アイ シティ 定額 プラン。 おトク定期便 ご利用ガイド

エースコンタクトの定額制 3Cプランを使い始めて半年経っての感想|yuzuLabo

アイ シティ 定額 プラン

ハードコンタクトをおトクに安心して使えるアイシティのサービス 定額プランのご案内です。 毎月定額のお支払いでハードコンタクトレンズをご利用いただけます。 お支払いいただく月額費用以外に追加料金は掛かりません。 アイシティ以外で購入いただいたコンタクトレンズの空ケースでもOK! 回収した空ケースは空ケースのアルミシールを剥がすなど 障がい者の自立・就労支援作業の一環となり、リサイクルされ 収益は全額日本アイバンク協会に寄付しております。 店舗内回収BOXにて回収しておりますので、 空ケースをお持ちでしたらぜひお立ち寄りください。 そのためコンタクトのアイシティ店舗での回収活動を当面の間休止させていただきます。 回収活動再開につきましては、ホームページ・店頭にてお知らせいたします。 お客さま感謝デー 毎月15日は『G. G感謝デー』 55歳以上のお客さまがおトク! ゆうゆうWAONカード・G. G WAONカード・G. Gマーク付きイオンカードをご提示ください。 *店舗によってはご利用の制限がつく場合もございますのでご注意ください。 *他の割引・サービスとの併用はできません。 *特典内容・日程が変更になる場合もございます。 あらかじめご了承ください。 *掲載の価格は本体価格と税込価格を併記しています。 *当店平常価格とは、表記の各店舗によって「本体価格」または「税込価格」と異なります。 *掲載の内容につきましては、表記の各店舗に直接お問い合わせください。 *広告の品は多数ご用意しておりますが、品切れの節はご容赦ください。 ご利用可能なカード・商品券 ご利用可能なカード、商品券の詳細です。 詳しくは各専門店にお問い合わせください。 ご了承くださいませ。 各店舗情報は お誕生日特典.

次の

ショップトピックス|コンタクトのアイシティ

アイ シティ 定額 プラン

コンタクトレンズと言えば、生活必需品ではあるものの、 必需品であるが故に常に家計を圧迫し続ける という問題もあります。 一方でそういったニーズに応えるべく、「コンタクトをより安く」という各コンタクトショップの安売り競争は激化し、コンタクトレンズ業界が疲弊する一因となっているようです。 そんな中、売上高が低迷していたあるコンタクトレンズメーカーを救ったサービスに、 サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズ があります。 今回は近年注目されている、 サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズ 定期・定額コースのコンタクトレンズ などに関する話題です。 ここがポイント ・定期、定額コースのワンデーソフトコンタクトレンズが安いのは「アットスタイル」や「dicon(ダイコン)」 ・ワンデーコンタクトで月額4,000円台、2週間コンタクトで月額2,000円前後というサブスクリプション(定額制)の場合、これらをわざわざ利用せずとも、普通に購入してワンデーコンタクトで月額3,000円前後、2週間コンタクトなら月額1,000円台前半のショップはある ・サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズは、解約・退会可能な時期にも注意が必要 サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズ比較!安いのは? まず、 「メルスプラン」は安い?高い? 「メルスプラン」以外のサブスクリプション(定額制)コンタクトレンズは? 安いサブスクリプション(定額制)コンタクトレンズは? などについて見ていきたいと思います。 サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズ「dicon(ダイコン)」メルスプラン」「3Cプラン」「アイシティ定額プラン」と、「アットスタイル」の定期・定額コースを比較 以外のサブスクリプション(定額制)コンタクトレンズとしては、 エースコンタクト「」 などがあるようです。 (「dicon」は「ディコン」などと読みたくなりますが、「ダイコン」と読むそうです) また、定期・定額コースを導入しているコンタクトレンズショップには、 があります。 ここからは、これらのコンタクトレンズショップのソフトコンタクトレンズの定額料金などを比較していきたいと思います。 元々、1ヶ月タイプのコンタクトレンズやハードコンタクトレンズを探しているという方に関しては特に問題ないかと思われますが、ワンデーコンタクトレンズやソフトコンタクトレンズを探している方の場合には、「月額料金が安いと思ったら、希望と全然違った・・・」という場合も考えられます。 ワンデーソフトコンタクトレンズの定期・定額コースが安いのは、「アットスタイル」や「dicon(ダイコン)」 コンタクトレンズの定期・定額コースにおいてもワンデーのソフトコンタクトレンズを取り扱っているショップは非常に多いですし、「消毒の手間がかからない」「使い捨てだから衛生面で安心」などといった理由により、ワンデーのソフトコンタクトレンズを使用している方も多いかと思われます。 そこで、ワンデーソフトコンタクトレンズの利用開始1年目の定額料金をまとめたものが下記になります。 特に、 の定期購入は、 利用頻度に応じて購入間隔を選べる ため、無駄な出費をする事なくコンタクトレンズを利用する事ができます。 引用: 引用: 「dicon(ダイコン)」については、公式ショップに用意されているコンタクト代の「簡単5秒チェック」にご自身のワンデーコンタクト代を入力すれば、その安さがより強く実感できるかもしれません。 サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズは、解約・退会可能な時期にも注意! また、サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズには、 入会後1年以内の退会不可 というショップも多く、 ・万が一、定額制コンタクトレンズが生活スタイルに合わなかった場合 ・より良いサービスが登場した場合 などでも、 一度契約してしまえば一年間は使い続けなければいけません。 その点においても、先ほどご紹介したショップの中でも非常に料金が安かった、 の解約条件は、 次回の注文確定日前日までの手続きで解約可能 となっています。 また、 の解約条件も、 定期お届け希望日の15日前までの連絡で当月解約可能 となっており、共に、 1年縛りはありません ので、安心して契約する事ができます。 サブスクリプション(定額制)でワンデーコンタクトが月額4,000円台、2週間コンタクトで月額2,000円前後というのは高い?安い? 確かに、ワンデーコンタクトレンズを月額1,900円で利用できる、 は非常に安いです。 しかし、サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズの中には、ワンデーコンタクトで月額4,000円台、2週間コンタクトで月額2,000円前後というショップもあります。 ここからはそもそも論の話になってしまいますが、サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズを安さで選びたいという場合、 実際のところ、安いショップを選べば普通にコンタクトレンズを購入した方が安い という場合も少なくありません。 普通に購入しても、ワンデーコンタクトで月額3,000円前後、2週間コンタクトなら月額1,000円台前半で購入できるショップもある ちなみに管理人の場合は乱視ですので、 というショップでアルコンの「エアオプティクス乱視用」という2週間タイプのコンタクトレンズを購入する場合が非常に多いですが、2020年現在、 両眼2箱4,920円で12週間分(約3ヶ月分) ですので、 1ヶ月あたりのコンタクトレンズ代は1,640円 という事になります。 価格が比較的高い乱視用のコンタクトレンズであってもこの費用感です。 では乱視用コンタクトレンズを取り扱っていないというのもありますが、この費用感ですと、基本的にサブスクリプション(定額制)の2週間コンタクトレンズを利用する必要性はほとんどありません。 さらに、 以外にも、コンタクトレンズが安いショップには、 などがあります。 下記の表では一部のコンタクトレンズの価格をご紹介させていただきますが、どのメーカーのコンタクトレンズが安いかはそれぞれのショップにおいて異なるものの、 これらのショップでコンタクトレンズを購入した場合、ワンデーコンタクトで月額3,000円前後、2週間コンタクトなら月額1,000円台前半の費用感で済むケースも少なくありません。 ちなみに下記の価格は「セット価格ではありません」ので、 セットでまとめて購入すれば、下記の金額よりもさらに安く購入する事ができます。 さらに「クーポン」や「ポイント」を取り扱っているショップもあるため、それらを利用すればさらに安くコンタクトレンズを購入する事ができます。 また、 ・ ・ は、 海外流通の有名メーカー品を、お客さま自身が海外から商品を直接購入する 消費税など無駄な費用は一切かからないため、価格が安い などといった点が挙げられます。 どのメーカーのコンタクトレンズはどのショップが安いなどといった情報や、各コンタクトレンズショップの特徴や利用体験談などは、別記事、 でご紹介していますので、より安くコンタクトレンズを購入したいという場合にはぜひ参考にしていただけますと幸いです。 「アットスタイル」の定期・定額コースや、「dicon(ダイコン)」のサブスクリプション(定額制)コンタクトレンズはなぜこんなに安いのか? ところで、コンタクトレンズが非常に安い、 などのショップですが、なぜこれ程の安さを実現できているのでしょうか? 店舗の家賃や土地代、接客に割く人件費がかからない まず、 の両ショップに共通する特徴として、 実店舗を展開していない というものがあります。 そのため、 接客に割く人件費が最小限に抑えられ、店舗の家賃や土地代もかからないからコンタクトレンズを安く販売する事が可能 です。 ネット通販のほうが価格が安い理由 コンタクトレンズは、商品やショップによって違いはあるものの、店舗よりもネット通販のほうが、安価で購入しやすいです。 「どうして値段が変わるの?ネット通販は怪しいの?」と考える人もいるかもしれません。 ネット通販のほうが安い理由の一つが、物理的な店を構えていないこと。 店舗を構えて営業するには、地代(家賃等)、人件費、その他水道光熱費などの経費がかかり、簡単に言えばその分が商品代に上乗せされます。 ネット通販はその経費を削減し、価格競争ができるのです。 コンタクトレンズそのものが粗悪品だからではありません。 引用:Aigan STYLE「」より 徹底したコスト削減により、低価格を実現 さらに、 のワンデーコンタクトレンズが非常に安い理由の一つとして、 販売ルートの工夫 があるようです。 引用:ホームページ また、通常のコンタクトレンズメーカーは、有名人などをイメージモデルとして起用し、テレビCMなどの広告を打っている場合がほとんどです。 しかし、「dicon(ダイコン)」はそういった広告を打たず、 広告費用をカットする事でも低価格を実現 しているようです。 引用::ホームページ こういった経営努力により、できるだけ顧客へ低価格なコンタクトレンズを提供しようとしているのが「dicon(ダイコン)」の特徴と言えそうです。 安全面や品質面はどうなのか? もちろん、コンタクトレンズはただ安いだけでは困りますが、 のコンタクトレンズは、 全品国内正規品 ですので、安全面や品質面での心配はいりません。 また、「dicon(ダイコン)」のコンタクトレンズもただ安いだけではないようです。 「dicon(ダイコン)」のコンタクトレンズは、 ・全てのコンタクトレンズは高度管理医療機器として医薬品医療器法に基づき、日本の厚生労働省に認可を受けている ・販売に関しても、厚生労働大臣の承認のもと、都道府県知事の販売業許可、販売管理者を設置している ・コンタクレンズ工場の選定においては、最新設備での技術と検査、高品質なコンタクトレンズが作れる世界基準をクリアした工場を選定 ・日本人の瞳に合ったコンタクトレンズが作れる工場を選定 など、安全面や品質面においても万全の体制を敷いているようです。 引用: ホームページ 「dicon(ダイコン)」の気になった点 次に、「dicon(ダイコン)」の気になった点について取り上げてみたいと思いますが、どうやら「dicon(ダイコン)」の定額制コンタクトレンズは、 乱視用には対応していない ようですので、残念ながら乱視の方の利用は難しそうです。 また少々余談ですが、私はかなり強い乱視ですので、今のところ「dicon(ダイコン)」の定額制コンタクトレンズを利用する事はできなさそうです・・・ いつか対応してくれる日を期待したいですね・・・ サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズ「メルスプラン」誕生の背景 ここからは、コンタクトレンズのサブスクリプション(定額制)について振り返っていきたいと思います。 冒頭でも触れましたように、大手コンタクトメーカー「メニコン」もコンタクトレンズの安売り競争のあおりを受け、一時期売上高が低迷した企業の一つでした。 しかし、コンタクトレンズのサブスクリプション(定額制)サービス「メルスプラン」の開始により、売上高を大きく回復させる事となります。 この「メルスプラン」開始前のメニコンは、 2002年度には約260億円まで売上が落ち込んでいました が、 「メルスプラン」の開始後は2013年度から連続増収増益を続け、 2017年度には売上高766億円(前期比6. また、「メルスプラン」の会員数も 2013年度~2018年度(計画値)で年平均4. 同じく日系のシードも、2017年度は売上高278億円(前期比13. 7%増)で着地し、こちらも過去最高益だった。 (中略) さらに近年は販売店自体の買収にも乗り出した。 名古屋地盤のメニコンだが、関東や九州を地盤とする販売店を取得。 会員数は2013年度~2018年度(計画値)で年平均4. 引用:livedoor NEWS『』より サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズとは? サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズはその名の通り、 毎月決まった料金を払う事で、定期的にコンタクトレンズが届く というサービスです。 ところで、サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズにはどういったメリットがあるのでしょうか? サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズのメリット 通常のコンタクトレンズであれば、 お金を気にするあまり、2週間使い捨てタイプのコンタクトでも2週間を超えて使い続けてしまう という事も起こり得るため、例えば「コンタクトデビュー」する子どもを心配する親も少なからず存在していたようです。 しかしサブスクリプション(定額制)コンタクトレンズであれば、 定期的に新しいコンタクトレンズが手元に届く ため、そういった心配をする必要が少なくなります。 また長期使用タイプのコンタクトレンズであれば、 ・汚れやキズが付いたり破損したりした場合でも、新しいコンタクトレンズと無料で交換できる ・コンタクトが合わなくなった場合でも、度数・種類の変更が可能 などといったメリットがあるようです。 そんなメニコンを救ったのが、2001年に始めた定額会員プログラムの「メルスプラン」だ。 たとえば2週間使い捨てタイプであれば、両目レンズと洗浄用品で月額2600円。 3カ月ごとに受け取る仕組みだ。 引用:livedoor NEWS『』より 長期使用タイプのコンタクトレンズの場合、汚れや破損、紛失といったトラブルに無償または安価で対応してもらえるのは安心感がある。 購入した場合と比べると、レンズそのものは購入した方が安上がりだが、安心料ととらえてメルスプランを選ぶ、継続する利用者は多い。 引用:日経クロストレンド『』より まとめ ~「メルスプラン」は決して安くはなく、コンタクトレンズの定期・定額コースが安いのは「アットスタイル」や「dicon(ダイコン)」~ 今回は、近年注目されている、 サブスクリプション(定額制)コンタクトレンズ 定期・定額コースのコンタクトレンズ などに関する話題についてご紹介してきました。 の定期・定額コースは様々な経営努力もあってか本当に安いですが、そもそも論ではありますが、 などのように、下手なサブスクリプション(定額制)コンタクトレンズを利用するより遥かに価格が安いコンタクトレンズショップも存在しています。 もし、より安いコンタクトレンズを探しているという方は、今回ご紹介したコンタクトレンズショップの利用もご検討されてみてはいかがでしょうか?.

次の

ベーシックデータ定額プラン(iPad・タブレット)

アイ シティ 定額 プラン

ルンバの定額制(サブスクリプションプラン)って? ルンバの定額制(サブスクリプションプラン)とは、本体を購入するのではなく、毎月1,200円(税別)~の定額料金で使う方式です。 実は、日本でのルンバの普及率は5%と、アメリカの10%の半分程度。 普及率を上げたいけれど、「掃除機に5~10万円も出せないわ・・・」とか「うちで使いこなせるのか分からない」という方が多いのが現状で、私の友人もまさにこれで悩んでいました。 なので、 から、月1,200円からと、気軽に使える【お試し】で使えるプランを作ったというわけです。 ルンバの定額制「Robot Smart Plan」の内容 ルンバの機種によって、定額料金が変わります。 ルンバ641は「入門モデル」というべきもので、基本的性能のみのシンプルなモデルで、現行では29,800円(税別)。 3つの中では、性能は最下位ではあります。 が、私はこれよりも前のモデル(ルンバ570)を9万円で買いましたので、当時のレベルよりも更に性能が良くなった上に、3万円ちょっとと、あまりにも安くなっているというか、最新機種が異次元で良くなっているという印象です。 (性能については後述します) 吸引力は、最上機種ルンバi7+に比べると10分の1ですが、1階全て(28畳ほど)を1回で綺麗にしてくれる位の能力はあります。 ただしスケジュール機能はないので、掃除したい都度ボタンを押す、という操作が必要です。 ルンバ980• ルンバ980は、ルンバi7シリーズが出る前までは、最上位機種でした。 価格も99,870円(税別)ほどします(公式にはなし)。 900シリーズは、今までのルンバの常識を覆してくれました。 その理由は、 部屋の形状を自分で調べて、直線的に掃除してくれるので、掃除残しがないことです。 今までのルンバ600シリーズまでは、ジグザグ走行で何度も同じところ掃除をしていましたが、900シリーズからは、 カメラとセンサーで部屋の形状をスキャンし、無駄なく直線的に掃除をしてくれます。 そして ルンバ980の吸引力は、入門モデル(ルンバ641)の10倍! スケジュール機能やスマホにも対応しており、毎日自動的に部屋を綺麗にしてくれます。 あと、細かいんですが、ルンバ641と全く違っていて、 ブラシの形状がゴム状なので、お掃除がすごく楽だと評判です。 ルンバ641のブラシ状のやつって、髪の毛とかがからみまくって、取るのが地味に面倒くさいんですよね。 「髪の毛カッター」が付いてくるくらい、絡まった髪の毛がなかなか取れません。 自動で掃除してくれるのに、ルンバの掃除が面倒くさいという、笑える状態です。 ルンバi7+• 最上位機種のルンバi7+は、 現行で129,880円します。 特徴はなんと言っても、この出っ張った部分の 自動ゴミ収集機(クリーンベース)!! ルンバ本体のゴミ容量は小さいので、1~2回でゴミ箱に捨てないといけないので、けっこう面倒でした。 でも、「自動ゴミ収集機(クリーンベース)」は、 30杯分のゴミを貯めておけるので、毎日使っても1ヶ月に1回捨てるだけで済みます。 しかもゴミは 紙パックを捨てるだけなので、ホコリを撒き散らさずに済みます。 サイクロン式掃除機も、捨てる時にゴミが撒き散りますよね。 毎回息を止めて捨てていますが、なんだか掃除したのに無意味に感じる時があります。 また、 部屋のマッピング機能はルンバ980よりも上で、部屋のルート判断能力にすぐれています。 ルンバの定額制「Robot Smart Plan」とルンバ本体を購入したらどっちが得? ルンバの性能は分かったけれど、 「ルンバの本体を買うのと、定額制で使うのと、どっちが得なの?」 ルンバ641の本体価格の差 定額制 :43,200円(3年間総額) 購入価格:29,800円 ーーーーーーーーーーーーー 結 果 :13,400円 定額制のほうが高い ルンバ641をおすすめしない理由は以下です。 1年間で返却可能だとしても14,400円もかかる• 定額制だと本体価格の44%も多く支払う必要がある どうしても試してみたい、という位なら、今回の定額制よりも、 がおすすめです。 ルンバ 800シリーズなら、5,000円(送料・税込)で15日間使ってみることができます。 ルンバのレンタルは、純粋なレンタルなので、何年借りても自分のものにはなりませんが、解約期間がないので、1ヶ月だけのお試しが可能です。 ルンバ980は本体価格=定額制で、3年間無料保証がついてくるのでおすすめ ルンバ980の定額制は、月2,800円ですが、• ショッピングだと、同じルンバでも値段が高いので注意) Amazonルンバ606はシンプルなルンバなので、• タイマー機能なし• バッテリーは普通• 掃除してほしくない場所を外せない ですが、ただ毎日ボタンをポチッとすれば勝手に綺麗に掃除してくれるので、十分です。 また、このAmazonルンバは正規品なので、故障したらルンバの公式サイトで修理もできます。 (海外輸入品などの安いものは修理してくれません) 「なんでこんなに安いの?」とか「機能は大丈夫なの?」という詳しい話は、をご覧ください。 「いや、タイマーは欲しいし、ペットの毛とかカーペットも綺麗にしてほしいな」 という方なら、中位機種のルンバe5モデルがおすすめです。 ルンバの定額制「Robot Smart Plan」は公式サイトから2019年6月8日から では、2019年6月8日から定額制の申し込みができます。 ルンバを11年間使ってみた感想としては、 「掃除機をかける自分の時間を買う」 という気分です。 毎日15分、自分で掃除すると思ったら、時給109円でルンバが働いてくれる計算でした。 私は購入でしたが、 月866円で、毎日掃除をかけてくれるお手伝いさんを雇っているという感覚です。 なので毎日、ペットの毛やゴミが気にならずに、何もしてなくてもいつも部屋が綺麗です。 また、ルンバが物に引っかからないようにと、床に物を置かない習慣がついていますので、いつも部屋がすっきりと片付いています。 「部屋を片付ける」という意識がなく、いつも綺麗さを保てるのは、精神的にとても楽です。 「家に帰ったら、いつも掃除ができていたら良いのにな」 とか 「子どもの食べこぼしとか、毎日掃除機をかけるのが苦痛」 という方には、本当におすすめします。 スタバ2回分で中級ルンバが手に入るので、 毎日、掃除機をかけるあなたの時間を、月1,200~3,800円で買ってみませんか?.

次の