世に 倦む 日々。 世に倦む日日

喜八ログ: 「世に倦む日日」田中宏和氏に関するツイートまとめ

世に 倦む 日々

こんにちは、今回、地上天国祭の頃ホームページに岡田茂吉教祖が神定めの御浄化に入られる直前の御講話を御教え集33号(29年5月15日発行)より掲載させていただきましたが、お読み頂けましたでしょうか? メシヤ様は御浄化に入られる直前まで、最後の関西御巡教(昭和29年4月10日〜4月14日)、もどられてすぐ次の日の15、16、17日と信者さんとのご面会日とお忙しくお元気にお過ごしでいらっしゃったようです。 その頃の御講話の内容は意外にも半分は霊的な内容であり、半分は水素爆弾など将来の事や、海外の雑誌の取材についてお話しされています。 御浄化に入られるギリギリまで、霊的なお話に半分ぐらいの時間を割かれていたことが私には意外でした。 何故なら、私は長い信仰生活の中で、霊的なことはあまり学んできていないのです。 霊的な事にあまり興味を持たない方が良いと言うことが、教団のメシヤ様がお亡くなりになられた以降の共通な認識だったのではと思います。 しかし、メシヤ様は霊界の事を「あるものをないとも言えない」。 また、『 「信仰雑話」は・・(中略)・・小学読本で、次は「霊界叢談」で、現界と霊界との関係や神仏の存在等に就てゞ中学読本に当り、次の「神秘の扉」は大学程度です』。 と御光話録にあり、霊界についての学びは欠くことのできない大変重要なことなのだと思われます。 今頃そんな事を言っているのかと呆れる方もいらっしゃると思いますが、霊的なことにはあまり興味を持ってはいけないように長年思い込んできた私としては、ホームページに御教えを掲載させていただく程に霊的な考え方の重要性を強く感じ、メシヤ様がここがわからないと神様の役にはたてんよ!と、おっしゃっているように思われます。 今までも茨木よし子さんの霊視日記など掲載させて頂いていますが、地上天国誌や教団の刊行物にもご晩年ずっと掲載されている、多田先生の神界通信なども、引き続きHPで掲載していきたいと考えています。 晩年、霊界に関することをどんどんお話されていたメシヤ様はオカルト的に思われるどころか、各界の要人からインタビューを申し込まれ、社会的に立場のある方々との対談も多く残されています。 対談も追々掲載していきたいと思っていますが、メシヤ様がお亡くなりになられ、世の中が科学至上主義時代となって行ったために、オカルト宗教的に思われることを避けたかったのか、霊的な学びが世界救世教から、ごっそり抜け落ちていたように思います。 しかし、御在生中は霊的なことをバンバン話されながら、世の中から注目を浴びていらっしゃったのだから、メシヤ様亡き後の、社会に迎合する教団のあり方は、メシヤ様の想いに相反するように思われて残念です。 しかしそれも、メシヤ様だからお出来になる事だったのかもしれませんが・・・。 4月12日、室生寺から奈良ホテルにお戻りになられ、会食の席上でのメシヤ様のお話を掲載させて戴きます。 「きょうは、私は一日中うれしくてたまらない。 この喜びは誰にもわからないだろう。 きょう雨が降ったのは、あれは龍神が行なったのです。 龍神というのは神様ですが、やはり罪のために龍神になったのです。 それで五六七の御代の建設のため、神様のお手伝いをしたいのですが、龍神でいてはそれができない。 それには、元の神格に返らなくてはならない。 そうなるには光です。 光に浴するしかないのです。 それできょう、私がここに来るのがわかったので、お光に浴するわけです。 それは何万という龍神です。 その感謝を雨で表わしたのです。 私の車の前を雨が降って行くのです。 その龍神の感謝の気持ちが私に来るので、涙が出るほど嬉しいのです。 」 東方の光 下巻 632ページより 霊界はこの頃すでに昼の世界に入っていて、龍神も良くわかったのでしょうね。 何万という数とは凄い! さて、一番肝心の現界にいるのが私はもとより人間です。 長い間、目に見えるものを中心に観て生きてきて、昼の世の到来を、お光を、霊界からのメッセージをどこまで気づくことができるでしょうか? どれだけの人間が感得する事ができるでしょう・・・? 人類のどれだけの人の心の岩戸、魂が啓くかが、地上天国建設の鍵ですよね。 頭ではそういうように考えれるのですが・・。 八尾屋.

次の

世に棲む日日 : 世に倦む日日

世に 倦む 日々

論戦を先取りする意味で、デービッド・アトキンソンが昨年3月に東洋経済に寄稿した記事に着目しよう。 アトキンソンは今年4月17日の報道1930に出演し、日本の最低賃金は低すぎるという持論を述べている。 あの反響を呼んだところの、20年間で他の先進諸国は時給が70%伸びているのに、日本だけが-9%と落ち込んでいるではないかという衝撃のOECD統計が紹介された放送回である。 1年前の東洋経済の論稿では、日本の最低賃金は台湾や韓国よりも低く、豪州やフランスの5割から6割の水準でしかない事実が示されている。 日本の労働者は世界第4位の質の高さを持ちながら、最低賃金では先進諸国中最低レベルに甘んじさせられていて、その乖離が甚だしいと指摘している。 まさに正鵠を射たデータ分析であり、我が意を得たりと膝を打つ本質的な説明である。 労働力商品の不等価交換の真実暴露。 これこそエコノミクスだ。 画期的な問題提起であると評価したい。 このアトキンソンのモデル解析に加えて付言する議論があるとすれば、aとbのギャップ分である価値生産はどこへ行ったかという問題である。 消えたわけではない。 生産されてないわけでもない。 言うまでもなく、その価値分は内部留保と配当金とケイマン諸島に計上されているのであり、特別剰余価値の集積となって資本会計に回収されているのだ。 日本の労働者が働いてないわけではない。 その真相までアトキンソンが言及すれば満点なのだが、マルクス経済学の知識と視角がないとそこまでの究明や結論には行き着かない。 しかし、見事な分析と提起であり、どうして日本のアカデミーの経済学者はこれができないのだろうと溜息をつく。 日本の労働者の能力に注目し、経済学的観点から問題を正しく洞察したアトキンソンの功績を称えたい。 特別剰余価値(内部留保+配当金+ケイマン資金)を年70兆円も溜め込んでいる絶倫資本主義国など、米国は知らないが、日本以外には他にないのだ。 特別剰余価値への搾取分が半分になれば、すなわち年40兆円が労働者と国庫に還流されれば、年金財源は立て直され、非正規労働者の年収は倍になり、日本経済は年5%以上の成長軌道に乗ることができる。 その内容については別途論じるとして、まず何より言いたいのは、日本経済の右肩上がりは終わってないという事実であり、右肩上がりは終わったなどと軽々しく言うべきではないということである。 田中優子や小熊英二が無分別に言うような、経済成長が不能なインポテンツには日本人はなっていない。 脱構築の左翼社会学者は経済を何も知らない。 経済を語る言葉を持っていない。 知らないくせに知ったようなことを言い、経済成長は悪だと呪文を吹き込み、日本人を経済能力の自信喪失と自己否定に追い込む。 日本人に自虐経済観を刷り込み、経済成長を憎悪させる。 ユニクロ着て鍋をすすって満足する緊縮教の信徒にする。 去勢動物にする。 日本経済の異常な病態がよく了解・納得できる図だ。 1994年を100とした25年間の伸び、1999年を100とした20年間の伸び、二つのグラフを作成して各国のGDPの推移を検証した。 1994年から2019年の間に、米国は2. 9倍になり、英国は2. 7倍となり、フランスは2倍の経済となった。 日本は1. 1倍である。 ちなみに、韓国は5倍となり、豪州は4. 1倍になっている。 1倍に、フランスは1. 7倍に、ドイツも1. 6倍になっている。 日本は1. 1倍と冬眠。 引きこもり。 今回、グラフ作成の作業をしながら再発見した重要な事実を申し上げると、この20年間の各国の平均成長率が、米国5. 1%、英国5. 6%、フランス3. 6%、ドイツ3. 4%だったということだ。 20年間の平均成長率である。 日本は0. 日本が長くゼロ成長で、失われた30年を続けていることは誰もが既知の事項だが、他国の経済成長率が思っていた以上に高いのに驚く。 ドイツの20年間の平均成長率は年3. 4%である。 この数字を日本に適用して、1999年のGDP値519兆円から年3. 4%で成長を続けたと仮定するとどうなるか。 20年後である今年2019年、めでたく1000兆円を超える試算の結果が出る。 フランスの平均成長率3. 6%を当て嵌めると、昨年2018年にGDP1000兆円を突破している。 英国の実績である年5. 6%で試算すると、7年前の2012年にとっくに1000兆円を突破し、何と今年2019年には1500兆円の大台に乗っていた。 他の国と同じようにやっていれば、日本は1000兆円の経済規模に達していて、所得も税収も2倍になっていたのである。 年金基金の財源も万全だったのだ。 不安なく働き暮らせたのだ。 今、われわれは、GDP1000兆円の高みなど夢の夢だと思っている。 だが、20年前の当時、20年後のGDP1000兆円は決して不可能な未来ではなかったし、実際にEU諸国は20年で2倍化を達成している。 韓国は20年で3. 2倍にしている。 平均成長率は11. 1%だ。 他諸国が何か特別な施策を行ったわけではない。 日本が間違った制度改悪のために自滅型の病気になり、さらに自虐経済観の自己否定に陥ったことが原因だ。 ジョン・レノンは「想像せよ」と言った。 想像力を持つべきなのだ。 内部留保と配当金とケイマン諸島に積み上がっている年70兆円を、そのせめて半分の年40兆円を労働者と国庫に回し、すなわち所得と税収に正しく還流すれば、消費(内需)が自律的に回復し、日本経済は健康を取り戻し、年率5%から7%の拡大循環の運動を始めるとができる。 社会保障の財源不足も解消され、子どもの貧困も解消され、現役世代は夢を持って会社に出勤し、若者は結婚して二人の子どもを育てる家庭を持つことができる。 最後に、各国GDP値の推移を比較するスプレッドシートの入力とグラフ化の作業をしながら、私は「泣いたエリツィン」を思い出した。 泣いたエリツィンを思い出して胸が詰まった。 91年だったか、訪米してヒューストンのスーパーマーケットを視察したとき、店に溢れる食料品の数々を見て、目眩のするような豊かさを目の当たりにして、ロシアはどうしてこれほど酷い仕打ちを受けなければいけなかったのかと、涙が止まらなかったエリツィンを思い出した。 ロシアだけが、どうして地獄の運命を遭わされなければならないのかと、人目も憚らず号泣したエリツィンを思い出した。 いい男だった。 () 2019年6月配信分• 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

なぜPCR検査は増えないのか

世に 倦む 日々

ソフィーが目撃した祖父の秘密。 ノルマンディーにあるソニエールの別荘で繰り広げられるシオン修道会の謎の性秘儀の情景。 この聖婚秘儀の場面は作品全体の中でもきわめて重要な位置を占めていて、ドラマの序盤ですでに暗示されながら、全貌が明らかになるのは下巻に入ってからであり、読者の関心を惹きつけ続けるキー・モメントの役割を果たしている。 作品が映画化された場合にも、このシーンは重要なアクセントとなるに違いなく、映画化を前提としている作者ブラウンは、この映像のアイディアに自信を持っている様子が窺える。 と言うより、映画化が意識されていることを読者が了解するのは、まさにこのミステリアスで淫靡な性秘儀の場面の描写であり、一読して、忽ち頭の中にハリウッド映画の荒唐無稽な一場面が出来上がってしまうのだ。 男女が交互に並んで輪を作っている。 黒、白、黒、白。 女たちは美しい薄布のローブをふわりと波打たせ、右手に載せた金色の玉を掲げて声を合わせる。 「はじめ、わたしはあなたとともにあり、聖なる曙光に包まれて、黎明にこの胎(はら)からあなたを生み落としたのです」。 女たちが球をおろし、全員が忘我の境に浸るがごとく体を前後に揺さぶった。 輪の中心にある何かを崇めているらしい。 (中略)「あなたが見つめる女は愛そのものです!」女たちは叫び、ふたたび球を掲げる。 男たちが応える。 「その女は永久(とこしえ)を住みかとします!」 詠唱がもとの調子にもどる。 また勢いをます。 いまや雷鳴を思わせるほどだ。 さらに速まる。 全員が輪の内側へ踏みこんで膝を突く。 その瞬間、ソフィーは一同が見守っていたものをついに目にした。 円の中心に設えられた、装飾を凝らした低い祭壇に、ひとりの男がいるのが見える。 全裸で仰向けに横たわり、顔を黒い仮面で覆っている。 (中略)白い仮面をつけた全裸の女が、豊かな銀色の髪を背中に垂らして、祖父にまたがっている。 完璧にはほど遠い丸丸としたその体を、詠唱に合わせてリズミカルにくねらせながら-祖父と交わっている。 (下巻 P. 109-110) 『ハルナプトラ』とか『インディ・ジョーンズ』の中のワンカットが連想される。 このシーンが撮影されたら、短い5秒間くらいの刺激的なカットが予告編の中に瞬間映像として挿入されて使われるだろう。 静かな基調のミステリー映画に扇情的なインパクトを添えるプロモーション効果がある。 シオン修道会なる秘密結社が本当にこのような儀式を実践しているのかどうか疑わしいが、小説のストーリーの中ではいかにもありそうな話に出来ている。 この性秘儀が描述される前段にラングトンの長舌のセックス講義が入っていて、読者に向かってセックスの神秘と尊厳が雄弁に説得され、古代人の素朴な性観念の普遍的意義が強調されているため、読者はこのシオン修道会の性秘儀場面の描写に偏見を持たず(面白可笑しく)接することができる。 そういう仕組みになっている。 通常ならグロテスクに感じられるところを、ハーバード大学宗教象徴学教授の権威による熱弁で啓蒙されるために、読者はシオン修道会の呪術的な性崇拝儀式を神聖なものとして受容するのだ。 それはともかく、興味深いのはこの「聖婚」という概念で、この問題は、前回述べた「」という観念とも深く関わり、読者はこれを簡単に見逃すことができない。 なぜなら現代人はセックスの意義について解脱を求める求道者であるからだ。 性に精神と肉体の救済を求める信仰者となった現代人にとって、聖婚の概念と歴史的実体はひたすら興味深く意義深いもののように見える。 聖婚とは王が神と契ることだ。 神の霊を感染した聖娼と王が契ることで、王は神の霊エネルギーを身体に帯び、地上における神の代理者として地上を統治する。 天空の支配者である神と地上の支配者である王は、聖娼の身体を媒介して繋がり、王は神霊能力を分与される。 聖婚によって即位が根拠づけられる。 古代メソポタミアではジグラッドの上の神殿で聖婚の儀式がとり行われた。 『ダ・ヴィンチ・コード』では古代エジプトの聖婚儀礼が紹介されている。 が、実はこの宗教儀式は古代日本にもある。 新天皇の即位式である 大嘗祭の御衾秘儀がまさにそうで、天皇は正殿にその夜降臨した天照大神と初穂と共食し、御衾の中で共寝して合体する。 この共食共寝の秘儀を通じて天皇は皇祖神の正統な継承者となり、大地に豊穣をもたらす穀霊エネルギーを授受される。 共寝合体の真相については諸説あるようだが、伊勢神宮の斎女(いつきめ)が聖娼として新天皇と天照大神を中立ちしたという説(折口信夫?)が説得的だ。 この大嘗祭の御衾秘儀の知識(情報)をどこで得たのか、よく思い出せない。 梅原猛の本だったような気もするし、そうでなかったような気もする。 最初に読んだときは衝撃だった。 記憶にあるのは、御衾秘儀を含めた大嘗祭の一連の夜の儀式が、全て真っ暗な闇の中でとり行われるということだけ。 立会人や証人などは誰もいない。 今回、検索エンジンを回して確認を試みたが不首尾に終わった。 『ダ・ヴィンチ・コード』の聖婚秘儀の説明を読みながら、古代人の性観念が全世界で共通であった事実を考えさせられた。 この歴史的事実はグノーシス獲得としてのセックスの思想を補強する。 思い出したのはもう一つあって、それは面白い話ではないので紹介を憚られるが、例の 統一教会の集団婚とそれに先行する邪悪で不快な性秘儀の話である。 噂では教祖と女性信者が、教祖の妻と男性信者が交接合体して神霊授受を果たすらしい。 桜田淳子の顔と、そして女性週刊誌に書かれていた教会への入信動機を思い出してしまった。

次の