よう 実 二年生。 『ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編1』感想

【よう実SSを読む方法も】2年生編1巻人物別の反応まとめ

よう 実 二年生

受験生の多くが苦手とし、放置してしまいがちな古典。 しかし、他の教科との兼ね合いもあって、古典なんかに多くの時間をかけられない… でも、実はそんな古典、特に漢文には 時間をかけずに無駄ななく効率を良く勉強できる方法が存在するのです! 今回は、そんな漢文の最強の勉強法を学年順に紹介して行こうと思います! 自分の学年に合った学習方法を参照してくださいね。 最強の漢文学習法:1、2年生 漢文学習法:1年 高校に入って、初めて本格的に勉強を始める漢文。 何から手をつけてよいかわからない…という人も多いのではないでしょうか? まず、1年生における漢文は「 基礎的な知識を押さえ、漢文が読める土台を作る」といった位置付けです。 なので、初めから読めないと「 授業についていけない」とか「 テストでいい点が取れない」という訳ではないのです。 初めは誰しもが漢文なんて雰囲気でしか読めません。 母語じゃないのですからね。 授業でも、返り点に始まり、使役や反語などの文法事項や漢文における重要人物などを学習していくと思います。 全てこれらは、漢文を実際に読むということの 準備体操をしているのです。 では、何を勉強すればよいのでしょうか? 基本的には、 学校でやっている文法事項を復習すればよいです。 予習などをする必要は ありません。 勉強時間自体も、授業があったその日の夜に30分ほど、ノートを見直すくらいでよいと思います。 しかし、この復習さえも怠ってしまうと、 後々かなり苦しむことになりますので、最低限授業の復習はやりましょう。 文法を一通りやり終えると、授業でも少しずつ漢文の文章を読んでいくと思います。 一番初めに扱う文章は、今も使われる「漁夫の利」という言葉の元ネタなどの超有名な文章が多く、読みやすいものを選んでくれているはずです。 ここでの漢文の勉強は、「 これまでに習った文法が実際の文章にどのように使われてるか」を確認することだと思います。 「ここの表現は、あのとき習ったものだ!」と思ったら、 すぐにノートに書き込んでおきましょう。 復習するときにとても役立ちますよ。 (ノートの取り方については、のちに説明します。 ) 漢文学習法:2年 2年生になると、 ある程度の文章ならば一人で読めるようになり、入試レベルの文章は授業の中で理解できることが目標です。 勉強時間は、学校の復習と1週間に 1、2時間の演習時間を確保できれば良いと思います。 ある程度、自分なりの勉強法が確立している時期だと思いますが、少しだけアドバイスをしておきます。 まず、 1年のときに学習した知識が抜けていないかどうかを確認してみてください。 さすがに、テキストに戻って全部復習とは行かないと思うので、文章を読んでいく中で、忘れていたというようなものだけに絞ってテキストに戻って確認するのがオススメです。 そして、とにかく たくさんの文章に触れるようにしてください。 そのときに「筆者が最も言いたいことは何か?」や「それを読者に伝えるために筆者がどのような方法を使っているのか?」に注目して読むと入試対策になります。 最後に1、2年生の漢文の勉強についてまとめておきます。 漢文の勉強法:テスト勉強編 最後に、テストの勉強法です。 1、2年生共通するので、まとめて解説します。 高校生は、漢文というか国語のテスト勉強の仕方がわからないという人が多いです。 基本的に、「 テスト範囲になっている文章のノートを見直す」というのがメインの勉強です。 しかし、「面倒」とか「眠くなる」、「勉強した気になれない」など様々な意見がこのやり方には寄せられます。 では、どうするか? 「 テスト範囲になっている文章を、もう一回ヒントなしで読んでみる」という方法で解決できます。 それで、読めれば問題なし、読めなければ十分でないという判定を自分に下すことができます。 また、読むことができれば「 初見ではまったく読めなかった文章が、読めるようになっている」という 自信にも繋がりますね。 読むことができなければ、ノートに書いている内容や訳をもう一度確認して、数日後やテスト直前に再度確認してみましょう。 とにかくテストまでに、「 自分で文章を理解し、読めるようになってある」ことが大切です。 目安ですが、テスト2週間前に一回、1週間前に1回、テスト前日に1回やれば完璧でしょう。 テスト勉強は、教科書の脇にノートを置いて、適宜ノートを見ながら本文を覚える勢いで内容理解をしていきましょう。 本文の内容を覚えてしまっても、 まったく問題はありません。 なぜなら、新しい文章をこれから読むときに「ここの構文は、あの時やったやつと同じだ!」ということが起こりやすくなり、別の文章の内容もすっと入ってきやすくなります。 その場限りの暗記でない限り、文章を覚えてしまうのは大いに良いことです。 学校のテストは授業メインなので、教科書とノートで十分です。 また、模試に対しては 対策の必要性はありません。 受けた後に復習を徹底するようにすれば良いです。 最強の漢文:ノートの取り方編 漢文の学習は、ノートが大きな鍵を握っています。 どのようなノートを取れば良いのかを、私の高校時代のノートを使って紹介していきます。 字が汚いのは、ご容赦ください汗 二種類のノートの取り方を紹介します。 漢文の文法 句形 のノート ノートをまとめるポイントを挙げていきます。 そして、実際のノートがこちらになります。 (字が汚くて大変申し訳ないです…雰囲気だけ味わってください汗 実際のノートの中でこれらのポイントが意識されている所に番号を振っています。 改善の余地がありまくりのノートですが、一応参考までに載せておきました。 自分のノートで足りなかったと思う部分があったら、取り入れてみてくださいね。 漢文の文章のノート 次に漢文の文章をどのようにノートにとっていくかを説明していきます。 こちらもまとめるポイントを挙げていきます。 少しポイントが少ないので、補足しておきます。 漢文といっても、漢文と漢詩に大きく分かれると思います。 普通の物語の漢文などでは、 日本語訳がいかにできるか、何が起きているかをきちんと把握できているかが重要です。 しかし、漢詩の場合は文章の日本語訳は、あまり重要ではありません。 そもそも普通に漢詩を読んでも理解することはできません。 漢詩は字数に制約がある関係上、 1文字1文字に多くの意味を含意させています。 したがって、字面の意味だけでなく、 その裏に隠された真の意味をつかむことで理解が進みます。 普通の漢文をノートに取る際は、日本語訳をがっつりしていけば良いです。 しかし、漢詩は1文字1文字の意味を対比や筆者の思想などの知識を使って理解できるようなノートにしてください。 例として、漢詩「春望」のノートをお見せしたいと思います。 何度もいいますが、雰囲気だけ味わってください… こちらも何かヒントになることがありましたら、参考にしてくださいね。 最強の漢文学習法:3年生 3年生の漢文の学習は、授業の復習というよりは、問題演習を自分のペースでやっていくことが必要です。 最終的に、センター過去問は 20年分解ければ良いと思います。 正直高3になると、漢文にかけている時間はあまりありません。 なので、 2年生までに漢文があらかた読めるようになっておく必要があります。 もし、3年生になっても基本が完成していないならば、最優先で 基礎に戻りましょう。 基礎がしっかりしていない状態で、問題演習をしても大して力が付かず、センター試験には対応できません。 基礎は大丈夫という人は、早速センターの漢文を解きましょう。 3年生の一学期まではセンター漢文 単体で15分以内で解きましょう。 二学期以降は、古文と合わせて30分、最後は現代文も合わせて80分で解きましょう。 なぜ分けているのかというと、二学期以降は 時間配分にも注意しながら解く練習をするべきだからです。 逆に一学期は時間配分を気にせずにじっくり解きましょう。 センター漢文は最終的に10分以内に解けるようになると理想です もちろん満点狙いです。 二次試験がある人は、二学期以降は志望校の過去問も同時並行で解くとgoodです。 ただし、何度も言うようですが漢文にあまり時間をかけられません。 問題演習の中で、最大限吸収するようにしましょう。 漢文学習法まとめ いかがでしたか? 漢文は、やらなくても点数が取れる教科ではありません。 漢文は、1年の段階から少しずつ力をつけていく教科です。 研究者にならない限り、入試でしか使わない漢文ですが、入試の合否に地味に効いてくる教科です。 もし、他人よりも一歩遅れてしまっているならば、急いで基礎に戻って確認をしましょう。 漢文はやれば点数が取れる教科です。 入試本番までに、しっかりと、効率よく対策をしていきましょう!.

次の

これで完璧!最強の漢文の学習法(ノートの取り方から勉強法まで)

よう 実 二年生

注意 よう実新刊の内容が大きく絡んでます。 というか結末を知ってないとちんぷんかんぷんかも。 未読の方はご注意。 既読の方、ネタバレを気にしない方は次へどうぞ。 [newpage] 学年が変わって最初の試験も、退学者を出さず無事に乗り越えた。 …そう、クラスとしては、だ。 堀北が掲げた3つのテーマは無事にクリア。 マネーゲームを展開し、成績を取りに行った坂柳や龍園にこそ遅れはとったが、とにかく手助けをすることを優先した一之瀬は上回り、3位は確保。 それでいて、マネーゲームはせずに済み、退学者も出さず。 当初の堀北を思い出せば相当成長したといえるだろう。 「無事に」ではなかったのは、オレだけだ。 宝泉との対峙で左手に怪我を負ったことではない。 『綾小路清隆を退学にしたら2000万ppt』という試験が成されていたことを知ったのはむしろ好都合だったといえる。 では何が無事ではなかったのか?もちろん、数学の成績だ。 オレは堀北との勝負ということで、数学で満点を取ったのだ。 ただ満点を取っただけなら大したことはなかったが… 何がまずかったか、と言われたら…問題が相当難しいということも知らなかったことか。 高校生のレベルにはなかったらしく、啓誠にも相当疑惑の目で見られた。 現状を考えたときに、出し惜しみしてる猶予はないことからある程度実力を見せる必要があるのだが、その前にグループにはきちんと説明した方がいいだろうな。 オレに初めてできた、利害関係を気にせず付き合える友人。 あいつらには背負わせたくない。 が、それよりも先に説明をしなければならない相手ができてしまった。 約束の時間を前に、チャットを一本だけ入れ、客人を待つ。 [newpage] 『綾小路くん。 過去の詮索はしないと約束はしたけれど、今回の事件に関してはきちんと説明を受ける権利があると思うの。 部屋に向かってもいいかしら』 『おい綾小路。 お前はいったい何者なんだ?そしていつも鈴音に頼られてるようだが、付き合ってないだろうな?』 数時間前、堀北と須藤から送られてきたチャット。 無理もないな。 宝泉とのやり合いを目の前で見せてしまったし、オレを退学にする特別試験の存在も、七瀬がこの2人のいるところで暴露してしまった。 出し惜しみはしないとはいえ、オレの特殊な事情を大勢に広めるのは得策ではない。 個別に説明するのも面倒なので、同時に部屋に呼ぶことにした。 約束の時刻は午後1時。 それよりも15分早いが、呼び鈴が鳴る。 堀北はこんな早く来ない。 つまり、須藤はあの件でサシで問い詰めたいのだろう。 「本当に、鈴音とは付き合ってないんだな?」 「何度言わせたらわかるんだ。 少なくとも今日はこの1年間でオレが何をしたのか、ある程度明かすからそれを聞いて判断してくれ」 二度も同じ説明はしたくない。 [newpage] 指定した時刻ちょうどに堀北は現れた。 そういう意味では、本当に律儀な奴だ。 「お前たちは、あの現場に居合わせたことで、きちんと話しておかないとむしろ噂として広まることになると思ったから呼んだ。 堀北には以前も釘を指したが、条件は『入学前の過去のことを詮索しない』ことだけだ。 いいな?」 普段と違い、冷たい目で2人を射貫く。 承諾したのを確認して、1年の時の試験の話をある程度明かしていく。 須藤が理解できる範囲で、しかも須藤に危険が及ばないよう櫛田の存在は徹底して避けるように。 「つまり、だ。 龍園の言ってたXは綾小路だったというわけか?」 「そういうことだ。 とはいえ、その時も全力は出してなかった」 「あの結果を見る限りそのようね。 私の裏で操るだけじゃなく、龍園くんを出し抜いたりしていたのに、それでも力を伏せられた、と」 須藤は信じられないような顔をしていたが、隠れ蓑としていた堀北本人からも言われ、信じるしかなさそうだ。 「もちろんすべての試験でオレが全部やったわけではない。 それまでの経験が、ペーパーシャッフルでは堀北の独力が勝利に導いたわけだし」 オレも対策はしていたが、それなしで勝てたのは間違いなく堀北の成長だ。 「待て、ということは春樹を退学にさせたのは、鈴音は綾小路の実力を知っていたからか?」 「完全には把握できていなかったけど、どのクラスメイトよりもいなくなっては困る存在だと思っていたわ。 坂柳さんがそれを知っていたのかは定かではないけど」 それに関しては過去の話になるから伝えないでおく。 知らせたら勇み足になるリスクもあるからな。 「これがオレから話せることだ」 「これだけじゃ、綾小路と鈴音が付き合ってないという証明にはなってないだろ」 「当人がそうではないと言ってるだけでは不満かしら」 「伏せたがるカップルもいるからな。 俺は納得できねえ」 「それなら、2人、証人を呼んでやろう」 ここで、オレは1本の電話を入れ、すぐ来るように指示を出す。 [newpage] 後書き さて、あえてここで切るようにしました。 単純に、電話相手のここまでの話を書くためであり、そのあとに合流したお話を書くためですが。 須藤には、この2人の関係を追及する立ち回りをしてもらう必要がありまして、口調とか苦手なんだけど出てもらいました。 それではまた。

次の

#1 1

よう 実 二年生

先日は、僧堂の雲水たちと『修身教授録』にある 「二種の苦労人」について、学びました。 二種の苦労人とは、どんなものかというと、森先生のお言葉によれば、 「苦労したために、表面的なおめでたさや甘さがなくなると共に、そこに、何とも言えない柔らかな思いやりのある人柄になる人と、 反対に苦労したことによって人間がえぐくなって、他人に対する思いやりが、さっぱりなくなる人とがあるようです」 という二種類なのです。 たとえとして、森先生は、その当時大阪天王寺師範という今の大阪教育大学で教鞭をとっておられ、 その生徒さんたちに語られたのですが、 自分たちが、一、二年生のころに、三、四年生の人から、小言を言われたり、辛く悲しい思いをさせられて、 自分が三、四年生になったら、新しい一、二年生に対して、自分たちがされたようなことはしない、 つらい思いをさせたくない、それが学校の伝統的な弊風であるなら、悪伝統の鎖を断ち切ってやろうと思う場合もあり、 逆に自分がやられたことを、今の一、二年生に同じ思いをさせるのは当然だと思う場合もあるというのです。 これを、森先生は、同じ体験をしたとしても、それによって得るところは天地の差を生じるのだと言われています。 これは、私たちの僧堂の修行にも実にそのままあてはまることなのです。 同じ辛い修行に耐えたとしても、それによって柔和な思いやるのある人格になる場合と、 逆に意地悪になったり、冷たくなってしまう場合もあるのです。 そこで、そのような悪弊に陥らないようにするためには、道を学び教えを学ぶことが大切だというのであります。 僧堂のようなところには、良い伝統もたくさんあるのは当然ですが、悪しき弊風と言われるものもありました。 私などは、自分がされて嫌だったと思うことは、極力次の世代の人たちにはさせまいと、特に師家になってから努力してきました。 自分が若くして師家に選ばれたのは、この弊風を断ち切るためだと自ら言い聞かせてきました。 伝統を重んじる世界ですから、たくさんの抵抗がありました。 しかし、それでも二十年努力してきたおかげか、先日も僧堂の雲水たちに、今現実に僧堂の暮らしで、弊風と思われることがないか話し合いましたが、 私などの頃には、そんなことは山のようにあったのですが、考えないと思いつかない様子なのでした。 多少は苦労してやってきたかいがあったかと思いました。 それでも、まだ弊風として残っているのは、ご飯を早く食べることだと話し合いました。 早く食べることは、体によくありません。 よく噛んで食べる方がいいのは当然です。 私もこれはよくないと思いながらも、長年染みつかされた習慣でしたので、未だに断ち切ることはできませんでした。 これからは、この弊風を断ち切ろうと皆で話し合ったのでした。 せっかくの修行を、よい人格を育てる方向へと導きたいものであります。 横田南嶺.

次の