姫路 サルーン 事件。 「遺体なき殺人」初公判、韓国籍被告「私は無罪」と全面否認 最長207日裁判 神戸地裁姫路支部(1/3ページ)

【パチスロ今昔物語】ジャグラーで万枚多発!?伝説の裏モノ設置店『姫路サルーン』

姫路 サルーン 事件

初公判から判決まで207日を要する過去最長の裁判員裁判が16日、神戸地裁姫路支部で始まった。 殺人や逮捕監禁致死などの罪に問われた元パチンコ店経営の中村春根被告(47)は罪状認否で「全ての事件について私は無罪です」と起訴内容を否認した。 検察側は被告が配下に指示して起こした事件だと主張し、弁護側は関与を全面的に否定。 検察・弁護側が全面対立する構図となった。 起訴内容は2010~11年、被告が知人らと共謀して作業員男性(当時37)、広告会社元社長の男性(同50)、無職男性(同57)を兵庫県姫路市などで殺害したり、監禁して死亡させたりしたとするもの。 検察側は冒頭陳述で、「自ら経営するパチンコ店の関係者を暴力などで支配し、自分の手を汚さず配下の者に犯行を指示した」とし、被告が事件の首謀者だとする構図を提示。 1999年に被告の父親が死亡した傷害致死事件にまつわる怨恨(えんこん)や、被告が広告会社に融資した資金の返済遅れなどのトラブルを事件の原因と主張した。 一方、弁護側は冒頭陳述で「仮に監禁や殺害などが行われたとしても、被告は現場におらず、指示もない。 捜査機関は、全事件が被告の首謀と決めつけて捜査をした」と反論。 さらに被害者とされる3人中2人の遺体は見つかっておらず、残る1人についても死亡時の状況が明らかになっていないと指摘した。 判決は11月8日に言い渡される予定。

次の

伝説の闇スロ店、姫路サルーンで大勝利した話【パチスロ裏物ジャグラー】

姫路 サルーン 事件

前編・中編と続いてきたこのシリーズもついに後編、今回で最終となります。 中編では殺人や放火などの刺激の強い事件も取り扱ってみましたが、今回は最終回ということで、皆さん気になる店側やメーカーの不正をメインにしていこうと思います。 明るみに出て摘発されたものや、あっさり闇に葬られてしまったものなどいろいろありますが基本的には昔の事件で今の厳しい情勢ではありえない事件ばかり・・・だとは思いますが、全くないと言い切れないのもまた事実。 ほとんどない事ですが万が一のため、皆さんが遭遇してしまった時に気付けるよう事例を紹介していきます。 楽〇大山ジェットカット事件 2014年10月頃 都内のパチンコ店でジェットカウンターの過小計数が発覚した不正or故障事件 被害者はパチンコで6箱出し、約1800個が5箱と約1700個が1箱で少なくとも10000発はいっただろうと見積もっていましたが、いざジェットカウンターで計測してみたところレシートに出た数字は7990個でした。 あまりの少なさに店員に箱数を確認するも、しっかり6箱流したとのこと。 これはおかしいということで被害者は警察を呼んで検証することにしました。 (警察は途中で人が変わるなどしてたいして役に立たなかったようですが・・・) まず自腹で7000円分1750個の貸玉を用意し、箱に入れて自分の感覚が間違っていない事を確認した後、警察と店員の目の前でそのままジェットに流したところカウントされた玉は1520個でした。 この事実を突き付けてもなお、店側の言い分は「いくら分購入したかまでは見ていない」と非を認めず。 「ほら見ろおかしいだろうが!」と警察官立会いのもとで立証したわけですが、結局店側も警察側も「故障みたいですね^^」で済ませてしまったとか・・・ 本件については後日、ジェットカウンターを作っているメーカーのダイコク電機から故障に関する謝罪文が公表されました、どうやらコネクタの不良で左右の端が計測していなかったことが原因のようです。 ボナンザ横浜遠隔摘発事件 2007年4月頃? 神奈川県にあったパチンコ店ボナンザが、パチンコの遠隔操作で摘発された事件 手口としては良く知られる遠隔操作で、台側に不正な基板を取り付けて裏から店員がパソコンで大当りの信号を出すことで台に大当りが発生するというもの。 主犯は店の取締役と店長で、雇ったサクラや負けが込んだ常連客に当たりを意図的に出しており「出る店だと思われれば客が来ると思った」と供述していたようです。 なお店舗は摘発後に廃業、不正をするためのソフトを作っていた鞄屋も後に逮捕されたみたいです。 最近はもう遠隔するメリットよりも発覚時のリスクの方が圧倒的に高いですし、台自体も基板周辺が完全封印型になっていてどこかを壊さないと基板に触る事すらできないようですが、昔の事とは言えこういう事があると不安になりますよね。 参考映像 孫黄七事件 2007年7月頃 新装初日のが異様なレベルの暴走した事件 の某林檎にて、当時新台導入初日だった「」のうち1台が異様な確率で黄7BIGに当選し続け、夕方には万枚を突破して遊技停止になったようです。 何らかの演出が起きるたびに黄七が当選するような状態だったらしく、見ていた人によれば打っていた人も途中から演出のたびに黄七を狙うようになってたとか、うらやましい・・・ 裏モノだ!遠隔だ!と騒がれましたが、あまりにも露骨におかしな挙動だったこと、また他の台に問題はなかった事から、開発者の仕込みじゃないかという噂を経て、最終的には何らかのミスにより1台だけ用のデモ基板の台が混じってしまったのではないかという結論に落ち着きましたが真偽は不明のままです。 姫路伝説の終焉 2010年頃 かつての姫路にあった伝説的な裏モノ設置店の閉店 姫路と言えば今でも語り継がれている有名な裏モノ設置店で、4号機の頃から裏モノはあったようですが一番有名なのは5号機初期のブドウでペカるアイム葡萄バージョンや5G以内に連チャンするGODバージョンの時代でしょうか。 えげつない吸い込みの反面、2万枚や3万枚もザラにあったみたいです。 2010年頃、時代の流れかの不足かついに営業停止を受けてそのまま閉店、一つの悪しき伝説が終了しました。 語り継がれる伝説は裏モノだけにとどまらず ・イベントのくじ引き景品に車があった ・バニーガールがいた ・BARが併設されていてお酒が提供されていた ・遊戯中に設定を6に変えてもらった(裏モノなので表の設定なんて関係ないけど) ・ジェットカットは当たり前 ・万枚を超えると当日交換不可、免許証のコピーも必須だった などやりたい放題、もはや普通のホールではなく闇スロの類に近かったようです。 なお現在は当然のことながら閉店済み、跡地は居抜きかどうかわかりませんがキコーナになったいるみたいです。 こんな所の跡地に入るなんてなかなかの勇気ですよねw ドンちゃん2、導入直後に万枚事件 2019年4月 まだ記憶に新しい、6号機では難しいと言われていたAタイプのドンちゃん2が早々に万枚を突破した謎の多い事件 6号機ではボーナスの出メダルが300枚までという規制が入った為、Aタイプそのものが客に受け入れられないといった意味で難しいのではないかと言われていましたが、その第一弾・・・ドンちゃん2が早々に万枚を突破しました。 本来それだけなら6号機でもいけるじゃん!で済む話でしたが、その出方があまりに異様・・・遊戯中に突如覚醒したかのようにドンBIGのみを引き続けるというあり得ない出方だったため、タイマー?仕込みか?と噂になりました。 原因に関しては不明のままですが、どうやら関係者にはメーカーからの説明があったようで、「腑に落ちないけど落とし所か・・・」といったふわっと何かを匂わせるコメントはあったみたいです。 参考画像 あとがき ということで、以上ホールで起きた事件まとめでした。 今回はホールやメーカーが原因なものをメインにしましたが、結構やってんなぁ・・・ 意図的かミスかはさておき、お金の動く娯楽なわけですしユーザーとしてはもうちょっとしっかりしてくれよと言いたくもなりますよね。 もちろん一部の店舗のみだということはわかっていますが、全体的に信頼されていない業界なんだからより一層の信頼獲得を目指してほしいものです。 ちなみにイミソ公式裏モノ事件とかザク七スペック詐称疑惑とか、まだ紹介しきれなかったものがいくつかあります。 トが薄いものもあって今回は省きましたが、またある程度ストックが・・・溜まらない方がいいんですけど、溜まってしまったら記事にするかもしれません。 気になる方は調べてみると色々出てくるかもですね! 前編・中編はこちら pachi-jyouhoukyoku.

次の

姫路サルーン攻略

姫路 サルーン 事件

5ch. gif 元暴力団員ら男性3人を殺害したなどとして、殺人や逮捕監禁致死などの罪に問われた住所不定、無職、 上村隆被告(52)の裁判員裁判で、神戸地裁姫路支部は15日、求刑通り死刑を言い渡した。 藤原美弥子裁判長は「刑事責任は極めて重大で、死刑を回避すべき事情も見いだせない」と述べた。 弁護側は即日控訴した。 死体は1体しか発見されていない。 姫路やばい。 一部では暴力団がオーナーを詐欺で嵌めた報復でやったと噂されている。 暴力団Aがオーナーに慰謝料数億円を要求するも拒否 オーナーが姫路の繁華街魚町で何者かに襲われ、ゴルフクラブで頭を滅多打ちにされた末に死亡 暴力団B(下っ端)が警察に自首、入獄 自首した暴力団Bが出獄、その直後にオーナーの息子や店長らが拉致監禁(一回目) 暴力団Bは自力で逃げ出して警察に駆け込む 暴力団Bが警察の保護を解かれた直後にオーナーの息子や店員らがまたも拉致監禁(二回目) 暴力団Bが冷凍車の中から死体で発見される 暴力団A、およびその配下の者たちも次々と行方不明になっていることが発覚 警察は「暴力団Aと仲間たち」は国際会館のオーナーの息子と店長たちに殺されたとみて逮捕(死体は発見されていない) 全員が無罪を主張 最初の逮捕から起訴まで6年 現在も裁判中である。 一時期、国際会館系列のパチンコ店に銃弾が撃ち込まれる事件が多発していた。 2011年02月に窒息させられ殺害されたとみられる。 陳春根は殺人・連れ去り・ 監禁傷害などの罪に問われている。 遺体は見つかっていない。 陳春根は殺人・監禁の罪に問われている。 遺体は見つかっていない。 陳春根は連れ去り・監禁致死の罪に問われている。 【その他の事件】 2009年08月、神奈川県鎌倉市で男性(当時33)の顔にナイフを突きつけ、 車に乗せて連れまわして顔にケガをさせたとみられている。 陳春根は監禁傷害の罪に問われている。 2010年08月、兵庫県三木市にある倉庫に置かれた箱の中に男性(当時30)を閉じ込め、 約1箇月のあいだ監禁したとみられている。 陳春根は監禁の罪に問われている。

次の