大型トラック運転手求人。 トラック運転手の平均年齢・制限はあるのか・年齢層の特徴・転職

トラック運転手の平均年齢・制限はあるのか・年齢層の特徴・転職

大型トラック運転手求人

Contents• トラック運転手の平均年齢 国土交通省によりますと、トラック運転手の平均年齢は 大型貨物自動車運転手で47. 5歳、 中・小型貨物自動車運転手で45. また厚生労働省が調査、発表している平成29年度の賃金構造基本統計調査の概況による産業別の調査結果によりますと、 運輸・郵便業に従事する男性の平均年齢は47. 2歳、女性41. 6歳とこちらも高くなっています。 つまり、 全体で見たときに40歳前後が平均年齢の業界のため、40・50代は転職者の中で特に珍しい世代というわけではありません。 参考: 参考: トラック運転手に定年はあるの? 一般的に大手と呼ばれるような運送会社は定年を設けている所が多いですが、 定年退職後も嘱託や契約ドライバー、倉庫内の仕分け作業員として働き続ける人が多いです。 もちろん適性検査や健康上の問題はクリアしなければなりませんが、 経験豊富なベテランドライバーは会社側から見ても頼れる存在なのです。 また、個人経営の運送会社であれば定年自体が決まっていない所もあり、出来る仕事は制限されることもありますが自分で希望する年齢まで働いている方も数多くいらっしゃいます。 60歳を過ぎても活躍している人もいる 著者の身近にいる、還暦を過ぎても現役でハンドルを握っておられる方を1人ご紹介したいと思います。 この方は、50歳の時にトラック運転手に転職したのですが前職は事務職だったそうです。 そのため、最初は近場の集配で半年ほど経験を積みその後、中・長距離ドライバーとして乗務するようになりました。 61歳になった現在でもドライバーとして近・中距離を中心に集配業務を行っています。 なぜトラックドライバーの求人が増えているのか? トラック運転手の求人が増えている原因の1つに、 全体的な配送する物の量が増加していることがあげられます。 インターネットの普及によりネット通販で買い物をする人が増えて、取り扱う荷物の増加に伴いドライバーの需要が増加しているのです。 また、運転手自体の数も足りておらず 団塊の世代が退職したことと、平成19年に運転免許の改定が行われ中型自動車運転免許が新たに設けられたことにより、 トラック運転手になるハードルが少しあがってしまった若い世代の運転手離れが進んでしまい求人の増加につながっています。 自分に合うトラック運転手の求人を見つけるためには 転職を考え、自分に合った求人を探す際には トラックドライバー求人を多く扱っている求人サイトを利用することをお勧めします。 求人サイトでは、車種や勤務地、給料などの条件を指定して検索することが出来るので自分に合った求人が見つかりやすいです。 この記事の最後に掲載しているトラックドライバー専門の求人サイトの中から、年齢不問の求人と中高年歓迎の求人を1つずつご紹介します。 未経験者OK・年齢不問の求人例 勤務地 大阪 雇用形態 正社員 職種 大型ドライバー 仕事内容 ルート配送 就労時間 12時間 残業あり 給与 10tドライバー・月収35万円…月給30以上+手当 休日 週休制or週休二日制 土日や連休の取得も可 必要資格 大型一種・大型特殊一種 【年齢不問】 中高年・50代・60代・シニアの方も歓迎している求人例 勤務地 神奈川県 雇用形態 正社員 職種 大型トラック配送ドライバー 仕事内容 長距離配送 就労時間 配送コースにより異なるため、面接かお電話時に応相談 給与 45万~65万以上 休日 日・祝日・お盆・年末年始 必要資格 大型一種自動車免許・ブランクがあってもOK・40,50,60代の方も歓迎 どちらも実際に求人サイトで募集が出ていた求人ですが、免許さえ持っていれば年齢不問、中高年歓迎の求人が多く出ています。 トラック運転手に特化した求人サイトを利用することで、自分の希望する求人が見つかるはずです。 下記に記載しているサイトでは、希望の条件を選ぶとオススメの求人を見ることが出来ます。 ぜひ、自分の希望する条件の求人を探してみてください。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の

トラック運転手の平均年齢・制限はあるのか・年齢層の特徴・転職

大型トラック運転手求人

ドライバー・運転手の仕事とは? >> >> ・注目のキーワード・運転資格から仕事を探す >>|||||| ドライバー・運転手は乗客やものを、安全(人の場合はなおかつ快適)に目的地まで車で輸送するお仕事です。 タクシー運転手・ハイヤー・運転代行・バス運転手などお客さんを輸送する場合もあれば、引っ越しやトラックドライバーのように、ものを運ぶことをメインとして働く場合もあります。 タクシーなど人を乗せて輸送するドライバーの場合には、固定給の他乗せた分だけの歩合が発生する場合も多く、向いている方は非常に稼げるお仕事でもあります。 接客スキルを持つ方が重宝される傾向にあり、固定の指名をもらう場合もあるようです。 近隣の道に詳しくなる・話題の店を知っておく・場所やイベントごとにお客さんのよく動く時間を知っておくなど様々なノウハウやデータを駆使して一般のサラリーマンよりも稼ぐことも可能ですし、近年人手不足の業界なため、ドライバー・運転手は転職しやすい職種と言われています。 正社員の求人も多く見つかるでしょう。 定年年齢が他業種よりも高いため、車やドライブが好きな方や営業力に自身がある方には第2の人生(転職・リタイア後)のスタートをきる場としても人気があります。 引っ越しやトラックの運転手の場合にも、ただ運ぶということのほかに、接客サービス的な要素が求められたり取り扱いを注意する必要があったりと、ドライバーの仕事はサービス業の要素も含まれています。 クリエイト転職にはドライバー・トラック運転手の求人が多数掲載されています。 是非就職活動・転職活動にご活用ください。 ・ドライバーの仕事の基礎知識 >> ・タクシードライバーの求人特集 >> ・軽貨物ドライバーの仕事体験談・よくある質問 >> 【運行管理者の仕事内容】 >> >> >> 転職を成功させるためのお役立ち情報 <応募から履歴書・面接まで、転職に役立つ情報を紹介> 【志望動機】 >> 【面接対策 マナー・自己紹介・逆質問等 】 >> 【履歴書の書き方】 >> 【職務経歴書の書き方】 >> 【退職理由の書き方】 >> <年代別の仕事探し情報> 【第二新卒】 >> 【30代】 >> 【40代】 >> 【50代】 >> 【シニア】 >> 【就職氷河期世代】 >> <お役立ちコンテンツ> 【正社員の面接対策】 >> 【未経験の転職】 >> 【女性の転職】 女性の転職で注意したいポイント・お仕事体験談 >> 【テレワーク・リモートワーク・在宅勤務を導入する企業を探す】 >> 【Web面接対応の求人を探す】 >> 【ジョブ型雇用とは?特徴を詳しく解説】 >> 【働くママを応援!託児所付きの求人】 >> <転職スケジュール> STEP1 転職準備・書類と応募情報作成(1〜2週間:転職完了まで0〜30%) 自己分析と履歴書・職務経歴書などの応募書類の作成を行います。 まずはキャリアと希望の棚卸しや、希望の職種・勤務地で どのような正社員の求人情報があるか、転職サイトでチェックするなど、 自分の目指す方向と市場がマッチしているかを確認・分析します。 履歴書・職務経歴書は一気に書き上げるのではなく、 最終的に応募する企業が決まった後で その企業・職種に見合った内容に変更していきましょう。 企業の求める人物像を考え、採用担当者が魅力的だと感じる内容・切り口で書いていきます。 STEP2 応募・面接(1週間〜2ヶ月間:転職完了まで31〜70%) 面接はおおよそ応募1社1回につき1〜2週間かかるため、 応募する企業が増えればそれだけ期間は伸びていきます。 選考はなるべく複数社を同時に進めることで、 もしも途中で企業との相性が合わないと感じた場合やなかなか決まらない場合にも スムーズに切り替え、内定まで進めることができます。 STEP3 内定・退職・引き継ぎ(1〜2ヶ月間:転職完了まで71〜90%) 内定が決まって転職先が確定したら、いよいよ次の職場に向けて移動準備を行います。 (在職中に転職を進めている場合) 現在勤めている企業で退職の手続きを行い、社内規定等によりますが おおよそ1〜2ヶ月間の引き継ぎを行ないます。 状況により異なりますのでご自身の状況にあったスケジュールに置き換えてご覧ください。 <注目キーワードで仕事探し> >>|||.

次の

ドライバージョブ

大型トラック運転手求人

ドライバー・運転手の仕事とは? >> >> ・注目のキーワード・運転資格から仕事を探す >>|||||| ドライバー・運転手は乗客やものを、安全(人の場合はなおかつ快適)に目的地まで車で輸送するお仕事です。 タクシー運転手・ハイヤー・運転代行・バス運転手などお客さんを輸送する場合もあれば、引っ越しやトラックドライバーのように、ものを運ぶことをメインとして働く場合もあります。 タクシーなど人を乗せて輸送するドライバーの場合には、固定給の他乗せた分だけの歩合が発生する場合も多く、向いている方は非常に稼げるお仕事でもあります。 接客スキルを持つ方が重宝される傾向にあり、固定の指名をもらう場合もあるようです。 近隣の道に詳しくなる・話題の店を知っておく・場所やイベントごとにお客さんのよく動く時間を知っておくなど様々なノウハウやデータを駆使して一般のサラリーマンよりも稼ぐことも可能ですし、近年人手不足の業界なため、ドライバー・運転手は転職しやすい職種と言われています。 正社員の求人も多く見つかるでしょう。 定年年齢が他業種よりも高いため、車やドライブが好きな方や営業力に自身がある方には第2の人生(転職・リタイア後)のスタートをきる場としても人気があります。 引っ越しやトラックの運転手の場合にも、ただ運ぶということのほかに、接客サービス的な要素が求められたり取り扱いを注意する必要があったりと、ドライバーの仕事はサービス業の要素も含まれています。 クリエイト転職にはドライバー・トラック運転手の求人が多数掲載されています。 是非就職活動・転職活動にご活用ください。 ・ドライバーの仕事の基礎知識 >> ・タクシードライバーの求人特集 >> ・軽貨物ドライバーの仕事体験談・よくある質問 >> 【運行管理者の仕事内容】 >> >> >> 転職を成功させるためのお役立ち情報 <応募から履歴書・面接まで、転職に役立つ情報を紹介> 【志望動機】 >> 【面接対策 マナー・自己紹介・逆質問等 】 >> 【履歴書の書き方】 >> 【職務経歴書の書き方】 >> 【退職理由の書き方】 >> <年代別の仕事探し情報> 【第二新卒】 >> 【30代】 >> 【40代】 >> 【50代】 >> 【シニア】 >> 【就職氷河期世代】 >> <お役立ちコンテンツ> 【正社員の面接対策】 >> 【未経験の転職】 >> 【女性の転職】 女性の転職で注意したいポイント・お仕事体験談 >> 【テレワーク・リモートワーク・在宅勤務を導入する企業を探す】 >> 【Web面接対応の求人を探す】 >> 【ジョブ型雇用とは?特徴を詳しく解説】 >> 【働くママを応援!託児所付きの求人】 >> <転職スケジュール> STEP1 転職準備・書類と応募情報作成(1〜2週間:転職完了まで0〜30%) 自己分析と履歴書・職務経歴書などの応募書類の作成を行います。 まずはキャリアと希望の棚卸しや、希望の職種・勤務地で どのような正社員の求人情報があるか、転職サイトでチェックするなど、 自分の目指す方向と市場がマッチしているかを確認・分析します。 履歴書・職務経歴書は一気に書き上げるのではなく、 最終的に応募する企業が決まった後で その企業・職種に見合った内容に変更していきましょう。 企業の求める人物像を考え、採用担当者が魅力的だと感じる内容・切り口で書いていきます。 STEP2 応募・面接(1週間〜2ヶ月間:転職完了まで31〜70%) 面接はおおよそ応募1社1回につき1〜2週間かかるため、 応募する企業が増えればそれだけ期間は伸びていきます。 選考はなるべく複数社を同時に進めることで、 もしも途中で企業との相性が合わないと感じた場合やなかなか決まらない場合にも スムーズに切り替え、内定まで進めることができます。 STEP3 内定・退職・引き継ぎ(1〜2ヶ月間:転職完了まで71〜90%) 内定が決まって転職先が確定したら、いよいよ次の職場に向けて移動準備を行います。 (在職中に転職を進めている場合) 現在勤めている企業で退職の手続きを行い、社内規定等によりますが おおよそ1〜2ヶ月間の引き継ぎを行ないます。 状況により異なりますのでご自身の状況にあったスケジュールに置き換えてご覧ください。 <注目キーワードで仕事探し> >>|||.

次の