スコーン レシピ。 基本のスコーン

~朝吹真理子のスコーン~

スコーン レシピ

強力粉、ベーキングパウダーに柔らかくしたバターを加え、手で混ぜ合わせます。 砂糖、ヨーグルト、塩、卵をすべて混ぜ合わせ、1に加え、さらに手で混ぜ合わせます。 5cmの厚さにのばし、型で抜きます。 卵の黄身を牛乳でのばしたものを型に抜いた生地に塗り、180度のオーブンで25~30分焼いて出来上がりです。 【シェフのワンポイントアドバイス】 1. 強力粉とベーキングパウダーはあらかじめふるいにかけて、少し大きめのボウルに入れ、耳たぶほどの柔らかさのバターを加えて利き手で時折り揉むように混ぜ合わせます。 多少混ざり切らなくても次の工程で再度混ぜ合わせますので、大丈夫です。 生地を一旦、冷蔵庫にて20分ほど休ませて、扱いやすくなってからおおよそ2. 5㎝厚に平らに伸ばし、直径5cm位の丸い抜型で抜き揃えて、鉄板にベーキングシートを敷いてのせ、塗り黄身を塗り、焼成します。 塗り黄身は薄く、垂れない程度が良いです。 火力が上下調整できる場合は、下火を強めに浮き上がらせるように焼きます。 焼き上がりの側面が裂けるように浮き上がるのが理想です。 【よくあるご質問】 Q: バターは有塩でも構いませんか? A: 無塩をお使いください。 有塩バターは塩分含有量が多く、無塩とは仕上がりの味が大きく異なります。 配合中の塩はあくまで生地の味わいを引き締める効果で、塩味のために入れているものではありません。 Q: ヨーグルトはプレーンタイプですか? A: プレーンヨーグルトが望ましいですが、加糖タイプしかない場合はそれでも構いません。 その場合でも、配合の砂糖の分量は減らさない方が良いです。 Q: ベーキングパウダーの代わりに重曹を使えますか? A: 重曹に置き換えると苦みが出てしまいます。 また作用も異なるため、ベーキングパウダーをご使用ください。 Q: 強力粉の代わりに薄力粉で代用できますか? A: 薄力粉でも、中力粉でも代用可能です。 ただし、生地の出来上がりや食感は変わります。 これらの粉を代用した場合も、作り方に大きな変更はありません。 関連記事.

次の

スコーン【栗原はるみさんレシピ】

スコーン レシピ

美味しいスコーンが食べたくて、夜な夜なスコーンのレシピを調べていた毎日。 私、スコーンが大好きなのですが、大好きがゆえに食感等かなりこだわりがあって。 その理想の食感のものを自分で作れる気がしなくて、あえて家で作ることをしていませんでした。 ですが、少し前に美味しいスコーンをよばれる機会があって。 それがなんとフードプロセッサーを使って作ったもので。 それ以来美味しいスコーンを作るために、フードプロセッサーを購入しようと検討していました。 それと同時期にeringoさんがクイジナートのフードプロセッサーについてクリップされていて、購入するならクイジナートにしようと検討しています。 (今も迷い中。 ) でもフードプロセッサーを使わずに作ったらどんな感じなのかも知っておこうと思い、栗原はるみさんのヨーグルトスコーンのレシピで作ってみました。 (前置きが長くてすみません…) いい大きさの型がなくて、ボテガのグラスで型抜きしたので、少し大きめ。 笑 形もなんだかイビツですが。。 いい感じの割れ目ができました。 パカっと半分に割って、先日作った手作りジャムをのせて。 大げさかもしれませんが、かなり理想に近い食感のスコーンが出来て。 このことを特に気を付け、ぱぱぱーっと作りました。 とても美味しくできたので、もうすこし練習を積めば人に出せるレベルになりそうです。 笑 主人も、子どもたちも「めちゃくちゃ美味しい!!」と喜んで食べてくれました。 手づくりってやっぱりすばらしい。 そして栗原はるみさんのレシピにも改めて感動しました。

次の

~朝吹真理子のスコーン~

スコーン レシピ

先日のでは、粉モノ系をいろいろと作り倒しました。 そのときに教わったシンプルなスコーンがこちらです。 友人の旦那様のお母様(=イギリス人)から教わったレシピを、キリのいい分量に少し手直ししました。 【材料 5. 5cm丸型 6個分】 小麦粉 200g ベーキングパウダー 小さじ1 (あれば、上記の代わりに、セルフレイジングフラワー200g) バター(or マーガリン) 50g 砂糖 50g 牛乳 80ml 【作り方】 1) オーブンを220度に予熱し始める 2 材料を予め計量しておく。 小麦粉とベーキングパウダーはボウルの中でよく混ぜておく。 セルフレイジングフラワーを使う場合は、そのままボウルに入れるだけ。 3) マーガリンと小麦粉を擦り合わせるようにして混ぜる ここが初めのポイント。 私は 「ひねりごまのようだなぁ」 と思うのですが、バターと小麦粉を、指先でポロポロと擦ります。 英語では 「rub in」といいます。 私が昔読んだ林望さんの「イギリスは美味しい」という本では、 いかにこのrub inがスコーン作りに大切か、熱く説かれていました。 パン粉のようなザックリした粉を目指して、素早く、まんべんなく混ぜます。 4) 3に砂糖を加え、全体を混ぜる。 もしもドライフルーツやチョコなどを入れる場合はここで加える。 5) 牛乳を加え、素早く全体を混ぜ、まとめ上げる。 粉っぽさがなくなればOK。 捏ねすぎないこと。 お母様曰く、 「ペストリーより柔らかいけど、べたべたしないように」 とのこと。 6) 生地を2cmの厚さに広げ、型で抜く。 2つ目のポイント。 型は何でも構わないし、なければ包丁やスケッパーなどでもいいのですが、 とにかく切り口が スパッと切れるように。 そして切ったら出来る限りいじらないように。 初めて作ったとき、コップでやって失敗しました。 切れ味良く切れてないと、焼いたときに膨らみにくくなります。 生地を延ばすときは麺棒を使うのがいいでしょうが、 私はこのあと家で一人で作ったとき、手で延ばしちゃいました 多少ひび割れても、でこぼこでも、大丈夫。 余った生地の切れっ端は丸めて一緒に焼いちゃいましょう。 7) 予熱しておいたオーブンで10~15分焼く。 8) 冷めてから、クロテッドクリームとベリー系のジャムをたっぷり付けて召し上がれ 旦那様曰く、 「イギリス人は焼きたてよりも冷めてから食べるかも」 とのこと。 日本では中沢からクロテッドクリームが販売されています。 でも、要は食べた本人が美味しければいいので、アツアツでも、冷めからでも。 メープルシロップとか、はちみつとか、マーガリンとか、何でもいいと思います。 こんな風に 「オオカミの口」がパックリと開けば大成功~ ・・・おったまげるほど、簡単でした。 一番初めに家で作ったときは、上述の通りうまく膨らまなくて失敗だったのに、 何で失敗したのか分からないくらい、簡単でした。 おどさん、ありがとう。 私一人でも、ちゃーんと焼けたよ~ 計量し始めてから焼きあがりまで、30分もあれば大丈夫。 卵を入れるレシピとか、フープロ使うレシピとか、巷にはいろいろありますが、 これが一番簡単で美味しいと思います。 砂糖を加えずにチーズ、塩、マスタードを入れるとSavory Sconeというんですって。 そちらも美味しそう! 今度チャレンジしてみます。

次の