元 nhk アナウンサー 男性。 男性アナウンサー

TBS「あさチャン!」キャスター&アナウンサー 現在の出演者一覧

元 nhk アナウンサー 男性

blogspot. そこでここでは、局アナウンサーとフリーアナウンサーの違いを解説します。 簡単に言うと、局アナウンサーは会社に属していますので会社員扱い、フリーアナウンサーは個人事業主として自分で商売をしているという位置付けになります。 局アナウンサーは会社の指示通り動かなければならず、仕事の選択の自由がありませんが、フリーアナウンサーは自分で仕事を選ぶことができます。 逆にフリーアナウンサーは、局アナウンサーのように会社から仕事が割り振られるわけではないので、仕事に波があったり、最悪仕事が無いこともある、という欠点があります。 ですから、まずは局アナウンサーから始めて、そこで看板アナウンサーになれるほどの 実力と知名度を手に入れられた人がフリーアナウンサーになるという流れがほとんどです。 フリーアナウンサーは局アナウンサーとは比べものにならないほどお給料をもらうことができますが、一方でライバルが多かったり、安定性に欠ける点もデメリットとして挙げられます。 慶応大学卒の彼は、 ミスター慶応に選ばれこともあるほど、若いころからイケメンぶりが際だっていたようです。 2011年には、学生時代から知り合いだったフリーキャスターの鷲尾春果さんと結婚しました。 オリコンが行った 好きなアナウンサーランキングでは5位にランクインするなど、人気のアナウンサーです。 伊藤隆佑アナはオリンピックの報道でも活躍しました。 2014年に広末涼子さん似の奥さんと結婚したことでも話題となったアナウンサーです。 hochi. そんな 枡太一アナは年収がだいたい1,000万円くらいだそうです。 枡太一アナはいろいろな番組に出ており、知名度も抜群で忙しそうなので、意外と年収は低いんだなと感じた方も多いのではないでしょうか。 fujitv. mynavi. さらに楽器もできるというすごいアナウンサーです。 2014年に同期の生野陽子アナと結婚したことで話題になりました。 fujitv. yahoo. 軽部真一アナの推定年収は1,200万円で、 早稲田法学部を出ている高学歴、高収入のハイスペック芸能人です。 フジテレビ医務室勤務の女性と結婚し、父親となっています。 livedoor. livedoor. 彼は「クローズアップ現代」のメインキャスターをしているので知っている人もたくさんいることでしょう。 オリコンの 好きなアナウンサーランキングでは5年連続で1位を獲得し、とても話題になって殿堂入りを果たしています。 NHKの局アナウンサーなので、この額にとどまっていますが、フリーアナウンサーになったらもっと稼げそうです。 livedoor. 今や芸能界で有名人となり、年収は1,300万円になっています。 オリコンの 好きなアナウンサーランキングでは8位に入賞していて、好感度も抜群です。 livedoor. livedoor. 2003年から活動していますが、学生時代に野球の経験を買われてか、プロ野球中継を担当することが多いアナウンサーです。 当時、 フジテレビとテレビ朝日も受けていたそうですが、3社とも受かってしまうという強者でした。 cubeinc. livedoor. 安東弘樹アナは、フリーアナウンサーになって年に2,000万円程度稼いでいるようです。 50歳を機に、自分の人生を見直してフリーアナウンサーになることを決意したのだとか。 あまりの多忙さに、活動が中途半端になってしまったことから、自分のペースでできる仕事を探してたどり着いた選択なのだとか。 fujitv. news-postseven. 彼はとても頭が良く、 慶應義塾大学法学部を卒業しています。 アナウンサーは学歴もとても大切な職業で、現在 情報番組「とくダネ!」でも伊藤利尋アナのコメントはとても知的で評判のいいものになっています。 livedoor. livedoor. 局アナウンサーなので 知名度が抜群ですが、この2,000万円という金額でランクインしています。 米倉涼子とのツーショットも決まっている イケメンなアナウンサーです。 wikipedia. 地方局からフリーアナウンサーになった人はあまりみかけませんが、彼はその貴重な1人というわけです。 ハゲていることを自虐ネタにして、笑いを誘う面白いキャラクターでもあり、いろいろと個性的なアナウンサーです。 fujitv. oricon. 局アナにしてはかなり高めの年収ですが、 アナウンサー以外にもいろいろな仕事をしているため、この金額のようです。 「 とくダネ!」や「 ノンストップ!」などたくさん出演しており、見る機会の多いアナウンサーです。 livedoor. knot-com. フリーアナウンサーになってから1億円を稼ぎ出しており、 ピークの年収は3億円だったとか。 もう一生暮らしていけるだけの金額を稼ぎ出しています。 夕方の情報番組を任されるなど、安定した人気があるアナウンサーです。 koushihaken. livedoor. 「たかじんのそこまで言って委員会」に出演したり本を出版したりなど、 政治関係の番組で自分なりの意見を発信しています。 読売テレビアナウンサーや報道局解説委員長などの経歴があるので、ジャーナリズムのような仕事が向いているのでしょう。 thetv. 大御所のフリーアナウンサーらしい年収で1億円を超えています。 草野仁アナは、世界の歴史クイズ番組「世界不思議発見」などに出演していて、 東京大学卒らしい頭の切れる司会っぷりが人気です。 asahi. livedoor. 久米宏アナは 「ニュースステーション」の初代メインキャスターです。 フランクな司会で人気を博し、報道番組の変革を担ったとも言われています。 north-pro. oricon. 彼もまたかなりの金額を稼ぎ出しているのアナウンサーです。 やはりフリーアナウンサーとなるとたくさんお金を稼いでいて、億はもう当たり前なのかもしれません。 「お宝鑑定団」にも出演しており、人気番組もしっかり任されています。 livedoor. 現在は日テレを辞めてフリーアナウンサーとして活躍しています。 一般女性と離婚して子供に養育費を払わなくてはならないそうですが、2億円あればかなり余裕で大金を支払うことができるでしょう。 livedoor. livedoor. 今はフリーアナウンサーとなり、この金額を稼ぎ出しています。 もともと、「NHKこどもニュース」で人気が出たアナウンサーで、父親として子供にニュースを分かりやすく教えるという役柄が、今のジャーナリストの活躍の下地にあるのでしょう。 世界の今起こっている難しい出来事についても、 噛み砕いて易しい言葉で解説してくれる番組はかなり好評です。 livedoor. livedoor. フリーアナウンサーで2億円以上稼いでいる強者です。 ギャンブル好きでも知られるアナウンサーで、若いころはギャンブルでお金をたくさん使ってしまっていたとか。 今はそのクセはなくなり、家族とも仲良く暮らしています。 あまりテレビでは見かけませんが、結婚式などの司会を多数引き受けているようです。 livedoor. livedoor. しかし、独立してオールラウンド所属のフリーアナウンサーとなり活躍しています。 フリーアナウンサーらしく、かなり稼いでいて年収3億円も稼いでいます。 これほどまでにたくさんのお金を稼いでいるのだから、もう老後は安心でしょう。 カツラであることを認めたことでも話題になったアナウンサーでもあります。 livedoor. livedoor. 彼も億を超えるお金を稼いでいます。 やはりフリーアナウンサーだから、これほどまで稼ぎ続けることができるのでしょう。 局アナウンサーだったら、ボーナスなどを入れても億という人はなかなかいないのではないでしょうか。 宮根誠司アナは自身の 隠し子報道でも一時期話題になりましたが、養育費もおそらく相手の言い値を支払えるほどお金は持っているでしょう。 livedoor. livedoor. 彼もまたフリーアナウンサーなので、彼が稼いだお金が全て懐に入ってくる仕組みになっているのでしょう。 livedoor. livedoor. 報道ステーションを降りた後、タレントやバラエティ番組をやりたいと語っていましたが、 抜群の知名度によって「超問」などさまざまなバラエティ番組に呼ばれています。 フリーになった彼の年収は6億円とかなり高額で、もう一生豪勢に暮らしていけるだけのお金を手にしています。 ・アナウンサーとには局アナウンサーとフリーアナウンサーの2つのタイプがある。 ・アナウンサーの平均年収はテレビ局によって差がある。 ・男性アナウンサーの年収ランキング1位は古舘伊知郎で6億5千万円。 pakutaso. アナウンサーというと華やかなイメージがありますが、テレビ局で働くアナウンサーの場合、そこまでお給料がもらえていない人も多く、人気とは裏腹に意外に年収が低い方もいました。 改めて、芸能界での仕事の大変さが浮き彫りになりました。 局アナでずっと仕事をし続けるアナウンサーもいれば、フリーアナウンサーとなり自分の道を模索したり、お給料を上げようとするアナウンサーもたくさんいます。 憧れの職業の1つであるアナウンサーも、将来や可能性をいろいろと考えて、ステップアップを考えているのでしょう。 pakutaso. そして人気が上がれば、局アナにしろフリーにしろお給料や仕事量にダイレクトに影響することを考えると、とてもやりがいのある、そして夢のある仕事ですね。 今後も、高収入アナウンサーたちの活躍に期待です。

次の

【元NHKアナ】登坂淳一がイケメン!白髪になった理由や現在の姿は?

元 nhk アナウンサー 男性

概要 [ ] 社員・職員として放送局に所属せずに、アナウンサーの仕事をする人のこと。 この場合の「フリー」は、放送局と直接の雇用関係がないことを指す。 完全なでなく、人材派遣事務所や芸能事務所などに所属している者もこう呼ばれる。 個人で活動する人もいるが、多くはやに所属する。 社員・職員として所属するアナウンサー(通称:局アナ)と区別するため、(フリー)やとも呼ばれる。 局アナと違い出演する放送局が限られずCM出演も可能となる一方、仕事の量は人気・所属事務所の力量次第のため雇用・仕事量が不安定である。 特に(21年)に入ってからは、放送局がテレビのデジタル化によるコスト増、不況・多メディア化による広告収入減でキー局ですら赤字を計上しているためその対策として人件費削減に乗り出しており、それまでフリーアナウンサーを使っていたところを社員・職員に置き換える動きが目立っている。 だが、放送局によっては社員・職員でも給料や昇進を巡って扱いが悪くなっているところもあるとされ、この不況下においてもフリーへの転身を決める者もいる。 『』2011年10月23日号 特大号によれば、局アナはフリーになれば利益還元率が非常に高いでもあるとされ、人気がなくなっても、芸能事務所にとっては結婚式の司会などを地味にこなさせれば年間数千万円の売上げが見込める存在でもあるという。 また、放送局側からは安く使える局アナを避けて、あえてフリーアナウンサーを番組のメインに起用することについて、「番組内で不祥事があった時にそのメインであるフリーアナウンサーの責任にして局側は上手く逃げやすい」というメリットがあるとされる。 自前の人材を持たないのニュース・スポーツ専門チャンネルやなどが増加したことで、テレビ・ラジオ以外でもフリーアナウンサーの需要が高くなってきているが、そのほとんどがに拠点を持っていることもあることから地方局のアナウンサーがを目指すケースも多くあり、競争は激しい。 また、結果的に生活のため転職を迫られるケースも少なくない。 早いうちから他業種に転身するケースも多くあるが、ベテランアナウンサーの多くは放送以外の司会業やナレーションなどをこなしたりアナウンサー志望者への教育などで生活の糧を得ている人物も多い。 アナウンサーは、およびではなくであるため、NHKを退職しても、とは言えない。 それは、NHKが外局ではなく、(総務省所管)だからである。 フリーアナウンサーになる経緯 [ ] 大別して3種類ある。 局アナが放送局を退職して、フリーアナウンサーになる。 男性の場合は主に30代後半から40代にかけて転じることが多い(理由としても管理職になることで現場から遠ざかることを良しとしない場合や自局では成功しているが他局でも挑戦してみたいといった上昇志向といった場合など)が、(または定年後一定期間の嘱託職・役員待遇を2~3年勤めた後も含め)退職後にフリーとなる者もいる。 女性の場合は結婚に伴い夫の仕事上での転勤や、出産、育児に専念する時間を確保するため等の理由が多い。 地方局の局アナを退職後、フリーアナウンサーを経験してから、別の放送局の局アナ・キャスター・記者に転職するケースも見られる(例:)。 その他、局の男性プロデューサーから受けるが原因との向きもある。 放送局退職の場合、古巣局への義理立ての意味もあり、フリー転身直後は一定期間(通常は半年から1年)他局への出演を控えるという慣例がある(明確に一定期間他局に出演しないと古巣局と取り決めを持つ場合もある。 系列局制作番組や企業のコマーシャル、テレビ単営局の場合はラジオ番組への出演はフリー転身直後でも可能の場合あり)。 その一方で、、、、のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。 特に小倉は東京12チャンネル(現:)を退職した翌日に、『』の総合司会に就任した(小倉をフリーアナウンサーにスカウトしたの尽力があった)。 また羽鳥はを2011年3月31日に退職し、同年4月4日にでレギュラーでのを開始させる形であった(この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという)。 羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。 また、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する(例:一時期の・・、ラジオ局の元アナウンサーなど)。 他の職業から転職して、フリーアナウンサーになる。 最初から、フリーアナウンサーになる。 例:()所属。 男性・女性を問わず、フリーになる時期も様々だが、得意・専門分野での活動ができなくなったり、放送局内での人員配置転換などで管理職やアナウンサーとは別の部署へ異動するケース、キー局でのアナウンサー試験に失敗し結果地方局で契約職のアナウンサーとして活動したのち東京に転機を求めるなど、自身のアナウンサーとしての職業意識のモチベーションなどにより、芸能事務所や制作プロダクションなどに自らオファーをしたり、ヘッドハンティング的にスカウトされたりしてフリーアナウンサーになる場合も少なくない。 (TBS)• (TBS定年)• (定年)• (ラジオ関西)• (テレビ朝日)• (TBS)• (日本テレビ)• (文化放送)• (フジテレビ)• (NHK)• (テレビ東京定年)• (TBS)• (関西テレビ定年)• (CBCテレビ定年) さ• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (NHK定年)• (関西テレビ定年)• (TBS定年)• (フジテレビ役員待遇満了)• (NHK)• (ニッポン放送)• () た• (ニッポン放送定年)• (CBCテレビ定年)• (テレビ朝日)• (フジテレビ役員待遇満了)• (文化放送)• (日本テレビ)• (テレビ東京) な• (ラジオたんぱ)• (文化放送定年)• (NHK)• (RKB定年)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (文化放送)• (仙台放送)• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (NHK) ま• (フジテレビ定年)• (ニッポン放送)• (文化放送)• (朝日放送)• (NHK)• (瀬戸内海放送)• (文化放送)• (フジテレビ)• (ラジオたんぱ)• (関西テレビ)• (文化放送)• (定年)• () ら• () 女性 [ ] あ• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (TBS)• (CBC)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (秋田放送)• (フジテレビ)• (テレビ東京)• (文化放送)• 小川綾乃• (テレビ朝日) か• (フジテレビ)• (読売テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (琉球放送)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (フジテレビ) さ• 坂本安代()• (テレビ朝日)• (中京テレビ)• (テレビ朝日)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (テレビ東京)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (TBS)• (フジテレビ)• (テレビ愛媛)• (フジテレビ)• (新潟放送)• (フジテレビ) な• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (東海テレビ)• (日本テレビ)• () は• (福岡放送)• (静岡放送)• (静岡放送)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (朝日放送)• (中京テレビ)• (フジテレビ) ま• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (東海テレビ)• (TBS)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (テレビ長崎)• (日本テレビ) や• (フジテレビ)• (毎日放送)• (テレビ東京)• (テレビ朝日)• (TBS定年)• (TBS)• (毎日放送) ら• 引退・転職したフリーアナウンサー [ ] 男性• 2012年入社)• 榎本猛 えもと・たけし (NHK)• 奥田博之 おくだ・ひろゆき (元)• かしむら・たけあき ()• 川原恵輔 かわはら・けいすけ (NHK) 女性• こうの・けいこ (フジテレビ)• さいとう・ようこ ()• たなか・あや• 松任谷國子 まつとうや・くにこ• やまもと・もな (朝日放送) 故人 [ ] 放送局在職中に死去した人などは除く。 (元)• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (NHK)• (文化放送)• (NHK)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (NHK)• (TBS)• (TBS) 女性• (フジテレビ)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ) 主なフリーアナウンサー事務所 [ ]• フリーアナウンサー・リポーター専業ではない場合もある。 ウィキペディア内に記事のある企業・団体については を参照のこと 脚注 [ ] [].

次の

NHKのアナウンサー一覧

元 nhk アナウンサー 男性

info. info. Credit:• info. info. License:• info. license. usageTerms current. info. license. name current. info. license.

次の