アリバト 当たり。 アリバト(ハンターハンターアリーナバトル)最強デッキランキング!

【ハンターハンターアリーナバトル】評価と評判・レビューまとめ【アリバト】

アリバト 当たり

リセマラは必要か リセマラをおすすめ ハンターハンターアリーナバトル アリバト は、リセマラが可能です。 リセマラで強力なカードを確保しておけば、序盤を有利に攻略できるため、リセマラしてからゲームを始めることをおすすめします。 リセマラの狙い目 アリバトのリセマラでは、最高レアであるSSのカードを狙いましょう。 またアリバトのカードには、キャラとアクションの2種類が用意されており、リセマラで狙う優先度は盤面に配置するキャラの方が高めです。 強力なSSキャラカードを確保してリセマラを終了するのが理想的と言えます。 予めどのグループを使用するか決めておき、使用するグループのSSを狙ってリセマラするのが良いでしょう。 各グループの特徴 グループ 特徴 287期受験生 ハンター試験編をイメージしたグループ。 [試験]のつくカードの指定ATK条件を満たし、追加ダメージを与えることができるのが特徴。 攻撃力の高いキャラが多く初心者におすすめ。 幻影旅団 幻影旅団員で構成されたグループ。 GPをコントロールし、強力な高コストカードをいち早く場に出す戦略を得意とする。 強力なカードで派手に戦いたい方におすすめ。 マフィアン コミュニティー クラピカをメインとしたマフィアで構成されたグループ。 自身のHPを削る[制約と誓約]によって強力なスキルを発動するのが特徴。 リスク管理が重要になるため上級者向け。 ハンターハンターアリーナバトルをインストール 2. 名前を決定 変更可能 3. チュートリアルをクリア 4. OPムービーを観る スキップ不可 5. 初回カードプレゼントを受け取る 6. ガイドに従いしばらく進める 7. 最初のバトルを始めずにホームに戻る 8. ギフトからアイテムを受け取る 9. ガチャを引く 10. お目当てが出なければアンインストールして手順1に戻る ガチャ回数 通常ガチャ:3回 SS確定ガチャ:1回 合計:4回 所要時間 約10分 アリバトのリセマラは上記の手順で行います。 1回あたり約10分で4回ガチャを引くことができます。 好きなキャラカードが1枚もらえる チュートリアルをクリアすると、提示されたカードの中から好きなキャラカードが1枚もらえます。 提示されるカードにはSSのカードも含まれているので、遠慮なくSSのカードを選択しましょう。 SS自体は初回カードプレゼントとSS確定ガチャで確実に2枚入手できるため、比較的簡単に厳選できるでしょう。 また、デッキには同じカードを2枚まで編成することができるので、SSが被っても問題ありません。 SS3枚狙いはおすすめしない SS数 確率 1 14. SSを3回のガチャで入手できる確率は14. SS確定ガチャの内容を厳選する過程で、ついでに出たらラッキー位に思っておくのがよいでしょう。 本作は、原作の頭脳戦を再現したカードバトルゲーム。 プレイヤーは30枚のカードからなるデッキを操り、他プレイヤーとのバトルに臨みます。 ルールは手札のカードを盤面に配置し、相手のカードひっくり返すことでダメージを与え、先に相手のHPを0にした方が勝利というもの。 シンプルながら奥深い戦略を楽しむことができます。

次の

【シノアリス】最新リセマラ当たりランキング

アリバト 当たり

念がぶつかり合う盤上バトルを謳う本作は、たくさんのハンターハンターお馴染みキャラクターが大暴れ! バトルシステムをかんたんに説明すると、 「オセロ」のようなイメージを持ってもらうと分かりやすいかもしれない。 相手のHPを0にすると勝利となる。 その一つとして 「GPコスト」(グループコスト)という概念が存在するので、詳しくは後述する。 GPコストを溜めよう! グループの特徴• 287期受験生(緑):ATKを増加させるカードが多く、能力を頻発させ、カードの攻撃力を高くすることができる 能力に「試験」と記載がある場合、ATKの条件を満たすことで、真の能力を発揮する• 幻影旅団(紫):GPを溜める能力を持つカードが多く、高コストのカードを使いやすくなる• マフィアンコミュニティー(黄):制約と誓約を課すことことによって強力な能力を使用できる 制約の場合は、能力を発動する際にダメージを受ける 誓約の場合は、能力を発動する際にHPを一定以下にする必要がある アリバトのバトルコンテンツ紹介 アリバトは基本的に対人バトルがメインとなる。 (一人プレイは除く) バトルモードは フリーマッチ、ルームマッチ、ランクマッチ、一人プレイがある。 中でも、メインとなるのが「ランクマッチ」となり、勝敗によってランクポイントを獲得可能だ(最初はCPUが相手) ランクマッチは、1ヶ月のシーズンによって開催され、シーズン終了時のランクに応じて、次シーズン開始時のランクが決まる。 カード生成には「念石」を消費するが、カードのレアリティごとに念石の消費量が違うので注意しよう。 レベル上げを行うと、 攻撃力や能力・コンボのスキルを上げることができるぞ! アリバトのキャラキズナについて ありバトでは「キズナキャラ」を設定することが可能。 キズナキャラは スキン(見た目)や背景を変更し、自由にカスタマイズすることができるぞ! なお、キズナレベルを上げると「キズナ報酬」などももらえる。 (最大30レベル) お気に入りのキャラのキズナレベルをどんどん上げよう! アリバトのリセマラについて ガチャはある?リセマラは必要? アリバトはガチャシステムが搭載されており、リセマラは可能となっている。 キャラによる性能差が存在するので、なるべく高レアカードを狙ってリセマラするのがおすすめ。 多種多様なキャラクターカードやアクションカードがあるので、まずは 自分の好きな星SSカードを狙ってリセマラしよう。 詳しいリセマラ方法やキャラ性能は、別記事「 」に掲載しているので参考にしてほしい。 アリバトの効率的なリセマラ方法・早見表.

次の

アリバト(ハンターハンターアリーナバトル)リセマラのやり方や終了ライン

アリバト 当たり

目次 リセマラ当たりランキング• リセマラの方法とリセマラ終了ラインについて アリバトでは事前登録人数キャンペーンによってSS確定のガチャ1回分と最初始めた際に確定で欲しいキャラのカードを1枚手に入れることが可能となっております。 ので序盤にカードを集めておくことが重要です。 無課金にとても優しいゲームです 参考情報:課金時の10連ガチャは1回3000円弱 キズナキャラ選択とSSレア確定ガチャのおかげで確実に2枚はSSレアカードを獲得することが可能ですが、デッキを作成するためには強力なカードがなるべく多く必要でもあります。 40連を引いてSSレアが6枚、Sレアが複数枚が最低限の理想で、40連引き同SSカード8枚目の被りがなく同じグループ所属のカードが6枚以上揃っていることが最高の理想となります。 リセマラを始める前に リセマラをはじめる前に自分はどのグループのデッキを作成したいか決めておきましょう。 SSレアのカードを同じ枚数引いてもグループがバラバラではどのデッキも中途半端で勝てないといったことにもなりかねません。 そこで各グループのメリットデメリットを把握しておきながら自分はどのデッキを組みたいか考えておきましょう。 受験生デッキ 【特徴】 デッキタイプはアグロ型やミッドレンジ型で序盤からキルアやレオリオなどで大ダメージを狙ったり、ゴンやハンゾーで中盤にフィニッシュを決めたりなどのデッキタイプに分かれる。 ATK増加や追加ダメージはもちろんではあるが、ダメージ軽減も意外と強いです。 候補生デッキは攻撃力を高めて1撃で大ダメージを与えることを戦略としたデッキです。 キャラクターやアクションカードもATKを増加するカードとATKが増加刷ることで追加ダメージを与えることが可能なカードがメインです。 フィニッシャー用のカードをどれだけ早く引きATKを増加し一撃で倒せるようにするかを考えましょう。 【打ち方の特徴】 基本的にはコンボダメージが多くないので、コンボを狙うよりは相手にコンボをさせない打ち方をすることで勝ちやすくなれます。 初期手札にはSSレアカード1枚と0~1コストのカード2枚が理想ですが、手札調整カードなどで手札を調整するのも可能です。 【メリット】 特殊なことは考えずにATKを増加させて相手のHPを削ることがメインのデッキなのでカードゲーム特有の駆け引きやオセロが苦手な方におススメ。 SSレアのカードはどれもダメージ追加タイプで大ダメージを与えることも出来るので大逆転も狙える 単純な戦法なのでHPの最大値が少ない場合などは有効。 ATK増加のカードで増強していなくても複数同時返しで追加ダメージを与えることも出来る ゴン SS を引いて強化して条件を整えて場に出すだけで最低40以上 簡単に60ダメージなども可能 のダメージを出すことができるので一撃必殺デッキ 【デメリット】 ダメージ軽減やHP回復といったカードが少ないため臨機応変さや長期戦にはあまり向いていません。 HPの最大値が増加していくランクマッチなどではランクが上がるほど不利になることが多い。 (ゴン SS の圧倒的強化により現環境では最強に近い) 新たにハンゾーが追加されたがコスト7は重たくアグロ構成のデッキ相手だと使いにくいカードとなる。 比較的考えなくても強いデッキは作りやすいがデッキバランスと初期手札がかなり重要なので、そこはほかのグループと同様 旅団デッキ 【特徴】 デッキタイプはミッドレンジ型やコントロール型に近い。 アグロ型が相手でも加速や回復で同等以上に立ち回れるので、どのデッキとも戦いやすい。 カード効果が豊富でGPが溜まるまで耐えつつ溜まった後は強力なカードで大ダメージを与えることが特徴のデッキです。 GP1~2の序盤は耐久用のマチやボノレノフなどで耐えたりシャルナークで相手の手札の弱体化をさせたりしつつ、クロロなどでGP加速を行い GP3~5の中盤はフェイタンやノブナガで耐久しつつスキルハンターで相手の手札を覗き効果を奪い GP6以上になったら攻撃型のカードで大ダメージを狙いましょう。 手札操作で高コストのカードをデッキに戻したりしながら、なるべく早くGPが6以上になるように立ち回りましょう。 今回新たに追加されたパクノダはかなり強力ではありますが、かなり癖が強く使いこなすまでに時間がかかるカードとなります。 手札全体にデバフをかけられるカードは受験生の試験ダメージを出させにくくしたり、後半になるにつれて弱くなるマフィアンにもかなり有効です。 マフィアン相手には、コンボを繋げられない進行を意識して、GP5になればスキルハンターで相手のフィニッシャーの能力を奪いましょう。 受験生相手の場合も、コンボを繋げられると試験ダメージと同時にやられる可能性があるのでコンボを繋げさせない進行の意識をしながら、相手の手札のカードにデバフをかけましょう。 (ダメージ軽減では試験の発動を抑えられないので…) ただし、受験生の場合はバフがあるのでGPが溜まったら2択クイズなどでフィニッシャーを排除したりも有効な手段になります。 (パクノダの場合) パクノダの場合は打ち方が かなり特殊になります。 通常の旅団デッキと違い自分の駒の数が重要になります。 パクノダを使用した次のターンで2方向以上からのコンボが繋げられるように配置するのと次の相手のターンにキャラ数が6以下にされないように配置しましょう。 さらにパクノダの次のターンに少しでも追加ダメージを与えられる能力を持ったカードがある状態で使用することで更にダメージが増え勝ちやすくなります。 【メリット】 GP増加カードや回復・軽減といったカードが豊富にあるため臨機応変に立ち回れる 手札調整カードも破棄ではなくデッキに戻すので再度引きなおして場に出すことも可能 軽減や回復の可能なカードが低GPでも存在しているので前半でダメージがほとんどない状態で高GPのカードを出すことが出来る状態まで持っていくことも可能 デバフや相手の手札を見るようなカードもあるので作戦を立てやすくなる。 唯一無二のコルトビの能力が意外と曲者。 デッキにあるアクションカードをコピー ここ大事 して手元に加えるため何度も同じアクションカードを使われる 【デメリット】 デッキ作成の際に強力なカードが多いのでデッキを作る際の調整が多く、デッキ作成の難易度が高い カードを揃えていないとデッキの安定感が激減するため全体的にデッキを揃えるためにかかる費用多くかかる。 GP増加カードが順調に来てもマナカーブの性質上「強力なカードが手元に残っていない」といったことになることもありようやく来たときには通常のターンで使用可能な状態と同じになるといったことにもなりえる。 また高GPカードを多くデッキに入れていると「GP増加カードがなかなか来ない」といった手札事故に陥る可能性もあります。 マフィアンデッキ 【特徴】 自傷ダメージや回復カードで自分のHPを操作しながらHPが一定値を下回った場合に強力な効果を発揮するカードがあるデッキ 序盤から追加ダメージや高ATKでの大ダメージを与えることが出来るのでアグロ型として運用することがメイン 序盤で削り切れなかったときにHP回復させ温存しつつ絶対時間やクラピカ、バショウで倒すことも可能 基本的にコンボダメージ量が多いキャラが複数存在する。 コンボダメージ主体のデッキ構成で戦うことで相手を倒すことが可能 (オセロが強ければ相手のGPを6まで溜めさせないで倒すことが可能!!) 序盤(コスト0~1)のコンボダメージが多いので序盤からコンボダメージを狙うことが、このグループの一番特徴 【打ち方の特徴】 かなり初心者には使いにくく勝てるようになるまで時間のかかるので、オセロに自信のある人向けのデッキになります。 序盤のカードにコンボダメージが多い(他のグループより+1~2)ので序盤からどんどんコンボを繋げられるように配置していき 相手がどの打ち方をしてきても常にコンボを繋げられるように3手先を読むようにしましょう。 大ダメージを受ける覚悟で序盤に相手に複数枚返しをさせて先のターンに複数枚+コンボで勝負を決めるようにしましょう。 ) SSランクのカードを保持していなくてもコンボダメージが多い[制約]持ちのキャラを使用したデッキでコスト0~1のキャラメインで立ち回っても勝てる 【デメリット】 絶対時間が強力ではあるが序盤に手札に2枚来てしまった場合、すぐに使用できず手札が圧縮され、1枚を破棄した後にもう1枚を相手のカードによって破棄されてしまうとフィニッシャーにかけてしまう。 自傷ダメージがあるので相手のHPを多く削っても自分もダメージが加算している。 コンボダメージを狙う戦い方は自分もコンボダメージを受ける場合が多いのでリスクが多い。 全体的にフィニッシャーカードが少ない(火力が低い) PS(プレイヤースキル)がかなり要求される G. デッキ 【特徴】 超コンボデッキと爆弾デッキの2種類のデッキがあります。 どちらのデッキも強力ではありますがデメリットももちろんあります。 超コンボデッキは 後半の事故率が高いことにあります。 前半の事故は致命傷になるので低コストのカードが必須になりますが 低コストのキャラはATKが低いのでダメージを重ねることが出来ないこともあります。 更に序盤の手札破棄のカードが多いのでアクションカードを使用後に手札破棄を行うと手札が1枚になり手元のカードを残すことが出来なくなります。 次に爆弾デッキですがこちらは爆弾を爆発させるためには相手に爆弾を消されないことが重要になるので 消されにくいところに爆弾が配置される運が必要になります。 SSレアはどのカードも強力ではありますが使いこなすためには運の要素が強く。 難しいデッキになります。 ですが、常に選択の繰り返しでデッキの残りカードや相手の手札、場の状況など考える内容が多く戦っていて楽しいデッキではあります。 悪手とは言えぬまでも正着ではない防御を誘い、本来無限であるはずの選択に標を示し勝利をつかむそんな戦いができるグループがG. になります。 【メリット】 ・手札を多く破棄するためデッキの回転率が高くなる ・序盤に高ATKカードを破棄してしまうと後半にダメージ量が足りず押しが足りないことがある ・召喚カードや排除カードが多いので不利な状況から優位に持っていくことが可能 ・アクションカードなどで場の状況に合わせてカードを使用することが出来る。 【デメリット】 ・他のデッキより運の要素がかなり多く運がよくないと勝てないことがある ・場に出すキャラの選択だけではなくアクションカードの選択もあり考えることが多い ・制限時間内に配置できずランダムになる場合がある ・使いこなすためには多くの経験とテクニックが必要 キズナキャラ選択で選ぶべきキャラ インストールした際にキズナキャラを1体選択することが可能です。 ここでは選択したキャラのカードを1枚だけ獲得することが可能です。 キャラクターによって、Sカード、SSカードがバラバラとなっております。 キャラクター選択をする際はSSレアのカードが手に入るキャラを選択するようにしましょう。 おススメのSSレアカード 順位 所属 カード名 1位 受験生 キルア 2位 受験生 ゴン 3位 フリー ネテロ 4位 旅団 フェイタン 5位 旅団 クロロ 6位 旅団 マチ 1位のキルアは受験生デッキの中でGP3で追加ダメージ9を与えられる強力なカードです。 アグロ構成のマフィアン相手の場合、最も有効な可能なカードであり「親父に会いに行くんだ」もGP3なのでこのコンボだけで、かなりの大ダメージを出すことができる。 更にフリーコストを持っているので後攻であったとしても有効に立ち回ることが出来る。 2位のゴンはコスト6で能力発動だけで40以上のダメージを与えることが可能なカードであり通常ではコスト6のカードはATK+能力で28ダメージとなっているところ、このカードだけは34ダメージと他のSSレアのカードより6ダメージも多く設定されております。 3位のネテロはフリー属性ということでどのデッキに入れることも可能であり能力も発動しやすいがATK+能力は28と普通に設定されている。 ただしこのカードの壊れた能力はコンボダメージ量です。 他のフリー属性のカードは他の属性カードと比べてコンボダメージが多くない設定にされているがこのカードだけはコンボダメージが13とどのカードよりも多く設定されておりこのカードとコンボを組むことで3枚同時返し以上のダメージを与えることが可能な壊れカード これまでは後攻時のGPが所属グループであったので5ターン決着となる場合も多かったですがルール変更によって6ターン決着となる場合が増えてきたので使う機会も多くなった。 4位のフェイタンについては現環境では唯一の通常・念・特殊のどのパターンのダメージであっても数ターンに渡って軽減してくれる強力なカードで、複数回に分けてダメージが来る能力やコンボダメージなどあらゆるダメージを3ターン軽減してくれます。 後攻時のフリーコストも問題なく活用できるので強力な1枚。 5位のクロロは今回のルール変更の影響を大きく受けたカードの一つ、もともとは後攻時1ターン目に出せていたがルール変更により2ターン目以降でしか出すことができなくなりGP加速が従来より1テンポ遅くなってしまったが、相手より先にGPを多く溜めることが可能な本カードは新ルールでもとても強力なカード、他のカードと比較すると目立ちにくいですがGP加速は相手とのアドバンテージを稼ぐことができるのでかなり強力。 新たに追加されたSSレアのパクノダとも相性が良く、火力は低いものの相手より早い段階で強力なカードが使用できるようになるのはかなり強力。 6位は回復効果を持つマチのカードです。 回復カードは後半での耐久としても役に立ちますしフィニッシャを引くまでの繋ぎとしても有効に働いてくれます。 更にマチのカードは2枚以上を返すだけで効果が発動できるのでとても使いやすいカードです。 回復カードはATKで相手にはダメージを与えつつ自分のHPを回復できるのでATK+回復量のダメージを与えることと同様の意味を持ってくれます。 グループごとの強カードランキング 自分が使いたいグループの中でも作成したいデッキのタイプに合わせてSSレアカードを揃えることがリセマラクリアの条件となります。 受験生グループ 受験生はATKの増加とSSレアカードの 大ダメージで一気に勝つタイプのデッキです。 ここで重要なのは SSレアのキャラカードが少なくとも1枚はないと戦えないということです。 強いデッキとなるとSSレアのキルアやレオリオは2枚ずつあることが必須になりますし最低限1枚はゴン必要になってくることです。 更にはコスト3で確実にゴンまで効果が発動できる状態にできる 「親父に会いに行くんだ」は必須カードになります。 よって順位としてはこのようになります。 ただし、どちらのデッキタイプでも必要となるアリバト最強のキャラカードクロロは必須カードになりますので確実に手に入れましょう。 またフリーの「なんで分けてやれなかったんだ!!! 」も必須カードとなります。 バトルルール変更によりスクワラが息をとめSSレアのクラピカがより映えるようになりました。 グループ G. はバトルルールの影響をもろに受けており現在死の宣告を受けているところです。 どのカードも強力ではありますが特徴によって必要なカードが変わってきます。 例えばリスクは高いが速攻を狙うアグロタイプですとキルアが2枚は必須になりますし、爆弾で翻弄しつつ逆転を狙うコントロールタイプですとゲンスルーやゴン、ビスケが必要になってきます。 ただ、どのSSレアもそこまで必須というものではないためSレアカードをどれだけ集められるかが重要になります。 特に爆弾GIについてはほぼ完全に封じられているようなものなので一気に使いにくいカードになりました。 4.データダウンロードの確認後ムービーが流れる スキップ不可、動画終了後ダウンロードが終わっていればそのままホーム画面へ、終わっていなっければダウンロードが表示される 5.カード1枚プレゼント画面が表示 (SSレアとSレアの2種類が手に入るがSレアは生成でも作りやすいのでここではSSレアを選択しましょう) 6.アプリ連携選択画面(連携は後で可能なのでここではしない) 7.G. 確率だけであれば20連でSSレアが1枚で、Sレアが4枚は出る計算になります。 よって37連のコインガチャではSSレアが約2枚、Sレアが約8枚は出る計算です。 【おまけ】効果の特徴や使い方 ゲームの特徴として1ターンには原則1枚しかカードの使用が出来ない アクションカードを使えれば2枚 のでカードの効果などで手札の操作をすることが重要 更に手札の枚数も少ないので序盤に高コストが固まっていたり、後半に低コストのキャラしか来ないこともあるのでバランスがとても大事 手札を廃棄するカードは二度と手札に来ることがなくなることや山札に戻した場合は再度引く可能性があることが、どちらも今のターンではカードを補充できない補充できるのは次のターン代わりに手札を1枚引くカードは今のターンで手札を補充することが可能なので、今の手札に使用できるカードが無い場合は使用することで手札を補充して使用できるカードを引くこともある 手札を1枚引くカードは使用できるときはすぐに使ってしまいましょう。 手札を圧縮しているだけであっても無駄なので。。 ATKの増加は今与えることが可能なダメージを先のターンへ引き伸ばして後で与えるタイプなのでランダムよりも選択可能なポンズの方が使い勝手がよいが、増加量が少ないためアグロ型と対戦する場合はランダムのポックルに軍配が上がる。 ATKの減少は新たに引いたカードには効果が乗らないが相手の手札を弱体化させ手札の柔軟性をなくすが運の要素も強いので相手が強カードを引いた場合は諦めましょう。 アクションカードをすべて高コストにしてしまうと序盤で手札に固まったときに困るので高コストは2枚までにしましょう。 回復はダメージを与えつつ回復もするので本ゲームではとても強い。 ただしATKは低いし、1撃で80ダメージなどの攻撃には弱いので注意(現状は受験生と旅団しかできない) 軽減は対象となるダメージは如何なるダメージも軽減してくれる ATKは通常ダメージ、効果やコンボは特殊ダメージや念ダメージ ATKアップの比較 固定1体>すべて>ランダム数ターン>ランダム2体>ランダム1体 ダメージ減の比較 固定1体ATKダウン 相手の手札を見れる >すべてATKダウン>ターン数ダメ減>ひっくりダメ減>その他ATKダウン.

次の