スケール アウト と は。 スケールアウト:ガイドミー!

ストレージのスケールアウトはどのようなメリットがあるのか

スケール アウト と は

サービス• コンピュート• コンソール• ストレージ• ネットワーキング• その他• サービス• スケールアウトとは、システムを構成するサーバーの台数を増やすことで、システムの処理能力を高めることをいいます。 たとえば、1台につき1分に10件のリクエストを処理できるWebサーバーがあったとします。 Webサーバーをさらに1台増設することで、1分間に20件のリクエストが処理できるようになるという発想です。 また、何らかのトラブルでサーバーが故障しても別のサーバーでカバーできるため、システムの可用性が高まり安定運用が可能です。 「スケールアウト」と「スケールアップ」の違い スケールアウトと対照的な方法として「スケールアップ」があります。 サーバー台数を増やすスケールアウトに対し、スケールアップはCPUやメモリなどのサーバースペックを増強することでシステムの性能を向上させることをいいます。 では、必要な時に必要なだけサーバーリソースを用意できるため、スケールアウトを容易に行うことができます。 スムーズなインフラの増強や、急なアクセス増にも柔軟に対応可能で、APIを利用してオートスケールの構築もできます。

次の

スケール「スケールする・しないってよく聞くけどどういう意味?」スマホ広告用語集

スケール アウト と は

はじめに あなたは「スケールアウト」と「スケールアップ」の違いを説明できますか? 多くの方にとっては馴染みのない言葉かもしれませんが、知っておくと日頃の問題解決にもつながる考え方です。 スケールアップ(Scale Up)・・・のCPUやメモリの増強をすることで処理能力を高めること。 スケールアウト・スケールアップの違いと具体例 スケールアップとスケールアウトはどちらも 処理能力を高めることを目的としたものですが、違いとしては スケールアウト: 処理を分散 アウト スケールアップ: 処理能力を高める アップ という感じです。 文字通りで覚えやすいですよね。 ですが、スケールアップでしか対処できない問題もあるのも現状です。 また、近年は両者を組み合わせた「仮想化技術」も注目されているそうですよ。 この記事を通してスケールアップ、スケールアウトに関する理解を深めていただければ幸いです。 nifcloud. idcf. idcf. nikkeibp.

次の

スケールアウトとは

スケール アウト と は

サーバーを増強するためにはスケールアップとスケールアウトという二つの手法を選択することが考えられます。 これまで一般的なサーバーの増強ではスケールアップという手法が中心に利用されてきましたが、サーバーの利用形態が仮想化主流になり、しかもパーソナルクラウド、プライベートクラウドといった新たなクラウドによる利用方法にシフトしてきていることから、そのメリットやデメリットに対する考え方もかなり変化しつつある状況で、どのような状況でサーバーを利用するのかによってスケールアップとスケールアウトの選び方が大きく変化してきていることになります。 市場の流れはスケールアウトの方に動いており、サーバーの増強に対する顧客ニーズも大きく変化していることがわかります。 もちろん、ストレージサーバーではサーバー自体を複数にして増強するという方法も選択可能となります。 一方スケールアウトは最初から複数のサーバーを導入することで処理能力を向上させるという方法になります。 したがって両者はかなり異なる手法であるということができます。 したがってこのメリットとデメリットをよく把握した上で実装していくことが重要になります。 たとえば細かいファイルが多く高ランダムアクセス性能を必要とするようなデータベースやアプリケーション環境では今もスケールアップが適正な選択ということができます。 しかし短期間に次々とストレージサーバーの容量を増やしていくというようなニーズには向かない手法になりつつあるのです。 とくにパフォーマンスが増設ボリュームにあわせてリニアに上昇することが大きなメリットとなります。 スケールアウトは巨大なファイルを取り扱いトータルスループットを必要とするシステム環境に向いた選択ということができます。 最近の市場では、仮想化やクラウド環境ではこちらにメリットを見出して選択するユーザーが増えている状況です。 仮想化されたサーバーをスケールアップで対応しようとすると非常に大きな問題が生じることになります。 スケールアップ型のストレージでは一つのコントローラの下にサーバーが配置されることになることから増設のたびにCPUも増設することが必要になりますし、しかもコントローラーを介しての接続方式は多くのサーバーを接続する段階でそのパフォーマンスを大きく下げることになり、一定以上の拡張性を確保することがきわめて難しくなる状況に直面してしまいます。 したがって紙の上で考えているほどの増設効果が出なかったり、コントローラを増やしたりすることも余儀なくされ、仮想化には向かないものとなりつつあるのです。 また増設をする場合には一旦サーバーを停止して 使用を中断することが必要になる点も大きなデメリットになります。 サーバーをスケールアウトする場合には複数のサーバーを大きな一つのファイルシステムとして管理していくことができるため、ストレージの拡張はサーバーを停止させなくても実行できるのが大きな魅力となります。 また物理的には無限に拡張が可能となるため、パブリッククラウドなどの運用などでは、ユーザーベネフィットの高いものとして評価されるようになっています。 多くのクラウド利用ユーザーは利用当初は最低限の規模からスタートし、事業規模の拡大にあわせてサーバーの利用規模を拡大していこうとするケースが非常に多いため、こうしたスケールアウトの利便性は顧客のインサイトにぴったりマッチしたものになっているといえます。 仮想化されたサーバー領域ではこうしたスケールアウトが可能なサーバーシステムに乗り換える顧客も増えており、ニーズの変化は商品選択にも大きな影響を与えるようになっているのです。 そもそもサーバーはオンプレミスで顧客が自分で管理運用する時代から借りて利用する時代へとかなりシフトが進んでいますので、今後益々スケールアウトを利用するニーズが増加することが予想されます。 所有から利用中心にサーバーを考えていく時代が到来したことでこうしたサーバー増強の手法についても大きな変化が訪れていることが理解できます。

次の