背中 の 肉 を なくす。 【2019】一週間で背中ダイエット!!筋トレやエクササイズで華奢な背中を目指そう!

背中の肉が落ちないですか?つまめる肉を撃退する最強エクササイズとは

背中 の 肉 を なくす

写真 春がもうそこまで近づいてきました。 この季節は、重いコートを脱いだ春のファッションも気になるところです。 キレイなカラーのニットなどは春気分を楽しむのにぴったりのアイテムですが、注意したいのがその後ろ姿。 薄手のニットはボディラインが出やすく、時にブラジャーが食い込んで背中に段差ができている人を目にすることも。 出掛ける前に鏡の前でチェックしていても、なかなか背中までは気が回らないもの。 ただ、年齢を重ねると肉質が柔らかくなるため、正面はスマートに見えても背中に段差ができてしまうことも少なくありません。 その結果、自分だけが背中のハミ肉に気づいていないなんてことも。 後ろ姿で残念な印象を残さないためにも、下着で対策しましょう。 背中のハミ肉対策をできるブラジャー選びのポイントは、段差ができやすい脇の下から肩甲骨あたりをカバーしていること。 つまり脇が高いブラジャーが良いわけですが、サイズが合っていなかったり、正しく着けていなかったりすると、ハミ肉が逆に目立ってしまい、窮屈に感じてしまうので要注意です。 背中全体を覆うシェイパーはあまりなじみのないアイテムかもしれませんが、背中のハミ肉対策には抜群の効果を発揮するので試してみる価値は大いにあり。 ブラトップという選択もアリですが、背中にゴムなどが食い込まないデザインを選びましょう。 バービーとピーチ・ジョンがコラボ! 「もっと自分のカラダを好きになって欲しい」というお笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービーさんの思いがきっかけとなり、ピーチ・ジョンとのコラボが実現。 すべての商品がバービーさん監修で、C65〜G90と充実のサイズ展開。 超脇高のサイドベルトで、はみ出しがちな脇肉をすっぽりカバー。 さらにそのお肉をしっかり集めカップに入れ込んで横広がりをストップ。 左と中央のブラは、カップサイドにボーンの代わりに2本の生地テープを裏打ちし、着け心地の良さと高いバストメイク力を両立。 すでにこの春、話題の商品となっています。 上半身全体をすっきりさせるロングシェイパー ブラジャーを着けてロングシェイパーを着ることで、背中の段差が軽減されるだけでなく、上半身全体をシェイプ。 ボン・キュッ・ボンのカーヴィーなボディシルエットに近づけます。 後ろアームホールの外側と脇部分はパワーネットを折り返し、柔らかいお肉にも食い込みにくい工夫がされています。 裾はゴムや縫い目がないヘム仕様なので、服にひびかずすっきり。 タイトなシルエットの服を着たときに便利です。 ノンワイヤーブラとボディシェイパーが合体! バスト・背中・くびれをまとめてボディメイクできるシェイパー。 身生地はパーツによって5段階のパワーに編み分けた特許素材。 一枚の生地に見えても、編み方の強弱でボディラインにメリハリがつくという優れモノ。 背中全体を覆ってハミ肉をカバーするのはもちろん、肩甲骨の中央は最大640デニールのパワー編地になっているため、背筋がシャキッと伸びます。 楽な着用感とキレイなシルエットを追求したブラトップ 背中の段差をなくす手っ取り早い選択の一つが、ブラジャーがキャミソールに内蔵されたブラトップ。 「ブラトップって楽だけど、アンダーゴムの締め付けが気になる」そんな不満を解決すべく登場したのが、『くるしゅうない』と名付けられたこの商品。 アンターゴムのない設計で背中の段差が目立ちにくく、タテ・ヨコによく伸びるフリーカッティング素材を使用することで締め付け感やズレ上がりを軽減します。

次の

背中のハミ肉をスッキリなくす! 背筋を鍛えるコロナ太り解消エクササイズ

背中 の 肉 を なくす

背中のお肉はなかなか落ちにくい! 冬の間はあまり気にならなかったスタイルも、春になってコートを脱ぐとかなり気になってきますよね。 薄着の季節、ブラジャーに食い込んだ背中の肉は悲しい。 このムダ肉が「意外と太っているんだ~」や、「おばさん臭さ」や「疲れた雰囲気」を猛烈にアピールしてしまうもの。 背中のお肉が増える原因 背中の贅肉の原因は「加齢」と「姿勢」からくるものなのだとか。 年をとるほど背中を支える筋肉は衰えていき、デスクワークや猫背の姿勢が続くと背中の筋肉が使われません。 普段の悪い姿勢が贅肉を呼び寄せていたのです。 実は年齢とともに背中周りの脂肪は付きやすく、落としにくくなると言われています。 背中痩せには肩甲骨を動かすことから! 背中痩せには背筋をトレーニングして筋肉をつけることも大切ですが、同時にコチコチになった 肩甲骨を元に戻して血の巡りをよくしておくことも不可欠です。 肩甲骨まわりを動かすと色んな効果も期待できます。 背中は痩せにくい場所ですが、動かしてあげればきちんと効果を出してくれます。 姿勢を改善して基礎代謝が上げることでダイエットにも効果を発揮しますし、肩甲骨が正しい位置に戻ればバストアップ効果も期待できます。 猫背改善で猫背による顔のたるみの予防にもなります。 肩甲骨ほぐし 肩甲骨ほぐしは代謝アップでいいことづくめ。 美しい背中作りにかかせない肩甲骨ほぐしは、背中だけでなく二の腕、ウエスト等にも効果を出してくれます。 リラックスしながらスキマ時間等に取り組んでみてくださいね。 うつぶせになって両腕をつかってググーっと上体を起こします。 腕を後ろで組んで引っ張ります。 デスクワークの合間等にやってみたら一気に血が巡った気分になることまちがいなしです。 背中を鍛える筋肉トレーニング 中村アンさんも背中の筋トレエクササイズで美しい背中をキープしている様子。 まずは普段の生活ではほとんど使わない背中の筋肉トレーニング方法をご紹介します。 どれも簡単で始めやすいものばかりなので安心? 仰向けに寝転がった状態から腰を持ち上げてキープ。 6から8回繰り返し行いましょう。 上半身を前に倒し、両手に500mlの水が入ったペットボトルなど重さがあるものを持ち、ひじが背中を越えるあたりまでゆっくり上げましょう。 またゆっくり元に戻すことを10回ずつ行います。 片足をヒップの高さまで上げるこのポーズを10秒キープします。 6から8回繰り返し行えたらベスト。 うつぶせになって片足ずつあげて10秒キープします。 3セットずつ行いましょう。 背中の肉を即効で取るエクササイズ7選 足やお腹に比べて無視されがちな 背中の肉のシェイプアップですが、ちょっとずつおうちでエクササイズをして背中の贅肉を取りましょう! 普段あまり鍛えない筋肉なので、効果を 即効で感じられますよ。 1、ダンベルで筋肉を鍛える ダンベルやペットボトルに水を入れたものを使って、背中のお肉を直接刺激しましょう。 猫背にならないように立ち、腕を頭の後ろで真っ直ぐに上げます。 なかなか落ちない二の腕の後ろ側にも効くので一石二鳥。 背中の筋肉を意識して腕を持ち上げます。 反動の勢いでやらないように。 脇周りの筋肉も動くのでブラ周辺のはみ出るお肉も撃退! 2、空中スイミングエクササイズ うつ伏せに寝て手と足を浮かせる「スーパーマン」エクササイズを応用し、空中スイミングで背筋を鍛えます。 手の指先まで意識して美しく動かすことがポイント。 美しく泳ごうと丁寧にすると、背筋を鍛える時間も自然に長くなりますよ。 3、じわじわ効くエクササイズ ブラストラップからもりっと出るお肉に特に効果を発揮する4つのエクササイズです。 どれもやってみるとじわじわ? と効いてくるエクササイズです。 一番高く上げられるところまできたら、そのままの姿勢を3秒間キープし、ゆっくりと元の状態に戻ります。 両手両足を背筋の力でしっかり持ち上げて このエクササイズでは背筋を意識して両手と両足をしっかりと持ち上げることが大切。 背筋を使わないと手だけが上がってしまい、体をバランス良くキープすることができません。 ぜひ背筋に力を入れて1分間続けて実践してくださいね。 5、ウォリアーバランスエクササイズ 頑固な脂肪は体幹エクササイズで撃退! 「ウォリアーバランス」と呼ばれるエクササイズは、体幹トレーニングとしても効果的なメソッドのひとつ。 写真上部のように片ひざを90度に曲げた姿勢からゆっくりと手足を前後に伸ばし、体でしっかりとT字を作って支えます。 こちらも伸びた姿勢でバランスを3秒間キープしたら、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。 手足の先までまっすぐ伸ばすことを意識して なおこのエクササイズでは、フラフラせずに手足を指先までしっかり伸ばすことを意識してみましょう。 1回1回の屈伸はゆっくりでいいので、しっかり体のバランスを支えながら行うことが大切です。 6、グッドモーニングエクササイズ 厚みのない背中にはこのエクササイズ! そして最後は「グットモーニング」と呼ばれる起き上がりエクササイズ。 写真のように頭の後ろで手を組んだ姿勢からゆっくりと状態を曲げ、そのまま腹筋と背筋を使って体を起こし、この動きをテンポよく繰り返します。 腹筋もしっかり意識して実践しよう このエクササイズでは背筋だけでなく、しっかり腹筋にも力を入れて実践することが大切。 なお足はなるべく曲げずにまっすぐ立つことを意識してみてくださいね。 1分間テンポを変えずに実践してみましょう。 7、ヨガで気持ちよくストレッチ Sponsored Link 背中に効くヨガのポーズをして、気持ち良くストレッチしながら引き締めていきましょう。 仕事が終わった後のお疲れの体をほぐしながら、ヨガでシェイプアップ! 腹筋もしっかり意識して実践しよう! このエクササイズでは背筋だけでなく、しっかり腹筋にも力を入れて実践することが大切。 なお足はなるべく曲げずにまっすぐ立つことを意識してみてくださいね。 1分間テンポを変えずに実践してみましょう。 肩甲骨周りをほぐして、脂肪が溜まりにくく落としやすい背中を作っていきましょう。 両手を上げ、手のひらを外側に向けます。 そのまま、肘を曲げながら横に下ろします。 肩甲骨を少しだけ寄せる意識で行いましょう。 しっかりと胸を張り、背中を伸ばした状態でおこなってください。 ゆっくりと5回行いましょう。 立って行っても、座って行っても良いです。 両腕を斜め後で伸ばし、腕のつけ根から外ねじりにします。 背中の後で、その両腕を肩甲骨から寄せ、パタパタと羽ばたくように近づけます。 20回。 肩甲骨周りを整えて、後ろ姿美人を目指しましょう。 肩幅でタオルの端を持ち、背筋を伸ばす。 息を吸いながら頭上まで高く持ち上げる。 マッサージで背中の肉を落とす! 肩甲骨エクササイズ (1)足を肩幅に開き、両手をグーの形にして前へ伸ばします。 (2)息を吐きながら、ひじをゆっくり後ろへ引いていきます。 このとき、肩甲骨がグッと内側に寄っているこを意識すると、より効果的ですよ。 (3)(1)~(2)を10回繰り返します。 ブラジャーのハミ肉でバストアップするエクササイズ (1)ブラジャーのホックを留めたら前かがみの姿勢になります。 そのまま右手を左手の胸に入れ、肩甲骨まで手を回します。 (2)肩甲骨周りにある背中のお肉を集め、逃がさないように左胸の中央に集めます。 (3)お肉がこぼれないようにブラジャーのワイヤーをしっかり固定します。 (4)同じように右胸も繰り返します。 (5)ストラップを調整し、バストを引っ張り上げて完成です。 タオルを使う 1. フェイスタオルの両端を持ち、両手を高く持ち上げる。 息を吸って準備。 息を吐きながら、ヒジを曲げてタオルを肩のラインくらいまで下す。 息を吸いながら、両手を高く持ち上げる。 1と2の動きを交互に10セットゆっくり繰り返す。 背中と一緒に二の腕もケアできる肩甲骨ストレッチ 1. 左手の上に右手を重ねて手を組みます。 息を吸いながら、両手を頭上高く持ち上げる。 上半身全部を持ち上げるよう、しっかり腕を伸ばしながら5回深呼吸。 1と2の動きを、5セット行います。 背中の肉を胸に移動させバストアップ! 背中を5分ほどよくもみこみ、右手で左の背中の肉を胸に流すように力強く押します。 これを左右20回ずつ繰り返します。 水泳が効果的 水泳選手の背中は引き締まっていますね。 あれは水泳が背中の筋肉をよく使い、無理なく脂肪を燃焼できるためです。 クロールやバタフライがおすすめ 背中の老廃物を出す 老廃物にはカリウムの摂取が必要です。 海藻類 こんぶ・ひじきなど、インゲン豆、大豆アボガドきゅうり さつまいも、かつお、セロリ、あずき、枝豆などを積極的に摂取しましょう。 背中痩せにはヨガポーズ ヨガは背中痩せや引き締めにいい感じで効果的だといわれています。 ダイエット効果があまりないように感じるヨガですが、きちんと実践すれば理想の背中痩せをゲット出来ちゃうんですししなやかなボディラインをつくることができます。 その中でも背中痩せに効くポーズで集中的に背中痩せを行いましょう。 背中のコリを解消して背筋を使うようにすれば、背中を引き締めることができるんです。 ヨガをしてリラックスする機会を増やせば、ダイエットを長く続けることができるんですよ。 背中痩せヨガの猫のポーズ 猫のポーズは背中の筋肉全体を使うポーズのため、バランスよく背中痩せを行う事が出来ます。 猫のポーズはヨガ初心者や体が硬い人でも簡単に挑戦できるポーズです。 正座し、床に手を付きます。 四つん這いの状態からスタートです。 吐く息とともに背中を丸めて、おへそを天井の方へ持ち上げていきます。 自分のおへそを見るようにします。 5秒から10秒ぐらいキープして下さい。 次に顔を上にあげて背中を伸ばします。 息を吐きながら、おしりを上げ、あごと胸を下して背中を伸ばします。 この一連の動作を10回続けて繰り返し、猫ポーズの終了です。 1日にこれを行うだけです。 しなやかな美しい姿勢を叶える「猫のポーズ」 まずは優しく胸を開き、背骨を動かしていきます。 うつ伏せになり、足は腰幅に開きます。 足の甲までペタッと床につけましょう。 背中の筋肉も使うため、猫背を改善することができます。 そして背中の余計な脂肪も、スッキリさせてくれますよ! コブラのポーズの凄い所は、背中痩せ以外にも幅広い効果をもたらしてくれる事です! 肘を前に向けて曲げた状態でうつ伏せになります。 この時、つま先を床に立て脚は肩幅に開いて下さい。 脇をしっかり締めた状態をキープしつつ、おへそは床から離れないように注意します。 そのまま天井を向き、あごを突き出すようにします。 両手を胸の横に置き、息を吐きながら両手で床を押すように、上体を起こしていきます。 腰が浮いてしまうと効果が半減してしまうので注意して下さいね。 YouTube ダイエットで落ちにくい背中の贅肉を即効で取る背中痩せエクササイズ!まとめ いかがでしたか? ダイエットをしても背中の肉って落ちづらいもの。 お肉がついていると背中が大きく見え、全体的に太ったイメージを持たれることもありますね。 後ろ姿美人に背中のお肉は必要なし!ほかの体のパーツに比べて重要視されない背中ですが、美しい後ろ姿は簡単なエクササイズでゲットできるんです。 ぜひ今日から「脱おば背中痩せプログラム」をはじめましょう。

次の

背中の肉・段差をなくす!今すぐカバー&じっくり解消のW対策で背中のハミ肉をスッキリ♪

背中 の 肉 を なくす

「四足歩行の時代、肩甲骨は骨盤同様に体重を支える役割がありました。 二足歩行になってからも、体重を支え、下半身とのバランスをとり、骨盤と連携して体の正しい動きを支えています」 最近座りっぱなしの生活が増え、スマホやPCの長時間の使用も重なり、猫背や巻き肩の人は増加中。 その結果、肩甲骨の可動域が狭まり、コリや痛みだけでなく、背中に肉がつくなど、見た目の悪化にも拍車をかけているそう。 「本来肩甲骨は、動きの自由度が高いのが特徴です。 遠くのものを取る、腕をひく、押し出す、胸を張るなど様々な動きを担うため、上下、前後、左右に自由に動きます。 腕の動きには肩甲骨が大きく関わっているのに、肩甲骨の可動域が狭いと、腕の骨だけで動かそうとしがち。 すると使う筋肉が限定され、使われない筋肉は凝り固まる、という悪循環が起きます」 まずここでは、そんな肩甲骨の状態をチェックしてみましょう! CHECK:3Dに動く、肩甲骨のポテンシャルを眠らせないで! 腕と肩甲骨の動きは常に連動。 肩甲骨は、僧帽筋、広背筋、上腕筋、肩甲下筋、小胸筋など、上半身の多くの筋肉と連なり、腕の自由な動きをサポートしているので、肩甲骨まわりの筋肉を柔軟に保つことが大事。 次に、肘の高さをキープしたまま両手の肘下を壁につけるように下ろす。 肘の角度が変わらなければOK。 両肘の角度を90度にキープしたまま、体に近づけられればOK。 痛みやコリの軽減だけでなく、体本来の自然治癒力を取り戻せる、独自の背骨調整法を推奨。 著書に『奇跡の「せぼね調整」』(宝島社)が。 写真・中島慶子 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・原田ゆか 取材、文・板倉ミキコ (by anan編集部)•

次の