ユーハイム バター ケーキ。 限定品もズラリ!品川駅エキナカで人気の手土産オススメ9選【2020年版】

ユーハイムの「フランクフルタークランツ」が禁断のおいしさ

ユーハイム バター ケーキ

見出し• ドイツ菓子、クランツとは? (出典 ) クランツと言えば、ユーハイムの、「 フランクフルタークランツ」が超有名ですよね。 バウムクーヘンではなく、こちらを買い求める方は、やはりバタークリームの良さを知っていらっしゃる。 (笑) ユーハイムの「フランクフルタークランツ」も美味しいのですが、私は、こちらのゲベックの、「 ゾンネクランツ」が好きです。 クランツというのは、フランクフルトの銘菓で、リング状の王冠のような形をしたケーキで、全体がバタークリームで塗られ、花輪を意味するKranz(クランツ)に由来されていると言います。 そういえば、クリスマスリースのような形にも見えますよね。 ドイツ菓子のお店、ゲベック ゲベックは、1971年に大阪で創業。 1986年に、奈良市に移転オープンしました。 ならやま大通り沿いに建つ、ちょっと 目を引くお店です。 本場の味を大切に、日本人の繊細な味覚にも合わせた洋菓子作りにこだわっておられます。 お店の一押しは、 シブースト(リンゴの焼き菓子)ですが、他にも焼き菓子が所せましと並んでいて、イートインも出来る、超人気店なのです。 シブーストは、リンゴの酸味が効いていて、甘さ控えめな大人の味ですよ。 焼き菓子も昔ながらの味。 詰め合わせで売っているので、ちょっとしたプレゼントには最適で、買って帰る人も多いと思います。 ゲベックとは、ドイツ語で、「焼き菓子」と「安息日」という意味らしく、心地よい空間づくりと、おもてなしをモットーにされているようです。 スタッフも、長年勤められている人が多くて、行き届いたサービスを提供されています。 スポンサードリンク ゲベック「ゾンネクランツ」を実食レビュー! まるで粉雪がかかったような、綺麗なケーキですよ。 ゲベックでは、二種類のクランツが売られています。 一つは、ちょっと優しい柔らかめのクランツ、「ツッカークランツ」。 そして、バターを贅沢に使った、こちらの「ゾンネクランツ」です。 ちなみに、「ゾンネ」とは、ドイツ語では太陽らしく、「ツッカー」は、お砂糖だそうです。 切ってみると、こんな感じです。 ユーハイムと、見た目は似ていますね。 しっかりとしたスポンジが、少々硬めです。 なによりも、楽しみなのは、バタークリームの味。 とにかく、他には何もない、超シンプルなお味ですから、ごまかしようもないのですよね。 なんと美しいたたずまい。 (笑) すこーし時間を置くことで、バタークリームが柔らかくなります。 口に入れると、粉砂糖が、まるで雪のように溶けて甘い。 スポンジはシンプルながら、しっかりとした食感。 そして、 上質なバタークリームのコクがたまらない。 「もっとクリームを!! 」と、叫びたくなるほど、美味しいバタークリームですよ。 ちびちびと、切り分けながら、いただきましょう。 コーヒーでも、紅茶でも。 なんにでも合いますよ。 ただ、生クリームケーキと違うところは、フルーツソースなどをかけたり、デコレーションをむやみにしないこと。 このケーキは、 このままで召し上がるのがベストです。 バタークリームは、生クリームよりも繊細ですので、そのものの味を感じて頂きたいと思います。 一ホール、1620円(税込み) ゲベックの焼き菓子 (出典 ) タルトや、マドレーヌ、パイ、フルーツケーキと、色とりどりの焼き菓子も、 ゲベックの得意とするところです。 ひとつひとつ、どれをとっても、丁寧な仕上げで、外れはありません。 箱入りで買うのも良いのですが、ちょっとした可愛い入れ物に入ったセットになっているものが多くて、その可愛さについつい目を取られますよ。 自分へのご褒美にも。 食べ終わったあとも使える可愛い雑貨に人気があります。 お店に行かれたら、要チェックですよ。 伝統のドイツ菓子や、可愛いケーキが自慢のお店です。 その中でも、私のお目当ては、ドイツ菓子のクランツと呼ばれるバタークリームケーキなのです。 ユーハイムでも見かける人は多いかも。 その真っ白で、混じりっ気のない、上品な バタークリームケーキは、一度食べて頂きたい味ですよ。 おすすめします。

次の

ユーハイムのバターケーキ、バタークリームのフランクフルタークランツの賞味期限?おいしい!(Juchheim)

ユーハイム バター ケーキ

【おでかけ時のポイント】 ・なるべく空いている時間に行きましょう ・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう ・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう 【品川限定】5種類を食べ比べ!見て、食べて楽しいプレミアムな生マカロン/ダロワイヨ その歴史は17世紀・ルイ14世の時代までさかのぼるという、フランスの老舗洋菓子メーカー「ダロワイヨ」。 品川店はエキュート品川のメインゲートを入ったすぐ右側にあります。 生マカロンとは、マカロンならではのカラフルな色どりに加え、クーベルチュールチョコレートやフルーツピューレなどをサンドし、こだわりの味わいを表現した生菓子のこと。 定番フレーバー4種類に、エキュート品川限定フレーバーの「ポンム」(アップルパイのような味わい)を組み合わせた「季節の生マカロン詰め合わせ(5個入)」(1,836円)は、大切な人へのお土産にもピッタリです。 フランス国旗を模した「パリマカロン」、ダロワイヨ発祥のスイーツ・オペラをイメージした「オペラマカロン」、レモンを存分に楽しめる「タルトシトロン」、イチゴを表現した見た目もキュートな「とろけるあまおう苺」など個性派ぞろいな詰め合わせ。 こちらは、バウムクーヘンの老舗・ユーハイムのエキナカに特化したブランドです。 定番のバウムクーヘンも良いけれど、ここに来たなら「新・品川ロール」(1,512円)は外せません! なんとこれ、3種類のロールケーキで品川の「品」の字を表している、品川店だけの限定品。 その名の通り、本物の卵の殻に入った見た目もかわいいプリンです。 フレーバーは、イチゴやカボチャ、チョコなどバラエティ豊かに勢ぞろい(4個入960円、6個入1,420円)。 大人気の「東京 蜜かけドーナッツ」が、「W塩キャラメルドーナッツ」(8個入972円)にアップグレード。 しかもこちら、品川店限定なんです! さっくり食感のドーナッツに、とろりとした塩キャラメル&サクサク食感の粒キャラメルをWコーティング。 さらにローストアーモンドのカリッとした食感も相まって、クセになる味わいの大人のスイーツに仕上がっています。 キャラメル好きなら一度は試す価値アリですよ! 所在地:東京都港区高輪3-26-27 JR東日本品川駅構内 エキュート品川サウス内 電話番号:03-5422-6452 天然甘味料メーカーが贈る自社製ハチミツのフィナンシェ/パティスリーQBG 1931年に日本で創業したハチミツやメープルシロップなどを扱う天然甘味料メーカー「パティスリーQBG(キュー・ビー・ジー)」。 実店舗は築地本店と品川店の2店舗しかありません。 店頭にはハチミツやメープルシロップを使った甘いスイーツが並び、ハチミツ愛好家はもちろん、健康志向の方をも数多くトリコにしています。 そんな同店のスペシャリテが「はちみつフィナンシェ」(5個入・1,250円)。 世界から選りすぐったハチミツをふんだんに使用し、しっとりとしたフィナンシェに焼き上げています。 お口の中で芳醇なバターとハチミツの風味がふんわり広がるパティシエ手作りの一品は、紅茶との相性もバツグン。 約3年もの歳月をかけて開発され、2008年に販売されるやいなや、とろけるようなフワフワ食感で人気を集めた一品です。 味のバリエーションが豊富で、何度食べても飽きないことからリピーターも多数。 桃の香りが口いっぱいに広がるさわやかな一品です。 吟味された素材と製法にこだわった和菓子を多数販売し、幅広いお客さんの支持を得ています。 例えば「豆大福」(1個194円)は、国産もち米を100%使用したお餅の中に北海道産の小豆の餡がぎっしりと詰まった本格的な味わいとあって、大人気なのだそう。 丹念に煉り上げられ極限までやわらかくなった「わらび餅」もオススメ。 品川店では、少量のパックになった「おひとり様わらび餅」(556円)が限定販売されています。 安心の国産きな粉がたっぷり絡んだぷるんぷるんのわらび餅を、大切な人へのお土産や自分へのご褒美に購入してみては。 目黒東山 菓匠雅庵 エキュート品川サウス店 所在地:東京都港区高輪3-26-27 JR東日本品川駅構内 エキュート品川サウス内 電話番号:03-5421-8020 【品川限定】辻口博啓氏が手掛ける和のバターサンドクッキー/和楽紅屋 自由が丘「モンサンクレール」をはじめ、多くの洋菓子店を手掛ける人気パティシエ・辻口博啓氏が手掛ける和菓子ブランド「和楽紅屋(ワラクベニヤ)」。 看板メニューの「和ラスク」(10枚入650円)は、和三盆と北海道バターの風味が広がる上品でやさしい味わいが特徴で、手土産にもオススメな一品です。 そんな「和楽紅屋」が品川店限定で販売する商品が、「品川バターサンドラム大納言」(単品360円、5個入1,800円)。 バターサンドというと洋菓子のイメージですが、こちらのバタークリームにはラム酒に漬けられた大納言が練り込まれ、和風テイストに仕上がっています。 代表的な商品は、終戦直後の苦しい時代に日本の特産だった「絹」に復興の気持ちを託して開発された「まゆ最中」。 まさにまゆのような見た目で、小倉、胡麻、白つぶし、柚子、黒糖といった5種類のお味を楽しめます。 オススメは「ギフトボックス 彩」(10個入1,200円)。 一口サイズのかわいらしい最中なので、たくさん購入して、友達や親族と大人数でワイワイ楽しみながら味わってみてはいかがでしょうか。 所在地:東京都港区高輪3-26-27 JR東日本品川駅構内 エキュート品川内 電話番号:03-3443-8758 まとめ 自粛ムードが徐々に解消されて、実家やお友達のお宅へ訪問するタイミングも増えつつある今日この頃。 肝心なタイミングで「手土産どうしよう!」と焦る前に、今からリサーチを重ねてとっておきの手土産を用意してみませんか。 掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。 最新情報は直接お問い合わせください。

次の

ユーハイムの「フランクフルタークランツ」が禁断のおいしさ

ユーハイム バター ケーキ

豆は栄養豊富で、長く保存できるという特性を持ち、昔から親しまれてきた食材です。 そんな魅力的な豆を繊細なスイーツのようにおいしく仕上げたフェーヴの豆スイーツ。 豆とスイーツを掛け合わせることで、みんなにしあわせを運ぶブランド(存在)になればという想いからうまれたそう。 アトレ品川で購入できる「フェーヴミックス プチ」は豆や野菜チップ、ドライフルーツを組み合わせ、ミニ封筒に入れた可愛らしい食べきりサイズの詰め合わせ。 ハート模様のふわふわスポンジケーキからとろんととろけるのは、甘い香りのメープルバナナカスタードクリーム。 やさしい味のメープルが口いっぱいに香ります。 和と洋の相性がばっちりで、チョコとあんこの甘さと、カステラの風味、ごまの香ばしさが絶妙です。 白黒のおしゃれなパッケージや、たまごのような可愛らしい形から、真っ黒な中身がでてくるインパクトも抜群。 子どもにも喜ばれるお菓子です。 看板商品である「バターフィナンシェ」は、ヨーロッパ産発酵バターとフランス産ゲランドの塩を使った、コク深い味が特長です。 食感は、表面を焼き上げてカリッと、中はメープルシロップを染み込ませてしっとり。 2つの食感を同時に味わえると好評です。 口に入れた瞬間に広がるバターの旨みを、ぜひ食べてみてください! ポップなグリーンとイエローのパッケージに描かれたバトラー(執事)が目印です。 バター風味の皮にしっとりとした和風餡を包みこんでいて、日本人好みにアレンジされたまるで和菓子のような焼き菓子です。 餡は小豆、栗、宇治抹茶、黒ごまの4種類。 お菓子の表面にあしらわれている花模様が、パッケージにも! 月餅は1個ずつ個包装されているので、職場で配るお土産としてもぴったりです。 中でも「ショコラクレープ」は、丁寧に薄く焼いたココア風味のクレープを何層にも重ね、ほんのり甘くとろけるショコラクリームを包んでいて、そのさっくりと軽い口あたりが病みつきになるお菓子です。 ぱくりと一口食べれば、サクサクのクッキーから、とろ~っととろけるキャラメルソースが出てきて驚くこと間違いなしです。 キャラメルとチョコレートの最強コンビを一度に味わえる贅沢なクッキー!いつも、キャラメル味とチョコレート味で迷う人には特にオススメです! 高級感あふれるシックなパッケージがおしゃれ。 「サクっふわっ!そしてしっとり」というこだわりがギュッと詰まったスイーツです。 食べた時の口に広がる華やかな香り、ほろほろと溶けていく贅沢な味わいがたくさんの人を魅了しています。 1832年の登場から伝統的なものや季節の味を取り入れた新作まで、あわせて100種類以上を提供し続けているそう。 定番は、ヴァニーユ(バニラ)、テヴェール(宇治抹茶)、キャラメルブールサレ(塩バターキャラメル)、シトロン(レモン)、ショコラ、フランボワーズなど。 普段よりちょっと贅沢な気分でティータイムを楽しめます。 独特のもちもち食感と、素材の味や風味を大切にした飾らない味が好評で「もう一度食べたい!」とリピートされている商品です。 どら焼きの生地は餅粉を織り交ぜ、つなぎとして山芋を使用することでもちもち感を生み出しているそう。 中に、つぶ餡がたっぷりと入っているのも魅力的です! お土産としてもぴったりの食べやすい半月型で、電子レンジであたためると、よりもっちり食感を味わえます。 プレーンの他に、黒糖や、春の桜、夏のずんだ、秋の栗、冬のゆずなど、季節限定や期間限定の種類も味わってみてください。 卵、乳、砂糖、バニラビーンズといった素材の味わいがギュッと詰まった、風味豊かなプリンです。 マダガスカル産の希少なバニラビーンズがたっぷりと使用されており、蓋を開けた瞬間の甘い香りに気分が上がる一品です。 繊細な風味やなめらかな口どけが際立つようにと、素材はシンプルさにこだわっているそう。 お店の雰囲気にぴったりなクラシカルなガラス瓶の、ころんと可愛らしいフォルムに惹かれて購入する人も。 お餅の柔らかさとあんこの舌ざわり、ほどよい甘さと素材の旨味の絶妙なバランスがたまりません。 きめ細かいスポンジに、なめらかなクリームやほどよい酸味のフルーツが相性抜群!上手に切り分けて「品」の字をみんなで楽しんでみてください。 揚もちやおかきなどの揚菓子専門の老舗店「御門屋」のこだわりが詰め込まれた看板商品です。 こし餡には、北海道の希少小豆「しゅまり」が使用されており、赤紫色の美しい色合いと風味豊かな味わいが楽しめます。 餡を包む皮は、温度や湿度の微妙な変化を感じながら手ごねして作られているこだわりのもの。 甘さひかえめかつ食べきりサイズなのでぺろりと食べられます。 「はちみつフィナンシェ」に使われているのは、カナダ産のクローバーはちみつと、メキシコ産のオレンジはちみつ。 それぞれの特徴がおいしく味わえるように、バターや小麦粉も厳選し、パティシエがひとつひとつ丁寧に作り上げているそう。 外はサクッと中はしっとりとした食感を演出する、挽きたてのアーモンドプードルもこだわりです。 はちみつとバターの芳醇な風味を口いっぱいに味わってみてください。 [価格]はちみつフィナンシェ 5個入1250円、10個入2400円、15個入3650円.

次の