも親でも、友達でもいいと思うんです。 それこそ、 「音楽」を通してだって。 音楽の歌詞って、不意に心に刺さる時ってありますよね。 それまで、そんなに気にしてなかった音楽の歌詞が、急に耳に届くようになった。 いや、心に届くようになった。 失恋した時に、急に 「失恋ソング」が心に刺さる感じ。 個人的に、ビートルズの「レットイットビー」は、普段から心に刺さりやすいんです(笑) でも、そうやって 前に向く力をくれる音楽って大事だなって思ってます。

次の

「Let It Go」Idina Menzel 歌詞和訳(日本語訳)

レット イット ゴー 歌詞

歌っているのはエルサという雪の女王。 彼女は生まれつき、雪や氷を作る魔法の力を持っています。 諸般の事情から、ずっとこの力を隠そうとして生きてきたエルサ。 でもだんだんパワーが強力になってきて、制御できず とうとうある日、夏の王国が冬に閉ざされてしまいます。 それで開き直ったというか、ふっきったというか、 「私はこれでいいんじゃ、雪の女王として生きていく」、と歌っているのです。 ようするに、抑圧からの開放ですね。 いきなりばんばん魔法を使って、 氷のお城を建てているのはこのせいです。 とてもきれいな歌詞ですよ。 特に主語が無生物だと。 perdre は失う、見失う 仏仏には ne plus avoir (もう持っていない)とあります。 perdre son chemin 道に迷う 魔法の力を隠してきた昔の自分を、もう持っていない、ということですね、きっと。 この映画は、アンデルセンの『雪の女王』をベースに作られているそうですが、話はだいぶちがって、ほとんどオリジナルです。 『雪の女王』という存在だけ借りてきた感じでしょうか。 オリジナルの物語はこちらで紹介しています。

次の