石川ひとみ 年齢。 石川ひとみの若いころが可愛すぎ! 『くるみ割り人形』など人気曲が多数

石川ひとみの現在。病気?年齢の割にかわいい!画像あり。夫と子供との住まいは?

石川ひとみ 年齢

今年(2019年)還暦を迎える歌手の。 一般的には「元アイドル」というカテゴリで知られている一方で、地道な音楽活動を続け、2018年には、なんと35年ぶりにオリジナルフルアルバムを発表するなど驚きの活躍を見せています。 <2020. 15> のトレンドにランクインした日 2019年4月6日 土)フジテレビ系列で放映された「名曲お宝音楽祭」に歌手が出演し 収録は3月22日)、4月6日のの人気ランキングでトレンド位にランクインするなど話題となりました。 公式サイトがサーバーダウンしてる。 5startvyk 公式サーバーがダウンするなどの現象が見られたようですが、デビューから40年も経っているこの70年代元アイドルの人気は、今回のテレビ出演だけのことだけではなく、何か特別な秘密が隠されているような気がしてなりません。 の略歴 まず、の略歴についてみていきましょう。 1959年9月生れ、愛知県海部郡美和町(現:)出身。 本名は。 後に結婚して山田ひとみとなる。 70年代~80年代にかけて活躍したアイドル 高校2年のとき、フジテレビ系のオーディション番組「! 」でチャンピオンとなり、高校卒業をまって1978年5月に歌手デビュー。 1981年に11枚目のシングル「まちぶせ」が大ヒット。 テレビ番組「」の司会、人形劇「」での主役プリンセス・プリンプリンの声優など、幅広い活動で人気を博した。 「まちぶせ」の大ヒット以降も、のによる「君は輝いて天使に見えた」や、西島三重子作曲の「にわか雨」、「パープルミステリー」などの作品が好評だったが、脱アイドルを目指し、グラビアやテレビドラマ、ミュージカルなど様々な分野への挑戦を試みるようになる。 病気による休業と結婚 しかし、1987年にを発症、所属事務所から契約を打ち切られ、翌88年に復帰するも、以前のような活躍はできなくなる。 1993年、デビュー以来バックバンドを務めていた山田直穀氏と結婚。 ファミリー向けの活動 この頃、闘病経験に基づいた肝炎やに関する講演に取り組んだほか、90年代後半に入るとファミリー向けコンサートに活路を見出す。 で子供向けキャター「」が登場する番組(当時は、「母と子のテレビタイム日曜版」)で1997年から1999年まで2年間3代目お姉さんを務める。 音楽活動を本格化 99年からは、音楽活動を本格化させ、2000年代に入るとBeginが開発の弦楽器「」をフィーチャーしたカバー集をシリーズ化させる。 2015年からの浅草「カフェシアター」でのライブ活動をはじめ、ディナーショーやテレビ出演も増える。 2018年にデビュー40周年 2018年、デビュー40周年を記念し35年ぶりとなる9枚目のオリジナル・フルアルバム「わたしの毎日」を同年6月にリリース。 アイドル当時の歌声を聴いてみる~まるでオ・ジョン 1978年にデビューした。 アイドルとはいっても、当時から歌唱力には定評がありました。 の人形劇「」に起用されたのもその評価の現れでしょう。 デビュー直後に録音されたというのカバー「想い出のセレナーデ」では、原曲をはるかに超える表現力で聴くものを圧倒させます。 2枚目のシングル「」がのヒットチャート50位以内に入りましたが、以降は100位圏外のことも多く、実力を発揮できずにいました。 振り返ると、所属事務所やレコード会社のプロモーションの方向性や選曲などに問題があったのでは、という意見もちらほらあるようです。 <「まちぶせ」以前の歌声~より> 9枚目のシングル「秋が燃える」では、少し大人っぽさを加えて歌唱力の高さを示しました。 しかし、なかなかヒット曲に恵まれず、歌手活動にくぎりをつけようかと考えていた頃、11枚目のシングルにして、あの「まちぶせ」が大ヒットします。 <動画_まちぶせ> わずかの狂いも無い透明感のある高音 以降、「まちぶせ」の大ヒットに匹敵するようなヒットには恵まれませんでしたが、を見ると、非常に多くの音源が紹介されているのが分かります。 中でも、伝説のフォークグループ「」のが作詞作曲した「君は輝いて天使に見えた」は、人気絶頂だったの若くて伸びやかな歌声が映える一曲です。 <動画_君は輝いて天使に見えた> 「君は輝いて天使に見えた」のサビの上昇フレーズで聴ける一寸の狂いのない透明感のある高音は、今思えば「アイドル」というカテゴリで語るのはもったいない、と感じてしまいますね。 和製オ・ジョンか つづいて、現在の活躍を裏付ける素晴らしい歌唱が聴ける曲があります。 <動画_にわか雨> 筆者は、音楽については素人ですが、サビの部分の透き通るような高音には、惚れ惚れします。 ハイトーンボイスの女性歌手というと、、、Superfly、などが思い浮かびますが、いずれもパワー系です。 のように優しく力まずに伸びる透明感のあるハイトーンボイスは、意外と少ないのではないでしょうか。 そう考えると、というのは、さしずめ「日本版オ・ジョン」といっても過言ではありません。 本格的なシンガーとしての片りん <動画_パープルミステリー> 「パープルミステリー」は、の視聴者参加型番組「あなたのメロディ」から生まれた曲です。 埼玉県の高校生 川越進さんが作詞作曲した曲を番組内でが歌い、これが好評だったことから一部歌詞を修正してレコーディングしたとのこと。 現在、この曲については、NHKとが権利をしており、半ばお蔵入りのようになっています。 サビ付近の難しいメロディでは一寸の狂いも無く、透明感のある高音が冴えており、鳥肌ものです。 で購入 アイドル当時の歌声のまとめ こうして聴いてみると、アイドルというジャンルでは語れない、実力の持ち主だということが改めて分かります。 たまたま可愛らしい容姿をしていたために、アイドルとして芸能活動をしていましたが、逆に、歌手としての魅力が見逃されていた可能性もありますね。 普通は、ライブでレコード音源に忠実に歌えたら賞賛されるものですが、に限っては、レコード音源よりもライブでの歌唱が素晴らしいというのがもっぱらの評判で、そのせいなのか、いろいろな映像がに投稿されています。 を襲った悲劇そして復活 そのさん(ここからは「さん」付けにします)ですが、前述の「略暦」でも触れたように、人気絶頂のさ中病魔に倒れ、テレビやラジオから姿を消してしまいます。 の闘病と夫の支え それは、1987年7月のことでした。 初の主演ミュージカル「」の公演に向け稽古に励んでいたときのこと、母子感染によるのキャリアであった石川さんは、体調の悪化を訴え緊急入院します。 は劇症化すると命にかかわる病気です。 医師からは絶対安静を告げられベッドから動けない状態が続き、体重は36キロまでに減りました。 ようやく退院したものの、人前に出られる状態ではなく、所属していたからは契約の解除を告げられ芸能活動は休止に追い込まれました。 輝かしい芸能生活を送っていた石川さんでしたが、大手芸能事務所から解雇されたことで、著名な作詞家・作曲家に作品を依頼することができなかったのでしょう。 以来、ヒット曲は1曲もありません。 新たな事務所に所属し、なんとか芸能活動を再開しシングル2枚を発売したものの、1991年には事務所が倒産しギャラ未払いの問題などが発生。 そんな石川さんを支えたのが、デビュー時からバックバンドのリーダーとして芸能活動をサポートし、そして恋人でもあった山田直穀さんです。 彼は、立場も活動場所も失った石川さんに、これまでと変わりなく接しつづけ、「君は歌の人なんだよ」と励ましつづけます。 そして1993年、2人は結婚し、1999年には二人で制作した11曲入りオリジナルアルバム「HOME・MADE-ただいまー」をビクターより発表します。 この頃の画像についてはの所在が不明なものが多く、当ブログで引用しませんが、結婚当時および比較的最近の夫婦2人のショットは下記のブログに掲載されています。 で購入 病気への偏見と闘う活動 程度では感染しないですが、石川さんが闘病していたころ、などとともに、いまだに病気に対する偏見は根強く、握手を拒まれたり、リハビリのため通っていたプールでは石川さんが入ると他の利用者が引き上げるなどの辛い経験をしました。 これらの経験から、芸能活動と並行してこれらの病気への偏見と闘う活動として数多くの講演活動を行っています。 「いっしょに泳ぐと感染する」などと、へのいわれなき偏見と誤解のなかで、闘病、療養に明け暮れた6年間(商品説明より)。 この本が出版されたのは、ちょうど石川さんが山田直穀さんと結婚した年でした。 40代後半からの挑戦 公式サイトから活動履歴を見ると、音楽活動は、2005年頃から活発化していったようです。 石川さんは既に40代後半を迎えていました。 このころ、出身のバンド・BEGINとヤイリギターが開発した新しい弦楽器「(いちごいちえ)」をフィーチャーしたや歌のカバー集を立て続けに発表しています。 <のカバー曲とデビューから2014年までの画像を見ながら> 2013年には、セルフカバーを含むカバー集「The Reborn Songs ~~」を徳間ジャパンから発売しています。 このとき既に53歳になっていましたが、この頃にもテレビで披露した歌声に「あの頃と変わっていない!」と大きな話題となっていました。 2015年からは、浅草の「カフェシアター」でのライブが恒例となり、2018年の40周年に向けて活動は加速していきます。 <50代で歌った「まちぶせ」を聴いてみる> その1 <50代で歌った「まちぶせ」を聴いてみる>その2 <2012年53歳でテレビ出演したときの映像>. 現代のアイドルさんにも参考にして欲しいと思います。 しかし、石川さんのファンの場合、必ずしもそれは当てはまりません。 還暦近くになって、新しいファンを獲得し続けているのです。 長い闘病・療養生活を経てファミリー向けの音楽活動を続けながら、一方ではオリジナル曲とともに小さなステージに立ち続け、歌手としての誇りと喜びを持ち続けたことが、現在の評価と輝きにつながっているのではないでしょうか。 元々アイドルとかいうカテゴリーにはほとんど興味が無かった自分が、いい歳になってさんの歌声に見事にはまってしまい、一昨年ライブに初参戦してさらにはまってしまうことに。 ということで、禁断症状が出始めたらたまに呟くことにします。 — stargabugabu stargabugabu さんは、既に「元アイドル」でも「懐メロ歌手」でもない、現在進行形の、現役歌手としての輝いているのです。 2018年に 40周年記念オリジナルアルバムを発表 2018年、デビュー40周年記念を記念して、実に35年ぶりとなる9枚目のオリジナル・フルアルバム「わたしの毎日」を6月に発売。 彼女は、公式サイトで「一曲一曲レコーディングするたびに、歌える喜びとアルバム制作ができる嬉しさで胸がいっぱいです。 」とコメントを出しています。 <動画_最新作「わたしの毎日」より> BEGINの上地等が作曲した「願いはひとつ」がこのアルバムの聴きどころでしょうか。 やはり、作曲陣に恵まれていないため全体として大きなトを放つことは難しそうですが、現役歌手としての存在感は十分に示せたのではないでしょうか。 そう言えば、さん、驚異的な歌唱力だったなぁ。 40周年なのに、猛烈な声量、多分キーも当時のまんまで、高音とか全然無理なく、音程もバッチリ。 多分スタイルとかも全然変わってないんじゃないかと。 どうなってるんだろ?ちゃんと努力してるのですかね。 見習わないと。 — Natsuaki Fumihisa JackNatsuaki 40周年記念コンサートは、わずか1時間でチケットが完売、翌月に追加コンサートが企画されました。 昨日は、「40周年追加ライブ」に行ってきました。 当時と同じキーで歌って高音も難なく出していました。 ひとみ還暦 若い! — BAYWEEN 1985sevenkeys で購入 2019年の活躍にも期待 そして、2019年になりました。 9月には、なんと還暦(60歳)になります。 このブログを書いている4月上旬現在、さんはでのライブを控えてリハーサル中のようです。 そして間もなくカフェでのライブが告知されるとのこと。 <より> 決して過去の人ではないさんですから、個人的には、の、やなど90年代から2000年代にかけて活躍したメロディメーカーのサポートで新曲を出してほしいと思います。 この記事を書くために、いろいろ調べものをしているうちに、透明感のあるハイトーンにすっかりハマってしまい、「君は輝いて天使に見えた」がフェイバリットソングになってしまった筆者なのでした。 さんの、今後のますますの活躍を願わずにはいられません。 2020年1月25日、テレビ番組「ミュージックモア」に出演し、素晴らしい歌声を披露してくれました。 「まちぶせ」以外の曲が聴けたのはファンにとってはとてもうれしいことではなかったでしょうか。 そして、この声を聴いてください。 60歳を過ぎてもなお透明感のある高音が冴え、誰しもが聞きほれてしまいます。

次の

石川ひとみのかわいさは今も変わらない!休業の理由はある病気にあった

石川ひとみ 年齢

40代後半の私が石川ひとみのヒット曲、 「まちぶせ」のレコードを買いに行った のが小学生の頃。 まったく信じられません!(笑) 今でも可愛いし、まさに永遠のアイドル だと思います。 私生活では結婚し、夫と幸せな家庭を 築いていると聞いていますが、どうなの でしょうか。 今回は石川ひとみの結婚や夫、そして 子供の話題について検証していきたいと 思います。 スポンサーリンク 石川ひとみの結婚した夫の名前は山田直毅。 結婚の馴れ初めや子供について 石川ひとみが結婚したのは1993年。 結婚当時の年齢は34歳でした。 さて、気になる結婚相手の夫ですが、 名前は山田直毅氏。 実際に嫁である石川ひとみのヒット曲、 「いつわり」「坂道」「秘密の森」など 全8曲の作曲や編曲を手掛けているん ですね! 愛を感じます(^^) 結婚の馴れ初めはハッキリとわかって いませんが音楽が2人を結び付けたの ではないかと(勝手に)思ってます(笑) 実は石川ひとみは27歳の時にある病気を 発症してしまいます。 その病名とは「B型肝炎」 この病気はやっかいで、「肝臓癌」や 「肝硬変」になってしまう可能性も ある怖い病気です。。 発生経路は母子感染と言われてますが、 今でこそワクチンなど医療の進化が ありますが、 当時はまだそこまで医学が進化して いなかったんですね。 なので、一般的にも間違った知識が 広がっていて、握手しただけでも感染 するとか、 プールやお風呂に一緒に入ってだけで も感染するとか。。 間違った情報の為に、当時の石川ひとみ はかなり辛い思いをしたそうです。 そんな時に支えてくれたのが夫でした。 病気の療養のために芸能界を一時的に 引退した時、優しく看病してくれたと 言います。 本当に優しくてカッコ良い夫なので すね! 夫の力強いサポートのおかげもあって B型肝炎と言う難敵を見事に克服した 石川ひとみ。 奇跡的な復帰で再び歌う事ができる ようになったのですね。 そして、1993年に2人は結婚。 ネット上では心無い人が「離婚」 の噂を流しているようですが、 こんな優しい夫と離婚なんてなる ハズがないと思います。 ただ、、離婚の噂がたったのは、子供が いないからと言う理由もあるらしく、 確かに2人には子供はできていません。 子供がいない理由は。。 もしかして 石川ひとみが患った「B型肝炎」が母子 感染で発症する為に、子供の作るのを 控えたのかも知れませんね・・ もしそうだとしたら悲しくなって しまいます。 スポンサーリンク 石川ひとみの現在の活動は? さて、石川ひとみの現在ってどんな 活動をしているのでしょうか。 今年(2018年)は、ラジオやWEBでの化粧品 のCMにも出演しています。 あと、オリジナルアルバム「わたしの毎日」 を6月に発表していたんですね(^^) アルバムを発表したのは1983年以来だから 35年ぶりになるんですね。 また芸能活動以外にも石川ひとみ自身の 経験をもとに肝炎などに関する講演 活動を積極的に取り組んでいるそうです。 今年以降は再ブレイクの予感がします。

次の

石川ひとみの現在。病気?年齢の割にかわいい!画像あり。夫と子供との住まいは?

石川ひとみ 年齢

プリンプリン役の石川ひとみさんとボンボン役の神谷明さんが出演し、作品の思い出を語った。 男だった私は、あまり印象が残っていないのですが、当時、女の子だった方は非常に懐かしいと思われるのではないでしょうか。 ストーリーとしては、 仲間と共に自分のルーツを辿って 旅をするという内容だったかと記憶しております。 調べてみましょう。 プリンプリン物語とは 『 プリンプリン物語』(プリンプリンものがたり)は、1979年4月2日から1982年3月19日までNHK総合テレビで放送された人形劇。 主人公の少女 プリンプリンが、まだ見ぬ 故郷を探し求めて仲間たちと 旅をする、ミュージカル仕立ての物語である。 全656回。 約3年間、656回も放送されていたんですね。 今では考えられない位の長寿番組だったのではないでしょうか。 当時の人気が伺い知れます。 プリンプリン物語だけでなく、当時の NHKが制作した 人形劇は名作揃いでしたね。 例えば、島田紳助と松本竜助が解説していた、「 人形劇 三国志」。 話を良く理解できておりませんでしたが、精巧に作られた人形が感情を持って動いているように見えていました記憶がございます。 声優として活動する一方、歌手としての活動も行っていたようですがヒット曲に恵まれず、引退も考えていたときに名曲「まちぶせ」を歌うことになったそうです。 名曲、「まちぶせ」 「 まちぶせ」は、荒井由実(現: 松任谷由実)が 作詞・作曲した楽曲。 編曲は松任谷正隆による。 三木聖子への提供曲として作られ、1976年にシングルが発売された。 のち、1981年に 石川ひとみのカバーシングルが発売され、石川の最大のヒット曲となった。 さらに、 松任谷由実本人による セルフカバーシングルが1996年に発売されており、他にも 多くの歌手によって唄われている。 作詞作曲がユーミン( 松任谷由美)さんだったんですね。 道理で名曲なはずです。 「石川ひとみ」さんはこの曲のヒットにより、NHK紅白歌合戦にも出場できたそうです。 この名曲、「 まちぶせ」を調査していると、「 ストーカー」というキーワードが検出されました。 個人的にはストーカーとは無縁の歌詞だったと記憶しているのですが、なぜこんな事が言われているのでしょうか?調べてみましょう。 歌詞内容がストーカ? ネット上の情報を調査すると、ごく少数の意見を確認することができました。 ストーカーソングとして名高い荒井由実作曲の1976年の名曲。 この曲の代名詞というとやはり1981年の石川ひとみですが あるいは、 石川ひとみの名曲「まちぶせ」は、日本を代表する ストーカーソングですよね?? のように、よく定義のわからない「 ストーカーソング」と決めつけているようです。 ストーカーとは相手の意識に関係なく、自分の気持ちを相手に押し付けて相手も同じ考えであると思い込んでいる 異常者の事を指すのであって、「 まちぶせ」の歌詞に現れる少女はストーカーというよりも、「 あまのじゃく」という方が適切ではないでしょうか? 自分からアプローチする事ができないけど、私の気持ちに気づいてほしいという、 昭和の少女の心情を良く表現できている歌詞だと思うのは私だけでしょうか? まとめ 本日の調査結果を以下の通りまとめます。 声優ではなく、人形劇「プリンプリン物語」の 主人公の声を演じていた。 「 まちぶせ」はストーカソングではなく、「 あまのじゃく」な昭和の少女の心情を綴っている(と思います)。 石川ひとみさんの別の記事は下のリンクからどうぞ。 最後まで読んでくれてありがとうございました。

次の