君 が 僕 以外 の 人 を いつか 選ん で しまっ て さ。 EXILE 運命のヒト 歌詞

「B男君はADHDだから皆も支えてあげようね!!」と一人で盛り上がるA子 : おうち速報

君 が 僕 以外 の 人 を いつか 選ん で しまっ て さ

TOP画像引用元 そもそもなぜ「恋愛裁判」は開廷される事となったのか。 ボカロ史に残る名曲をいくつも生み出した、大人気ボカロP「40mP」。 彼の7曲目のミリオン達成ソングが初音ミク歌唱の「恋愛裁判」です。 この曲はその高い物語性に注目を集め、小説化までされた大人気楽曲となっています。 曲の内容は、大切な恋人に対して、してはならない罪を犯した「僕」と、そんな「僕」に怒る「君」のさまを「裁判」にたとえた恋愛ソングです。 驚愕のラストに、多くの考察がなされてきました。 はたして「僕」と「君」の裁判の行く末に待っていた、衝撃的な結末とはなんなのか。 その結末を見る為に、まずは「恋愛裁判」が行われる事になった理由に迫ってみましょう。 これが裁判を起こすきっかけになったと思われます。 続く歌詞では「君」に許しを乞う歌詞が綴られています。 ではこの「魔」とはなんなのか。 そのヒントと思われるものが2番で歌われていました。 恋愛の「過ち」と言えば、思い浮かぶものはただ1つ。 そう「浮気」です。 思い返せば、1番の「僕」の言葉も、まるで「君」以外の相手がいた事を隠すような内容でした。 「君だけが全てさ」と歌う歌詞は、裏を返せば「君だけが全てじゃない」と相手に勘違いさせる何かが起きたという事でしょう。 さらに、実は1番には、このような歌詞もあります。 そしてこの事実に加え、さきほどの歌詞「性格的な問題」。 つまり、彼には元から「浮気癖」なるものがあったと、考える事はできないでしょうか。 それが「僕」に「ちょっと魔がさして」犯した罪の正体でしょう。 けれども、その歌詞からわかるように、「君」だけは騙す事が出来なかったようです。 その結果、「僕」には有罪判決がくだされます。 はたして有罪判決となった「僕」は、自分の罪に対してどのような答えを導き出すのか。 彼が導き出した、自分の罪への償いをみてみましょう。 いかにして自分を許してもらうかと、自己が中心的な考えを訴えていた僕が、「君」の抱えている想いに対しても目を向け始めるのです。 「恋愛裁判」のMVでは、Cメロに至るまでの「僕」の現状を観る事ができます。 そこには、牢屋に閉じ込められた「僕」が、悲しむ「君」の姿を見つめるシーンが描かれています。 推測するに、この間奏のシーンは悲しむ「君」に対して「僕」が様々な思いを巡らせらた時間なのではないでしょうか。 その結果、今までの彼の考え方に変化が起こります。 そして次の大サビで、彼は「君」にこう告げるのです。 今まで刑を軽くしようともがいていだ彼が選んだのは、最も重たい刑罰でした。 本気の反省と覚悟が感じられます。 しかし、そんな「僕」に待っていたのはなんと予想外の真実だったのです。 「君」も有罪!? 罪を犯していたのは「僕」だけじゃなかったのです。 では「君」がした罪とはなんなのでしょうか。 それを考えるヒントが「偽りの涙」です。 実は他にも、この歌詞に似た言葉が登場しています。 それが1番のサビです。 これは、言い訳をする「僕」に対して「君」が泣いているようにも見えます。 しかし大サビと似たフレーズであることもふまえると、この時点で「君」が流していた涙も偽りのように見えてきませんか。 すると見えてくるのは、ある一つの可能性です。 ここで先の間奏シーンを思い出しましょう。 牢屋の中に閉じ込められた彼は、その中にいる間、彼女の事だけを考え続けています。 裏を返せば、「君」だけの事しか考えなくなるように仕向けた、という風にも捉えられませんか? 「君」が本当に狙っていたのは、「僕」の思考の独占ではないでしょうか。 「偽りの涙」も、彼を反省させる為の策だったのかもしれません。 となると「君」の「有罪」とは、「僕」を自分だけのものにするために「騙した」事だと考えられます。 つまり、最初からずっと「僕」は「君」の手のひらの上で転がされていたという事です。 TEXT 勝哉エイミカ.

次の

君と歩く世界 : 作品情報

君 が 僕 以外 の 人 を いつか 選ん で しまっ て さ

と答えたら「何がいいのか全然わからない」と呆れた感じに答えられた。 「ひとつでいっぱい使えて便利で速度制限かかりにくい」って上の説明でわからなかったんだろうか? しかも、じゃあバッテリー外して返してよと思った。 Aのスマホに合うケーブル持ってたのはwi-fiルーターの充電する差込口と一致したからなのに。 他人のものにあやかりながらそれにケチつけられる神経がわからん。 他にも似たような事があってバッテリーを貸していたら 「これスマホ6回充電できるって書いてあった」 と言ったら「そんなできるわけないじゃん」と鼻で笑われた。 これ別々の人に3人やられたことがある。 だったら充電外してほしい。 そんなにできないんだったら他人に譲る余裕ありません。 私だって6回も充電する機会はそうないだろうなと思ったけど 大容量に越したことないかなと思ってその文句が書いてあるもの選んだだけで 実際6回できるかできないかは深く考えてなかったけど それにケチつけるような人に貸したくない。 私が人にバカにされやすいたちなのか 充電器借りる人が口悪い人が多いのかわからないけど Aにまた似たようなこと言われた事でやっと今度からバッテリー貸すのやめよう。 と決めた。

次の

他人のものにあやかっといて、それにケチつけられる人の気が知れない : おうち速報

君 が 僕 以外 の 人 を いつか 選ん で しまっ て さ

解説 両脚を失い絶望した女性が、ひとりの男性との出会いを経て再び人生に希望を見出していく姿を描いた人間ドラマ。 主演は「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のオスカー女優マリオン・コティヤール。 監督は「真夜中のピアニスト」「預言者」の名匠ジャック・オーディアール。 南仏アンティーブの観光名所マリンランドでシャチの調教師として働く女性ステファニーは、事故で両脚を失う大怪我を負い、失意のどん底に沈む。 そんなある時、5歳の息子をひとりで育てているシングルファーザーのアリと出会い、不器用だが真っ直ぐなアリの優しさに触れたステファニーは、いつしか生きる喜びを取り戻していく。 この女 ひと って、絶体絶命の人生を演らせたら天下一品かも。 「サンドラの休日」も見ものですよ。 これはきっと、フランス映画ならではだろうなぁ。 ハリウッドではこの味は出せない。 怪我人のマリオンをば、寄り添うとか理解して励ますとか じゃなくて、ただのセフレとして付き合うアリ。 僕の体得していた方法論とは異次元のものだったからです。 あそこで流れるジャスティンビーバー?とか、反則だ。 アリが殴れば殴るほど、マリオンは鬱憤を晴らして充電していく。 ============ 「エンドロール」 ん? れれれ? 文字列が変でしょ? スペルの間隔がおかしいの気付きましたか? 「27個ある人間の手の骨の数」の、「折れて砕けた骨」を表しているね。 ハッと気がつきました。 あれは抜群のエンドロールでしたねー。 そういえば原題は「錆と骨」でした。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の