はなし 語源。 「はなし」の語源、有力なものは?【ことば検定】 答え林修

「たわいもない」の意味とは?使い方の例文と類語を詳しく解説

はなし 語源

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• 目次 第1章 身近な単語の意外な歴史(カナリアは鳥ではなく犬;プードルはフランスではなくドイツ原産の犬 ほか) 第2章 基本単語は奥が深い(フレッシュバターとは「無塩バター」のこと;air(空気)とair(態度、様子)は別の語 ほか) 第3章 文法にまつわる意外な話(two years agoのagoは動詞;不定詞は一種の名詞である ほか) 第4章 発音にまつわる意外な話(野球のバッティングとボクシングのバッティングは無関係;英国の高級車Jaguarは〔ジャグワー〕と発音する ほか) 著者等紹介 佐久間治[サクマオサム] サンフランシスコ州立大学を経て、早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。 旺文社ラジオ講座、ラジオたんぱ、河合塾講師などを歴任。 英語史研究家。 出版社内容情報 英語の語源ってこんなにおもしろかったのか! あっと驚く語源にまつわるハナシが満載です。 「girlは「少年」だった?」「語尾-iで終わる英単語はない?」「thanとthenは同じ単語?」「maleとfemaleは無関係?」などなど、英単語の歴史を楽しみながら、英語のボキャブラリーが知らず知らずのうちに身についていきます。 これまで無味乾燥だった英単語学習が楽しくなることウケアイ。 英単語を効率よく覚えたい初学者の方や、語源をマクラに生徒の英単語学習を促進したい指導者の方のネタ本にも最適です。 著者紹介 佐久間 治(さくま おさむ) サンフランシスコ州立大学を経て、早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。 旺文社ラジオ講座、ラジオたんぱ、河合塾講師などを歴任。 英語史研究家。 著書に『英語の不思議再発見』『英語に強くなる多義語二〇〇』『英単語スペリング攻略法』(以上、ちくま新書)、『英語に効くクスリ』(日本経済新聞社)など多数がある。 目次 第1章 身近な単語の意外な歴史 1 カナリアは鳥ではなく犬/2 プードルはフランスではなくドイツ原産の犬/3 アクセサリーとは「共犯者」という意味/4 トラベル(旅行)はフランス語トラバーユ(労働)と同じ語/5 ブランドとは「罪人に押した烙印」のこと/6 penとpencilは語源的に無関係/7 ジャンパー(jumper)とジャンプ(jump)も無関係/8 maleとfemaleも無関係/9 ライン川とは「川川」という意味/10 トランプの「ばば抜き」とはクイーンを抜くこと/11 ジャングルジムは商標名/12 フーリガンはならず者一家Houlihanに由来/13 McDonaldのMcは「息子」という意味/14 pianoの正式名称はgravicembalo col piano e forte/15 ピクセル pixel画素 はpictureとelementの混成語/16 ブラウザー(browser)とは「草を食う牛」という意味/17 ドルの省略記号$はSではなく8の略字/18 hyper=super、mega=million、giga=giant/19 trade wind(貿易風)のtradeは「貿易」ではない/20 minister(大臣)は「召使い」という意味だった/21 scavenger(腐肉を喰らう動物)は元「徴税役人」だった/22 quarantine(検疫)とは「40日」という意味 第2章 基本数える」/15 girlは「少年」だった/16 upset(ひっくり返る)は意味がひっくり返った言葉/17 niceは「愚かな」という意味だった/18 「童(わらべ)」もpupil、「瞳(ひとみ)」もpupil 第3章 文法にまつわる意外な話 1 two years agoのagoは動詞/2 不定詞は一種の名詞である/3 3単現のSはつけなくてもいい/4 不規則動詞は単母音節語のみ/5 till~やbefore~の従節中でも仮定法を使った/6 I'm afraid of dogs. は受動態/7 The book sells well. はThe book sells itself well. の略形/8 比較のthanはthen(それから)と同一語/9 whatは単独で名詞にもなる/10 nextはnearの最上級だった/11 go-went-goneのwentは別の動詞の過去形/12 ratherはrathe(早く)の比較級/13 nineの-eは複数語尾で、wideの-eは副詞語尾/14 alcohol(アルコール)やalkali(アルカリ)のalは冠詞/15 不定冠詞は本来aではなくan 第4章 発音にまつわる意外な話 1 野球のバッティングとボクシングのバッティングは無関係/2 英国の高級車Jaguarは[ジャグワー]と発音する/3 ラムネとレモネードはどちらもlemonade/4 plum(プラム)とprune(プルーン)は同じ語/5 sun.

次の

英語の語源のはなし / 佐久間 治【著】

はなし 語源

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• 目次 第1章 身近な単語の意外な歴史(カナリアは鳥ではなく犬;プードルはフランスではなくドイツ原産の犬 ほか) 第2章 基本単語は奥が深い(フレッシュバターとは「無塩バター」のこと;air(空気)とair(態度、様子)は別の語 ほか) 第3章 文法にまつわる意外な話(two years agoのagoは動詞;不定詞は一種の名詞である ほか) 第4章 発音にまつわる意外な話(野球のバッティングとボクシングのバッティングは無関係;英国の高級車Jaguarは〔ジャグワー〕と発音する ほか) 著者等紹介 佐久間治[サクマオサム] サンフランシスコ州立大学を経て、早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。 旺文社ラジオ講座、ラジオたんぱ、河合塾講師などを歴任。 英語史研究家。 出版社内容情報 英語の語源ってこんなにおもしろかったのか! あっと驚く語源にまつわるハナシが満載です。 「girlは「少年」だった?」「語尾-iで終わる英単語はない?」「thanとthenは同じ単語?」「maleとfemaleは無関係?」などなど、英単語の歴史を楽しみながら、英語のボキャブラリーが知らず知らずのうちに身についていきます。 これまで無味乾燥だった英単語学習が楽しくなることウケアイ。 英単語を効率よく覚えたい初学者の方や、語源をマクラに生徒の英単語学習を促進したい指導者の方のネタ本にも最適です。 著者紹介 佐久間 治(さくま おさむ) サンフランシスコ州立大学を経て、早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。 旺文社ラジオ講座、ラジオたんぱ、河合塾講師などを歴任。 英語史研究家。 著書に『英語の不思議再発見』『英語に強くなる多義語二〇〇』『英単語スペリング攻略法』(以上、ちくま新書)、『英語に効くクスリ』(日本経済新聞社)など多数がある。 目次 第1章 身近な単語の意外な歴史 1 カナリアは鳥ではなく犬/2 プードルはフランスではなくドイツ原産の犬/3 アクセサリーとは「共犯者」という意味/4 トラベル(旅行)はフランス語トラバーユ(労働)と同じ語/5 ブランドとは「罪人に押した烙印」のこと/6 penとpencilは語源的に無関係/7 ジャンパー(jumper)とジャンプ(jump)も無関係/8 maleとfemaleも無関係/9 ライン川とは「川川」という意味/10 トランプの「ばば抜き」とはクイーンを抜くこと/11 ジャングルジムは商標名/12 フーリガンはならず者一家Houlihanに由来/13 McDonaldのMcは「息子」という意味/14 pianoの正式名称はgravicembalo col piano e forte/15 ピクセル pixel画素 はpictureとelementの混成語/16 ブラウザー(browser)とは「草を食う牛」という意味/17 ドルの省略記号$はSではなく8の略字/18 hyper=super、mega=million、giga=giant/19 trade wind(貿易風)のtradeは「貿易」ではない/20 minister(大臣)は「召使い」という意味だった/21 scavenger(腐肉を喰らう動物)は元「徴税役人」だった/22 quarantine(検疫)とは「40日」という意味 第2章 基本数える」/15 girlは「少年」だった/16 upset(ひっくり返る)は意味がひっくり返った言葉/17 niceは「愚かな」という意味だった/18 「童(わらべ)」もpupil、「瞳(ひとみ)」もpupil 第3章 文法にまつわる意外な話 1 two years agoのagoは動詞/2 不定詞は一種の名詞である/3 3単現のSはつけなくてもいい/4 不規則動詞は単母音節語のみ/5 till~やbefore~の従節中でも仮定法を使った/6 I'm afraid of dogs. は受動態/7 The book sells well. はThe book sells itself well. の略形/8 比較のthanはthen(それから)と同一語/9 whatは単独で名詞にもなる/10 nextはnearの最上級だった/11 go-went-goneのwentは別の動詞の過去形/12 ratherはrathe(早く)の比較級/13 nineの-eは複数語尾で、wideの-eは副詞語尾/14 alcohol(アルコール)やalkali(アルカリ)のalは冠詞/15 不定冠詞は本来aではなくan 第4章 発音にまつわる意外な話 1 野球のバッティングとボクシングのバッティングは無関係/2 英国の高級車Jaguarは[ジャグワー]と発音する/3 ラムネとレモネードはどちらもlemonade/4 plum(プラム)とprune(プルーン)は同じ語/5 sun.

次の

英単語は“語源”で覚える!仕組みから覚える大人の英語学習者のための語源7選

はなし 語源

こんにちは!Pacalla編集部です。 皆さんは『これじゃ埒があかないよ』『人気に拍車がかかっている』なんて口にしたことはありませんか?これ、実はどちらも語源は馬に関係しているんです。 埒(ラチ)は競馬場のコースや馬場のまわりに設置されている柵のこと。 柵は境界のような役割を持っているため、それが転じて『物事の区切り』としての意味を持つようになったそう。 拍車とは乗馬をする人が履くブーツのかかとに装着して、馬のお腹に当てて馬を制御する金属の道具です。 拍車を使用することで、馬が元気よく前に進む様子から、このような言葉が生まれました。 このデッドヒートという言葉は、もともと競馬や競走などで二者以上が同着のときや、無効試合の場合に使われていました。 それが転じて現在のように使われるようになり、競馬だけでなくスポーツ全般に用いられるようになりました。 羽目(ハメ)とは馬を制御するために馬の口に噛ませる馬具「馬銜(ハミ)」が転じたものだそう。 この馬銜はハメとも読むことができ、馬銜を外すと馬が自由に走りまわって、手がつけられなくなったことからこの言葉が生まれました。 昔、旅というのはとても危険なものでした。 そのため、遠方へ旅立つ人に向けて、無事と安全を祈願するために、馬の鼻先を旅先の方向に向けるという習慣があり、転じて現在のような「はなむけ」という言葉ができたようです。 後塵とは馬車などが通った後に舞い上がる土埃のことを指し、拝するとはありがたくお受けするということ。 そこから中国で「先に行く人の土埃をありがたく拝む」といった意味で使われるようになり、それが転じて日本では遅れをとるという意味になったそうです。 語源は江戸時代にさかのぼり、当時の権力者の付き人が下馬先(馬を降りる場所、現代でいう駐車場)で、自分の主人が到着するまで、主人の評判(噂話)をして待っていたことに由来するそうです。 ですがこの言葉、どうやら戦前から競馬で使われていたようです。 競馬での『バテる』は馬が力走した末に、ゴールの手前でいっぺんにスピードが落ちてしまう状態をいいます。 これが人間にも使われるようになり、現在の形になりました。 語源が馬にまつわる言葉、皆さんはいくつ知っていましたか? 普段、何気なく使っている言葉の中にも『馬』に関するものがこんなにたくさんあるんですね!Pacallaでは引き続き調査を続け、第2弾をお届けできたらと思っています!お楽しみに!.

次の