格安スマホ ライン 友達追加。 格安SIMでLINEの友達追加する方法!ID検索とLINEユーザーURL

LINE友達を削除するやり方とメリット!友達リストを整理しよう!

格安スマホ ライン 友達追加

LINEを使うならSMS対応のSIMもしくは、Facebookを利用しよう 格安スマホからLINEの登録をする時は、基本2つのやり方がありますよね。 SNSの登録か、Facebookからの登録になります。 SMS(ショートメールサービス)は中に入っているSIMがSMS対応になっているか確認しなければなりません。 仮にSMS対応のSIMじゃなくても、Facebookのアカウントがあれば登録は可能です。 このSMS機能付きはLINE以外のSNS系や、アプリなどで「認証」するモノには必須になってくるから、今後も考えるとSMS機能は付けておいた方が良いと僕は思います。 音声通話SIMは最初からSMS機能は付いているので心配ないですよ。 LINEの無料通話で通信料を抑えよう LINEの登録が済めば、トークやユーザー同士の「無料通話」が可能になります。 LINEの登録が完了すればトークやユーザー同士の「無料通話」が可能になります。 簡単な会話ならトークで十分ですし、無料通話も使えるのである程度なら問題ありません。 この「 ある程度」ですが、格安SIMで1GBなどのデータ量が少ないプランですと容量を超えた時の通信速度は約200kbpsまで落ち込みます。 その為、無料通話機能は使えますが、途中で切れたり、よく聞こえないといった状況になる可能性があります。 [補足]LINE電話はデータSIMだと使えない? LINEを使った通信手段でもう一つ「 LINE電話」というモノがあります。 これは末端の電話番号を使ってデータ通信で会話をする方法ですが、 LINE電話の場合電話をかける際に電話番号認証が必須になるため、SMS機能がない格安SIMだと使えません。 もう一つのポイントは、 データSIMの場合、LINE電話で発信はできますが、「受信はできない」といったデメリットもあります。 そりゃそうですよね。 データSIMには電話番号はありませんから。 格安SIMのデータSIMは、データ通信に特化したSIMなので、最初から音声通話は不可なのです。 電話をよく使う人は、音声通話SIMにした方が得策だと言えますね。 ガラケーを使って格安スマホの2台でLINEを登録する ちょいとコレは裏技的な感じなのですが、ガラケーとデータ通信SIM、この2台を使えばFacebookを登録しなくてもLINEを使えるようになります。 やり方は別に難しいことはありません。 まず最初に格安スマホにLINEをインストールして、電話番号入力を求められたら、ガラケーの番号を入力するだけです。 そして、ガラケーにSNSで届いた4桁の認証コードを入力すればOKです。 家族でLINEを使わない人がいれば、その人の番号を使うのもひとつの手になります。 ただ、注意しなければならないのは、一つの番号につきLINEアカウントは一つしか作れませんので、「LINEは絶対に使わない」という人の番号に限りますね。 アカウントの引き継ぎ方 それでは最後にキャリアから電話番号をそのままで乗り換える、いわゆるMNPの場合の時のLINEの引き継ぎ方法を紹介します。 まずは、LINEアプリを最新の状態にアップデートしてご準備ください。 次にLINEアプリにメールアドレスを登録します。 (元々登録してある方はそのままでOK) メールアドレスの登録は、「その他」 > 「設定」 > 「アカウント」 > 「メールアドレス登録」の手順でメールアドレスの登録ができます。 パスワードの設定も同様に行ってください。 登録したメールアドレスとパスワードはとても重要になりますので、間違いがないかよーくチェックしてくださいね。 次に引き継ぎの許可をします。 LINEアプリの「その他」「設定」「アカウント引き継ぎ設定」「アカウント」を引き継ぐをONにしてください。 この引き継ぎ設定はスマホの機種が変わる場合のみに設定を行ってください。 「引き継ぎ設定」は引き継ぎ完了、もしくは24時間でOFFになります。 次にスマホの電話番号を入力します。 この電話番号はMNPであればその番号を、電話番号を新しく取得しなおした場合は新しい番号を入力します。 SMS ショートメッセージ)で4桁の認証番号が届きますのでLINEに入力すると完了です。 格安SIMのデータSIMをご利用の方は必ず「SMS機能付き」のデータSIMを選択してください。 注意点 LINEの引き継ぎをした場合に、もしも前の端末で引き継ぎが設定がOFFになってた場合は「方法が利用できない場合」に進み、LINEに登録したメールアドレスを入力します。 そのメールアドレスに認証URLが届くのでURLを選択してLINEアカウントを引き継ぐを選択することで引き継ぎが完了します。 格安スマホでLINEを使う時のまとめ 結果、データSIMでもLINEは使えますが、トラブルもなくスムーズに行う場合は「 SMS機能付き」のデータSIMを利用するのをおすすめします。 アカウントやトーク履歴のバックアップを変更前に済ませておけばこれまで通りLINEは使えます。 月額料金が一番安いデータSIMにしたけど、年齢認証が出来ず使えない。。 という事態に悩まされたという人もいるそうなので。 今はほとんどの連絡手段をLINEを使ってますよね。 学校の行事ごとの連絡もグループだったりします。 この記事がお役に立てれば幸いです!! 最近、時期的なのもあり、「中学校や高校などの進学で始めてスマホを購入したいけれど何がいいかな?」という相談をよく受けます。 初めてスマホを持つと言う方は初めて自分の電話番号を持つ。 ことになりますので、「通話SIM」の選択になります。 通話SIMであればSMS機能は最初から常備されているのでLINEの新規アカウントやFacebookなど問題なく使えます。

次の

格安SIMでLINEを使うために知っておきたい7つの注意点や対処法を解説!

格安スマホ ライン 友達追加

QRコードで友だち追加する• ID検索で友だち追加する• 電話番号検索で友だち追加する• ふるふるで友だち追加する• 友だち自動追加で友だち追加する• 知り合いかも?リストで友だち追加する• SMSで友だち招待する• Emailで友だち招待する• これらの中で、筆者が一番簡単だと思った友だち(友達)の追加方法は、 電話番号検索です! しかし、それぞれの友だち追加方法にも利点はあります。 ぜひ自分の状況に合ったLINEの友だち追加方法を見つけていただきたいので、それぞれの使い方を紹介していきますね!• QRコードで友だち追加する• ID検索で友だち追加する• 電話番号検索で友だち追加する• ふるふるで友だち追加する• 友だち自動追加で友だち追加する• 知り合いかも?リストで友だち追加する• SMSで友だち招待する• Emailで友だち招待する• なぜ友だち(友達)追加・登録方法にこれだけのバリエーションが用意されているのでしょうか? それは、LINEに友だち(友達)追加・登録したい相手とのシチュエーションやタイミングによって、ベストな方法が違うからです。 友だち(友達)追加・登録したい相手が目の前にいる場合は、 QRコードがとっても便利です。 一方、友だち(友達)追加・登録したい相手と離れた場所にいる場合は、 ID検索や 電話番号検索が役に立ちます。 LINE「友だち追加」画面へ行く方法 基本的に、LINEで友だち(友達)追加・登録する際には、いずれも「 LINE友だち追加」画面から行います。 まずは「LINE友だち追加」画面への行き方を確認しましょう。 LINE友だち追加画面への移動手順は、次の通りです。

次の

LINEのid検索が使えない格安SIMで離れた相手と友だちになるには?

格安スマホ ライン 友達追加

相手のメールアドレスか電話番号がわかっている場合に使う方法 すでに何らかの知り合いであるような相手の場合、 相手のメールアドレスや携帯番号を知ってるはずです。 その時にLINEで「友だち追加」をする方法です。 個別URLをメモしておけば今後も使いまわせる。 「ふるふる」で、うまく表示されない場合 ・スマホのGPSを入れてみて再度実行して下さい。 ・「友だちへの追加を許可」にチェックを入れて下さい。 LINEモバイルなら、ID検索ができる 「LINEモバイル」なら格安SIMで唯一、 年齢認証が可能でスマホのID検索ができます。 他の格安SIMでは、不可能なID検索ができるので、 ID検索を使いたい場合は、 「LINEモバイル」をお勧めします。 あとは、最悪パソコンで ID検索もできますから 特に問題ないと思います。 格安SIMとスマホをこよなく愛する ブログ管理人のスマホライフです。 読者のモバイル環境を良くする為、 厳選した記事を提供しています。 人気記事ランキング• 18ビュー• 11ビュー• 11ビュー• 8ビュー• 6ビュー• 5ビュー• 5ビュー• 4ビュー• 4ビュー• 4ビュー• 4ビュー• 4ビュー• 4ビュー• 4ビュー• 4ビュー カテゴリー•

次の